友人の家を訪ねたら美人で憧れていた友人の母親がオナニーしていた話

僕は高校3年生で受験生です。この前、友達の家にわからないことがあったので、勉強しようと行ったんです。仲のいい友達なんで、友達のお母さんもよく知っていて、なかなかの美人で、それよりも胸が大きくて、夏場なんか薄着でおかしとか部屋に持ってきてくれんですが、ブラジャーからおっぱいがはみ出しそうなくらいで、僕は勃起しながら、勉強をしていました。その日も友達の家に行ったんですが、チャイムを鳴らしても誰も出てこ

続きを読む

義兄が怪我で入院。意外に元気そうな姿だけど、哀れっぽくフェラをお願いされたら断れなくって…病室での四つん這いフェラ、いやらしい体験です。

義兄の幹雄が怪我をして入院しました。屋根の雪下ろしをしていて足を滑らせたのです。幸いにも左足甲の骨折と捻挫ですみました。昨々日(日曜日)の午後、主人と市立病院に見舞いに行ってきました。義姉のミズエさんは1時間前に帰ったあとでした。「もう松葉杖をついて歩いとる」と、以外にも元気そうでした。私は目を伏せ主人のうしろに付いておりました。「悪いけんどもよう、次雄、酒を買ってきてくんねえか」「買ってくるのは

続きを読む

妻が友達と旅行に出かけたので留守番することになったので隣に住む人妻と中出しセックスをしちゃいました

私(博人)35歳、妻32歳子供6歳の3人家族です。妻が友達と旅行に出かけ、子供と私は留守番をすることになったときの話です。ある夏の日、夏休みで子供と遊園地に行って帰ってきて、ちょうどマンションの階段で隣の奥さんと出くわし、「こんにちわ、今日から奥さん旅行ですね、いいな」と話かけてきたので、「今からご飯の支度をしないといけませんから大変です」と答えると、「よかったら今日焼肉なので一緒にいかがですか?

続きを読む

34歳人妻の女性教員を夜の街で拾った…酔っぱらって泣く彼女を慰めるフリして連れ込んだら、まあ乱れる乱れるw 淫乱ですわこれ

34歳の人妻女教師(小学校の)を真夜中の街で拾った。酔っ払って泣きながら歩いてたので、訳を聞いたら教師同士で飲みに行ってて帰りに教頭にラブホに連れ込まれそうになって逃げてきたと言っていた。送って行くという事で車に乗せて走っていたら、何故か高揚していて、運転中のオレの腕にしがみつき「まだ帰りたくないの・・・」と言い出した。俺も下心が無かったわけではないので、そのままラブホにINした。駐車場からフロン

続きを読む

必要最低限の人数で頑張っている事務所の面接に来た人妻が入社したい一心でしてきたやらしい行動の体験談

私の勤めている職場は、10人ほどの小さな営業所で、昨今の費用対効果を重視してか、必要最小限の人員で頑張っている。その少ない職員が、急に辞めることになった。所長は、一人でも職員が減らせて経費が浮くとでも思っているのか、一向に後補充をする気配がない。このままでは、他の職員にもしわ寄せが来て大変だ。たまりかねて、所長に「○○さんのあとの採用とかは、どうなんでしょう。」と訊いた。「ああ、職安に頼んでいるん

続きを読む

妻のマンコに黒人のヒワイに赤黒く濡れたデカチンコが出たり…入ったり…ああ、そんな光景に俺は耐えられるだろうか…

今年40才になる平凡なサラリーマンです。不況の中、何とかリストラされずに頑張っています。妻、公江と子供が2人(小6・小3)小さな一戸建に住んでいます。去年の春から週に2回、我が家で英会話教室を開いています。講師は来日して10年になる、ジョン(アメリカ黒人・37才)で、きっかけは妻の親友の旦那の関係で・・長くなるので省略します。私は朝7時頃家を出て夜8時頃帰宅します。妻の異変に気付いたのは、化粧が濃

続きを読む

憧れの女性が男に犯される姿を覗き見てオナニーをした学生時代の思い出(4)

男は満面の笑みでなんかまた言ってる。佐智子さんはうつむいたままだ。すると佐智子さんはすっと立ち、自分のバッグの方へ向かい始めた。その時、男は佐智子さんの腰に巻かれていたタオルをさっと奪い取った。「もうぅ!!いや?ぁ?!!!」という佐智子さんの声が聞こえた。こんな、甘い声・・・俺に向けてだったら・・・俺はそこで死んでもよかった・・・男は佐智子さんに向かって何か言ってる。両足はだらーっと伸ばし、両手は

続きを読む

女子刑務所で仕事を教える業務を申し使った俺w 恐る恐る行った先には、男に飢えた女たちの繰り広げるエロ天国が広がっていたのだ!(その2)

川原さんがここぞとばかりに声をあげた。「あっつーーい!!ちょっと休憩しようよ。」普段なら絶対に敬語である彼女たち。しかし監視がいない今、素を出してきた。「ねえねえ。室井君って、何歳?」隅に立て掛けてある畳まれたダンボールを床に敷き、横座りになりながら、俺に聞いてきた。てか君づけかよ。まあ確かに年下かもだけど。「29歳です。」俺は敬語だ。正直ビビっている。相手は海千山千の裏社会を生きてきた女だ。「や

続きを読む

同居している娘婿があまりに魅力的で娘のことも忘れて誘惑してしまった禁断の体験談

私は48歳になる熟妻です。今は、娘婿と一緒に暮らしているんですが、彼がまたカッコよくって困っています。夫とは、もう数年肉体関係がありません。夫は54歳で会社の役員をしています。40歳後半位には夫の性欲も無くなり、仕事柄出張も多く残業も多いので、家で一緒にいる時間は少ないんです。娘は27歳で看護師をしています。夜勤もある仕事ですから、家の事は殆ど私がやっています。娘は1年程前に結婚しました。相手は3

続きを読む

幼馴染はいつのまにか女っぽい身体つきに成長していた…見知らぬ表情を晒して、俺に身体を預けてきたあのとき、もう俺は我慢ができず…!

俺とトモコはいわゆる幼なじみという奴で、俺が小3の時に引っ越した先の隣の家に住んでいました。トモコの見た目は、広末をロングヘアーにした感じです。トモコの家は父子家庭で父親は郵便局員で時々帰りが遅いこともあり、その時はうちの親が家に呼んで一緒にご飯を食べたりすることもあり、逆に俺がトモコの家に行ってご飯をよばれたりすることもありました。そういう幼なじみな間柄も高校生になるまでで、トモコはちょっとした

続きを読む