職場の女と、近くて遠い、そんな距離感で付き合っている俺のエッチ体験談

月に入ってから部署の送別会がありました。転勤のシーズンですので飲み会が多いわけです。

 

然、私も参加したのですが、その中に美香(仮名)がいました。私は某金属メーカーに勤める35歳男性で独身一人暮らし。

 

の時にちょっと嬉しいハプニングがありましたので報告します。この美香という女性は男性社員の中での評価は、まあ上々といったところです。

 

社帰りに男性同士で飲みに行くと、「ウチの会社の中の女性社員だったら誰が好みだ?」とかいう話って出るじゃないですか。その時に、「あの娘は結構好きだなぁ」なんて何人か挙げると、5人中3人くらいから名前が出るといった感じですね。

 

だでさえ金属関係は女性社員が少ない上に、私たち男性社員は会社を出るのが20時前後。一方の女性社員は18時には着替えて帰ってしまいますので、話をする機会なんて無いわけですよ。

 

してやラインの従業員は年齢的に上の人が多くこちらも論外。出会いもなく細々と仕事をしておりました・・・。

 

も同じフロアで働いているわけですし、仕事上での会話はあり、昼休みも一緒ですから割と仲はいい方ですが、それ以上は進展なし。だって美香の年齢だって20代半ばってしか知らないし、入社5年目だから4年制大卒なら27歳くらいで、短大なら25歳か?ってくらいで、面と向かって歳を聞くこともないですから。

 

、送別会を兼ねた飲み会での席のこと。まず1次会は19時から21時までで、ここは何も無く終了・・・。

 

次会が終わって店の前でダラダラしながら、「次行く人は誰~?帰る人はお疲れさん!」と30分くらい経ちました。ボーリングに行くグループ、別の店で飲み直す人達など三々五々別れた中で、私はカラオケに行くグループに同行しました。

 

の中に美香がいました。23時頃になって終電ヤバイということになり切り上げたのですが、23時半にもなると電車では帰れなくなる人もいて、各方面に別れてタクシーで帰ろうと言うことになったのです。

 

方面は私と美香だけでしたが、その時はその後のことは全く頭になく、送ってあげなきゃな~と思ってただけでした。「どこ住んでるんだっけ?」聞くと、そこは私の自宅よりも5キロくらい遠く、先に美香を送ってから帰宅すると距離的には勿体無いですよね。

 

も私が先に降りて彼女にサヨナラすれば距離効率は良いですが、料金を女性に払わせるわけにもいかず、「彼女の家に寄って私の自宅に向かってください」と運転手さんに告げました。するとここで嬉しい誤算1発目。

 

んと・・・。美香「あのぉ、それだと山本さん(仮名)が帰るの遅くなっちゃいません?朝まで泊めてくれたらすぐ帰りますから、自宅に行って朝まで飲みませんか?」そう言ってきたのです。

 

あ帰宅したら深夜1時を回ってるだろうし、朝9時くらいに帰るなら仮眠含めてしばらく飲み直すのでもいいかな、次の日休みだし・・・と思い、OKしました。自宅に着いてから適当に話をしているうちに、「男の一人暮らしの家って裏ビデオとかあるんですよね~。いっぱい持ってるって噂ですよ」なんていう内容になってきました。

 

「押入れのビニール袋にディスクが入ってるのがそうだよ。30~40枚くらいあるかな。昔はもっとあったんだけど、気に入らないやつは人にあげたり捨てたりしたから今はそれしかないよ」美香「ちょっと鑑賞会してもいいですか?前に見たことはあるんですけど最近は無いんですよ」適当に1枚再生しましたが、2人で観入ってるわけでもなく、BGMにして会話と酒を楽しんでるっていうところでしょうか。

 

生してから20分くらいしてからお互いに眠いねということになって、寝ることにしました。時刻は午前3時過ぎです。

 

団が1組しかないので美香に使ってもらうことにして、私はソファで横になるからと伝えました。しばらくは無言の中で私は横になり、美香は布団に寝そべってビデオを観てました。

 

して嬉しい誤算2発目。美香「ソファだと寒くないですか?エアコンの暖房だけだと寝るには寒いですよね。半分ずつにして布団で寝ませんか?」でもこの時点でもまだ何かが起こるとは思いませんでした。

 

「ではお言葉に甘えて」一旦は布団に入ったのですが、すぐ寝るわけでもなく再度会話。ビデオも中盤に入っており、激しい場面になっています。

 

話もそっち方面のことが多くなり、例えば、「AVって半分以上演技ですよね~。だいたい男と女が同時にイクことはありえないし、女優もあんなに大きな声出すのは不自然だし、全身性感帯なんてそんな人は絶対にいないですよ」とか、「くすぐったがりの人ってエッチの時はそこが感じるんですよね」なんて過激な話になってきました。

 

うこうするうちに美香が、「私ってすごい肩凝りなんですよ。でもヤルときは結構そういう所が感じるんですけどね」なんてことも。

 

しに肩揉みくらいならお安い御用なのでやってあげようかって言ったらすんなりOK。椅子に座ってもらって、普通に肩揉みしてました。

 

初は、「キク~」とか「そこがいつも凝るんですよ~」なんて言ってましたが、AVのせいもあってかだんだん怪しい雰囲気になってきました。だって気持ちよさそうに美香が無言でいる空気にAVの音だけが部屋中に響いている状況ですから変な環境ですよね。

 

揉むのにスーツ着てたらやりにくい」と言ってみたら上着脱いでくれました。この時に流れは決したのかもしれません。

 

調子に乗ってさらに要求したらブラウスも脱いでくれましたが、既に上半身は下着ですから私も勃起して来ました。そんなこんなで、「あれ~山本さん勃ってません?いや~私の身体でも興奮しますか。私もまだまだ捨てたものではないですね~」と冗談めかしくエスカレートしていくのでした。

 

して、ここで勝負に出ました。私「美香の身体見てたら変な気分になってきちゃった。会社の人達には内緒にするからヤラせてくれない?」そうしたらちょっと躊躇した様子でしたが、意外にも「いいですよ」となりまして、SEX決定。

 

の時点でヤリスペースを作ることになりしばらく小休止。カバンやら家財道具を脇に押しやったりしてプチ掃除ですね。

 

さくさに紛れてビデオカメラもセットしちゃいました。バレると人格を否定されかねませんので、勿体無いけどかなり遠くからズームで合わせて録画開始。

 

ャワー浴びてくる」とか言ってましたが、ヤルと決まった以上は私も興奮状態ですのでそのまま布団へGO。だってシャワー浴びたら全裸でしょ。

 

がすプロセスも大事です。「電気は消して」と言ってましたが、消してしまうとせっかくセットしたビデオが真っ暗になってしまうのと、液晶部分が光ってバレそうなので何とか阻止せねば・・・と必至に抗弁。

 

デオはタオル掛けたりしてカモフラージュしたりして、まぁ近付かない限り分からないとは思っていましたが。そしてフェラチオを10分くらいしてもらってましたが、交代してクンニをしました。

 

すぐったい」とか、「汚いから嫌」と言ってましたが、続けていると良い声を出してきました。押し殺すように、「アァ・・・アン。・・・ア・・・アァァ」とたまに首を仰け反らせて感じているようです。

 

よりも中の方がどっちかといえば感じるなんて言ってたのに、メチャメチャ感じているではないか!舐めている最中に体位が90度以上廻ってしまう始末で、ビデオのアングルから外れてしまうので何度も直しました。美香は明らかに濡れています・・・。

 

が何の抵抗もなく1本入ってしまい、舌はクリを重点攻撃。次第に声が大きくなってきます。

 

うお互い突っ走るしかないためか、美香も積極的になってきて再度フェラ奉仕をしたいとのこと。まだ舐め回し足りない私は69体勢に。

 

も感じまくっているため、「集中できない・・アァ・・・アン」と一方的に攻める私。乳首はくすぐったいだけのようであまり感じませんでしたが、肩と耳、それに背中は感度抜群で身をよじりながら大声でよがっていました。

 

して正常位で5~6分突いてましたが、カメラのアングル上、結合部が映らないことを知ってましたし、自分の尻がメインでは悲しいのでバックに切り替えました。できるだけ美香だけが映るように場所を調整しながらストローク開始。

 

く入るようで、「気持ちいい」を連発して私も気分が乗ってきました。付き合ってる彼女や風俗といった環境ではなく、身近で遠い職場の女。

 

かも初物の身体ですので興奮状態はまさに絶頂です。こんなシチュエーション今後は考えられませんから、思いっきり楽しんでやろうと激しく突きます。

 

速で突きすぎるとイッてしまそうなので、途中スピードを落としながら15分を目標に頑張りました。時間は20分くらい経ったでしょうか、時間が長く経ってしまったのか美香が、「疲れたー」とか言ってます。

 

こらが潮時かと思い、全力で腰を振りながら、「中出しでいい?」とそっと聞いてみると、喘ぎながらも「絶対ダメ!」。諦めて背中に発射しました。

 

中に大量に発射した精子を、「いっぱい出た?背中に熱いものが飛んできたよ~」と笑いながら私の腹に擦り付けてきました。うう~ん、シリアスにならずあっけらかんとした態度もGOOD!後腐れなくて一番良い終わり方だなと思った私です。

 

腐れなく、「今夜だけ」と当初は言っていたのですが、一度ヤッてしまうと多少の情が沸いてくるのは人情であり、携帯電話の番号とかメールアドレスを教えあいました。今でも何度か逢ってたりするのですが、性格の良い娘ですので楽しいですよ。

 

き合うつもりはお互いに薄いのですがしばらくはこの関係が続くような予感がします。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す