アルバイト先の痴女熟女さん二人に逆レイプ気味に童貞奪われたんだが、もう熟女しか愛せなさそうw


 

 

は17歳の高校生です。
 

アルバイト先の痴女熟女さん二人に逆レイプ気味に童貞奪われたんだが、もう熟女しか愛せなさそうw(イメージ画像1)

 
裕樹といいます。
 

 
あれは昨年の話です。
 

アルバイト先の痴女熟女さん二人に逆レイプ気味に童貞奪われたんだが、もう熟女しか愛せなさそうw(イメージ画像2)

 
僕はある清掃会社でバイトをしていました。
 

 
清掃といっても休みのパチンコ屋とかビルとかコンビ二とか、いろいろなところに行きます。

 

ある日、清掃が取引先の都合でキャンセルになり、事務所で宴会がありました。
 

 
と言っても社長を合わせても5人しかいませんが、事務所の休憩室ですることにしました。
 
清掃会社の社長は女性(46歳)で、旦那さんは別の会社の経営をしています。
 

 
だから僕を除いてみんな女性です。
 
ちょうど土曜日で学校も休みなので、シフトに入っていたのですが、みんなお酒を飲み始め、だいぶ酔ってきていて、僕がいるのに下ネタの話になり、ちょっと恥ずかしくなるような話をして盛り上がっていました。
 

 

そして2人がもう酔いつぶれて、別の休憩室で寝てしまい、部屋には僕と社長とパートのおばちゃん(50歳)の3人になりました。
 
そこで僕の話題になり、彼女がいるだのいないだの、エッチはどこまで経験してるのか、とかいろいろと聞かれました。
 

 
いちお彼女はいたのですが、エッチはこうやってする、とか体位はどうだ、とか話してるうちに、僕の横に社長が来て、僕のアソコを触ってきました。
 
「祐ちゃん、経験ほんとにないの」
「な、ないですよ」
「エッチに興味はあるの?」
「いちお男ですから・・・」
「してみたくない?」
「誰とですか?」
「私たちとだけど」
「い、いや、で、でも・・・」
「遠慮することないのよ、男にしてあげる」すると2人とも上着を脱いでブラも取って、上半身裸になった。
 

 
2人とも僕の母親と年齢も同じくらいで、でも今日はやられる、と思いました。

 

そして2人のおばちゃんがお互いのおっぱいを僕の顔の前に近づけ、舐めるように言った。
 

 
「祐ちゃん、乳首を舐めて」僕はもう逃げられないと思い、でも下半身は勃起していて、2人のおっぱいにかぶりついた。
 
「ああ~、いいっ、祐ちゃんかわいい~」するともう1人のパートのおばちゃんも、「あああ~、久しぶりだわ、それにこんなに若い子に舐められると感じるわ~」僕は両方のおっぱいを一生懸命舐めながら、すると社長の手が僕のチャックを下ろし、パンツの上からペニスをシコシコし始めた。
 

 
「あっ、社長、ああっ」もう僕は言葉がでませんでした。
 
口と手は2人のおっぱいを舐めたり揉んだりしてるので、これ以上何もできません。
 

 

して社長が僕のズボンを下ろすと、僕のペニスを口に含み、「すごいわ、若いからすごく硬いの、ほら診て」するとパートのおばちゃんも、「わ~すごい~い、旦那のとは全然違うわ」社長は僕のペニスをグチュグチュいわせながら、しゃぶりついてると言ったほうがいいのか、とにかく、おばちゃんのフェラチオは、ねちっこくて、唾液がいっぱい出てて、気持ちがよかった。
 
そしてパートのおばちゃんが全裸になり、僕を寝かせて、おまんこを僕の顔の上にのせてきた。
 

 
「あああっ、そうよ、そうよ、もっと舐めるのよ」僕は社長からはペニスをくわえられ、シコシコされていて、顔の上にはおばちゃんのおまんこがあり、でももう爆発寸前だった。
 
「あああ~っ、もうだめです、いく~っ」僕は社長の口の中で果ててしまった。
 

 
精子は社長が全部飲み干し、今度はパートのおばちゃんと交代です。

 

パートのおばちゃんがフェラチオを始めると、僕のペニスはまたたくまに大きくなった。
 

 
「やっぱい若いわ、社長見てくださいよ、この勢い」
「私は早くほしいわ、その硬いのが入ってくると考えるだけで、もうグチョグチョよ」
「社長、私と交代しましょ」すると社長は僕の上に馬乗りのようにのってきて、ペニスをおまんこに挿入した。
 
僕は童貞を社長にささげたことになった。
 

 
初体験である。
 
「ああ~っ、すごいわ~、中でドクンドクンしてるの、ああ~っ、いい~」
「社長、私もいいですよ、祐ちゃんのクン二はうまいですよ」
「ああああ~っ、いい~っ、あっ、あっ、あっ、もうだめ~っ、いく~っ」社長はイってしまった。
 

 

すると今度はパートのおばちゃんがのってきた。
 
「ああ~っ、社長のいうとおり、いい~っ、ああ~っ、ひさしぶり~」
「そうでしょ、いいでしょ、それに硬いの」
「あああっ、だめよ~、腰を動かしちゃ~、き、気持ちいい~っ」
「ああ、ああ、うううう~ん・・・いくっ、もう、もうだめっ、いくっ」パートのおばちゃんもイってしまった。
 

 
僕は気持ちいいのだが、恐怖も感じていた。
 
この先、ここでバイトできるのだろうかと。
 

 
それからというもの、月に2~3回はもてあそばれた。

 

たぶんそう表現することが正解のような気がする。
 

 
おかげで僕はちょっとしたテクニシャンになった。
 
そして射精を自分でコントロールできるようになった。
 

 
すべては社長のおかげである。
 
毎回3Pだから、なんかAV男優になったような気がする。
 

 

も精神的にも強くなったし、エッチに自信が持てると、男として自信がある、と思うようになるんですね。
 
社長、パートのおばちゃん、ありがとう。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す