母がブラジャーとパンティをとる姿にチビちんぽを固くした中一の俺…母の優しい手ほどきを昨日から受けています

中1の男子です。昨年から母とエッチしています。家族は両親と僕の3人です。父は百貨店勤務なので、いつも帰りは10時ころです。そんなこともあって、僕は母と幼い時からずっと一緒にお風呂に入っていました。中学に入ったころ、一緒にお風呂に入ろうと母と脱衣場で服を脱いでいたら、母がスカートとパンティを脱ぐところを見て、ちんちんが固くなってしまいました。一生懸命隠していましたが、狭いお風呂場のことなので、母にす

続きを読む

再婚で常にヤッてもらえる環境になって…母は豹変。昼日中からサカりだすメスの顔に、俺は…

母を淫乱女に変えてしまいました。母は44歳で、約5年ぐらい前に離婚しましたが去年、高校2年の息子を連れた義父と再婚しました。母も寂しいだろうし、再婚したら母の面倒を見なくて済むので再婚には反対しませんでした。家は義父の自宅で住むことになりました。一応、私の部屋も出来たので不満じゃなかったです。ある日のことですが、昼間に家にもどったら母のセックスしている声が聞こえて来たのです。「昼間からするなよな」

続きを読む

塾の先生を始めた聡明な母に振り返ってほしくて…俺のちびっこマグナムが火を噴いた話。

僕が中学になった頃、母は自宅で英語の塾をはじめました。塾とはいっても自宅なので、ちゃんとした教室などありません。生徒もそんなに大勢ではありません。せいぜい一度に2、3人。時には1人なんてこともよくありました。塾をはじめる前に、よく僕は実験台にされましたが、実際に生徒が来始めてからは、僕は塾には参加しなくなりました。母はにしつこく誘われました。どうしてなの?と何度も聞かれましたが、僕は沈黙して拒絶し

続きを読む

普段は飲まない義母にお酒をすすめた結果→礼儀正しく乱れない義母が大変な淫乱に!おまけに友人まで…姫はじめが義母だったあの年の正月。

うちの嫁さんを産む直前に旦那と別れてから、女手一つでうちの嫁さんを育ててきた50半ばの義母。時折、それまでの苦労が表情に出てきてしまうが、普段は外で働いていたせいか、客観的に見ても40代半ばと言っても過言ではないくらいに若く見える。俺が結婚してしばらくして、家を購入し同居することになった。そして、初めて3人で正月を迎えた時の事だった。下戸であるはずの義母が『お正月だから』とお酒に口を付けた。熱燗を

続きを読む

寝ている私の腰からスカートをまくり、パンティを脱がした息子…オイタがすぎるわが子としてしまったあの日

私は一児の母親です。奇妙な出来事から息子としてしまったのです。息子が自分の部屋にいたときに、私は家事も終わって、急に睡魔に襲われて、いつしか畳に横になって寝てしまったのでした。しばらくして、何か下半身がスースーするのに気がついて、起きて見ると、私のスカートは腰の辺りまで捲くられて、そのそばに、私のパンティが置いてありました。びっくりしてスカートを直そうとすると、スカートの端に、べったりと精液が付着

続きを読む

母のアナルにぼくのアレを無理やりねじ込んでケツ穴をかき回したい!妊娠しないから中で出してもいいよね?

去年の7月のことです。暇にまかせてインターネットの懸賞サイトに適当に応募していた懸賞が当たりました。先に郵便を受け取った母が、「プレゼント係って書いてあるけど、何か当たったみたいよ」と言って持ってきました。中を開けてみると、高級リゾートホテルのペア宿泊ご招待券でした。父は、マレーシアの現地法人に出向中だったので、ヒマをもてあましていた母は「お父さんのBMWで行こうよ」とはしゃいで、飛び上がるほどの

続きを読む

高2でできた新しい継母、もうすぐで家を出るところでまさかの手コキ…容赦なくオス汁放出したった

俺の母は俺が高校2年の時親父と再婚した。本当は親父に結婚などしてほしくなかったんだけど親父は母が亡くなって本当に憔悴しきっていた。けど俺は本当は俺を産んでくれた母以外には誰だって「母親とは認めたくなかった」だから俺は高校を卒業すると、親元を離れた大学に行くことにきめていた。無事大学に合格して引っ越しの時、本当は親父と一緒に引っ越しをする予定だたんだけど親父が急な仕事で、引越しの日を変更することも出

続きを読む

まるで隠れた恋人同士のような僕と母…父の目を盗んで抱き合うセックスは、抑えられた情欲が噴き出すきわめていやらしいものでした

僕と母のことについて語ります。僕は一人息子で27歳です。母は52歳。父はサラリーマンで母より7歳年上です。僕はよく父が出張の時、父の車で母の買い物に付き合わされることがあります。そんなとき、母は僕と二人きりになるとまるで恋人のよう僕の腕に手をまわして歩いたりします。僕も車の中で外の様子を伺いつつ母の体に触れたりしてじゃれたりしていました。家の近くでは人に見られる心配がありますので、遠出をした時はこ

続きを読む

いつも鏡台の前できれいにお化粧をしていた母…今になって憧れて、その口紅を手にとり口づけをしてみた

僕は16歳、母は41歳、父は亡くなって、もう5年です。母はクラブのホステスをして、僕を育てています。母がクラブの店に行く前に念入りに化粧する姿を見るのがとても好きでした。特に薄い唇に濃い目の真っ赤な口紅を付けた時の母の顔が好きでした。ある日母が化粧を終えて、店に行ってから、僕は母のドレッサーから、いつ付けている母の口紅をそっと、取り出して匂いを嗅いでみました。其の時、母の赤い形のよい唇が想い出され

続きを読む

寂しさから息子の布団に潜り込み、それでは収まらず息子のちんちんを無理に大きくさせセックスしてしまいました。いけない母親の懺悔です。

イケない母親です。寂しさから寝ている高校の息子の布団の中に入ってアソコを握りしめて堅くなると息子に跨り私から導き挿入してしまいました。目を覚ました息子は、私が腰を少し動かしただけで中で弾けましたが私は、腰を降り続けるとすぐに元気を取り戻しました。私は、しつこく腰を振り続けて息子は、三回中で弾けました。私も逝く寸前息子に抱きつくと息子は、私を仰向けにして今度は、息子から私を突いて逝かせてくれました。

続きを読む