この前デリヘル呼んだらまさかの上司の奥さんがやってきてスゴテクで昇天させてくれたんだが(1)


 

 

から1ヶ月くらい前の話です。
 

この前デリヘル呼んだらまさかの上司の奥さんがやってきてスゴテクで昇天させてくれたんだが(1)(イメージ画像1)

 
少ない金額でしたがボーナスが出たので、前からネットで見て気になっていた風俗(デリヘル)を利用しようと思いお店に電話をしました。
 

 
電話に出た店の方にボクは「あの…初めて利用するんですけど」って伝えると親切に教えてくれました。
 

この前デリヘル呼んだらまさかの上司の奥さんがやってきてスゴテクで昇天させてくれたんだが(1)(イメージ画像2)

 
そのお店はお客が先にホテルに入って待っているシステムでした。
 

 
そして店員さんが「だれか指名しますか?今すぐならまだ入店間もない38歳の人妻さんがいますけど、見た目もスタイルも悪くありませんよ」と言われ店員さんにすすめられた人妻さんでお願いする事にしました。

 

ホテルの部屋にボクが先に入って待つ事20分、部屋のドアをノックする音がしました。
 

 
人妻さん「初めまして、朱美っていいます。まだ入店したばかりで不慣れかもしれませんがお願いします」
ボク「ボクも初めて利用するんです、お願いします」って感じでお互いに挨拶を済ませ朱美さんはボクの座るソファーに座りました。
 

 
10分くらい他愛のない話をした後、朱美さんはお風呂のお湯を貯めてくるねって立ち上がりました。
 
少しして戻ってきて朱美さん「じゃあお風呂入りましょうか」と言われボクも立ち上がると、朱美さんが服を脱がせてくれました。
 

 

ボクは既に勃起していて恥ずかしくて手で隠していると、朱美さん「隠さなくてもいいのよ、見せて」と言うと朱美さんも服をすべて脱いで裸になってからボクの前に膝をついてしゃがみました。
 
そしてボクのオチンチンをしゃぶってくれました。
 

 
ボク「シャワー浴びてないけど…」と言うと一度オチンチンから口を離して「いいのよ」と言ってまたフェラチオしてくれました。
 
時間にして2、3分。
 

 
かなり気持ち良くなりイキそうでしたが、フェラチオは止められてシャワーを浴びる事になりました。

 

朱美さんに体を洗ってもらい湯船に入ると、朱美さんも体を洗ってから湯船に入ってきました。
 

 
ボクと朱美さんは向き合うように湯船に入っていました。
 
その間ずっと朱美さんはボクのオチンチンを触りながらボクにキスをしてくれました。
 

 
そしてボクを浴槽の淵にボクを座らせるとまたフェラチオをしてくれて、1回目の射精を朱美さんの口にしました。
 
朱美さんはボクの精液を口から出して「ごめんね、私飲めないから」と言いながらうがいをしました。
 

 

クは「飲むのってAVだけだと思いましたよ」と言うと朱美さんは微笑みながら抱き付いてきてキスをしてくれました。
 
体をバスタオルで拭いてもらいベットで待っていると、朱美さんもバスタオルを体に巻いてベットにきました。
 

 
ベットに朱美さんが横になり、ボクは朱美さんのバスタオルを外し夢中になり朱美さんのオッパイにむしゃぶりつきました。
 
乳首をペロペロ舐めたり軽く噛んだりしていると朱美さんはボクに抱き付いてきて「ねぇもっと下の方舐めて」って言って足を開きました。
 

 
朱美さんのおまんこは既に濡れていました。

 

ボクは指でおまんこを触ると「あぁん気持ちイイ!」って言いながら腰がクネクネしながら感じていました。
 

 
そして朱美さんのおまんこを舐めはじめるとさっきよりも激しく腰をクネクネさせて感じていました。
 
そして朱美さんが「今度は私が上になるね」と言ってボクを仰向けにさせるとシックスナインをしました。
 

 
朱美さんはボクのオチンチンを舐めながら「固くて大きいわぁ」と言いながらフェラチオしていました。
 
ボクも朱美さんのおまんこを舐めたり指を入れたりしていました。
 

 

すると朱美さんが「お店には絶対ナイショにしてね」って言うとボクのオチンチンの上に跨ってきました。
 
ボクが「ゴムはいいんですか?」と聞くと朱美さんは「ピル飲んでるから大丈夫、そのまま出してもいいから」って言いました。
 

 
最初は朱美さんが上で激しく動いていましたが、最後はボクが上になり朱美さんのおまんこに射精しました。
 
射精した後しばらくつながったままでキスを何度もしました。
 

 
そうしているとお店から電話がありました。

 

朱美さんは「シャワーあびようか」と言いながらおまんこを指で押さえながらお風呂場にいきました。
 

 
朱美さんはしゃがんでシャワーを使っておまんこの中を洗いながら「たくさん出たね、絶対ナイショよ」と言いました。
 
ボクは「うん」と言い簡単に体を洗ってもらいお風呂から出ました。
 

 
ホテルから出る時また朱美さんはキスをしてくれて「楽しかったわ、今度は指名してね」と言って別れました。
 
デリヘルを利用してから1週間後に会社のバーベキューがありました。
 

 

クは上司の家に行くように言われていたので車で向かいました。
 
上司の家に着いて玄関のチャイムを押すと「は~い」と奥さんの声がしました。
 

 
玄関の扉が開き一瞬でボクは上司の奥さんがデリヘル嬢の朱美さんだとわかりました。
 
朱美さんも同じようでした。
 

 
ボクがオロオロしていると朱美さんは小さい声で「秘密守ってね、お願いよ」って言ってきたのでボクは頷くだけでした。

 

そうしていると上司が出てきてすでにビールを飲んでいるようでご機嫌でした。
 

 
ボクの車の後部座席に上司を載せて、何故か?奥さんは助手席に座りました。
 
車をしばらく走らせていると上司は後ろで眠ってしまいました。
 

 
それを確認?すると朱美さんはボクの手を握ってきて「ビックリしたわ、お願いよ秘密守ってね、そしたら今度は旦那がいない時に家に来て」っていいました。
 
バーベキューをやる河原に到着する間朱美さんはずっとボクの手を握ったままでした。
 

 

バーベキューでボクは焼き専門で汗をかきながら肉や野菜を焼いていると朱美さんが隣にきました。
 
朱美さんは「大変でしょ、手伝うわ」って言ってくれました。
 

 
その間上司は他の社員達とビールを飲みまくっていました。
 
それを見た朱美さんは「もう最悪…あんなに酔っ払って!」と愚痴っていました。
 

 
バーベキューが終わり片付けも朱美さんは手伝ってくれました。

 

まぁ他の上司の奥さん達も手伝ってくれていましたがみんな酔っ払っていて大変でした。
 

 
片付けも終わり上司の家に向かい車を走らせていると朱美さんが「疲れたでしょ?家で少し休んでいきなさいよ、旦那は酔っ払って寝ちゃってるけど」と言ってキスをしました。
 
家に着くと上司を寝室まで運び寝かせました。
 

 
リビングに戻ると朱美さんは「本当今日はビックリしちゃったわ、でも興奮もしちゃった」って言い終わるとキスをしながらボクのズボンのファスナーを下げました。
 
オチンチンは既にギンギンで朱美さんはフェラチオをしてくれました。
 

 

クは「旦那さん起きてきませんか?」すると朱美さんは「大丈夫よ、あれだけ飲んで酔っ払ったらしばらくは起きないわ」そして続けて朱美さんは「今夜は口だけで我慢してね」と言って激しくフェラチオしてくれて、ボクは朱美さんの口の中で射精しました。
 
すると朱美さんはボクの出した精液をゴクンと飲んでしまいました。
 

 
ボクが「飲めないって言ってたのに…」すると朱美さんは「あなたのだからよ、他のお客さんのはしない」そしてボクは朱美さんがなんでデリヘルで働いているのかを聞いてみました。
 
朱美さんと上司は夫婦仲は良くないらしく、世間体を気にして我慢して夫婦を演じているって言っていました。
 

 
上司が定年になったら離婚を考えて今のうちに貯金をしようと考えてデリヘルで働く事にしたって言っていました。

 

それからボクは朱美さんとは上司が出張とかで居ない時にホテルだったり夫婦の寝室で朱美さんとエッチをしています。
 

 
おとといから上司は関西に出張にいってしまいました。
 
上司が出張で出掛けた夜に朱美さんから携帯に電話がきました。
 

 
朱美さんは、今夜家にこない?旦那居ないし、あとねお店使うと貴男お金かかっちゃうし大変でしょ?でした。
 
仕事を5時で終わらせて即効で朱美さんの家に向かいました。
 

 

玄関のチャイムを押すと、はぁ~い。
 
と朱美さんの声。
 

 
玄関が開くと同時に朱美さんはボクに抱きついてきました。
 
ボクが、ヤバイですよ~上司に見つかったら。
 

 
と言うと朱美さんは、あの人は今頃は関西よ、と言った後キスをしてきました。

 

家に入るとテーブルの上には料理が作ってありました。
 

 
料理はとても美味しくて、上司が羨ましいです。
 
とボクが言うと、朱美さんは、あの人食べてくれないの…だから最近は作ってなかったのよ、でも貴男に食べてもらいたかったから今日は頑張っちゃった!って笑顔で言いました。
 

 
食事を終え、缶ビールを飲みながらリビングのソファで朱美さんとテレビを見ていると、朱美さんが突然抱きついてきました。
 
朱美さんは、今夜は泊まっていってくれるでしょ?ボクは、明日は予定もないし会社も休みだからいいですけど、上司から電話とかないんですか?朱美さんは、電話?あるわけないわ。
 

 

っとあの人も出張先で楽しんでるんでしょ?まぁ構わないけど。
 
だって私も今楽しんでるんだから!そう言うと朱美さんは服を脱ぎはじめて下着姿になりました。
 

 
そしてボクに背を向けると朱美さんが、ねぇブラ外すの手伝って。
 
と言われたのでブラのホックを外しました。
 

 
すると朱美さんはボクの方に向くと、胸を手で隠しながら、ねぇ下も脱がせて。

 

と顔を少し赤くしながらいいました。
 

 
ボクは少しだけ緊張しながら朱美さんの下着に手をかけて脱がしました。
 
全裸になった朱美さんは、今度は貴男の服脱がせてあげる。
 

 
といってボクのスーツ上下とネクタイ、ワイシャツを脱がせ、トランクスに手をかけて一気におろしました。
 
そして前にデリヘルで呼んだ時のようにシャワーを浴びる前のチンチンをフェラチオしてきました。
 

 

あっと言う間にフェラチオで見事にイカされてしまいました。
 
朱美さんはボクの精液を飲んでしまいました。
 

 
ボクが、上司のも飲むんですか?って聞くと、朱美さんは、首を横に降ってあの人にはフェラチオなんてした事ないわ、それにあの人とのエッチはいつもゴム付きだし、それに自分だけさっさと出しちゃうだけでお終い。
 
でも貴男はクンニもしてくれるし優しいしあとあんな旦那の部下だしね。
 

 
そう言った後また抱きついてきました。

 

ボクは朱美さんを仰向けにさせると足を開かせて朱美さんのおまんこを舐めました。
 

 
既におまんこは濡れていて光っていました。
 
部屋が明るかったのでよくみえました。
 

 
朱美さんはかなり恥ずかしがっていましたが、ボクは構わずに舐めまくりました。
 
すると朱美さんは体を何度か痙攣させながら、イク!イク!!っていってしまいました。
 

 

美さんは、すごく気持ちよかったわ。
 
でももっと気持ちいい事たくさんしましょ!そして夫婦の寝室に移動して朱美さんとエッチをしまくりました。
 

 
夜はそのままベットで眠ってしまいました。
 
次の日、時間はわからなかったんですが、朱美さんが誰かと話をしている声がしました。
 

 
ボクはベットから起き上がってドアの隙間から覗くと朱美さんは電話で話をしているようでした。

 

しばらく口論?をしたあと電話を切りベットに戻ってきました。
 

 
ボクは急いでベットに寝転び寝たフリをしました。
 
すると朱美さんは、まだ寝てるの?じゃあこうやったら起きるかしら?といってフェラチオをしてきました。
 

 
あまりの気持ち良さにボクが声をあげて感じてしまうと朱美さんは、やっと起きた!といってまたフェラチオをしてくれました。
 
イキそうになったのに突然フェラチオを止めてしまいました。
 

 

ボクが、もう少しでイキそうだったのに…、と言うと朱美さんは、出すのはここよ、とボクに跨りながらチンチンをおまんこに擦りながら言いました。
 
一気におまんこにチンチンを奥まで入れてしまうと、やっぱりいいわぁ!貴男のチンチン最高!といいながら腰を激しく振って感じまくっていました。
 

 
そうしているとリビングにある電話が鳴りました。
 
ボクが、電話鳴ってますよ。
 

 
朱美さんは、きっとあの人よ、そのままほっときましょ。

 

今はイッパイ楽しみましょ!ボクは朱美さんを四つんばいにさせてバックから突きまくりました。
 

 
朱美さんは初めてのバックだったようでかなりかんじていました。
 
ボクも興奮してしまい、イキそうになったので何も言わずに朱美さんのおまんこの一番奥で射精しました。
 

 
朱美さんも同時にイッてしまいました。
 
おまんこからチンチンを抜くと、おまんこからブチュって音がしながらボクの出した精液が垂れてきました。
 

 

美さんは体を震わせながら、なんか貴男にハマりそう!そう言って体をグッタリと横になりました。
 
ボクも添い寝をして朱美さんとしばらくベットの上でまったりとした時間を過ごしました。
 

 
その日は一歩も家からは出ないでエッチを楽しんだりしていました。
 
その間に何度も家の電話がなりましたが朱美さんが電話に出たのは1度きり、しかも会話はすくに終わりました。
 

 
電話に出た時はボクの上に跨ったままで上司と会話をしていました。

 

電話を切ると朱美さんは、まったく!シラケちゃうわね、もう無視!さあもっと楽しみましょ!といってやりまくりました。
 

 
ボクは朱美さんに、デリヘルは?と聞くと朱美さんは、辞めようと思ってるの。
 
だって貴男以外のお客さんは無理矢理やりたがってきて…それに貴男だけに愛されたいから…っていって抱きついてきました。
 

 
ボクは上司の奥さんだし、ヤバイよ。
 
と思いましたがエッチは気持ちイイし綺麗だし、ボクは朱美さんの魅力にハマってしまったようです。
 

 

これから先上司にバレないようにしていこうと思いました。
 
朱美さんが上司と離婚するっていうのは変わらないようで、ただ離婚時期が早まりそうな感じです。
 

 
朱美さんがボクに、あの人と別れたら一緒に暮らしましょ。
 
いいでしょ?その問にボクは答えられませんでした。
 

 
だってもしそうなったらボクは上司と同じ会社にいられないし…。

 

今正直迷っています。
 

 
朱美さんと別れた方がいいのか、今のままでもいいのかが…***上司が金曜日の午後に出張先からもどってきました。
 
上司は会社には戻らず直接自宅に帰ったようでした。
 

 
ボクは今夜朱美さんとは会えないな…、と思っていたら上司からボクの携帯に電話がかかってきました。
 
上司からは、今夜飲みにこい。
 

 

した。
 
断るといけないと思い上司の家に伺います。
 

 
と言って電話を切りました。
 
少しすると朱美さんからメールがきました。
 

 
朱美さん。

 

ごめんなさいね、なんだか無理矢理誘ったみたいで、でも私あなたに会えるって思うと嬉しい!今夜待ってるわね。
 

 
ってメール内容でした。
 
ボクは、朱美さん下着を着けないでボクを出迎えてくださいね。
 

 
とメールを返信しました。
 
すると朱美さんのメールは、恥ずかしい…けどそうします。
 

 

でした。
 
その夜の7時過ぎに上司の家に到着、チャイムを押すと朱美さんが出迎えてくれました。
 

 
そしてメールで約束?した下着を着けないでってのを確認する為にスカートの中に手を入れるとパンティは履いていませんでした。
 
でもブラジャーは着けていたのでボクは朱美さんの耳元で、今夜はボク帰ります。
 

 
って言うと、その場でブラジャーを外しました。

 

朱美さんは外したブラジャーをエプロンのポケットに押し込みながらボクに、これでいいですか?と言ってきたので、いいですよ。
 

 
と言うとキスをしてくれました。
 
リビングに行くと上司はビールや焼酎を飲みまくっていてかなり酔っていました。
 

 
ボクは上司の目の前に座り朱美さんはボクの隣に座りました。
 
上司はボクにビール飲め!メシも食ってけよ。
 

 

言いそして今夜は泊まっていけ、と言いました。
 
ボクは、久しぶりに家に帰ってきたんだし夫婦2人きりのお邪魔したら悪いから、と断ると上司は構わん構わん!泊まっていけ!と言いビールを一気に飲み干しました。
 

 
ボクも上司につきあいビールを飲みました。
 
ボクは焼酎はダメなのでビールだけを飲みました。
 

 
朱美さんもビールをチビチビ飲んでいました。

 

しばらく上司の出張先での話を聞かされて、そして上司は話終わると、俺は風呂入って寝るからゆっくりしていけよ。
 

 
と言ってリビングから出ていってしまいました。
 
すると朱美さんはボクの手を取りスカートの中に手を持っていきました。
 

 
朱美さんのおまんこは既にヌルヌルになっていて、乳首は固くなっていてシャツの上からでもハッキリわかる位でした。
 
上司が風呂に入っている間はキスをするだけでしたが上司が風呂から上がり、俺は疲れたから先に寝る。
 

 

といい寝室に入っていきました。
 
少ししてから朱美さんが寝室に入っていった上司が寝てるのを確認すると朱美さんは服を脱ぎはじめました。
 

 
そして全裸になりボクに抱きついてきました。
 
ボクも全裸になって朱美さんを床に仰向けに寝かせて足を開かせてクンニを始めました。
 

 
朱美さんのおまんこはさっき手で触った時よりも更にヌルヌルになっていて洪水状態でした。

 

朱美さんは感じているのに声を押し殺していました。
 

 
それを見てボクはわざと朱美さんのいちばん敏感なクリトリスの皮を剥き舐めたり吸ったりしました。
 
するとさすがに声を押し殺す事ができなくなりアエギはじめました。
 

 
ボクが舐めるのを止めて朱美さんの耳元で、旦那さんに聞こえちゃいますよ。
 
と言うと、意地悪!あなたが感じさせたんじゃない。
 

 

言い抱きついてきました。
 
そして今度はボクが仰向けになって朱美さんにフェラチオしてもらいました。
 

 
いつもながらすごく気持ち良くてイキそうになってしまいました。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す