お見合いパーティで色っぽい熟女をゲット!スゴテクと名器の虜になってしまいフラフラになるまでヤりまくる……


 

 

は45歳で、バツ一経験者、子供も20歳の女児と18歳の男児がいます。
彼女と知り合ったのは、所謂お見合いパーティーでの出来事です。
 

彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。
40代の男性と40以上の女性が12吊で集まってのお見合いパーティーをしたのです。
 

全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。

 

お見合いパーティで色っぽい熟女をゲット!スゴテクと名器の虜になってしまいフラフラになるまでヤりまくる……(イメージイラスト1)

 

六本木のイタリア料理店で日曜日のお昼に集まりました。
 

セレブな奥様の主催で、彼女の知り合いばかりが集まってのお見合いでした。
一番若くて41歳、女性は40歳から50歳までの6人でした。
 

最初は抽選で場所決めをして、全員での自己紹介をして、結婚の意思があるかどうかもお話ししました。

 

僕と同じ席には42歳の彼女が同席しました。
 

本当に一目惚れでした。
物凄く色白で、顔も小さく、胸はDカップぐらいある素敵な女性でした。
 

着ているお洋服もシャネルスーツで、靴もバックも高価そうでした。
手の爪にもお洒落にアートされていました。
 

 

お見合いパーティで色っぽい熟女をゲット!スゴテクと名器の虜になってしまいフラフラになるまでヤりまくる……(イメージイラスト2)

 

お仕事はお母さまと、四谷でお料理教室を開いていて、彼女はお料理の先生でした。
僕は、都内の繁華街に何棟かのビルを持っていて、殆どは貸しビルで、いろんなお店に貸しています。
 

いわゆる貸しビル業です。
社員も40吊ぐらいはいて、六本木に会社はあります。
 

今日の主催者の社長夫人にも、ビルの一室を御貸ししています。

 

は大学時代はラグビー部で、かなりがっしりとしていて身長は178cmで体重は65kぐらいはあります。
 

彼女も女子大生の頃にはアメリカのロスで過ごし、いわゆる帰国子女だそうです。
身長は168?で、想像ですがDカップで、B88、H55、W90くらいでしょうか。
 

母親の料理教室を手伝い、先生だそうですが、得意な料理は和食だそうです。
結婚は22歳の時に、ある広告代理店の人に見染められて結婚したそうですが、40代から酒癖が悪く、自宅で暴力を振るうようになり、離婚を決意したそうです。
 

 

僕は正直に浮気が原因で、妻とは離婚したとお話をしました。
一応本当の事を言うほうが今後のためと思い白状しました。
 

2時間後にはお話は済ませて、近くの大使館裏の部屋が用意されており、皆さんとの会話をする予定でした。
僕も彼女も一目で気に入ったので、主催者の社長夫人にお話をして、ここで皆さんと別れました。
 

彼女を近くの六本木ヒルズの隠れバーにお連れしました。

 

ここは有名な芸能人や、政界の人たちが内緒で出入りしていて、普通の人は入れない特別なところです。
 

メンバーズオンリーなのです。
彼女はこの隠れバーが一目で気に要ったようで、だれも覗けないスペースに案内されました。
 

僕は普段はバーボンのオンザロックを飲むのでそれを頼み、彼女はシャンパンが飲みたいというので、時価8万円のモエドシャンパンを頼みました。
お互いの離婚の事実を告白して、今後のことも赤裸々に話しました。
 

 

もちろん最近のSEXのことも隠さずに話しました。
僕は時々ホテルに風俗の女性を呼んで、性行為をしていると告白しました。
 

彼女は最近はほとんど離婚からは、性行為はしていないようですが、一度だけ、シドニーに友人と旅行に行き、オーストラリアの男性にナンパされて一夜を過ごしたようです。
ただしその時にはサイズが合わず、ほとんど無理な状態だったそうです。
 

こんなに正直に話をしてくれるとは思いませんでした。

 

すから今の気持ちとして「今すぐにでも貴女を抱きたい。」と本音を告白しました。
 

彼女も思いは一緒で「私もよろしければ、ご一緒したいと思います。」と飛び上がらんばかりの返事でした。
 

この六本木ヒルズの中に、僕の持っている3LDKの部屋があるのでそこにお連れしました。

 

もう夕方の6時ころで、ベランダからは東京の夕景が奇麗に見えます。
 

思わず抱きしめてふくよかな唇に吸いつきました。
お風呂は外に突き出していて、天井からは夜景が見え、星空やお月さまも見えるジャグジーバスなんです。
 

6畳くらいの部屋で、黒いマットも敷いてありそこでの性行為も楽しめます。
最初は僕が入り、10分後には彼女が陰部を隠しながら入ってきました。
 

 

Dカップの胸のふくらみは、お椀をさかさまにしたようで、乳輪は薄茶色でその先端には赤い宝石のような乳首がチョコンと飛び出していました。
タオルを取るとカールした繊毛がいかにも美女らしく、陰部を覆い腿の付け根のデルタ地帯に、左右をこんもりと覆う肉の盛り上がりが見えました。
 

シャギーヘアの髪の毛を抱えながらキスを繰り返して、オッパイを握り、膣の入り口をまさぐりました。
彼女をしゃがませて、僕の天に届けとばかりに聳えている陰茎を唇を分けて挿入させました。
 

ぐにゅうっと淫猥な響きがお風呂ばに響きます。

 

亀頭はまるで青筋を立てて、その先端はキングコブラの頭のように膨れ上がり赤銅色に輝いていました。
 

ピストンで口孔内で暴れるともう我慢できずに、「ああああ、出るよ~、逝っちゃう~。」と叫んで青臭い液体を放っていました。
 

「ごめんなさい、こんなに早くにいくなんて恥ずかしいです。」と謝り、彼女は美味しそうに精液を全部飲みこんでくれました。
 

 

女のお口の中に精液をまき散らして「申し訳ございません。」と謝りました。
 

でも僕の青臭い液体をゴクゴクと飲んでくれたのに大感激でした。
本当に彼女も久しぶりの性交で気持も良かったみたいで、おまんこはもうぐっしょりでした。
 

42歳でもう更年期の兆候があるらしく、生理も上順だそうでなんとか今回のお見合いパーティーで男性と知り合いたかったらしいのです。

 

会ったその日に性交までは行き過ぎだと思ったらしいのですが、お互いに一目惚れだったのと、経済的な事も気に行ったようでした。
 

お互いがこんなに早く性行為をするなんて思いもよらなかったのですが、全身を見たらもう我慢できずに性交に走ったのです。
口の中の射精を終えて、お風呂場のテンピュール・マットに横になり69スタイルでお互いの秘所を舐め合いました。
 

僕は一度射精をしているので、彼女を中心に攻めまくりました。
これまでに散々と指で性器を掻き回しているので、愛液がドロドロと流れ出しています。
 

 

おそるおそる淫芯に唇を当てると、そこに咲いた紅色の女花はたっぷりと露にまみれていました。
「あうううっ、凄いのね~」彼女が喘いで腰を揺すります。
 

「君のアソコはとても奇麗で美味しそうだよ」秘烈をそっと開いて、ピクピクと震えるクリトリスの皮をむいて、小豆大のアソコをしゃぶってやりました。
「うううう~んん、ウン、気持ちがいいわ~」彼女は眉間に皺を寄せながら、喘ぎを漏らしていました。
 

僕は正常位でぐいっと大きくなった陰茎を膣に挿入しました。

 

蛸壺おまんこで入り口は本当に狭く、亀頭が入るにも大変です。
 

膝を思い切り開いて、割れ目の中に最初は指でGスポットを擦りあげて、挿入を助けました。
「あああっ、凄いのね、アメリカ人との性行為をしたことあるけど、それより凄いなんて、本当に壊れそうだわ~」と叫んでいます。
 

少しずつ挿入をして膣の奥の子宮口の前まで押し込みました。
ぐにゅうっと卑猥な音と、プウっとおならの様な音が漏れます。
 

 

が狭いのと陰茎が太いので、膣の空気が出場所を失っているようです。
Dカップの乳房を握りしめて、乳輪が盛り上がり尖がった乳首を舌で転がしてやりました。
 

「あああっ、気持ちが良いわ~、貴方ってかなり遊び慣れているのね、だって日本人でこんなにセックスの上手い人は知らないわ、すぐにイキそうよ、あんまりピストンしないで、膣の奥に着けたままにしていて頂戴。」腰を僕の陰茎の上にゴシゴシと押しつけて、クリトリスの快感を味わっています。
 

「んんん~、あああ~、逝っちゃいそう~、いいわ~、体中がヴァギナになっちゃうよ~、イク~、イクよ~、んんん~っ、もう駄目よ~」彼女の手が背中に食い込んで爪を立てて掻き毟ります。

 

彼女の全身が痙攣で弓なりになり、硬直をしていきなりガクガクと弛緩します。
 

何回ものオルガスムスで痙攣が止まらずに、穴という穴から体液を撒き散らして、ついには白目を剥いて失神していました。
しばらくはこのままで寝かせていました。
 

M字開脚でおまんこが丸出しでした。
20分後にやっと目覚めたようで、「あら私は失神したのかしら、生まれて初めてなのよ、もしかしたら潮吹きもしていたかしら?」確かに生暖かい液体が僕の下腹にかかりました。
 

 

あれは潮吹きなのでしょう。
僕も妻もしなかったしあまり体験していないので解りません。
 

彼女の家は代々木上原で、僕は西新宿なので、夜の10時ころに送って行きました。
「これからの関係は結婚を前提じゃなくて、SEX友達でどうかしら」と前向きな関係を望んでくれました。
 

大歓迎です、週一で性行為をすることにしました。

 

彼女と知り合って早いもので、6か月が経ちました。
 

本当に相性が良くて、週に1回は最低でも逢って性交をしています。
僕の六本木ヒルズのマンションの一室が多いのですが、彼女の料理教室のある四谷で逢って、時々は新宿の高級なラブホに行く時もあります。
 

45歳と42歳の二人が止めどもなく性交に嵌まっています。
あるとき彼女の女子大時代の友人が経営している、密室のような旅館に行きました。
 

 

女の同級生の女将さんも出てきましたが、僕たち二人はお互いに離婚経験者なので心よく迎えてくれました。
彼女もかなりの美女で、子宝に恵まれて女の子が3人いるそうです。
 

お昼頃到着して、夕食までの間は露天風呂に入り、スノコの上でセックスしました。
彼女はおまんこを手入れして、美容外科で大陰唇の黒ずみを薄くしたり、陰毛も手入れして、金色の糸屑みたいに細く形よくカットして絹草の様に、オンナの命をたたみこんだ割れ目を隠しています。
 

思い切り両足を抱えて股間をパックリと開くと、そのサーモンピンクの濡れ光る亀裂をさらけ出して呉れます。

 

熟れた女の匂いが立ちのぼり、舌でその女芯を掻き分けてやりました。
 

一ケ所の突起物に舌が触れると、彼女はピクンと総身を震わせて「はは~ん、もう駄目よ~、早く頂戴~、そのフトマラが欲しいの」と露骨な言葉を吐くのでした。
「ああっ、貴方もう我慢できないわ~、早く欲しいよ~」とチンポを握り膣の中に入れたがります。
 

「ああ駄目よ~、そんなにGスポットを責めるといっちゃうから~」彼女の口から絶叫にも似た、快感を求める甲高い嗚咽が噴き出して、下半身がひとりでわなわなと震えました。
そろそろぶち込んでやるかと、怒張した亀頭を口の中に入れました。
 

 

「うぐうぐうぐっ、んもう駄目よ~」と声も出ません。
その後で勃起した上反りの陰茎を肉壺にあてがい、クリームのように溶けた秘祠に押し入らせました。
 

彼女はやっと塞がった喜びで、今にも息を引き取るようなうめき声を発していました。
「はははん、ひひひぃ~、あうっ、私イッちゃうよ~、いいいいいい、いいよ~」お風呂場に彼女の悲鳴が響き渡ります。
 

突然にオルガスムスを迎えて全身が痙攣させて、穴という穴から愛液を撒き散らして、最後にはガクンと力が抜けて、操り人形の糸が切れたように動かなくなりました。

 

こうして止めどもなく性行為に励んで、腰もふらふらで帰京するのでした。
 

お女将さんに「貴女ももう歳なんだからそんなにすると、ダメになるよ」と見破られていました。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す