いつもきちんとした母が、めずらしく泥酔…これはチャンスとばかりにスカートをまくり上げ、ムレたパンティの匂いをクンカクンカしてやったぜ

中2の夏休み、ネットで見つけた40代のオバサンと初体験を済ませたのですが、あまりの気持ちよさに、次の日の朝から既にもう一度ヤリたくてヤリたくて堪らなかった…しかし、そのオバサンとは連絡がつかないまま3日が過ぎて、母親と親戚の家に泊まりに行く日になってしまいました。その夜、飲み過ぎてベロンベロンになって部屋に担ぎ込まれてきた母は、俺に背を向けたままうつ伏せに崩れ落ちると、親戚のオジサンはゆっくり寝ろ

続きを読む

ぽっちゃりした母は、ぴちぴちTシャツにブラ線をくっきり浮かせて、今日もトレーニング中!俺の我慢も限界で、ユサユサ揺れるおっぱいに手を伸ばすことにした。

今年40才の母の体は少しポッチャリめだけれど、とても肌が白く、爆乳なんです!最近母は、ダイエットをはじめたらしく夕飯がすむとTシャツにタンパン姿でウォーキングマシーンを使って、トレーニングをはじめるのです。汗で濡れたTシャツに、くっきりブラジャーがうつし出され、それがゆっさゆっさ揺れるのを横目でいつも見ていました。ある日の事、母がぼくに向って言いました。「汗かいたから母、シャワー浴びてくるけど、ゆ

続きを読む

オナニーを母に目撃された後、母のとった行動は…「ちんちんの洗い方教えるから」それって、どーいうこと!?

ことの始まりは中2の夏休み、お母さんが留守だと勝手に思い込み、音量ガンガンにCDをかけオナニーしていたところを見られた。お母さんは何も言わず「買い物行って来る」と言い残し家を出た。俺はすごく気まずい気分になり凹んだが、お母さんはその後も何も言わなかったので「バレテない」と思い込み安心してた。それから数週間後、お母さんが「ちんちんの洗い方を教えるから」と言って俺の入浴中に風呂に入って来た。俺はビック

続きを読む

合格祝いに母のおっぱいもらっちゃいました。布団にスリップ一枚で入ってきた母が、いきなり俺の口におっぱいを…このときめき、聞いてくれ。

今日3月14日は高校の受験発表の日ですが、私の高校受験発表の日からはもう44年の歳月が流れました。入学式までの間の短い春休みの間に母から合格のお祝いにと、母の体でお祝いをしてもらった思い出があります。その日の朝、まだ布団の中にいた時で、母がスリップ一枚で私の布団に入ってきたのです。肩紐をずらし乳首を私の口に含ませてきたのです。「洋ちゃん、起きた・・・オッパイ吸って・・・可愛い・・・今日は高校合格の

続きを読む

初めての勃起にとまどう息子を誰よりもいとおしく思う母。これって普通ですよね?その高ぶりを鎮めてあげるのも母の勤め…普通ですよね

「僕変態になっちゃうよ・・」塾からの帰りの車の中で、突然健太郎が言いました。「えっ?」思わず横を向くと、助手席で健太郎が泣きそうな顔をしていました。「ぼくねえ、おちんちんが立っちゃうんだ。」何を言って良いかわかりません。「竹崎先生のお尻や、胸のとこ見てると・・」11歳でも、やっぱり男の子なんだ・・そう思いました。信号待ちのところで、言ってやりました。「健くん、それっておかしくないのよ、男の子は。」

続きを読む

実母の膣はあたたかく包み込むように、義母のマンコは誘い込むように…ふたりの優しいママンに囲まれて僕幸せです。背徳の体験談

ぼく(としお30歳)と妻(理香28歳)は去年の9月に見合いで結婚しましたが、まだセックスはありません。一度だけ試したこともありますが、全く勃起せず失敗に終わりました。でもぼくには二人の美しいママがいます。ぼくがはじめてママ(寿美子52歳高橋恵子似)と愛し合ったのは妻と結婚する三週間位前のことです。実はこの結婚(見合い)は、ちょっといい加減なもので、妻がぼくの一流大学卒の国家公務員という点と、ぼくの

続きを読む

誰としていても、やっぱり母としたかった。変態の俺が襲い掛かると母は抵抗したが、最終的には濡れたおまんこを俺に差し出したのだった

俺はずーと母さんとHしたかった。もちろんSEXの体験は人並みにある。でも自分の女や風俗の姉ちゃんとやっている時も母さんを思い浮かべてしまう。俺は決心した。母さんと本当にHする事を。親父が出張で1週間程家を留守にする事になった。俺は夜母さんの寝室に忍びこんでいきなり布団の上に乗っかった。母さんは「何するの」と言い俺の顔にビンタをくれた。「かあさんやらせてよ」と言ったが激しい抵抗は続いた。仕方なく俺は

続きを読む

ヤリマンの母ちゃんの夜な夜なセックスを見て、だれでもいいなら俺でもいいだろ!と近親セックスに至った体験談

最近、昔の思い出に浸かる時がある。今の俺からは想像もつかない、ヤンチャだった頃の話だ。俺が中学1年の時、両親が離婚、俺は母に引き取られ、貧乏生活を送っていた。ある日、学校を早退し家に帰ると、母が見知らぬ男に抱かれていた。その時だけならまだいいが、母は他の男とも関係があったのか?翌日には違う男とイチャイチャしていた。まだ、30半ば若い母には男が必要だったんだと思うが、思春期の俺には納得がいかなかった

続きを読む

淡泊だと思っていた私の性に火をつけたのは、痴漢電車と可愛い息子でした… 背徳感たっぷりの告白です。

自分は、性には淡白な方だと思っていました。若くして結婚して男性経験も少く、夫との夜の営みもないに等しい感じになっていました。それでも特に不満は感じていなかったのです。あんな事があるまでは・・・買い物帰りの電車のことでした。お尻の辺りに違和感を感じました何度も何かがお尻に触れる感じがしたのです。「知管?まさか・・・」時々お尻に当たっていた感触が、お尻にべったりと張り付くようなものに変わってきてしまい

続きを読む

ガテン系のオレが、酔って寝ていた小さく皺んだ母をガンガン突きまくったけどたぶん喜んでたからいいよね?

親父に女が出来て母(47)と二人で居ることが多くなった。俺(23)は仕事はガテン系で体力面では自信がある、母は体も小さく痩せこけてる。母はパートを始めたが俺の収入で生活している。家事をしてくれるし生活は楽だ。彼女を部屋に呼び泊まった次の日だった、母が珍しく俺に噛みついてきた。将来の生活に不安があるからなのか、また棄てられると感じたのか解らないが怖い顔してた「女を泊めるんじゃないわよ!!なんなの

続きを読む