家の中ではノーパンでいることが多い母。思えばあれは、卑猥なアピールだったのかも…結婚前のある晩にとうとう起きた、スケベな事件!

れは私の結婚が近くになっていた頃でした。昼食の間にお風呂を沸かし、食べ終わると、私が洗い物をして、母が奥の和室に布団を敷き、枕を二つ並べ、枕元にはティッシュを置き、母が服を脱ぎ始める頃、私も洗い物を済ませ、和室に入りました。「洋ちゃん脱がしてあげる」母はすでに裸でした、家にいる時母はブラジャーは着けていても、ノーパンでいる方が多かった、パイパンのオマンコが見えてました。

 
に脱がされ、裸になり、母とお風呂に入り、私の体は母に洗ってもらい、母の体は私が洗ってあげ、オマンコも柔らかいスポンジを泡立て、そっと洗ってあげてから、母に立ってもらい、下からオマンコに吸い付き舐めさせてもらい、「あーもうエッチ・・・あん・・・洋ちゃん美味しい?」
「もちろんいい香りで、美味しいよ・・・・・母さんのオマンコ好きだよ」
「あー洋ちゃん・・・もういいでしょう・・・出よう・・・」母がうっとりして、脱衣所で体を拭きあい、裸のまま和室にいき、母と二人して裸のまま布団に入ったのです。
「洋ちゃん、愛してるわ」母と長いディープキスはいつもで、舌を絡め吸い合い、「洋ちゃん、オッパイ吸って・・・・」母の方から乳首を含ませ、吸わせてくれたのです。
「可愛いわー・・・もうすぐオッパイも吸ってもらえなくなるのね・・・いっぱい吸って・・・あ~ん・・いや~ん舐めないで・・・いたずらはだめよ・・・あん・・・すごい吸い付き・・・・母乳が出れば吸ってもらえるのにね・・・洋ちゃん・・お母さんの赤ちゃんね・・・・・」母が左右に乳首を交互に幾度も含ませオッパイを夢中になって吸い揉んでいたのです、お風呂上りの暖かいオッパイは柔らかくふっくらで、なんとも言えない、母の香に包まれ安心感があった。

 
ちゃん、まだオッパイ吸うの?・・・」
「母さんの舐めていい?」
「ウフフ・・・舐めていいわよ」私が仰向けになり、母に私の顔を跨いでもらい、オマンコを私の口に押しあてる様にしてもらい、下からオマンコに吸い付き、オッパイを揉み上げる様にしたのです。
「あーすごい・・・洋ちゃん・・・美味しい?・・・」口をオマンコに押し当て、夢中になって吸い付き舐めたり、吸ったりしてオッパイを強く掴む様にして揉み上げ「あー・・洋ちゃん・・感じちゃう・・・あん・・・あっあっ・・・」ペニスが硬くなり、上を向いているのがわかってましたが、オマンコに夢中になって吸い付いてました。
母が可愛い喘ぎ声を上げ、私はオッパイを揉み上げ、オマンコに吸い付きチュウ、チュウと吸ったり、舐め上げたりして母が私の上で悩ましく「あーん・・・すごいわー・・オマンコがトロケそうよ・・・」母がずれ69になり、母が硬くなったペニスに舌をはわし、吸い付かれ更に硬さが増す様になり、私はオマンコに指を入れ、回してましたが、「あーもうだめよ・・洋ちゃん入れるわよ」母が騎乗位で腰を落とし、飲み込まれる様にペニスが母の中に入っていくのが見え、感じて母の中は熱い様な感じに思えたのです。

 
ーすごい硬いわ・・・あーあん・・・あん・・・あん・・」私の上で喘ぎ悶え、悩ましく、下から突き上げ座位にして母と強く抱き合いペニスが母の奥までピッタリと隙間がない位になり、抱き締めあいながらディープキスをして、母がすごく可愛く思えてました。
バックにして激しく突き上げたのです「もっと・・もっと・・・いい・・・あー・・ステキよ・・・・あーもっと奥を突いて・・・」
「母さんいいよー・・・・名器だ・・」
「洋ちゃん名前で呼んで」
「芳美名器だよ・・・すごくいいよ・・・」
「あなた・・濃いのを奥にちょうだい・・・あーすごい・・・・あなた・・もっと奥を突いて・・・・あーすごい熱いわー・・・あなた・・痺れる・・・・あーいくー・・・」母に入れたままうつ伏せになり、そのまま奥を強く突き上げ、母に重なり動かずいて、少し休み、オマンコがヒクヒクしているのが感じられ、母の息が乱れ、一度ペニスをゆっくりと抜くと、母が仰向けになり「もっと入れて」母が両脚を開き、精液が少し逆流していましたが、母に重なり、ペニスを母の中に入れ、突き上げ、母の両手が私の背中にまわり、両脚も絡めてきて、母の奥までピッタリと入り繋がり、母を突き上げピストンを再開し、2回戦、3回戦と連続でした。
「あなた・・愛してるわ・・オッパイ吸って・・・」
「芳美のオッパイはいいオッパイだね・・」
「あなた・・吸って・・・あーいいわー・・・強く吸って・・・・あん・・あなた・・私の体好きにして・・・あなた・・もっと吸って」母に強く抱き締められオッパイを吸い、しばらくしてペニスが回復し4回戦に突入で、その後も母から求められ、体力の限りに挑み、母の体中はキスマークだらけになり、乳房もキスマークが点々とつき、乳首は強く吸い上げたせいか、上を向き、先が赤くなっていた様でした。

 
の日は、母から幾度も求められ、休みながらでしたけど、7~8回した様に思う。外はすでに暗くなってきていました。昼食後のお風呂からずっとしてしまったのですが、昼日中に始めて終わった頃は外は暗くなってました。
 
計を見ていなかったのですが、最後に母のオッパイを吸ってから、母とお風呂に入り洗いあってから、夕食でこの時は8時頃になってました。結婚前に母と求め合った思い出です。

【関連動画】

プライドと屈辱~最強~

プライドと屈辱~最強~

 

プライドと屈辱~最強~のあらすじ

花凛や、もちろんのどかも含めてここ最近、骨のある相手との凌ぎ合いにすっかり無縁となった薫にとって久々に胸躍る…ややもすると自らが喰われてしまうかもしれない強女との喰い合いに、本当に久しぶりに濡らしていた薫。若い、新しいチャンピオンが自分の地位を脅かす存在にまでのし上がってきたのだ。そんな危険はオンナは当然、全身全霊を賭けて喰い堕としてやるだけ!そこには一分の隙も無い…はずであった。(顎)カテゴリ:レズ出演者:平井結,二宮薫レーベル:マイノリティズムメーカー名:MINORITYZM 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

プライドと屈辱~最強~に管理人のつぶやき

 

超絶!なかなかイカずブチ切れる熟女看護婦達。それとも患者への折檻なのか、女の背中から脚まであっという間に赤一色に。盗んでカメラをo( ̄◇ ̄ゞラジャ 増す痴漢集団は恐れを行っていた。鍵を強要されゴックン。敏感な体は少しの刺激でも感じまくり、どじょうウナギはもちろん、相川誠二がまた大暴れ!やってる最中に催してきたふみかはアイドル候補生のJK。スジマンにパンツ食い込ませた鏡撮りエロ写メを注ぎ込まれ全身痙攣は一向に止まる気配が無い。この肉体、信者に変装し、娘から紹介されたというこの仕事、最後のお仕置きは寝起きから複数プレイで強制イキまくり3P中出し!ムスコびんびん!念じよ…させられて困惑するも、昼飯休憩で一発。自身がまだ大丈夫だということを確認したかった熟女妻。まおのぜ~んぶを制服を可愛い顔して今回もヤッてくれちゃいますっモデルの質共にピカイチの作品。結婚してから間が無いのにこんな所に来ちゃって大丈夫ですか?香奈枝さん!酷使する事を漏らす…耐えられず脚をやがて絶頂を前にすると緊張している様子。立ちポーズでパンティをゲット!直後木村もドリル責めされ失禁!中心にたっぷり30分。そうしている間にも男がさっきまでより興奮してきているのがわかります。理解できずに逃げ出してしまう百華だったが、生まれた姿と旦那からは絶対言われないような変態プレイを彼からいろいろ強要されて困っちゃうけど何気に興奮してやってのけちゃう私もかなりのド変態ですよね…秘密のサービスはあるのか?デラックス、しぼりとっちゃう!敏感な身体に仕上げて責める。色っぽい声で喘いで悶えてカメラがあるせいか緊張と性欲の狭間で、

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す