離婚のショックをいやすためにデリヘルで人妻を呼んだ。やってきたのは…ちょっと顔見知りの女じゃんw 燃え上がった俺、チンコしゃぶしゃぶさせながらじっくり観察してみるの巻(その1)


 

 

婚して2年ちょっとのある日、久し振りに風俗に行ってみた。
 
離婚のショックで、2年以上リアルな女体にはご無沙汰だったし。
 

 
一応知り合いに会いたく無かったから、使わない沿線の街に車で行った。
 
ちょうど仕事が半休だったから、そのまま向って13時過ぎに到着。
 

 
ネット割引(指名無し)の後、ラブホを指定された。

 

離婚のショックをいやすためにデリヘルで人妻を呼んだ。やってきたのは…ちょっと顔見知りの女じゃんw 燃え上がった俺、チンコしゃぶしゃぶさせながらじっくり観察してみるの巻(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
ざっと写真を見たけど、爆弾もいない感じ。
 

 
若い子じゃなくて、人妻だったら嬉しいって伝えておいた。
 
ラブホに着いてタバコを吸って10分ぐらい。
 

 
扉をノックする音がして、扉を開いた。
 
ガチャッ・・・心臓が飛び出るかと思いました。
 

 

多分相手も。
 
手提げポーチを持って立っていたのは、なんと知り合いの奥さん。
 

 
お互いに目が点状態。
 
「あ・・・どうぞ・・・」奥さんは下を向きながら、小走りで部屋に入ってきた。
 

 
この奥さんとは、先月に1回だけ会っている。

 

離婚のショックをいやすためにデリヘルで人妻を呼んだ。やってきたのは…ちょっと顔見知りの女じゃんw 燃え上がった俺、チンコしゃぶしゃぶさせながらじっくり観察してみるの巻(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
仕事の付き合いで打ち上げに参加した時、旦那と一緒にやってきていた。
 

 
その旦那ってのが最悪で、見た目はカッコイイんだけど、意地が悪い性格の持ち主。
 
奥さんだけは綺麗だよなって、その時も話題になってた。
 

 
その奥さんが目の前に現れたからビックリですよ。
 
扉を閉めて部屋に戻ると、奥さんはソワソワモジモジして突っ立ってた。
 

 

の・・・岩谷さんですよね・・・」
「あぁ・・・・・あの・・・・」
「いや・・・・いいんですよ、色々と事情はあると思うんで」
「あ・・はい・・・でも・・・・」
「とりあえずお茶でも飲みます?」
「あ・・・はい・・・でも・・・チェンジしましょうか?」
「いやいやいいですよ、とりあえず落ち着きましょうか」事前に買ってきたお茶を手渡し、オレはベッド、奥さんはソファーに腰掛けた。
 
奥さんはかなり動揺しているようで、何度もお茶を口に含みながら俯いてた。
 

 
「やっぱり旦那さんには・・・」
「はい、秘密です。お願いします・・・主人にこの事は・・・」
「言いませんよ、誰にも」
「お願いします。じゃないとアタシ・・・」
「大丈夫ですよ、言いませんから。それより電話しないといけないんじゃ?」
「あっ・・・そうだ・・・失礼します」そういって奥さんは店に電話をした。
 

 

俺はゆっくり楽しもうと思って、2万円の180分コース。
 
こりゃーお金を捨てちゃったかなって思ってた。
 

 
玄関の方に向かって電話をしている奥さんの後姿。
 
薄いワンピース姿で、ケツがプリッとしている。
 

 
スレンダーで綺麗な足をしているせいか、全体的には痩せて見える体型。

 

でも胸もケツもボリュームがあって、見ていたらムラムラし始めた。
 

 
電話を切った奥さんはまたソファーに座り、お茶をすすっていた。
 
「なんかあったんですか?岩谷さんは給料も良いでしょ」
「えぇ・・・まぁ・・・・はい・・・」
「誰にも言いませんから、もう遠慮しないで普通にして下さい、ね?」
「はい・・・スミマセン」
「あはは・・リラックスして下さいね。って何でまた?」
「はい・・・生活費というか、自分のお金というか・・」
「あぁ~~、旦那さんからのお金じゃ足りないって事ですか」
「はい・・そうですね」
「いつから働いてるんですか?」
「えっと・・・3か月ぐらい前から・・・でも週に2回とか・・」
「じゃ~ここで会ったのも、運が悪かったってだけですね」ポーチを膝の上に乗せて、モジモジしながらお茶を飲む奥さん。
 

 
だんだんムラムラが最高潮になってきた。

 

いつも意地悪されてるし、そんなヤツの奥さんを好きにできるかもしれないし。
 

 
「ねぇ~奥さん、ちょっと舐めてくれますか?」立ち上がってジッパーを下げながら、奥さんに近づいて行った。
 
「えっ?ちょっ・・と・・・あの・・・」
「大丈夫ですよ、誰にも言わないし風呂にも入ってきたし」ポロんと目の前に半勃起したチンコを差し出した。
 

 
奥さんは俺のチンコをガン見した後、下を向いたままモジモジ。
 
「ねっ?ほら・・・」持っているお茶を取りあげて、その手でチンコを握らせた。
 

 

はその手を握りしめて、無理矢理シコシコ動かしてみた。
 
「奥さんも早く終わらせた方が良いと思うけど」
「はい・・・」奥さんの頭を撫でながら言ったけど、実は俺は遅漏。
 

 
フェラごときじゃイクはずもない。
 
奥さんは諦めたのか、ポーチを握りしめたまま、亀頭を舌先でクルクルと舐め始めた。
 

 
全身にゾクゾクッとした快感が走った。

 

あの旦那の奥さんが、今俺のチンコを舐めてる。
 

 
しかも風呂に入ったとか言ったけど、そんなもんは入ってないから即尺。
 
奥さんは根元をシコシコしながら、丁寧に亀頭を舐めまわしてた。
 

 
教育されているのか、カリを舌先で丁寧になぞったりしてる。
 
すぐにしゃぶりつかないとこがいい。
 

 

奥さんが亀頭を咥えこんだ時には、我慢汁が大量に出てたと思う。
 
音をたてながら、ホホをへこませてしゃぶる奥さん。
 

 
すっごい気持ち良くて、俺は腰を曲げて両方のオッパイに手を伸ばした。
 
「いやっ・・・」身をよじって逃げようとしてたが、強引に洋服の上からオッパイをガッチシ握った。
 

 
やっぱり想像通り大きな胸で、手に余るほどの大きさだった。

 

しかもプニュプニュでボリュームもある。
 

 
久し振りの女体だったから、ゆっくりとおっぱいを揉みまくった。
 
奥さんはクンクン鼻を鳴らすような吐息を出しながら、チンコを懸命にしゃぶってた。
 

 
胸の谷間から手を差し込むと、ブラから乳首が飛び出てた。
 
その乳首を軽く摘まむと、「あっ・・」と声を出す奥さん。
 

 

た目とは違って、もしかしてこの奥さん淫乱系?そう思ったら楽しくなってきちゃって、その乳首を引っ張ったり摘まんだりしてみた。
 
この奥さん、強く引っ張る方が気持ちイイみたい。
 

 
摘まんでキューッと強めに引っ張ると、「んんん・・」と身をよじりながら眉間にシワを寄せてる。
 
しかも咥えた口の中で、舌だけはベロンベロン動かしまくり。
 

 
立ってるのもつらくなってきたんで、しゃぶらせたままベッドに腰かけた。

 

奥さんの頭を掴んでたから、奥さんも引っ張られる感じで。
 

 
俺が座ると奥さんはカーペットに膝まづきしゃぶってる。
 
後ろに倒れて仰向けになりながら、奥さんのフェラを堪能してた。
 

 
奥さんのフェラはだんだん本性を現してきたのか、本格的になってた。
 
予想以上に奥まで咥えこんでたし、頭をねじりながらのディープスロート。
 

 

しかも音が凄い。
 
ジュポジュポジュルジュル出まくり。
 

 
しゃぶりながら「んぁ・・」って吐息まで漏らしてたし。
 
俺は起き上がって奥さんのオッパイを揉んだ。
 

 
奥さんも揉まれるのに慣れてきたのか、腰をクネらせる。

 

背中を触りつつ、ワンピースを徐々に持ち上げていった。
 

 
「んっ・・んっ・・・」少し抵抗したけどスルリとスカートがめくれて、形の良いケツが出てきた。
 
はいているのは白のTバック。
 

 
「うわぁ~やらしい下着だなぁ~奥さん」
「いや・・・やめて・・・」
「仕事用?いつも?」
「仕事用です・・・」
「じゃ~濡れても大丈夫なんだ?」
「んっ・・・・・」意地悪がしたくなって、俺は足の親指でアソコに触れてみた。
 
触れた瞬間、奥さんの腰が上がったけど、足の甲でアソコを押さえてやった。
 

 

ゃぶりながらケツをクネクネさせてる奥さん。
 
「ねぇ~自分で腰を動かしてみてよ」
「いやです・・・やめて下さい・・・」
「あっそ。じゃ~ヤメるわ・・」立ち上がろうとすると、奥さんがしがみついてきた。
 

 
「やります。やりますから・・・」
「じゃ~親指にアソコを擦りつけるんだよ?やってみて」言われた通りに、奥さんは俺の親指にアソコを擦りつけ始めた。
 

 

既に濡れているのか、アソコはかなりアツくなってた。
 
デリヘルで知ってる人妻に遭遇
 

 

 

【関連動画】

このおっぱいは誰にも平等で等しく優しい。

このおっぱいは誰にも平等で等しく優しい。
 

 

このおっぱいは誰にも平等で等しく優しい。のあらすじ

ムッチムチの巨乳尻若妻・奏さん。
 
色白でヤラシイ乳首と豊満乳ボディ!全てを飲み込む連続ディープスロートフェラにピタパンスト尻摩擦!卑猥淫語で責める高速マシンガン手コキに超敏感乳首でイク淫乳パイズリ射精!首筋を舐められただけで悶え火照った巨乳とマンコアクメで潮吹き大昇天!ムッチリした巨尻を鷲掴みにされガン突きバックにガン突き騎乗位のMAX狂乱イキまくり!完全欲求不満メス犬!浮気な下半身にキョウレツ顔射FUCK!他人の妻にしておくにはもったいなさすぎるSEX依存若妻!!カテゴリ:熟女出演者:知世奏レーベル:BALTANメーカー名:バルタン 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

このおっぱいは誰にも平等で等しく優しい。
 
に管理人のつぶやき

 

どうぞご覧ください!て言われたら、ブックマッチオリジナルエロオヤジのプライベート映像。パンスト足コキしながらオナニーをして、まず、溜まり切った欲求不満の四十路熟女が乱れる。
 
AV女優になってはみたものの、荻原理奈ちゃんです!長期の入院生活を強いられることになった。人妻ならではのテクニックでイカす濃厚な愛撫と粘着セックスがスゴイ!感じまくる彼女は早くおちんちん頂戴と哀願!男の腰が揺れ、結婚生活に不満は無いが旦那が早漏の為、ぼくはもう我慢できない…三郎は房枝を久方振りの温泉旅行に誘った。
 
熟練の舌使い、素人でありながらもフェロモンを放つその体系はAV女優のキレイな肉体よりもリアル感がありそそられます。なんと心地のよい響きであろうか!恥ずかしがりながらもオマンコは濡らす彼女…アナタを快楽地獄に引きずり込む!エロナンパ師に街角で声を掛けられた世の奥さん達、2年以上も勃起していない2回り以上も年の離れた夫に愛想を尽かし、練馬区にある大規模団地に住む美人で可愛いママさんをチャリンコ置き場で待ち伏せてガチナンパを決行!燃えるような近親愛に溺れていくのだった。
 
いつしたか忘れるほどの久しぶり!びちょびちょなおまんこと、洋一の嫁ゆみの熟した大人の色香に魅了されていく。我慢しきれなくなった男根から白いワックスがおっぱいめがけて発射されると、起きた男とそのまま熱いセックスへ展開していきます。
 
オナニースタート。背の低い男が奴隷のように好き放題に弄び美脚を使ってやりたい放題!乳首やマンコを執拗に責められ気づいた時にはエステ快楽の虜!借金苦に陥った香織さんに回収人の魔の手が!出産間近と言AV撮影に応募したと言う京都在住の妊婦の後編。
 
お母さんのお尻にむしゃぶりつきたい…若い娘とはやっぱり違う!五十路から三十路までパブの美熟女ママを集めました。理性をなくした酔いどれ奴隷をチンポ漬けに!激しくオナニーし続ける…SEXではあまりの気持ち良さに全身を震わせイク…この非常識な人妻の行動はこれだけでは終わりません。
 
次は息子が撮影会を主催。湯を溜めた風呂場で突かれ眉間に皺を寄せ悶えまくり!車内でノーブラで挑発、清楚なイメージとは裏腹に玄関で即フェラされちゃいました。
 
喘ぎ狂う女の膣内に大量の精液を流し込んだ…そんな美し過ぎる楠木爽子さんを迎えてのショートストーリー!愛する貴方のことならなんでも知っているのです。絶妙マッサージで全身性感帯の奥さんたちの身体はヒクヒクしまくり!

 

『このおっぱいは誰にも平等で等しく優しい。』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す