妹の乳輪と乳首は大きくピンク色でいやらしい、そんな妹のおっぱいをお風呂楽しんだ近親相姦体験ww

「おっ!出来たじゃん♪パイズリ」と言うと「出来たねっ!お兄ちゃんの大きいから無理かと思った…」と暫くやってもらった。何時までもやっていて貰いたかったけど、当初の目的でもある乳首を口の中で転がしたい事を実行するべく、シャワーで身体に着いている泡を洗い流す為、パイズリを辞めさせて立たせ流した。二人とも洗い流し終えると俺はリサのオッパイに吸いついた。ピンク色の綺麗な乳輪と乳首…500円玉より一回り大きい

続きを読む

オナニーに夢中の妹を発見!ムラムラが抑えきれず襲い掛かって中出ししまくった話

2週間前のことだが、自分の妹を襲って中だしした。妹とは実家を出て賃貸マンションに同居してるんだけど、妹のオナニー姿見た瞬間抑えが効かなくなってしまってやってしまった。2週間前の土曜日の夜中だった。蒸し暑くてなかなか寝付けなくてベッドでゴロゴロしてた。妹の部屋からかすかに声が聞こえてきた。最初、何か苦しんでるのか?悪い夢にうなされているんか?と思った。まずいこととは思ったが、病気とかで苦しんでたら大

続きを読む

彼女の友達の裕子ちゃんとは小さい慎重にむっちりボディ、タンクガールってかんじ。イイナアと思ってたらヤレたんで思い出に中出しキメときました

僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客

続きを読む

夫が浮気していることを責めない私を不満に思った息子が慰めるように抱いてきた話

夫が浮気し続けている事に対して何も言わない私に、息子は不満を持っていたようです。ある土曜日の事、夫は泊まりでゴルフと言って出て行きました。ゴルフだけではないと思います。起きてきた息子と世間話。「また(女の所に)行ってんじゃないの、いいの?」息子ももう高校を卒業したし、そろそろそういう事を話してもいいかと思いました。「私はあの人としたいと思わないから。」と答え、「私にもいるから。」と言うと驚いていま

続きを読む

半勃起で手がつけられない状態のチンポを妹の下半身へ擦りつけムラムラさせたったww

チンコが固くなってくると「もう一回入れて」と言ってきたのでゴムを付けようとした。けど半立ち状態だったのでなかなか上手く付けられず、手間取ってるうちにしぼんできた。妹は寝そべって股を開いて「はやくはやく~」とせかしてる。しぼんだチンコを自分の手でしごいて、チンコの先をおまんこにこすりつけて立たせようとした。「またしぼんじゃったの?」「うん、ちょっと。だからいま立たせてる」そんなやり取りをしてると「ゴ

続きを読む

息子は11歳にも関わらずAVを見ていました。欲求不満だった私がつい息子にセックスを持ちかけてしまったいやらしい体験談

息子11歳とセックスしてしまいました。31歳の専業主婦です。パパは46歳、単身赴任で新潟に行っています。月に1回か2回しか帰ってこないので、正直欲求不満でした。先週、息子・隼人(はやと)くんの部屋を掃除していたら、ベッドの下からアダルトDVDを見つけてしまい、小学生でもこんなの見るんだ・・って、ドキドキしながらリビングのTVで早速、鑑賞してみたんです。それが「近親相姦もの」!。ちょっと中学生には見

続きを読む

エロ本などの影響でフェラチオに興味を持った俺は、妹に舐めてもらうように画策したww

エロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら、そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうちにそ

続きを読む

小学5年生のショウ君を見ていると、自分のメスが疼くんです…アソコ、見たい?から始まったこの関係は、いたいけな少年をすっかり淫らに変えてしまいました(その3)

その日、息子やショウ君が所属するサッカーチームは、他市のチームとの間で試合がありました。場所は近所の市民公園のグラウンドで、他の母親仲間と共に私は観戦しに行きました。私が来た時には、すでに試合は始まっていました。試合とあっていつも以上に少年達は真剣な面持ちで、ボールを追いグラウンドを駆け巡っていました。私の息子とショウ君も、その時の試合にはレギュラーとして出ていました。いつもなら、息子の活躍を必死

続きを読む

今は亡き息子のお友達に慰められる私…。はじめはお話しだけだったんだけど、だんだんぬくもりやスベスベした肌に触れたくなり、ついに…

私は38歳の主婦です。半年前に交通事故で、夫と中学1年生の一人息子を同時に失いました。その時の落胆といったら、言葉ではとうてい言い表すことはできません。それが元で、数ヶ月間寝こんでしまいました。いまでも、時々、夫と息子のことを思い、ボーっと一日を過ごすことがあります。生前、息子には同級生の、あっ君という、ちょっとかわいい、内気な感じの男の子がいて、家に良く遊びに来ていました。しかし、息子が亡くなっ

続きを読む