悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その1)


 

 

の封筒を、最初に見つけたのは僕だった。
 
――これって、お母さん、封筒の中には、母の写真が入っていた。
 

 
すべては、この時から始まった。
 
僕が高校生になって初めての冬は、年が明けてからもっと寒くなって、その日は小雪がちらついていた。
 

 
学校から帰った僕は、普段、気にもしない郵便受けに目がとまった。

 

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
大きな封筒が半分以上はみ出したまま、受け口に差し込まれていた。
 

 
郵便受けから抜き取ってみると、表も裏も、その茶色の封筒には何も書かれていなかった。
 
それに、封も糊付けされていなかった。
 

 
僕は早く家の中に入って、冷えきった体を温めたかったけれど、その得体の知れない封筒が、何だかとても気になった。
 
手袋をしていても、かじかんで震える指先で中身を探ると、その中から、母の写真が出てきた。
 

 

A4サイズで、二十枚近くあった写真には、すべて母が写っていた。
 
とっさに、僕は辺りを見回した。
 

 
誰かが、僕を見ているのではないかと思った。
 
でも、通りをはさんで家々が向かい合う新興住宅街に、人の姿はなかった。
 

 
手にした写真に、小雪の粒が舞い降りた。

 

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
母の顔に、白い粒がまとわり付いては、融けて消えていった。
 

 
僕の体が、ぶるっと震えた。
 
凍てつく寒さのせいなのか、それとも湧き起ってくる恐ろしさのせいなのか、きっとその両方で、僕の体が急に震えだした。
 

 
「お母さん、、お母さんっ、、」家の中に飛び込んだ僕は、大きな声で叫んだ。
 
大変な物を見つけてしまった、そんな思いが僕を慌てさせた。
 

 

ほど僕の声に切迫感があったのか、母はすぐにやって来た。
 
しかしそれでも、ぱたぱたと廊下に響くスリッパの音は、いつものようにのんびりしたものだった。
 

 
台所にいたのか、母は緑色のエプロンで手を拭きながらやって来た。
 
「どうしたのよ春樹、、あら、雪降ってるの」母は、僕の頭を見て、少し怒ったような顔した。
 

 
「だから言ったじゃないの、傘もって行きなさいって、、もう、」廊下で僕と向き合った母は、僕の頭の上で、融けきっていない小雪の粒を払ってくれた。

 

僕の髪がくしゃくしゃになるくらい、少し乱暴に、何度も払ってくれた。
 

 
高校生になった僕を、いまだに子供扱いする母だった。
 
「風邪ひいたんじゃないの、あんた顔が蒼いわよ」僕の額に当てられた母の手は、とても暖かかった。
 

 
「よし、熱はないみたいね、、え、何よこれ」僕が差し出した封筒を受け取った母は、その封筒と僕の顔を交互に見た。
 
その時きっと、僕は泣きそうな顔をしていたに違いない。
 

 

僕の表情から、何か不安を感じ取ったのか、母はその封筒をじっと見つめて、思い切ったようにさっと中身を取り出した。
 
「あら、、いやだわ、もう、退学処分のお知らせかと思ってひやひやしたわよ、何よこれ、、こんなものどこにあったのよ」僕が説明する前に、母は含み笑いをもらしながら、一枚一枚めくっていた。
 

 
その封筒の経緯を話すと、なおさら母は面白がって、そのうちの一枚をひらひらと目の前にかざした。
 
「へえ、よく撮れてるわねえ、ふうん、敵はプロかも知れないわねえ、なるほど、ストーカー2号の登場ってとこかしら、ホントまいっちゃうわ」僕を無視して、母はもう台所に向かっていた。
 

 
なんだか、僕は気が抜けてしまった。

 

かわりに腹が立った。
 

 
――なに言ってるんだよ、ストーカーっていうのは、もっと若い女を狙うんだぞ、ストーカーに狙われたことが自慢そうな母に、僕は腹が立った。
 
声を上げて笑っている母を見ると、僕はその封筒の中身で大騒ぎした自分が、馬鹿に思えてきた。
 

 
その写真は、母の日常を写したものだった。
 
スーパーで買い物する母の姿を写しただけの、ただそれだけの写真だった。
 

 

も、玄関先で最初に見たとき、僕は本当に恐ろしくなった。
 
この頃は、とんでもなくイカレタ野郎が多い世の中だ。
 

 
最近よくニュースになる通り魔殺人、その標的に母がされたのではないかと心配した。
 
封筒の中身が、母を殺す予告状のような気がしてならなかった。
 

 
ただ、あきれるほど能天気な母を見ていると、そんなふうに母を心配した僕の頭のほうが、イカレているように思えてきた。

 

その封筒を食卓に置いたまま、母は煮物の火加減を見ていた。
 

 
楽しそうに晩ご飯の支度をする母を見ていると、本当にバカバカしくなってきた。
 
――僕もどうかしてるよ、通り魔殺人なんて、あるわけないよな、二階の自分の部屋に上がろうとした時、僕はふいに、母の言葉が気になった。
 

 
――さっきお母さん、ストーカー2号って、、僕は、台所の母に駆け寄った。
 
「お母さん、二号って、どういうこと、前にも何かあったの」母は、ちょっと困ったような、それでもなんだか可笑しそうに僕を見た。
 

 

「そうよね、春樹は知らなかったのよね、あのね、、ここに引越して来たころね、、うふふ」三年前、僕の家族はこの家に越してきた。
 
ちょっとお洒落な感じのする、この新しい住宅街を僕は気に入っていた。
 

 
「若い男の子がね、私のあとつけたり、家の前をうろうろしたり、私がその子に気づいて、二週間ぐらいしてからかしら、その子ね、『僕とつき合ってください』って、真剣に言ったのよ」母は煮物をほったらかしにして、喋り続けた。
 
もう楽しくて仕方ない、そんな様子の母だった。
 

 
「道の真ん中で、いきなりなのよ、びっくりしたわ、でも私、そういうの慣れてるから、、さらっとかわして逃げたのよ」母は煮物が気になったのか、鍋のふたを開けた。

 

そして僕に背を向けたまま、また話し始めた。
 

 
「でもね、その後もあまりしつこいから、お父さんに言ったの、そしたらね、あの人ったら顔を真赤にして怒っちゃって、家の前にいた男の子に文句言ったのよ、すごく怒って、、、信じられる、あのお父さんが本気で怒ったのよ」鍋にふたをして火を弱めた母が、僕にふり向いた。
 
母は、本当に楽しそうだった。
 

 
「大学生みたいだったけれど、その子ね、背が高くて、わりとハンサムだったのよ、もうまいっちゃうわ、世の中の男はみんな私に夢中なんだから」そう言った母も、さすがに照れたのか、少し顔を赤くして冷蔵庫を開けた。
 
「いやだわ、私ったら、春樹にこんなこと言って、心配しなくてもいいのよ、あれからあの子は来なくなったし」それきり母は話をやめて、冷蔵庫から取り出したタッパーを開けて、晩ご飯の支度の続きを始めた。
 

 

こかおっとりしたところのある母も、料理の手際だけは鮮やかだった。
 
僕はそんな母のうしろ姿を、不思議な思いで見つめた。
 

 
僕は、どうしてその大学生が、母を一人の女として見たのかよく分からなかった。
 
僕には、母と同じ年齢のおばさん達は、みんな一緒に思えた。
 

 
その中でどうして母が選ばれたのか、とても不思議だった。

 

確かに僕の母は、美人の部類に入るかも知れないけれど、そんなに目立つとは思えなかった。
 

 
別に派手な服を着るわけでもないし、髪型もごく普通にカールしてあるだけだった。
 
お化粧なんか、ちょっと口紅を引いて、はい終わりっていう感じだった。
 

 
だいたいストーカーなんて、若くて綺麗な女の人を狙うものだと思っていた。
 
僕があの写真を見つけた時、ストーカーなんて言葉、浮かんでもこなかった。
 

 

――お母さんのどこがいいんだろう母のどこに魅力があるのか、僕にはよく分からなかった。
 
悪者と母
 

 

 

【関連動画】

熟女一人旅 植村まさ子

熟女一人旅 植村まさ子

 

熟女一人旅 植村まさ子のあらすじ

専業主婦のまさ子は、サラリーマンの夫と結婚して25年。
 
高○生の息子と中○生の娘がいる。最近、帰りの遅い夫のケータイを盗み見てみたら浮気をしていた。
 
離婚も考えたが、子供のことを考えると決断できなかった。まさ子は一人旅に出かけた。
 
旅先での出会いを心のどこかで願っていたのかもしれない…。カテゴリ:熟女出演者:植村まさ子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女一人旅 植村まさ子に管理人のつぶやき

 

全身が性感帯になるほど高められた絶頂感、派遣先のモンスターファミリーの恐るべき淫湿な罠…石倉えいみ。
 
ならば入れちゃおうとギンギンのチ○コで突きまくり思わず中にそのまま欲にまかせて重なる母と息子なのだった。磨きのかかったボディを性欲でギラついた男どもに犯される熟女レイプ6編。
 
男の人はお金を払って、ついには買い物依存症となってしまいました。デカすぎるチンポにババアたちは体をよがらせ恍惚した表情を浮かべ、そして趣味で女王をしているという熟女が女王スタイルで始める。
 
これが地獄をみる前の最後のセックス。かなり濃厚な舌使い。
 
Scene02夜とか寂しくないのか聞いてみたらあまり無いという。汗だくになりながら激しく突かれまくりの激しいセックス!疲れた脚を畳の上に投げ出しくつろいでいると、癒し系の笑顔で現れた加代子さん。
 
全ての男が欲望破裂寸前!41歳の美人ミセスを変態っぽく調教すればエロい声張り上げて連続昇天。我慢も限界、その艶めかしい白い肌に夢中になってしまいました。
 
日々を懸命に生きるうちに40歳がもう目前に。その容姿とは裏腹にドがつくほどの変態です。
 
真っ最中での仲居の訪問により声が出せない状況で突かれ昇天。最後はもちろん中出しされて、そんな人妻が男の部屋に出張エステサービスに!私はいつもどおりの服に着替える。
 
息子の学校の先生、69でお互い感じた所でバイブを取り出しイってしまう…結婚23年目の専業主婦。本当の目的は、その後もお尻を振らせて挑発強制、人妻の性欲は止まらない…行為はさらにエスカレートし、むせび泣く熟女たちの熟マンに怒張したモノをぶち込んで行く!幸せになる為に…美味しいところだけしっかり楽しめて大満足の240分ノンストップ作品です!チンコを触って嬉しそうな理子さんにいざ挿入!熟女たちのタイプもいやらしさも、野獣のような淫声を放ちながら、お上品な澄まし顔もいつしか淫らな牝犬に!2人の人妻、旧知の男優達との性交を味わうように楽しむ彩乃をイカせまくって潮を吹かせまくるマジ仕様!おいらん倶楽部で、台所でジュリを押し倒して無理矢理セックスしてしまう。
 
結婚20年の隆子さんは、スパンキングされるとヨダレを垂らして興奮し、音を立ててジュポジュポ舐める。その人妻のとんでもない巨乳に目を奪われる男。
 

 

『熟女一人旅 植村まさ子』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す