高校1年生の時から続いている俺の習慣→夏休みには叔母さんの家に泊まり込みでセックス三昧


 

 

れは私が高1の夏に始まった。
ナニが始まったかというと、叔母さんとのSEXだ。
 

夏休み、両親は会社の夏休みで2週間海外旅行に行く事になった。
その間、母親が私の面倒を叔母さん(由樹さん、36歳)に頼んだ事からだ。
 

由樹さんさんはご主人が単身赴任で海外出張中で、子供もおらず、時間的に余裕があるためだった。

 

高校1年生の時から続いている俺の習慣→夏休みには叔母さんの家に泊まり込みでセックス三昧(イメージイラスト1)

 

もちろん私一人でも食事の用意等身の回りの事はすべて出来たが、敢えて由樹さんさんに頼んだようだった。
 

部活が終わり、汗だくになって帰宅してシャワーを浴びている時、なんと由樹さんさんが風呂に裸で入ってきた………。
その裸を見た途端にペニスは勃起して真上に向き、心臓はドキドキ……。
 

「一緒に入るわね……あらっ、随分大きくなってるのね」と勃起しているペニスを触ってきた。

 

その触り方がとても気持ち良くてあっという間に射精してしまった。
 

「うわーいっぱい出たわねー」
「トモ君、体洗ってあげるわね」と言いながらスポンジにボディソープを付け、首から背中、尻、足……。
そして前特に勃起しているペニスとタマタマは念入りに……。
 

当時マスターベーションはエロ本を見ながらやっていたので亀頭はいつも出ていた。
そして一緒に向かい合って風呂の中に入り「トモ君、好きな女の子はいるの、SEXはした事ある?」といきなり聞いてきて「いないですよ、SEXなんかした事ありません」
「そう、それじゃぁ叔母さんが教えてあげるわ」と言いながら勃起しているペニスを触りながらキスしてきた。
 

 

高校1年生の時から続いている俺の習慣→夏休みには叔母さんの家に泊まり込みでセックス三昧(イメージイラスト2)

 

初めは唇だけだったが、舌を入れてきて吸うような感じで………。
もう頭の中はパニック状態で………いつの間にか由樹さんさんの大きいオッパイを両手で掴んでいた。
 

「それじゃあお風呂出てベッドに行きましょう」体をバスタオルで拭いて由樹さんさんの後をついて行きました。
両親の寝室のWベッドで由樹さんさんが「トモ君、じゃあここ見て」と両足を大きく広げおまんこを指で広げながら見せてくれた。
 

陰毛はほとんどなかった。

 

ても綺麗で益々興奮した!!初めて見るおまんこだった。
 

「触ってもいいわよ。主人にこの間出張から久し振りに帰ってきた時に剃られちゃってツルツルなの」恐る恐る震える指で触り始め、膣の中に指を入れたり、クリを擦ってみたり……。
 

「あっあっ!いぃっわ!もっと……」と由樹さんさんの声がだんだん大きくなり、おまんこから愛液が出てきたので夢中で舐めた。
暫く舐めていると由樹さんさんの太腿に頭を挟まれながら「あっーーーあっ」と由樹さんさんがイッた。
 

 

私はそのまま舐めていると「トモ君!とっても上手よ!そのまま続けてちょうだい!」と……またイッた。
「トモ君、初めてとは思えないくらい気持ち良かったわよ。じゃあ今度はトモ君寝て」と仰向けに寝ると、由樹さんさんはビンビンに勃起しているペニスを舐め、「トモ君おまんこに入れるからよく見てて」ペニスを持ちながら跨り、愛液で濡れているおまんこにゆっくり入れた……ニュッルと全部入った。
 

「あっあ、由樹さんさん、き、気持ちいいです!」生暖かく、初めての感覚で、由樹さんさんがゆっくり腰を動かし、徐々に早めたり、そして私の両手をオッパイに当てた。
私は下から由樹さんさんの大きなオッパイを揉みながらしていると射精感がきて「叔母さん!出るっ!」
「いいわよ、思いっきり出してちょうだい!」
「あっあっ、うっ!」と中で射精した。
 

 

その時由樹さんさんは腰の動きを止め出る感覚を味わっているようだった。
「叔母さん、すごーく気持ちよかったです。初めてです、こんなの!」
「うふ、トモ君、童貞卒業ね!おめでとう」
「叔母さんも久し振りに感じちゃった。トモ君のチンチン主人のより大きいんだもの」由樹さんさんが離れるとおまんこから精液が垂れて、ペニスと陰毛は精液だらけだったが由樹さんさんがなんと綺麗に舐めてくれた。
 

また勃起して「トモ君、今度は私が寝るから上から入れてみて」
「はい」由樹さんさんがペニスをつかんでおまんこに入れてくれた。

 

「トモ君、ゆっくり腰を前後に動かしてみて」私は言われるままに腕立てをした状態で腰を動かした。
 

あまり動かしすぎて抜ける時もあったが気持ちよかった。
「そうそう、その調子よ、乳首も吸って」タップンタップン揺れる大きなオッパイの乳首をしゃぶりながら腰を動かしていると「叔母さん、また出したくなった!」
「いいわよ、そのまま出して!」と同時に中に射精した。
 

ペニスをシッポリと包んでくれているような……何とも表現できない。
そのまま由樹さんさんの上に覆い被さりオッパイを吸っていた。
 

 

くそのままだったが、由樹さんさんが私の背中に腕を回して、そのまま一緒に回転して由樹さんさんが上になり、離れるとまたペニスが精液だらけになっていた。
由樹さんさんは綺麗に舐めてくれた。
 

そしておまんこから出てきた精液を指ですすり飲んでしまった。
私の脇に横になり「トモ君、今度は後ろから入れてちょうだい」と言いながら四つん這いになり、お尻を高くした。
 

私は言われるまま後ろに回り、膝立ちの姿勢から勃起しているペニスを由樹さんさんのおまんこに入れた。

 

「トモ君、あたしの腰持ってね」もうこの頃になるとピチャピチャ音を立てるぐらいに腰を動かし突いた。
 

暫く突いてしていると「叔母さん、出るよ!」
「いいわよ、出して!」またまた中に射精した………2時間で4回も射精、でもまだまだし足りない。
「トモ君、凄いわね、よく出るわねー」と由樹さんさんは感心しながら精液まみれのペニスを舐めて綺麗にしてくれた。
 

それから暫く由樹さんさんとキスしながら抱き合って何度も何度も射精した。
最後の方は空打ちだった。
 

 

これがきっかけで由樹さんさんとは両親が旅行から帰ってくる前日までお互いに服を着ず全裸のまま外に出ず、2週間SEX三昧だった。
忘れられない夏休みです。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す