私を溺愛してた父が私にくれた最高のプレゼント…それは、人生最高のクンニ体験!たまに会う父の懐かしい顔を見ながらイキ果てたあの日…

父との思い出です。私は一人っ子で、父には溺愛されていました。父は単身赴任で、たまにしか家に帰ってきませんでしたが、とても優しくて、いつも遊んでくれて一度も怒ったことがありません。見た目も若く、仕事が出来る男という感じでとてもかっこよかったと思います。私もそんな父のことが大好きで、父が帰ってくると一日中父にまとわりついていました。母は、普段一人で子育てしているストレスもあったのでしょう、いつも怒られ

続きを読む

若く美しい義母と私の間にある秘密、それは…。義母の良く締まるオマンコと柔らかな熟肉は、すっかり私の手に堕ちている、ということ。

妻の母との秘密をお話したいと思います。私は33歳で結婚しております。妻は29歳、子供4歳の3人家族です。妻の母は妻が小さい頃に夫を病気で亡くしており、3ヶ月前からアパートの家賃を払うのも大変なので私たち家族と同居することとなりました。ちょうど家を建てたばかりで1部屋使ってない部屋があるので、ちょうどよかったのでそう決めました。妻の母はまだ50歳をすぎたところですが、まだまだ40代にしか見えず、妻と

続きを読む

酔って帰ってきた母を心配している、ただそれだけだったのに…母の潤った股間は、何か理科の解剖実験のように僕を興奮させ、僕は小指、人差し指、そしてアレを、ゆっくりと秘穴にうずめていく…(その6)

夢の中だったとは言え極まる寸前まで性感が高まっていて、そのまま目覚めてしまったのだからイク直前の状態を身体が維持しているとしか考えられない。そのままゆるゆる揉み込んでいると女の一番敏感な器官は莢が剥け切って完全に露出し、指からの刺激を満遍なく全体に受けてしまうのだった。「ふっ……んぅ……」精一杯、抑えているつもりでも声が漏れてしまう。もぞもぞと円を描く様な腰の動きは無意識の内に激しさを増し、敏感な

続きを読む

子供がどうしてもできないってことで精液を検査することに→義母がマンコでザーメン採取してくれましたw

結婚してから3年目に、義父が他界し、一人になった義母(45歳。とても若い!賀来千賀子似か?)と一緒に暮らすこととなりました。われわれ夫婦には、まだ子供がいなく、そのころから、義母は、早く子供を作れと、ことあるごとに言うようになりました。女房と義母は仲がよく、こうした方が子供ができやすいとかをよく話していました。女房は、産婦人科で何回か検査をし、特に問題がないことがわかり、医者に今度は、俺(29歳っ

続きを読む

夫の両親と同居することになって流れで義父さんとセックス→気持ちよすぎて女の悦びに目覚めたw

30代の専業主婦、優子です。3年ほど前に同じ会社の先輩である雄二さんと結婚しました。結婚当初は会社の借り上げ社宅に住んでいましたが、会社の経営が傾いてきたため、社宅も全廃され、どうしようかと途方に暮れている矢先に雄二さんもリストラされてしまい、一時的に雄二さんの実家に身を寄せることになりました。幸運にも取引先の会社が雄二さんを拾い上げてくれたので、半年ほどのハローワーク通いで済みました。そんなこと

続きを読む

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その7)

部屋の中央で、男はすぐに母の服へ手をかけた。ふわふわした生地の桜色をしたセーターが、胸元までたくし上げられた。母はまったく逆らわなかったし、脱がされる時、自ら腕を上げた。「いい匂いがするじゃないか、奥さん、あんた出がけにシャワーでも浴びたようだな」男は膝を曲げてロングスカートのホックに手をかけ、「この前、マンコと肛門の匂いを笑われて、恥ずかしかったのか」と、楽しむように母を見上げた。「笑われないよ

続きを読む

浪人生の甥の面倒を見るために通う私…。生活の面倒から、溜まっている彼の性欲のお世話まで。受験に受かるよう、悪いお汁は抜かないとね…?

子供を幼稚園に送った後、私は甥のアパートへ向かう。浪人生の甥、守は都内の予備校に通うため上京して一人暮らし。姉に頼まれて食生活などの世話を見てやっている。私が嫁ぐまでは実家に一緒に暮らしていて年齢もあまり変わらないから弟のようで可愛い。こうして昼間、掃除・洗濯をしにいくのが日課になっている。「ま?た昼間から寝てて…起きなさいっ!」「んん…、美里さん、まだ9時だよ、もっと寝かせてよ」「昼型の生活にし

続きを読む

私は母親とヤリたいという男性の夢を叶えるアシストマン。母親に興味のあるそこの君、私の手腕が知りたかったらぜひ読んでいただきたい

私は、自分の母親とやりたいと願う若者にあらゆる手段を講じてその夢を実現させるアシストマンです。昨日も一人の若者の長年の夢を実現させました。T君は、都内某所に住む19歳の浪人生です。41歳の母親、52歳になる父親との三人家族です。父親は某商社で今はニューヨーク支社の支社長で、日本には年に3~4回帰って来る程度だそうです。その前は、イタリアのローマに5年間いたそうでT君は、これまでほとんど母親と二人で

続きを読む

海の家でのひと夏のバイト!そこで起こったハプニングは、4つ下の妹に童貞うばわれーの中で出しーの、年上叔母を言葉攻めしながらイカせまくりーの…(その7)

「バイトで疲れちゃったの?今すぐ元気にしてあげますからね?」オッパイを両手にすると、オチンチンを胸の谷間に挟み込みます。そして挟んだまま上下に揺すってこすりたてました。甥の顔を見上げながら、谷間から覗かせる亀頭の先を舌でチロチロくすぐっちゃう。「加奈さんのパイズリ、久しぶり。汗臭くない?」「とっても汗臭いわよ?。だけど興奮してきちゃう…」日ごろから清潔を心がけていても、やはり成長期の男の子。ズボン

続きを読む

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その4)

家の外が暗くなっても、母は帰ってこなかった。ガレージは、からっぽだった。携帯電話を持っていない母には連絡の取りようがなかった。何か急用ができて寄り道しているのか、――それとも、大破した車と、血まみれになった母を、縁起でもなく思い浮かべてしまった。ただ、そのいずれにしても、連絡があるはずだった。僕は、父の会社に電話しようかと思った。最近の父は仕事が忙しいらしくて、いつも遅くに帰ってきた。もし六時を過

続きを読む