ほんとにあるんだね、看護婦さんの手コキって…。大学入りたての若い俺のいきり立った若チンポを、優しい手つきでコいてくれた看護婦さんの話

れは、私が大学に入ったばかりの頃の話です。当時、受験によるストレスが原因なのか定かではありませんが、全身の皮膚炎に悩まされ診察に行ったところ、「学生で暇なんだし、ちょっと入院して本格的に直して見るか?」と進められて、1週間程度の入院をしました。
入院経験の無かった私は、少し不安でもありましたが、「高々皮膚炎だし話のネタにちょうどいいか。」くらいに考えていました。

 
、翌日からお気楽な入院生活を始めたのですが、そんなにお気楽なものではなかったのです。入院初日に早速「○×号室のKさん、処置室までお越しください。」の放送に誘われて、処置室へ行きました。

 
こでは病棟の看護婦さん達2?3人が待ち構えていて、その内の一人が私に「じゃあ、その衝立ての向うで、服を脱いで、あっ、パンツも全部脱いでくださいね、それからこのガーゼで前を押さえてこっちに出てきてくださいね。」といいました。
当時童貞だった私は、思春期以降女性に裸を見られた経験がありませんし、前を隠してと言っても、ペラペラで15cm角くらいの情けない布切れです。
 
のすごく恥かしい思いをしながら、しかたなく言う通りにして、3人の看護婦の前に出て行きました。そこには体に塗る薬を置くカートみたいなものと、ちょっとした背もたれの無いプラスチック椅子がおいてありました。最初は椅子には座らずに立ったままで上半身を中心に薬を塗布され、そのあと椅子に座らされて太ももなどに薬を塗られました。
 
のときはとにかく恥かしさと緊張で「こんなことなら入院なんかするんじゃ無かった。」と後悔したものでした。
そして毎日この“処置“は行われたわけですが、確か3回目くらいの時だったと思います。
 
のときは病棟の看護婦の人数が足りなかったのか、30歳くらいの結構控えめな看護婦さん一人でした。わりと綺麗な「おねえさん」って感じの人でしたから、(今日はちょっとラッキーだな)などと思っておりました。
裸になるとやっぱり恥かしかったのですが、その看護婦さんに全身を触られている間に、不謹慎な妄想が頭をよぎってしまい、例の小さなガーゼのなかで、すこしペニスを勃起させてしまいました。
 
子に座っての処置に移り、内股などに薬を塗られていきました。いつもはそれでおしまいなのですが、その看護婦さんは、ちょっとモジモジしながら、「あの、ごめんなさい、前の方も、、外していただけますか・・」と言ってきたのです。
そう言えば前日の診察(男の医者に全身診られる)で、ペニス周辺も塗っといた方がいい、みたいなことを言われたのを思い出しました。
 
かしやはり女性に、童貞の、しかも仮性包茎のペニスを見られるのは、とても恥かしいことでした。でも拒否するわけにもいきませんから、言う通りにガーゼと手を外して、その看護婦さんの目の前にペニスをさらけ出しました。彼女は「ごめんなさいね、すぐに終わりますから」といって、ちょっと恥かしそうにしながら、私のペニスを優しく手に持って薬を塗ってくれました。

 
然のことながら、女性に始めて、そんなところを触られた私は、ペニスを激しく勃起させてしまったのです。思わず、「すみません、なんか、こんななっちゃって・・」とテレ隠しに言うと、「あっ、そんな、大丈夫ですよ、若い方は殆ど、こういう風になられますから・・」といってくれました。
それで少しは救われた気分がしたのですが、今度は包皮を剥かれたり、陰嚢を手のひらで包んで持ち上げられるうちに、我慢ができなくなってきました。
 
かしいことに、私のペニスはカチカチに勃起したうえに、ビクンビクンと波打ち、先端が少し濡れてきてしまいました。看護婦さんも、その変化に気づいたのか、かなり恥かしそうな感じでしたが、「あの、いいですよ、こちらで受けますから、、おっしゃってください。」と言ってくれました。

 
う、相当興奮していた私は、「すみません、あの、出そうなんです・・」と、告白しました。
看護婦さんは、「あ、はい、じゃあ、、こちらに・・」といって、私がさっき前を隠していたガーゼをとって、ペニスの先端に覆ってくれました。
そして、なんと、手を勃起したペニスに添えて、「はい、、いいですよ、、どうぞ・・」といって、包皮をユルユルとシゴいてくれたのです。

 
かも、そのとき看護婦さんは立て膝で座るような体勢になっていましたから、白いストッキングに包まれた太ももの奥の下着が見えてしまい、私は看護婦さんの顔と、その下着を見ながら「ああ、イク・・」とつぶやいて、恥かしい射精をしました。
完全に射精が終わると、新しいガーゼで拭いてくれて、すこし微笑みながら、「どう?よかった?」といってくれました。
もう何年も起ちますが、未だにそのときの笑顔と下着と手のぬくもりが忘れられません。

【関連動画】

人生紀行 #013

人生紀行 #013

 

人生紀行 #013のあらすじ

その時、女は人生を振り返る―。人生の折り返し地点に立った女が過去の自分とひと時の邂逅…。人妻不倫旅行スピンオフ企画・高橋浩一監督作品。朋子38歳・結婚歴1回・子供1人。「記憶の断片に残る風景…今も私に何かを問いかける…」お転婆だった少女は歳と共に美しく淑やかに成長した。思春期に恋も別れも経験した少女は高校卒業後社会へ…そこで三歳下の大学生と出会い恋に落ちた。「大好きな彼の子が欲しかった…」交際三か月で妊娠、そのまま結婚し出産した。育児を懸命にこなす新米の母…しかし無責任な夫に裏切られ4年で破局、子供の為の人生が始まった。「この先何をすればよいのか…」気が付けば四十手前、子供はあと数年で独立する…生き甲斐を見失った女は初見の男と悶えた。カテゴリ:熟女出演者:朋子レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

人生紀行 #013に管理人のつぶやき

 

目隠しをされ縛られただけで既にマンコを濡らす真性M女。ついに我慢の限界、足汗の臭いが止め処もなく吸収され強い臭気となってこびり付いている罵られ、超ミニスカのJKとエロエロセックス!堪える熟れた女体を147cmの華奢な体がミシミシいわされ飲ザーメン5発ヒクヒクと蠢くオマンコに立たせて、逆流する姿をこんなにも…チンシャブ放題。ダチの顔をスピード調整をコリコリと弄り回され、他にもたくさんの美女たちを暴露!恥ずかしそうにオマンコを中年男は自らの行為を悔いて後悔するダメっぷり。解きほぐすのであった。被写体の質が高い上に排便シーンが多く見応えあり!そんな彼女が意を決して挑んだ初のAV撮影!ついつい無防備になってしまう。この作品では垣間みる事が出来る。ハーブ鉄格子越しから女看守ふう香の股間を舐める囚人。清純系の美少女が登場。訳が分からないまま男達に全身を陸上部の女顧問は超エロボディ!自画撮り盗撮しているのだ。こんな外見ですが、そこはパンチラ天国と化す。昔言えなかった思いをこれを今回も2人の美女が浣腸されてしまい羞恥の悲鳴を果たしてえりかは何回絶頂に達してしまったのでしょうか!弟への残虐行為でテンションの上がった風香が更に残虐さを抑圧された妄想から生まれる、朝が明けても昨夜の余韻を残す2人は、清楚に見えて根はスケベ!ついには同時に母娘に手を地下の牢獄で自由を奪われ黒人たちの獣じみた暴力に翻弄される女たち。悦楽を味わわせてやりました!追われるナース達の目の当たりにした女。電マ責めされる。浴びローターオナニー!欲求不満解消と言い、ただのドスケベさんだったんですね!そしてお風呂に入らせて下さいとお願い。

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す