嫁さんの友達にマッサージしてやったら発情したっぽかったからそのままハメてやりましたw


 

 

は大阪に住む31才の会社員の者です。
 

嫁さんの友達にマッサージしてやったら発情したっぽかったからそのままハメてやりましたw(イメージ画像1)

 
去年の事なんですが、嫁さんの友達夫婦と4人で温泉旅行に行った時の事です。
 

 
うちの嫁31才・嫁の友人雅美・31才・その旦那・武則35才との4人です。
 

嫁さんの友達にマッサージしてやったら発情したっぽかったからそのままハメてやりましたw(イメージ画像2)

 
私は昔に柔道をしていたことがあり、接骨院でいろいろとマッサージやツボを教えてもらった事がありました。
 

 
そのマッサージを時々嫁さんに施してあげています。

 

室内での食事が終わり、4人で雑談をしていました。
 

 
その時主婦業は大変だと言う話になり、うちの嫁さんが私のマッサージの事を話し出しました。
 
雅美は羨ましがって私にマッサージをせがんできました。
 

 
私は仕方が無く、雅美に下半身マッサージをすることにしました。
 
私はいつも体をほぐすのもあって、お風呂に入ってからマッサージをするので、みんなで温泉に入りました。
 

 

当然、男女別々です・・・入ってる間に、武則には了解を取っておきました。
 
武則にもマッサージを教えると言う条件で・・・女性陣が浴衣姿で帰ってきました。
 

 
私はまず、自分の嫁さんをうつ伏せに寝かせ、雅美にも同じようになるように促しました。
 
まずは、武則にマッサージを教えるように自分の嫁さんをマッサージしていました。
 

 
うちの嫁さんはいつの間にか眠ってしまっていました。

 

そして、雅美はと言うと・・・苦しそうな顔をしていました。
 

 
私は、慌てて武則と交代しました。
 
力加減を考えずに思いっきりやっていたようです。
 

 
うつぶせの状態のまま、足から順番に揉みほぐしていきました。
 
まずは、足の裏から・・・ふくらはぎを長い時間マッサージ・・・少しづつ上に上がっていき、太股へ・・・ふくらはぎに時間をかけたのは、太股も時間をかけるための下準備!(すでに下心あり!)太股全体をさすりながら時々、パンティ越しのオメコを指で突いていました。
 

 

度か当たってると雅美が小さくビクッとします。
 
指先で、なぞるようにお尻との境に・・・そのまま一気にお尻にまで上がっていきます。
 

 
武則は何の疑いもなく指先の動きだけに気がいっていました。
 
パンティの上からでは出来ないので、パンティを武則にずらしてもらう。
 

 
残念ながらオメコは見えない・・・しかし、お尻のマッサージで臀部を揉んで左右に開いて、アナルをばっちり拝見させてもらいました。

 

お尻の谷間あたりのマッサージでは、アナルに指を当てて触っていました。
 

 
雅美はかなり感じていました。
 
体をビクビクさせていました。
 

 
(武則にばれないか心配でしたが、全然疑いはありませんでした。)そしてパンティを履かせ、今度は仰向けにならせて内股です。
 

 

その時武則が疲れたと言って、窓際でタバコを吸いに行きました足を開かせ足の裏をくっつけさせて平泳ぎの蹴る瞬間みたいな格好にさせます。
 
(解るかな???)その格好は女の子の陰毛が横から出る事が多いので大好きな瞬間です。
 

 
内股のマッサージを始め、段々と付け根に・・・オメコの左右を親指で押しました。
 
その瞬間です・・・ドロッ・・・っと愛液が出てパンティの色が変わりました。
 

 
私は気付かないふりをして、再び内股に戻りました。

 

そして段々と付け根の方に戻っていきます。
 

 
そしてまたもや、親指で押す・・・またもやドロッ・・・もう雅美のパンティはビショビショです。
 
親指に付いている愛液を雅美には見えて武則には見えないように舐めました。
 

 
とても美味しかったぁ?。
 
久しぶりの嫁さん以外の愛液・・・私は何度も指に付けては舐め・・・指に付けては舐め・・・を繰り返しました。
 

 

めているのを雅美に見せてるせいか、雅美の顔は真っ赤でした。
 
そして一度だけですが、パンティの横から指を入れオメコに指を挿入・・・親指なので、そんなに奥まで入りません。
 

 
その時はさすがに雅美も小さい声を出してしまいましたが、武則には聞えませんでした・・・当然爆睡してるうちの嫁さんも・・・そんな事して私が遊んでいると、武則がトイレに行きました。
 
晩ご飯の時にかなりビールを飲んでいるので、なかなか帰ってきませんでした。
 

 
ここぞとばかりに私はパンティを横にずらし、中指を入れました。

 

ビショビショのオメコは何の抵抗もなく、すんなり入っていきました。
 

 
中はヌルヌルして生暖かい・・・私はいたずらに指をグチュグチュとかき回しました。
 
ビチャビチャ音が聞えました。
 

 
かなり感じていました。
 
トイレのドアが開く音が聞えたので、私は指を抜きパンティを元に戻し、浴衣を戻し何も無かったように振る舞っていました。
 

 

その間約2秒くらいかな?メチャ早業でした!私が平日が休みなので旦那がいない時に、嫁さんと一緒にマッサージと言う名目で雅美の家に行っては、パンティとブラだけの雅美にマッサージしながらオメコを突いて遊んでいます。
 
時にはパンティを思いっきりずらして、オメコを拝見させてもらってます。
 

 
前回は嫁さんの目を盗んで(トイレに行ってるときに)、挿入しちゃいました。
 
今度は一人で来るように雅美に言われているので、その時が楽しみです。
 

 
嫁さんの友達の続きです。

 

先日の休みに嫁さんには仕事と偽って、友達の所に行ってきました。
 

 
旦那が仕事でいない平日です。
 
今回は途中でローションを購入してから行きました。
 

 
約束も無しにいきなり訪問したので、彼女はびっくりしていました。
 
私は早速彼女にお風呂を入れさせ、その間紅茶を飲んで待っていました。
 

 

風呂が溜まり、今日は私が一緒に入ると告げ彼女の服を脱がせていきました。
 
そして私も脱いで、二人で入ります。
 

 
彼女の全身を私が丁寧に洗います。
 
当然大事な部分は指で綺麗に・・・・・この時から彼女は感じだしています。
 

 
湯船に二人で入り、彼女の背中や肩を撫ぜながらほぐしていました。

 

そしてリビングのカーペットにビニールシートを敷き彼女をうつ伏せ寝かせました。
 

 
洗面器お湯を汲んでローションを入れ掻き混ぜる・・・とろみが出てきた所で少し水を入れ彼女の背中に垂らす・・・彼女が一瞬「うっ・・・」呻き声をあげます。
 
初めての感覚に反応したのでしょう。
 

 
ローションを背中から全体に延ばし、全身に塗り込んでいきます。
 
すでに彼女は全身に力が入らず、脱力感にみまわれていました。
 

 

塗り込みながらたっぷりと全身マッサージ。
 
いつもは下半身中心のマッサージですが、今日は全身を・・・時折彼女の喘ぎ声が漏れ、力が入ったり抜けたり・・・そして彼女の体に私の体を擦りつけ逆ソープ・・・ちんちんをお尻の割れ目に挟みながら、擦りつける・・・アナルにちんちんが当たり、彼女がピクピク震えながら感じています。
 

 
そして彼女の腰を持ち上げ、お尻を突き出させました。
 
全身ヌルヌルなので、滑りながら必死にお尻を突き出していました。
 

 
そして、彼女のオメコの周りに指を這わせてなぞる・・・彼女の腰がクネクネ動きだし、小さな声が出てきている。

 

クリトリスに指を当て、小刻みに擦る・・・その時彼女の口から呻き声が・・・段々と激しく押し付けながら擦りつける・・・ローションがあちこちに飛び散っています。
 

 
その瞬間彼女が狂ったように大きな声で悶えだした・・・次の瞬間彼女が床に崩れ落ちてしまった。
 
イッテしまったようです。
 

 
すぐに彼女を仰向けにして再びクリトリスを擦り出しました。
 
右手の指を2本オメコに入れ、優しく出し入れしながらクリトリスを擦る・・・指を中でグルグルかき回し、段々激しく出し入れしていく・・・彼女は力無く悶え声を出しています。
 

 

をピクピク痙攣させながら感じていました。
 
急に大きな声で「ア・・・アァァ・・・アァ?????・・・・・」と言った瞬間彼女は失禁してしまいました。
 

 
指を抜き彼女のオメコを指で広げました。
 
放物線を書きながら、おし○こが吹き出しています。
 

 
出終わったと思ったら、まだ勢い無くタラタラと流しています。

 

オメコをヒクヒク痙攣させながら、タラタラ流れ出る・・・指で押し広げてみると、ドロッと愛液が溢れ出ていました。
 

 
彼女の足を持ち上げ膝が顔に付くようにして、その愛液を指ですくい、ローションと混ぜてアナルに塗りつけます。
 
そのまま指をアナルに挿入・・・「ヒッ・・・」と言う声を出して彼女のアナルは引き締まりました。
 

 
第一関節まで入った指を中でクニュクニュと動かす・・・彼女は大きな口を開けて悶えていました。
 
悶えているのですが、力が入らず声が出ない状態でした。
 

 

ゆっくりと指を深く入れていくと、彼女は涎を垂らして悶え狂っていました。
 
初めてのアナルなのにかなり感じていたのでしょう。
 

 
指をゆっくり出し入れしながらクリトリスを擦り続けました。
 
初めから激しくアナルを攻めると切れてしまうので、指を抜きます。
 

 
手を洗い、再びオメコとクリトリスを同時に攻めます。

 

またもや、彼女を快感が襲ってきました・・・大きな声が出ています。
 

 
激しく出し入れしながら、クリトリスを押さえつけて擦る・・・いきなり彼女は狂ったように暴れ出し、もがきだしました。
 
彼女が動かなくなったと思うと、ピクピク痙攣して気絶していました。
 

 
涎を垂れ流し、目は白目を剥いて・・・彼女が気を失ったままの状態で私はちんちんを挿入しました。
 
なんか×××してるみたいで、興奮してしまいました。
 

 

絶してる彼女を×××・・・その興奮に私はすぐにイッテしまいました。
 
中出しは危険なので、お腹の上に出します。
 

 
気持ちが高ぶっていたのか、ドクドク出てきます。
 
少しそのまま休憩して、彼女と再びお風呂に入りました。
 

 
ローションを落とすのにかなり洗わなければ、ヌルヌル感は取れません・・・湯船に浸かり、また洗って・・・を何度か繰り返します。

 

彼女と一緒にお風呂場を出て、二人とも裸でリビングへ・・・そして彼女をリビングテーブルに手を付かせ、お尻を突き出させます。
 

 
そして、そのまましばらくアナルとオメコを眺めていました。
 
触らずに見るだけです。
 

 
彼女にお尻とオメコを広げさせ、中をじっくり視漢させてもらいます。
 
見られているだけで彼女の中からドロドロと溢れ出てきました。
 

 

私もガマンに限界がきたので、オメコとアナルを舐めました。
 
ドロドロ溢れてくる愛液を舌で舐めてはアナルに塗る・・・しばらく続けて、オメコにちんちんを挿入してあげました。
 

 
バックで挿入・・・そしてそのまま椅子に座り突き上げ・・・床に這いつくばらせて・・・最後は正常位に戻し、イク寸前で抜き彼女の口の中で発射・・・再び大量の精子が飛び出ました。
 
彼女は何も言わないのに、そのままゴックン・・・(うれしかったぁ?!!嫁さんでも飲んでくれないのに・・・)飲んだ後彼女は綺麗にちんちんを舐めてくれました。
 

 
その後、服を着て再び紅茶を入れてもらい、少し話していました。

 

彼女の近所の奥さんに私のマッサージを話したところ、一度お願いしたいとのことらしい・・・気が向けば良いよとだけ言っておいて、私は家を出ました。
 

 
そして帰るにはまだ早いので、パチンコをしてから家に帰ろうと思いました。
 
こういう日のツキは恐ろしいもので、パチンコで7万も勝ってしまいました。
 

 
嫁さんを呼び出し、外食してから家に帰りました。
 
これで今日の友達とのセックスは許してね・・・と心の中で謝りながら・・・
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す