「あにき」なんて俺を呼んでくれる可愛い16歳年下の子とヤってます。俺の遅漏チンポのゆったりとした責めに耐えかねて、彼女はいつも可愛い喘ぎをこらえきれない模様(その1)

16歳下の妹分の子を、あるきっかけからやってしまって自分の恋人にしました。29歳。俺が45歳。半年前の出来事です。知り合ったのは俺の友人の会社の後輩ということで何度か飲みに来てた。6年前の話だ。当時入社して1年目の彼女。まだガキっぽさが抜けてなかったなあ。実家が同じ地元ということで、何度か飲んだりした。友人と一緒に俺のマンションに遊びに来たことも何度かもある。彼女には付き合っている男がいたし、俺に

続きを読む

バイト先であるスーパーの店員さんと不倫中です。どんなエッチをしているのか告白します…

スーパーでパートしてます。そのスーパーの33歳の店員さんと不倫中なんです。休憩時間に事務所や倉庫での体だけの関係なんです。夏の日のエッチが忘れられません。大型の冷凍倉庫の中でエッチしたんです。暑くなると汗はかくし、メイクが取れるし、シャワーに入れないしでしょ?とてもじゃないけどエッチなんかしてられない。そこで、冷蔵庫の中でしてみたんです。中に入ると、サーっと冷たい冷気が肌に気持ちいいんです。うっと

続きを読む

酔った友達とその彼氏が激しく乱れていたのを目撃!ついムラムラしたので混ざっちゃいました

先週の土曜日に大学の友達(亜美とする)とその彼氏(菊池君)と三人で亜美のアパートで飲んでました。ちなみに亜美も菊池君も同じ専攻のクラスメイト。1時くらいまで飲んでたんだけど、3人とも酔っ払って、敷いてあった布団に入って話してるといつのまにか寝ちゃってた。で、夜中にふと目が覚めたら隣の布団からアンアン聞こえてくるわけ。隣を見たら、亜美が乳首をいじられながら菊池君のをくわえてた。しかも電気つけっぱなし

続きを読む

なんだかちょっと天然でカワイイところのある母。さっそく目をつけられて、飲み会で酔わされエロ親父にハメられてしまったらしいw

自分の母はよく言えば天真爛漫で、何をするにしても可愛らしいところがあります。五十路近くなのに、テレビで際どいシーンがあると呼吸を乱して顔を赤らめているのもまた可愛い。こんな母なのでパート先でも評判がいいらしく、結構もてているみたい。最近母に噂が立っています。パート先の二次会で見事に落とされたらしい。そこに勤めている友人が教えてくれたのですが、母の廻りの場がかなり盛り上がって王様ゲームをやり出し、最

続きを読む

売れっ子子役のマネージャーのお仕事は、エロガキに女の子をあてがうってことも含まれます…グラドル、モデル、色んな女を手配してきました(その3)

あれから少し時間がたったのか、寝室からは先ほどの慶太と女の子達の生々しいセックスの音声は聞こえてきませんでした。そしてがちゃりとドアが開き、扉の隙間から丸裸の慶太の顔が見えました。慶太「へへへへ。マネージャー。あのお姉ちゃん達、すげぇエロくて僕気に入ったよぉ。オッパイもでかくて、さすがグラビアアイドルだぁ。僕大満足だよぉ。」慶太は顔を真っ赤に上気させ、満面の笑みを称えながらそう言いました。その笑み

続きを読む

職場の会議室で社員の女の子を抱いた。デスクに押し付けて足を大きく開かせて…エロマンガみたいなシチュエーションに燃えまくりんぐ

経理部の伊藤さん・・・普段接することあんまり無かったけど、たまたまちょっとした仕事で会話することがあって、優しくていい方だなってのが最初の印象。それがきっかけで、社内ですれ違ったときとかに、少し話しするようになりました。気が付いたら、好きになってて・・・。でも指輪してたから、諦めなきゃなって思ってた。ある時、伊藤さんと同じ部署の竹山さんの有志での送別会の話が。「幹事の伊藤さんより女子社員が少ないか

続きを読む

塾から帰っていたある日のこと、女の子にフェラをしてもらった中学生時代の思い出(2)

要するに、ホテル代込みで5000円で本番してくれるという提案だ。セックルの意味もこの頃には十分学習し、その提案を耳にした俺は一気に沸点に到達しそうになったが、冷静になって考えると1000円しか用意していない。そのことを女に告げると、女「お金は次の機会でええよ。どうせいつも来てくれるんでしょ?」また新たな一歩を踏み出すときが来た。俺は期待と不安で手を震わせながら、女に1000円を渡し、誘われるままに

続きを読む

清楚で惚れてしまった彼女の淫らな姿を目撃…白い肌に赤みが差し黒い髪が激しく揺れ、彼女は他人棒に貫かれる歓びに喘いでいた。

優子とは、俺が大学2年の時に知り合った。一つ下の優子が入学してきて、同じサークルに入ったことがきっかけだった。優子は東北の方から上京してきた、白い肌と黒いセミロングの髪が印象的な清楚な感じの女の子だった。ただ、今時の感じの女の子ではないので、地味な存在とも言える感じで、サークルでも目立つ存在ではなかった。そんな感じで、いつも一人でいることが多かった優子に、色々と話しかけている内に俺の方が惚れてしま

続きを読む

母親の様に接してくれていた姉が僕が夢精したのをきっかけに挿入させてくれた体験談

僕は高1で、お姉ちゃんは25才両親が飲食店をやっていて、夕方から夜中にかけてお姉ちゃんと2人きりでした。歳が離れている事もあり、昔から僕の面倒を見てくれていて、お姉ちゃんというより母親のような存在です。すごく優しくて僕も好きだったけど、少しエッチなところもあって、僕が中1で初めて夢精したときに、病気じゃないかと心配してお姉ちゃんに相談すると『幸司もそんな年になったんだね…………そうゆう時は……こう

続きを読む

職場の女性とカーセックス!手を伸ばして股間をねっとりなぶると、彼女のそこはすでにトロトロにヌレまくっていて、俺の勃ッキン度は頂点へ…!

違う課の女性なんだが、ある時話すきっかけがあり論議していたら、妙に意気があって携帯アドとかを教えて貰って、仕事終わった後もメールしあう様になった。何を切欠かは忘れたけど、下ネタメールをしたら案外って感じがキッカケで「やりたいなぁ~」的メールなどもする様になっていった。ある日、彼女から「今は彼氏居ないからヤッテナイ的」メールが来た事により「抱かせて!」と送ったら「良いよ」と意外な返事。速攻で車を走ら

続きを読む