大き目お尻の新人看護婦と仲良くなったら…あれよあれよと人妻ナースに群がられて私のチンポの取り合い状態ww 4P上等でハメまくりんぐw

私の体験を聞いてください。私は今ある病院に勤めています。現在は5年目になりますが、以前は別の病院で勤務していました。そのときすでに私は結婚していました。さて、前の病院で勤務しているとき、新人ナースでかわいい子が来ました。名前は優子と言います。目はくりっとしています。胸は小さいのですが、お尻は大きい子でした。特に夜勤の際ジャージだと特に目立つ子でした。この子は何かと私に話しかけてきました。しかも既婚

続きを読む

女遊びが盛んな自分は人妻とも付き合っている、そのきっかけは面接でフェラをされたことです(1)

私はある介護施設に勤める、もうすぐ2回目の成人式を迎える男ですが、いまだに独身です。でも女性には苦労していないので、今は楽しく過ごしていますが、最近彼女から逆プロポーズをされて困っています。実は私は人妻と付き合っていて、職場も同じで、若い時から福祉の仕事をしていますので、40歳を前にして法人の役員をしていますので、現在の福祉の給与が安いという問題とはほど遠く、けっこうな給料と役員報酬をもらっていま

続きを読む

ウブな人妻を落とすには、何よりも彼女たちの満足を優先すること!何時間でもキスをして何時間でもクンニしてやれば、大概の人妻はオチる

人妻を落とす落とし方は人それぞれ。但し一時的な性欲の捌け口にする為に人妻に手を出すのは止した方がよいだろう。トラブルの元。そこまでリスクを犯して人妻と関係するなら、自身の性欲より彼女達を満足させてやることを優先すべし。そうすればトラブルを防げ、長く良い関係を維持できる筈。これがオレ自身経験から得た認識。身体が成熟するとともに性欲も徐々に強まっていくのが女の身体。ところが男は逆に年齢とともに精力も性

続きを読む

倉庫のひんやりした床と裏腹に、私たちのカラダは熱くからみあっていた…。私はチンコをこすりあげ、彼女の膣内にドピュっと熱い迸りを放ったのでした

私は社員60名ほどの中小企業の中間管理職をやっております。私の下には十数名の部下がいます。二年ほど前に業務の繁忙に伴い、怜子(仮名)が私の下に配属されてきました。その時ちょうど40歳で制服の上から見ても中々の巨乳であることはわかりました。顔立ちもはっきりして、30半ばぐらいだと思っていました。ある時、部屋に入るとちょっとした荷物を床から持ち上げている怜子の姿が目に飛び込んできました。ちょっとタイト

続きを読む

おっぱいより~、マンコより~、お尻がスキー!!そんな私のところに桃尻新入社員がやってまいりました…フゥ~!

私は40歳の家庭持ちの男です。今から4年前から始まった体験をお話しします。まず事の発端は4年前、新人の女性職員が入ったことから始まります。その子は女優の石原さとみに似てとても丁寧な挨拶や話し方をする子でした。私はでもさとみちゃんのそんなところではなく「巨尻」のところに目が行きました。決してデブではなく、出るべきところが出ている感じでした。朝の清掃時間では前かがみになるとおっぱいの谷間が見え、後ろか

続きを読む

スレンダーな後輩の妻と、旦那公認の夜のお出かけ。ってなったら、こんなチャンス逃さずヤルしかない!野外でも構わず精液絞り出してやりましたわw

後輩の竹中(32歳)は写真が好きだ。私も同じ趣味を持っており、彼の妻も一緒に来る。妻の名は美也子(30歳)で、結婚2年目だが、子供はまだいない。美也子はスレンダーな体型をしていて、まぁまぁ可愛い。何度か写真撮影をするうちに親しくなった。夜景撮影の約束をしていたが、後輩の竹中が調子悪く、美也子だけが来た。竹中からは「傑作を頼むよ」ということで、美也子にお任せらしい。「とっておきの穴場があるから、そこ

続きを読む

下着をきっかけに誘惑されて快感を味わった人妻とのセックス体験談(3)

文太の思考の中に、香山夫婦の夜の営みの様子が浮かんだ。紫織は夫とする時も、こんなふうに男を楽しませているのだろうか。夫は、紫織の排泄孔を愛撫しているのだろうか。望めば毎日のように紫織と愛し合うことのできる立場の夫に、文太は嫉妬した。眼前では、唾液と精液と先走り汁にまみれた劣情ソーセージを、柔らかな大型美白パイが包み込んで押し潰すように刺激していた。年季が入っているその動きを見れば見るほど、この部屋

続きを読む

同じマンションの人妻が気になってしょうがない!自宅自営の俺は、タマると彼女を訪れて昼夜関係なく抜いてもらえる関係を目指しています

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場としている。自宅で仕事をしているので、管理組合とかにもマメに顔を出すようにしていた。独身で昼間も自宅にいるのを変に噂を立てられたりしたくないのが、目的の一つだった。おかげで今では同じフロアの人たちだけでなく、それなりに挨拶を交わし、中には会話も出来るような人たちまでいる。当時はまだ新築のマンションだったので、管理組合が発足した時

続きを読む

今までのオバサンから、ちょっと若い子にヤクルトレディが変わった!浮気心を出した俺はちょっかいかけてみると…極楽不倫セックスからの泥沼地獄、興味ある?(その2)

最高の日から最低な日に・・・アホです。明くる日いつものように仕事場に来た雅美は心なしか暗い目でしたが明るく振る舞っていたように見えました。例のごとく最後に買いにいった俺に紙切れ1枚手渡し『あとで読んでおいて』少し冷たい感じで言われました。すぐさまいつもの個室に入り読んでみると「遊びだったのでしょう?」「もう逢うのは止めよう」今の時代のように携帯電話なんてありません。当然メールもなにもない夜になり仕

続きを読む

同僚の人妻とエッチなビデオを鑑賞…。まあ当然、そういう流れになるよね?AVバリにトロけた人妻のあそこをじっくり堪能させてもらった

私は結婚して2年目の時に支店に転勤になった。そこで妻が子供を妊娠して、出産のために実家に帰ったため、2ヶ月程度の独身生活に戻りました。住居は会社が借り上げているマンションだったのですが、隣は経理課の由紀(28)夫妻が住んでいました。由紀の旦那は他社に勤めており、単身赴任でいませんでした。当時は独身生活で、レンタルビデオ屋に行ってはAVを借りて、シコシコとオナニーに励んでいました(笑)ある日曜日の午

続きを読む