子供がどうしてもできないってことで精液を検査することに→義母がマンコでザーメン採取してくれましたw


 

 

婚してから3年目に、義父が他界し、一人になった義母(45歳。とても若い!賀来千賀子似か?)と一緒に暮らすこととなりました。
 

 

子供がどうしてもできないってことで精液を検査することに→義母がマンコでザーメン採取してくれましたw(イメージ画像1)

 
われわれ夫婦には、まだ子供がいなく、そのころから、義母は、早く子供を作れと、ことあるごとに言うようになりました。
 
女房と義母は仲がよく、こうした方が子供ができやすいとかをよく話していました。
 

 

子供がどうしてもできないってことで精液を検査することに→義母がマンコでザーメン採取してくれましたw(イメージ画像2)

 
女房は、産婦人科で何回か検査をし、特に問題がないことがわかり、医者に今度は、俺(29歳っす)の方の検査を進められたので、医者に行くようにと促されました。

 

俺は、あんまり気が進みませんでしたが、女房と義母が執拗にすすめるので、会社が休みの土曜日にしかたなく泌尿器科にいきました。
 

 
男性の医者ですが、ペニスや睾丸にライトを当てられ、こねまわされやや不快な気持ちになりました。
 
検査後、今度は、5日間以上禁欲をして、自宅でオナニーをして渡されたシャーレに精液を採取してくるように言われました。
 

 
ただし、射精後3時間以内に病院へもってこなければならないとのことでした。
 
医者には、射精には、パートナーの助けを借りて快感を大きくした方が、より多くの精液を採取できるので、望ましいと言われましたが、俺が仕事が休みなのは土曜日、女房は土曜日仕事なので、自分でするしかありません。
 

 

そのことを女房に話すと、義母にも話したらしく、夕食時の話題にもなってしまい、恥ずかしいさと憂鬱さが混ざったような気分になりました。
 
しかし、土曜日の前日の帰りが遅かったこともあり、土曜日の起きた時間が10時半ごろになってしまいました。
 

 
病院は12時までで、車で20分かかるところなので、時間がありません。
 
義母に早くしないと間に合わないとせかされ、狭い2LDEのふすまの部屋(寝室。もう一部屋は義母の部屋)に入り、オナニーをしましたが、おかずが何もないのと義母が隣のリビングにいることが気になって、射精できずにタイムリミットとなってしまいました。
 

 

義母には文句を言われるし、帰ってからは女房にも責められました。
 
男の体がわかってない!と思いましたが、また次週に行くことになりました。
 

 
しかも、義母には、さらにそれまでの7日間(合計12日間!)を禁欲するよういわれ、しぶしぶ禁欲の日々をすごしました。
 
さて、当日は、8時半に起きました!しっかりと朝立ちもし、スウェットのズボンの前は、ごまかすのが不可能なほど大きくつっぱっていました。
 

 
義母は、「それなら今日は期待できるはね」と、言い。

 

段はそんなことを言われると萎えるところですが、12日間の禁欲のせいか、ますますペニスに芯がとおりました。
 

 
義母に、がんばってと声をかけられ、「10分ですますよ」と、豪語してふすまの部屋に入りました。
 
スウェットとブリーフを脱ぎ、敷布団だけを引き横になり、少し頭を上げてやせ気味の体に猛々しくそそり立つペニスを見ながらオナニーを始めました。
 

 
ところが、10分・・・20分しごいても、一向に射精感は高まりません。
 
ペニスはびんびんにそそり立っていますが、だめなのです。
 

 

義母が隣の部屋にいるのはわかっていますが、思い切って全裸になり、オナニーを続けましたが、なかなかだめです。
 
40分ほどたったころ、義母が、「調子悪い?だめそう?あたしのベビーローションあそこに塗ってしてみる?」と聞かれ、ドキッとしましたが、貸してもらうことにしました。
 

 
全裸のままペニスを片手で隠し(根元しか隠れませんが)ふすまを少し開け受け取った時、少し覗かれたのか、「やだあ!スッポンポンなの!いやらしいわねえ」と、ちょっとうれしそうにいいました。
 
「だってこのほうが、興奮するんだよ」と、おどけたかんじで答えました。
 

 
ローションを手にたっぷり取り、亀頭から裏筋、袋までぬるぬるに塗りたくり、手で軽くペニスをにぎり上下させました。

 

さっきより格段に快感が増しましたが、クチュックチュッといやらしい音が、部屋中に響きます。
 

 
でも、もう義母には、自分がしていることは、認識されていることなのだと気づいたので、構わずに上下運動を続けました。
 
「とてもいやらしい音がするわね。でもいい音よ。」
「おかあさんのおかげで、もうすぐ終わるよ」こんな会話もあり、考えてみると義母もまだ若いから興奮してるのかな?とおもいながら、義母に性的な興味がある自分に気がついてきた気がしました。
 

 

でも、最初にはじめてから1時間以上たっても、射精感が起こりません。
 
時間もせまってきたので、上下運動もあせったような動きになってきました。
 

 
義母も音であせっているがわかっているようです。
 
「あせんなくても時間は大丈夫と思うわよ。リラックスしてしたらいいんじゃない?」
「とはいってもねえ・・・やっぱ一人Hでは興奮度が低いよなあ」義母は、少しだまったのち、「あたしでよかったら少し手伝おうか・・・美香には内緒にしておくしい・・・でもおばさんじゃよけい萎えちゃうかあ」!!驚きとさっきから起きた義母への性的関心から、心臓がバクバクしました。
 

 

・い・いや、そんなことないけど・・・いやまずいでしょう・・・手伝うってなにすんのよ」
「やあねえ。まあ、手でマッサージしてあげる程度よ」
「うーん。それくらいなら・・・ゆるされることかなあ・・・おかあさんがいやでなかったら・・・お願いしようかなあ」
「なにいってんの。あたしは、かわいい若い男のペニス見られるんだから・・ぜんぜんいいのよ。じゃあ入るわね」ふすまをそおっと開けて義母が入ってきました。
 

 

俺は敷布団に横たわり、さすがに両手でペニスを隠していました。
 
義母は、俺の横にすわり、「やっぱりスマートな体ねえ。じゃっ手をどけてみて」ちょっとためらいましたが、ゆっくり手を離しました。
 

 
「うわあ!立派なおちんちんねえ。いい形だし、ひくひくしてるんじゃない。これならあと少しねえ」義母にペニスを完全に露出している快感でペニスがびくびく脈打っていました。
 

 

義母は、さらにローションを手に取り、亀頭から根元までを両手でつつみ、なぜるようにマッサージしてくれました。
 
最初ひやっとしましたが、すぐに女房とは得られない快感におそわれました。
 

 
快感でうッうっと小声が自然の漏れ、腰が勝手に浮いてきてしましました。
 
「気持ちいいの?いやらしい格好ねえ・・・」俺は、なにも言い返せませんでした。
 

 
おそらく恍惚とした表情をしていたのだと思います。

 

でも、すぐにイクと思っていたのに、10分たっても同じ状態です。
 

 
「やっぱだめかなあ・・・」おれは思い切って言ってみました。
 
「視覚からの刺激がないからかなあ・・・おかあさん・・・裸になってくれない?・・・」
「えー!いやよ。もうおばさんだもの。恥ずかしいわよ」
「そんなことぜんぜんないよ。だいたい俺だけが全裸でおかあさんが服着てたら不公平じゃない」俺はわけのわからない理由をいいました。
 

 

かった!でも見てがっかりしないでね。」義母は、立ち上がり、着ているものを脱ぎ始めました。
 

 
ややスレンダーな感じですが、やせすぎではないし、胸もそれなりにあります。
 
とても45歳とは思えない素敵ないやらしい体です。
 

 
なんと下着は白いTバック!こうなることがわかっていたための勝負下着かあ?と勝手に思いました。

 

すべて脱ぎ終わり下からねたまま眺めてると、薄めのアンダーヘアーが、きらきらと光っていました。
 

 
割れ目が丸見えでもう濡れ濡れなためでした。
 
よく見ると、太ももにまん汁がしずくになって流れています。
 

 
義母は俺の上に重なるように乗ってきました。
 
俺は、激しく義母を抱きしめ、ディープキスをしました。
 

 

義母も激しく答えてくれています。
 
その後、義母は、俺に馬乗りになろうとし、割れ目を亀頭にあてがいました。
 

 
カウパーとまん汁とローションで、あっけなくニュポッと長めのペニスが義母の腰に埋まりました。
 
その瞬間、二人とも同時に、かなり大きめの声で「あっあっあ~」とあえぎ声をあげました。
 

 
義母は、腰を俺の腰により密着させるようにグラインドさせてきます。

 

俺ももう頭の中が白っぽくなり、夢中でしたから腰を突き上げるようにグラインドさせました。
 

 
「いいーあっあっすごい・・・すごいあってるう」義母は、そんな言葉をときおり言いながら、あえいでいます。
 
しばらくの騎上位ののち、俺は、義母に突き刺しているペニスを抜かないように立ち回り、義母をワンワンスタイルにしました。
 

 
そして、激しくピストン運動をさせました。
 
あえぎ声は二人ともいっそう大きくなり、突き刺すときと引き戻すときに二人ともほぼ同時に声をあげました。
 

 

はなんて快感なんだ。
 
義母とこんなに性器の相性がいいとは・・・と真っ白な頭の片隅で感じていました。
 

 
部屋の外に聞こえるほど、ペニスの抜き差しにあわせて、ヌチャヌチャという愛液に性器がまみれる音と、パンッピタッパンッピタッと腰がぶつかる音と、睾丸が割れ目の下側(クリトリス付近)に張り付く音が響きわたっています。
 
俺は、いよいよラストスパートに入り、さらに激しくペニスを義母の割れ目に突き刺しました。
 

 
そのとき・・・ピンポーンとチャイムが鳴り、がらっと玄関の引き戸が開くおとがしました。

 

「よしえさあん。いるー」近所の義母の友達の声がしました。
 

 
うちはいなかのため、勝手に玄関をあけて入ってきてしまします。
 
しかし、俺も義母もそれに気がついていますが、クライマックス直前のため、そんなことは、まったくどうでもいいことでした。
 

 
腰の動きをさらに早め、あえぎ声もどんどん短くなり「あっあっあっいっいっいう」いよいよゴールが感覚がペニスの根元にたまりにたまりました。

 

若干先に義母のはりつめてやや汗ばんだ尻が、下から突き上げるように俺の腰に何度も強く押し付けられました。
 

 
「くーイクーーーあっあっあーーーーーー」義母は、友達がいるのをまったく意に返さないような声をあげ、同時に俺のペニスは強烈に締め付けられました。
 
次は俺の番です。
 

 
もう何も考えられず、義母に突き刺したまま「うっうっうーーーうーうー」と思い切り義母の子宮めがけ、12日間ためにためた大量の精液をぶちまけました。
 
射精は20秒ほど続いたと思います。
 

 

義母の友達は、それを聞いていたようで、「お取り込み中ごめんなさーい」とでていきました。
 
「聞かれちゃったね」といいましたが、義母は「ううん大丈夫よ、平気平気・・・それより、すごかったわあ・・・でも中だししちゃって・・・精液どうするの?」
「そうですね・・・」まだしぼんでいないペニスが突き刺さった結合部を見ると、割れ目から精液がしたたっていました。
 

 
俺は手を伸ばしてシャーレをとり、したたっているところの下にあてがい、ゆっくりとペニスを引き抜きました。
 
どろどろどろっと精液がこぼれ、採取することができました。
 

 
それからさらに、義母をおし*こスタイルにさせ、俺の指を義母の割れ目にい中の精液をかき出しました。

 

のたびに義母は余韻を感じるように軽く声を出しました。
 

 
最後に軽くキスをして、急いで病院へもって行き、何とか検査をしてもらうことができました。
 
結果は、若干精子の数が少ないようですが、特に問題はないとのことです。
 

 
女房には、さすがに義母も今回の件は内緒にしているようです。
 
義母の友達には、俺がAVをみていたんじゃない、ということにして、納得させたといっていましたが・・・その後、義母の友達に会ったときの俺をみて意味ありげに笑った顔を見ると・・・本当なのか?疑問です。
 

 

あれから、何回か土曜日に、義母とからんでいます。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す