娘を学校に送り出したあと生マンコハメさせてくれる中出しフェチのド淫乱人妻とのセックスが最高


 

 

日とある出会い系で出会った女性とのことです。
 

娘を学校に送り出したあと生マンコハメさせてくれる中出しフェチのド淫乱人妻とのセックスが最高(イメージ画像1)

 
女性の名は郁恵、人妻です。
 

 
顔はかわいい方で以外に年齢より若く見えました。
 

娘を学校に送り出したあと生マンコハメさせてくれる中出しフェチのド淫乱人妻とのセックスが最高(イメージ画像2)

 
見た感じ不倫などとは無縁そうです。
 

 
どうも郁恵は旦那とはセックスレス。

 

子供は大きいので昼間は学校でいないとのこと。
 

 
郁恵と会う日、たまたま平日休みで駅で待ち合わせをして郁恵が迎えにきました。
 
郁恵「これからどうする?どこいこうか?」
僕「じゃあちょっと出かけてからホテルにする?」そんなことを話していたら郁恵が驚くべきことを・・・。
 

 
郁恵「じゃあうちに来る?うちでエッチしよっか?」驚きです。
 
まさか人妻の家にあがりこむとは・・・。
 

 

普通の一軒家です。
 
ぼくはドキドキ興奮して、家にはいって郁恵とリビングにいきました。
 

 
郁恵は我慢できずにズボンの上から僕のちんちんを触ります。
 
そしてズボンなどを脱がし僕のちんちんを出すと咥えてしまいました。
 

 
「じゅるじゅる、じゅぼぼ、じゅるるる」郁恵のフェラチオはまさに大人の女です。

 

その後郁恵からシャワーにいこうといわれシャワーに・・・。
 

 
普通の家の脱衣所でこの家の奥さんが脱いでいます。
 
郁恵の身体は細身でおっぱいはCカップくらいでした。
 

 
ぼくは我慢できずに、脱衣所で郁恵のおまんこに顔を持っていきました。
 
おまんこを舐めたくなったのです。
 

 

恵「シャワー浴びてないよ、そんなおまんこでいいの?」僕は関係なしで舐めまくりです。
 
郁恵は脱衣所で喘ぎまくりです。
 

 
そのあとシャワーでお互いの身体を洗い寝室へ。
 
寝室は旦那との寝室でベッドはなく布団でした。
 

 
郁恵は迎えに来る前に布団を敷いていて準備は万端、しかも布団の上には大きめなタオルがあります。

 

僕「このタオルはどうすんの?」
郁恵「私、潮吹きしたいの。潮吹きしていい?」郁恵は顔を赤くして僕にいいます。
 

 
話を聞いていると、昔はセックスするときによく潮吹きしたらしく旦那とはもう何年もしていないので今日は思いっきりしたいとのこと。
 
さっそくエッチ開始で、郁恵は僕の身体を舐めまくりです。
 

 
ちんちんも再び咥えられ、たまを触りながらしゃぶっています。

 

そして郁恵は玉袋をしゃぶりだし、そこからアナルも舐め始めました。
 

 
郁恵は再びちんちんに戻り、唾液をたらしては手コキをして僕をじらします。
 
郁恵「ちんちんおいしい、ほんとうに久しぶりに舐めてるよ」郁恵はとにかく舐めまくりです。
 

 
20分くらい舐められて今度は僕の番です。
 
郁恵のおっぱいをなめます。
 

 

郁恵の乳首は大きかったです。
 
育児のときに吸われていたのでちょっと乳首がたれ気味ですがおおきかったです。
 

 
それがまた興奮して乳首にしゃぶりまくりです。
 
郁恵「ああん、きもちいい。おっぱいいい?。」郁恵は我慢できなくなったのか、郁恵「おまんこ舐めて?、指入れて?」僕は郁恵のクリをなめおまんこも舐めて指を激しく入れました。
 

 

ちゃくちゃに指入れをしてついに郁恵は潮を吹きました。
 
その量がすごいこと、大量で大きめのタオルがある意味がよくわかります。
 

 
おたがいにたくさん前戯してついに挿入へ。
 
郁恵「おちんちん入れるの生がいい、生でいれて」郁恵のおまんこへ挿入しました。
 

 
やはり子供を生んでることもあり、それほどキツイわけではいのですがいい締め具合です。

 

入れた瞬間郁恵は喘ぎます。
 

 
結構大きな声で喘ぎますが、隣の家などには大丈夫なのかと思いました。
 
そんな心配もお構いなしに、郁恵「あぁぁん、きもちいい!ちんちん気持ちいい!ほんと久しぶりでおかしくなっちゃう!ああんあんあんあん!」こっちも負けじと突きまくりです。
 

 
部屋の中にはパンパンパンと突きまくる音と、おまんこからのぐしょぐしょな音。
 
逝きそうになったとき、僕「あぁ奥さん逝きそうだよ、でそうだよ」
郁恵「逝きそう?わたしのおまんこで逝って!子宮の奥に出して!中出しして!」
僕「あぁいくいくいく、でるよでるよ、だすよ!」
郁恵「あぁあぁぁぁぁ、いいよいいよ出して、いっぱいだしてー!」僕は郁恵の中で逝きました。
 

 

精子がたくさんでてるのがわかります。
 
郁恵「いっぱいでてるね。精子いっぱい。ねぇ抜いたらちんちんちちょうだい」郁恵はお掃除フェラをします。
 

 
このお掃除フェラもまた気持ちいい。

 

この日はこれでおしまいでしたが、お互いに電話番号とメアドの交換をしました。
 

 
郁恵「また会おうね、またそのちんちんちょうだいね」といい、郁恵にまた駅まで送うことになりました。
 
ですがこれでおわりではありませんでした。
 

 
駅までの途中急に郁恵は僕のちんちんを触り始めました。
 
そして車をパチンコ屋の駐車場に停めて車内でフェラし始めました。
 

 

恵は我慢ができなかったらしく、「ねぇちんちんいれていい?後ろの席でいれて」といいました。
 
車の後ろの行き、さすがに全部は脱げずに僕はちんちんを出して、郁恵はジーパンを脱いでパンティも脱ぎました。
 

 
僕は座席に座りその上に郁恵が乗りかかり挿入。
 
僕はしたからガンガン突きまくりです。
 

 
郁恵は僕に抱きつき喘いでいます。

 

僕「おっぱいだしてくれない?」そういうシャツを捲り上げてブラのホックを外しておっぱいをだしてくれました。
 

 
僕は大きな乳首を舐めながら突きまくりまた郁恵のおまんこの中に精子を出しました。
 
そしてお互いに服を直して駅に向かいました。
 

 
また会える日をお互い楽しみにして今も毎日メールをしています。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す