セックスに消極的な妻を変えるため他の男とセックスさせてみる→デカチン突っ込まれて喘ぎまくる妻に大興奮


 

 

すごいね、エロいね、あなたの前で他の人とHするなんて」
「お前、他の男としたいのか?」
「うーん、ちょっと違うかな。あなたの目の前で他の人に抱かれるのってあなたが良いなら経験してみたいかも。ねぇーもし私が目の前で他の人とエッチしたらどうなるの?あなたはそれを見ながら独りエッチするの?」
「どうだろうな」私は声が震えました。
 

妻が私以外の男に抱かれるところを想像して興奮している・・・もうそれだけでドキドキしてきました。

 

セックスに消極的な妻を変えるため他の男とセックスさせてみる→デカチン突っ込まれて喘ぎまくる妻に大興奮(イメージイラスト1)

 

私は勇気を絞って妻に言いました。
 

「なぁー一度だけしてみようか?」
「何を?」
「3P」
「えーっ!あなたいいの?」
「いや、お前がしてみたいなら…」
「私はちょっと興味はあるけど、あなたは良いの?他の人のおちんちん入れられちゃうんだよ、他の人の精液を私に出されちゃうんだよ、ガマンできるの?」
「中出しされたいのか?」
「そりゃエッチしたら中に出して欲しいと思うわよ。あなた以外の人に出されるなんて考えたらなんだか想像しただけでゾクゾクしてきちゃった」その言葉を聞いただけで私は勃起してきました。
 

他のページを見ながら色々な写真を二人で見ました。
「この布団の隣でお前がこうやって他の男に裸にされて、あそこを舐められるんだよな」
「そうよ、他の人に愛撫されながらアーンアーンって悶えるのよ。どうする?」妻がいたずらっぽく答えました。
 

 

「ねぇー立ってるの」そう言いながら妻が私の股間に手を伸ばしました。
私は勃起しているのを知られたくなくて腰を引いて逃げようとしました。
 

しかし、妻に腰を捕まえられてパンツの上からペニスを掴まれてしまいました。
「あーーっやっぱり立ってる。男の人って自分の奥さんが他の男に抱かれるのって興奮するんだね、すごーいカチカチになってる」
「お前が他の男のチンポを入れられるなんて考えたら変な気分になって...今まで感じた事ない気持ちなんだけど立ってきちゃったよ」妻は私のパンツを脱がせ、ゆっくりとペニスをしごいてくれました。
 

 

セックスに消極的な妻を変えるため他の男とセックスさせてみる→デカチン突っ込まれて喘ぎまくる妻に大興奮(イメージイラスト2)

 

「お前、前に付き合っていた時に浮気ってした事無いの?」
「そりゃ若気のなんとかで何回かはあるわよ」
「俺と付き合い始めたときって前の男とダブっていただろ?俺とつい会い始めてからあいつと何回エッチしたんだ?」
「聞きたい?興奮したいの?」
「お前があいつと会ってるとわかっていた時、実は今ごろお前はエッチして悶えているんだろうなって想像して一晩中眠れなかった事が何度もあるんだぞ」
「へぇーそうだったんだ、ごめんね。でも私をあの人から奪ったのはあなたなのよ。私はあの人にエッチされながらあなたのことばかり考えていたのよ」妻は私のペニスを咥えて私の機嫌を取り直してくれました。
 

「なぁー、お前が他の男のちんぽを舐めている時に俺と顔を合わせたらどうする?」
「そりゃ恥ずかしいわね、どうしよう…あっち向けって言うかなははは、それよりさ、他の人とエッチするときってあなたは見ているだけなの?それともあなたも一緒にエッチするの?」
「お前はどっちがいい?」
「私は見て欲しいかも、3Pするなら他の人2人にされている所を見て欲しい。後で2人きりで嫉妬したあなたに抱かれたい」私のペニスは破裂寸前になっていました。
 

 

なたさっきらガマン汁がすごいわよ、そうとう興奮してるでしょ?私もしたくなってきちゃった」妻の股間に手を入れると準備は十分でした。
妻を裸にして妻の中にペニスを入れました。
 

「アアーーン」という妻の声で始まりました。
ピストンを繰り返しながら他の男が同じ事をすると思ったらゾクゾクッとしたものが腰のあたりを走りました。
 

「あなた、あなた、あなた以外の人のおちんちん入れられてみたい….アーン、他の人の下で思い切り悶えてみたい…」そんな事を言う妻に再びゾクゾクしてきました。

 

ガマンできずに「ああっいくっいくっ」射精が始まりそうでした。
 

「他の人の出されるのよ、あなた、こうやって出されるのよすごいでしょあああっ、もっと興奮して私を愛して、」
「でるでる」
「あーーっいくいくっーーーぅ」お互い初めて味わう会話と興奮でした。
妻はしばらく腰をヒクヒクさせていました。
 

そして、ぽつりと「2人の人に愛されたら、このままもう一人の人におちんちん入れられるのよね、すごいわね。悶えすぎて死んじゃうかもね」
「相手、探してみるよ」
「行きずりの人がイイわ、つきまとわれると嫌だし一度きりがいい…ねぇーもう一回できる?」そう言いながら妻は布団に潜って私のペニスを舐めはじめました。
 

 

私は四つん這いになって妻に舐めてもらいながらパソコンを開いてみました。
それから一月後、妻と2人で旅行に出かけました。
 

もちろんよその土地で3Pをするための旅行です。
妻と2人で3Pをするために隣の県にドライブに出ました。
 

相手はあらかじめネットで単独男性にコンタクトを取り数人の中から妻が選びました。

 

待ち合わせをした方は増岡さんといい、44歳でした。
 

若くて元気な男性を選ぶと思っていたら意外でした。
「どうしてそんなおじさんがいいの?」と聞いたらあとくされが無さそうだし、優しくテクニックでエスコートしてくれそうだからと言うのが妻の答えでした。
 

居酒屋で待ち合わせをして三人で食事をして妻が選んだ和風旅館に入りました。
増岡さんと男湯に入り、私はどんな話をして良いか戸惑っていると増岡さんが「私も自分の妻が他の男性に抱かれている所が見たくて何度も誘いましたけど絶対にダメだって言うんです。あなたたちがうらやましいです。自分以外の男性に抱かれながら悶える妻を見ながら嫉妬に狂ったらきっと妻をもっと大切に思えるはずなのに...」とこぼしました。
 

 

はそんな増岡さんに親近感を感じ、打ち解けられる事が出来ました。
しかし、増岡さんのペニスを見るたびに、「このペニスが勃起して妻の中に...」そう思うと勃起してきてバツが悪く、湯船から出られずにいました。
 

そんな私の心は増岡さんに見透かされていました。
「私のチンポが今から奥さんの中に入ると思ったら興奮してきたんでしょ?ハハハ、皆さんそうですよ」増岡さんは石鹸でペニスを洗うと隣に座った私に腰を突き出して見せました。
 

「ほら、立ってきました。これで奥さんを喜ばせて見せますよ」増岡さんのペニスは私よりも長くエラが結構張り出していました。
 

 

このエラで妻はかき回されると思ったら私はかなり勃起してきました。
「中に出したほうが良いですか?奥さんは安全日に会いましょうとメールをくれていましたけど...よろしいですか?」喋り方はとても紳士的でしたが、言っている話は「お前の女房の中に精液を出すんだぞ」と言っている訳です。
 

私はゾクゾクっとしたものが背中に走りました。
そして先に風呂から出ました。
 

部屋に入ると三つの布団が並べて敷いてありました。

 

そして妻が風呂から上がり化粧をしていました。
 

異様な光景です。
妻が風呂上りに化粧をするなんて。
 

「いいのか?」
「えっ?」
「増岡さんに抱かれてもいいのか?」
「もう妬いてるの?私が悶えても邪魔しちゃダメよウフフ」あまりにも楽しそうな妻に私は機嫌が悪くなってしまいました。
妻はそんな私をまったく無視して「こっちのお風呂にお湯入れておいたほうがいいかな」と鼻歌を歌いながら部屋の風呂に湯を入れていました。
 

 

そのうちに増岡さんが戻ってきました。
しばらくはタイミングがつかめずに三人でビールを飲みながら布団の上で話をしていました。
 

少し酔った妻は浴衣がはだけて乳房が見えそうになっているのに平気でした。
増岡さんの視線は妻の乳房に釘付けでした。
 

白く大きめの乳房は増岡さんをさぞかしそそっていた事でしょう。

 

ャッキャッとはしゃぐ妻はだんだんと浴衣の裾がはだけて向かいに座っている増岡さんからは妻の股間が間違いなく見えているずです。
 

私はたまらなくなって妻の浴衣の裾を整えました。
「ほらね、この人ったら私のパンティーを他の人に見られるのが嫌なほど嫉妬するのに、私が他の人に抱かれるところが見たいなんて矛盾してるでしょ」
「お前そんな言い方ないだろ!お前がしたいって言うから...」とうとう私は怒り出してしまいました。
 

「まあまあ、こういうときは旦那様を立ててあげないといけないものですよ奥さんは綺麗でドキドキするほど魅力的です。さっきから早く抱きたくてしょうがないくらいです。ですが、私はお2人にとってただのおもちゃです。生きたバイブと思ってください。旦那様と奥様が主役ですから」その言葉を聞いた時、私はこの人を選んでよかったと思いました。
 

 

もしも、年下でそれがわからずにただ妻を抱きたい一心で妻にむさぼりつこうとしていたら妻を連れて旅館を出ていたかもしれません。
「悪かったな、増岡さんありがとうございます。今夜はたのしくやりましょう。脱いで増岡さんのお酌をしてあげなよ」妻は恥ずかしそうに増岡さんの隣に座りました。
 

しかし、二人の前で脱ぐのは抵抗があったのかそのままでした。

 

しばらく妻は増岡さんに寄り添って話をしていたのですが、私はそろそろきっかけを作りたくなってきて、「少し暑くなってきたので、ビールを買いに行って散歩してきます」と部屋を出ました。
 

10分ほど旅館の中をブラブラしましたが、泊り客がほとんどいなかったので仲居さんが「どうかしましたか?」と聞くので部屋に戻りました。
静かに部屋に入るとすぐに妻の声が聞こえました。
 

明らかに妻のアノ時の声です。
「あぁぁーーん、あぁぁーん」
「奥さんの肌は綺麗だね、吸い付かれそうだよ」
「ああああっすごい、気持ちいい」そーっと襖を開けると部屋は薄暗くなっていました。
 

 

角度を変えてみると私の視界に二つの裸がいきなり飛び込んできました。
ぱっくりとはだけた浴衣の間から二つの乳房が見え、その下には大きく開いた太股が見えました。
 

そしてその真中には男の頭がくっついていました。
妻は男の頭を手で掴んだまま腰をくねらせながら悶えていました。
 

ドキドキしながらそれを見ました。

 

るで覗きをしている気分でした。
 

しばらくして増岡さんは片手で自分のパンツを脱ぎ向きを変えて妻の顔をまたぎました。
私の角度からは妻が増岡さんのペニスを咥えている所は見えませんでしたが、「うぐっうぐっ」という声で妻が増岡さんの勃起したペニスを咥えて舐めまわしている事はすぐにわかりました。
 

私は妻が私以外の男のモノを咥えている所が見たくて部屋に入りました。
2人は少し戸惑った様子でしたが、私はわざと無視してテーブルにすわりビールの缶を開けました。
 

 

安心したのか2人は再びお互いを激しくむさぼり始めました。
20分くらいでしょうか二つの裸の男女の絡み合いを目の前で見ました。
 

私は自分の固くなったペニスを出してしごきながらそれを見ました。
「そろそろ入れさせてもらいます」増岡さんは妻の太股の間に入りました。
 

私は思わず乗り出して妻の中に増岡さんのペニスが入る瞬間を覗き込みました。

 

「いやぁーん、あなた恥ずかしい...見ないで...あああっああっ来るっ...おちんちんが行ってくるあああああっはうーーん」妻の中にずぶずぶと増岡さんのペニスが入っていきました。
 

増岡さんは妻の上に覆い被さるように倒れこみました。
妻は増岡さんの腰をより深く受け入れるかのように大きく股を広げそのあと増岡さんを包み込むようにしがみついていきました。
 

そして、増岡さんの腰がカクンカクンと動いていました。
その動きに合わせるように妻の悶える声がどんどんとエッチで大きくいやらしく変わっていきました。
 

 

増岡さんは私たちのような夫婦の相手に慣れているようで、さっそく私の壺を刺激するように、「あああ、奥さんの中はカリに引っかかる具合が良いからすごく気持ち良いです。濡れ具合もイイし感度も最高ですよ。ちんぽをくわえ込んだとたんに可愛い顔で悶えるのがたまらなくいいですね」そんな言葉を聞くだけで私の心のツボがズキズキと刺激されていきました。
 

しばらくして増岡さんはペニスを抜いて妻を四つんばいにさせました。
「ほら、見てくださいこの濡れ具合私のちんぽをくわえ込んで愛液を溢れさせてくれているんですよ。この溢れ返る蜜の中に私の精液を注ぎ込むんです。興奮するでしょ?ご主人もプレイに加わりますか?」
「いえ、見ているだけでいいです。お前気持ちいいのか?」
「ゴメン、すごくいい。気持ちいい。ゴメンねゴメンね」妻は今までに見た事が無いような切なく色っぽい顔で私を見ながら再び増岡さんのペニスを入れられました。
 

 

ズッっとペニスが入るとき妻は眉間にしわを寄せ、手でシーツをぎゅっと掴み、奥まで入ると「はぁぁーーん」と口をあけてのけぞりました。
「あなた、気持ちいいごめんね、私...私...増岡さんのおちんちんが...出される...あなたの前で出されるの...変になりそう...いつもと違う」妻は涙を浮かべていました。
 

枕に顔をうずめると大きな声で悶え始めました。
突き上げた腰をくねらせ、シーツをかきむしりながら悶える妻は今までにないほど色っぽく、直ぐにでも増岡さんを押しのけて妻に入れたくなるほどでした。
 

「そろそろ出してもいいですか?奥さんの中は気持ちよすぎてそろそろ限界です」
「出してやってください」増岡さんは妻を引っくり返して仰向けにして再び妻の太股の間に入り、ピンと立ったペニスを妻のあそこに向けました。

 

妻は自分の股間に手を伸ばして増岡さんのペニスを自分に入れようとしていました。
 

増岡さんのペニスは妻の愛液で真っ白くなり艶々と光っていました。
「奥さん、どうですか?僕のチンポは気持ち良いですか?そろそろ出しますよ」
「増岡さん、気持ちいい、ああ、あなたとうとう出される...エッチな気分になってきた...変よ、ああ、変な気分あなた...私の事好き?愛してる?あああっ出されるよー私出されるああぅっいきそう...いきそう...ああああっ」妻が先にイキました。
 

増岡さんがピストンを早めていきました。
増岡さんは妻をじっと見つめながら腰をずんずんとぶつけていきました。
 

 

「増岡さん...気持ちいい...キスしながら出して...あああっ」増岡さんは妻に顔を近づけました。
妻は増岡さんにしがみつきむさぼるように唇を吸いました。
 

「あああっでるっでるっ」増岡さんがぐーっと腰を押し込むように妻に覆い被さりました。
増岡さんのペニスの先から妻の中にトロトロと精液が注ぎ込まれるのが見えるようでした。
 

妻はじっと目を閉じて増岡さんにしがみついたままでした。

 

「おおお、奥さん締まってくる、ちんぽがくすぐったいよ」増岡さんはしばらく妻の締りをペニスで味わった後、妻から離れました。
 

本気汁で真っ白くテカテカと光ったペニスの先にプクンと精液が残っていました。
妻はそれを見て、増岡さんの腰にしがみつくようにしてペニスの先の精液をチュッと吸いました。
 

そして、私のそばに来ると「あなたゴメンねありがとう。私の事嫉妬した?愛してる?」と言いながらキスしてきました。
 

 

は今増岡さんの精液を吸った唇を吸うのは少し抵抗がありましたが妻の気分を悪くさせないように抱きしめてキスしました。
口からは精液の匂いがしていました。
 

「ああーーん」妻がビックリしたように腰を引きました。
そこには増岡さんの精液がべっとりとたれていました。
 

私を見てニヤニヤしながら自分の股間にティッシュを当てて精液をふき取る妻が魔女のように見えました。

 

私は妻を押し倒して裸になり妻の中にペニスを入れました。
 

妻の中はトロトロでした。
いつもなら少しづつ濡れてくるはずの妻の中はすでにツルツルトロトロしていて違う感触でした。
 

すでに発射寸前まで興奮していた私はあっという間に妻の中で果ててしまいました。
そして少し狭い家族風呂に三人で入りました。
 

 

2人の男のペニスを丁寧に洗う妻を見て私は再び嫉妬している自分に酔いしれました。
風呂から出てビールを飲みながら妻を真中に三人で横になって話をしました。
 

他愛もない話をしているときに妻が「あらぁー増岡さん元気いいのね、またおちんちん硬くなってきた」妻は、増岡さんの股間に手を伸ばして増岡さんのペニスを触りながら話をしていたのです。
「なんだよ、お前、俺にコソコソ増岡さんにしてあげていたのか?」
「あっまた妬いてる、ウフフだって増岡さんのおちんちん可愛いんだもん、エラの所をコリコリするとねヒクヒクするのよウフフ」そう言いながら妻は布団の中にもぐりこんでいきました。
 

増岡さんのペニスを咥え始めた様子でした。

 

少しすると妻は増岡さんを四つんばいにさせてお尻に顔をうずめました。
 

増岡さんの肛門に舌を差し込んで舐め始めました。
手でペニスをしごきながらぐいぐいとお尻の割れ目に顔を押し込んでいました。
 

私にいつもしてくれることを増岡さんにしてあげているのです。
「あああっ奥さん、たまらないよそれ気持ち良いよ」増岡さんのペニスはピンピンに勃起していました。
 

 

もそれを見ながら勃起していました。
妻は私のペニスにも手を伸ばしてしごき始めました。
 

しばらくして妻はいたずらっぽい顔で「2人ともそこに寝てみて」妻は私の上にまたがり私のペニスを自分の中に入れました。
すこしこしをくねらせると私から離れて、今度は増岡さんの上にまたがりました。
 

増岡さんのペニスを自分の中に入れると「あああっ、違うのねやっぱり、おちんちんの具合が全然違う」
「気持ちいいのか?」と聞くと妻は黙ってうなづきました。

 

「増岡さんのはエラがコリコリ当たって気持ちいい」確かに増岡さんのほうが私よりもはるかにエラが張り出しているのです。
 

「すごーい、なんだか引きずられる感じ、あそこの中を引っ張られるみたい」私はどうしようもない嫉妬を感じました。
そして2人は再び本格的な絡みを始めました。
 

二回目は妻は私を見向きもせずに、ひたすら増岡さんの愛撫を味わいそして増岡さんのペニスが妻の中をかき回すたびに大声で悶え泣きました。
「増岡さん、増岡さんもっとして、気持ちいい、おちんちんが気持ちいい、あああっどうにかなりそう、おちんちんが...あああ」
「奥さん、可愛いよ、エッチの顔が最高だよ、ちんぽがとろけそうだよ」私は心が破裂しそうでした。
 

 

2人とも私の事など無視してこんなに激しく絡み合っている2人をそれ以上見ることが出来ずに背中を向けていました。
「増岡さん、いくぅーっいくいく、出して一緒にいって、中にいっぱい出して」
「奥さん、俺もイクよ、出すよ出すよあああっイクイクあああっ」2人はぴったり息をあわせていきました。
 

私はふてくされて寝よう寝ようとしましたが、こんな状態で寝られるはずがありませんでした。
シュッシュッとティッシュを取る音がしてカサカサとセックスの終わりを告げる音に少し落ち着きを取り戻してきていると、「増岡さん、二回目もいっぱい出たね、すごーい。増岡さんのおちんちん気持ちよすぎてあそこが変になりそうよ。ねぇお風呂にいこ」妻がそう言うと、増岡さんは立ち上がって風呂に行きました。
 

 

妻がツンツンと私の背中をつつきました。
私は無視していました。
 

妻は後ろから私に抱きつき「ねぇねぇ、どうだった?嫉妬したでしょ?怒ってる?」そう言いながら私のペニスを掴みました。
「ほーら立ってる立ってる、興奮してたんだウフフ、出してあげようか?」
「いいよ、早く風呂に行けよ」
「あっ怒ってる、愛してるから怒らないでね。お風呂から出たらエッチしよ」妻は風呂場に行きました。
 

 

はどうしようもない嫉妬でふてくされそのまま寝てしまいました。
夜中に妻の声で目が覚めました。
 

増岡さんとつながり悶えている妻が見えましたが、眠くて寝てしまいました。
翌朝、妻と増岡さんはチェックアウトギリギリまで目を覚ましませんでした。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す