父親が亡くなったのを悲しむどころか喜ぶ母!不倫と咎められる心配がなくなったからか色んな男とヤりまくってる……


 

 

在母55才、俺25才。
姉が嫁ぎ、父が亡くなった三年ほど前から母は遊びが激しくなった。
 

母は仕事が終わっても帰ってこないということもしばしば。
男と遊んでることが簡単に想像できた。
 

父の闘病看病と仕事の生活から解放されたのだから、仕方ないと思っていたが、母と同居してても自分で夕食の支度をしたりと半分一人暮らしみたいな生活に嫌気がさしていた。

 

父親が亡くなったのを悲しむどころか喜ぶ母!不倫と咎められる心配がなくなったからか色んな男とヤりまくってる……(イメージイラスト1)

 

家を出ようと思ったとき、普段普通のオバサンの母が、どんな風に男と絡み合うのかなんて想像をした。
 

家を出る前に、母を押し倒してみようか、軽い気持ちだった。
抵抗されてハイ終わりなはずだった。
 

例によって朝帰りした母を後ろから抱きしめてみた。

 

驚いていた。
 

リビングのソファーに押し倒してみた。
そこからは俺の予想が大きく狂った。
 

驚いてはいたが抵抗は全くなく、なすがままに脱がされていく母は、むしろ協力的と言えた。
ブラとパンティ姿になったときに母は待ったをかけた。
 

 

父親が亡くなったのを悲しむどころか喜ぶ母!不倫と咎められる心配がなくなったからか色んな男とヤりまくってる……(イメージイラスト2)

 

そこから母は立ち上がり、自らブラとパンティを脱ぎ捨てた。
ムッチリした身体に大きな胸と尻、当時彼女いない歴一年になろうとしていた俺は、困惑しながらも母の身体に勃起した。
 

「何してるの?早く脱ぎなさいよ」予想外の展開に戸惑いながらも俺はズボンを脱ぎ、下半身を晒した。
母はひざまずくと躊躇なく俺をくわえた。
 

ベロベログチュグチュと音をさせながら。

 

々俺を見ていた。
 

ソファーに寝かされ69になり、赤黒い母の性器はすでにパックリ開いていて、クリトリスもむき出しになっていた。
やり終えてきたばかりという感じだ。
 

クリトリスに吸い付くと母は遠慮のない声を張り上げた。
即座にドロドロと液が垂れ流れてきた。
 

 

指を二本入れてかき回すと、溢れてきた液が俺の胸にボタボタと落ちる。
激しくすると母は強い声をあげ、俺の顔に液が飛んできた。
 

母はフェラをやめた。
「入れたいの」と言うと母は躊躇なく俺にまたがり、チンポを入れた。
 

あうっとか、はぁとか、いいとか言いながら母は激しく動いた。

 

時々激しく液が吹き出し、俺の腹が母の液でテカテカだった。
 

俺は身体を起こし、対面座位になり、母の乳房を吸った。
誰もいない家中に響くような母の声、母は俺の頭を抱きしめて、俺は母の胸に埋まった。
 

性器が絡み合う音もすごかった。
俺は母を仰向けにしようとしたら、母がソファーから滑った。
 

 

母の出した液でソファーはヌルヌルだった。
母はここじゃなんだからと、となりの自室に俺の手を引っ張った。
 

敷き布団を出し、母はそこに仰向けになり、足を開いて受け入れ体勢を作った。
「男としてきたんじゃないの?」と入れながら聞いた。
 

「してきたわよ」
「じゃなんで俺と」
「あんたが押し倒してきたんじゃない。したいのかと思ったからだよ?それに相手の男性は私と同じ年だから…」母が言葉尻を濁した様子を見て、その男性では足りなかったのかと感じた。
 

 

を開いて俺は母と繋がってる部分をよく見た。
腰を動かしながらも見た。
 

時々液が噴出していて、敷き布団はたちまち濡れていった。
登りつめてきた俺は母の両乳房を力強く掴んで腰を振った。
 

母は喘ぎ声ではなく叫び声だった。

 

そして俺は母の中にぶちまけた。
 

母の横に横たわると、母は俺にキスをしてきた。
「すごかった」と母が言った。
 

「親子なのに」と俺が言った。
「うん、でも良かった」と母は背徳感や罪悪感を感じてないみたいだった。
 

 

それどころか。
「もう一回したい」と母は俺をまたしゃぶりだした。
 

母は楽しそうにしゃぶっていた。
すぐ復活した俺に母は入れてと後ろ向きになった。
 

母の液と共にさっき出したばかりの俺の白い液も垂れ流れた。

 

セックスと言う言葉に俺は綺麗なイメージがある。
 

母を後ろから突きながら俺はこれはセックスじゃない、汚く醜い交尾だと感じた。
母が遠慮なく出す声もそう思った。
 

俺も興奮と開き直りで母にいやらしい言葉をぶつけた。
そしてまた中に放出。
 

 

の日から母は朝帰りとかがなくなり、仕事が終わると真っ直ぐ帰ってくるようになった。
男性と別れたのかと聞く必要もなかった。
 

家を出ようとした気持ちもどこかに忘れた。
嫁いだ姉は想像すらしていないだろう。
 

もう一年半になる。

 

父の命日のとき母に聞いた。
 

「親父はどう思ってるのかな?」母は黙ったまま笑うだけで返事がなかった。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す