この前うちの営業所に綺麗な人妻さんが面接にやってきたんだが、彼女と仲良くなり今では不倫セフレ関係


 

 

の勤めている職場は、10人ほどの小さな営業所。
 

この前うちの営業所に綺麗な人妻さんが面接にやってきたんだが、彼女と仲良くなり今では不倫セフレ関係(イメージ画像1)

 
昨今の費用対効果を重視してか、必要最小限の人員で頑張っている。
 

 
その少ない職員が、急に辞めることになった。
 

この前うちの営業所に綺麗な人妻さんが面接にやってきたんだが、彼女と仲良くなり今では不倫セフレ関係(イメージ画像2)

 
所長は、一人でも職員が減らせて経費が浮くとでも思っているのか、一向に後補充をする気配がない。
 

 
このままでは、他の職員にもしわ寄せが来て大変だ。

 

たまりかねて、所長に「新しい人の採用とかは、どうなんでしょう。」と訊いた。
 

 
「ああ、職安に頼んでいるんだよ。いま一人応募があるんだが、もう少し集まってから一度に面接をしようと思っていたんだが、集まりそうもないので、明日取り敢えず、その人だけでも面接しようと思ってるんだ。」そうか、やはり所長だけある。
 

 

手は打っているんだと思った。
 
「面接は君がやってくれないか。」
「はい、わかりました。」
「これが、履歴書だ、目をとおしてくれたまえ。」そう言って、所長から手渡された履歴書の写真は、髪が長い目の大きな女性だった。
 

 

すこし暗い表情だった。
 
翌日10時に本人は、やってきた。
 

 
所長に言われたように、面接は私が行った。
 
別段問題もなさそうなので、採用の意向を所長に伝えた。
 

 
所長も「君に任す。」と言って採用が決まった。
 

 

れが山中ルミとの出会いだった。
 
面接と履歴書で、36歳で高一の男の子がいることはわかっていた。
 

 
ご主人は単身赴任で週末に帰ってくるとのことであった。
 
山中ルミ自身は小柄な女性だった。
 

 
面接がすんで、翌週から勤務についもらった。

 

仕事は営業事務で、ほとんどワードとかエクセルで処理をするものだ。
 

 
私が仕事をする机の斜め前の当たりに山中ルミの机があって、その仕事ぶりを観ることが出来る。
 
時々、隣の先輩にわからないことを聴きながら、仕事をこなしている。
 

 
男性社員はほとんど営業で、顧客への対応等で日中は事務所にはおらず、普段は5人いるだけの事務所になる。
 
それでも来客者や、発注やらで、忙しく一日が過ぎて行く。
 

 

所長から「山中さんの歓迎会はどうする?」と相談されたので「暑気払いを兼ねて、やりましょうか」と応えた。
 
「それでは、日時と場所とかは、任すから、セットしてくれるかい。」と言うことになり、他の職員の都合を調整して、金曜の勤務終了後に近くの中華店で行うことになった。
 

 
所長の企画した歓迎会は、仕事が終わってからと言うことで、午後7時からだった。
 
職場から歩いて5分ほどの、なじみの小さな中華店で、ささやかながら顔つなぎというか、職員の懇親も兼ねて、和やかに過ごすことが出来て、職員が和気藹々と楽しい時間を共有できた。
 

 

私はもともと酒類は弱く、その日は都合があって自動車で出社していたので、ウーロン茶とジュースでとおした。
 
宴もたけなわとなり、みんなすっかり満足して、先輩格の音頭の挨拶でおひらきになった。
 

 
気のあった者は、2次会に繰り出す者や、早々に引き上げる者などそれぞれに解散した。
 
私はタクシーの手配をして、飲んだ者を送り出した。
 

 
みんなが去った後、職場の駐車場に置いてある自動車まで歩いていると、山中さんもついてくる。

 

つは、わたしも今日は自動車で来たんです。」と言う。
 

 
確かに彼女は白い軽自動車で通勤している。
 
きょうは飲み会と言うことで電車できたものとばかり思っていた。
 

 
「それじゃ、さっきのタクシーでいけばよかったなぁ。」
「いえ、いいんです。そんなに飲んでいませんし、車の中で、少し休んでいきますから。」確かに山中ルミは、そんなに飲んではいなかったようだ。
 

 

みんなに注いで、挨拶をして回っていたが、自ら飲んでいるようにはなかった。
 
「いまからでも、タクシーをよんであげようか。」
「いえ、ほんとにいいんです。」そんなことを話しながら、駐車場に歩いていく。
 

 
「今日は単身赴任のご主人が帰られる日と違うんですか。早く帰ってあげないと。」
「いえ、先週戻ったので、今週は帰らないんです。」毎週の週末には帰らないと言うことだ。
 

 

車の中で酔いを覚まさせておいて、自分一人がかえるのも悪い気がした。
 
「そうなんですか。車の中で待つというのも何なんですから、少しお茶でも飲んで覚ましますか。」と気を遣う。
 

 
「でもわるいですから。」
「いやいいだよ、ここにはいろう。」ちょうど、喫茶店の前に来たのでそこに入ろうとしたが、あいにく閉店した後だった。
 

 

「しかたがないねぇ。」ふたりは、あきらめて駐車場まで来た。
 

 
駐車場には私の車と、中山ルミの車が停まっている。
 
彼女だけをこんな暗い駐車場においたまま、一人だけが帰ってしまうのは、上司の立場からも気が引けた。
 

 
少し思案したが「どうだろう、酔いが醒めるまで、すこしぼくの車で走ってみないかい。」と誘ってみる。
 

 

直言ってその時まで、まだ彼女を女性としての対象ではなかった。
 
業務が忙しく、事務所でもそう言う気分には至っていなかった。
 

 
辞めた人の後が埋まってよかった。
 
早く仕事を憶えて欲しい。
 

 
そんな気持が優先して、彼女に食指が向かう対象とするには、余裕がなかったのだ。

 

しかし男女の関係はふとしたきっかけで、新しい展開を見せることがある。
 

 
「そうね。少しの時間なら。」
「そうしましょう。その方が良い。飲酒運転は罰金もすごいし、会社の名前にもね。」そう言いながら助手席のドアを開けて乗せる。
 

 

「良い車ですね。」と山中さんが言う。
 

 
ポケットからガムを差し出して「これを噛むと良い。」と勧めた。
 

 
酒気の臭いだけでも消去した方が良い。

 

助手席に乗せて走っていると、48歳の妻、最近知り合った47歳の女性とは違った30代半ばの若さを感じる。
 

 
36歳と言うともしかすれば、女性の一番良いときかも知れない。
 
そのときまで女性と言う対象でなく、同じ職場の社員とだけしか思っていなかったのだが、自分の中の男の本能というか、欲望を感じた。
 

 
しかし職場に来て一週間あまりだ。
 
性急にことを進めるのは良くないと言う自制の気持も一方で働く。
 

 

の車に乗せて国道に出て、港のある街まで走らせた。
 
窓を少しだけ開けて外気を入れながらエアコンを回すと、ちょうど心地よい室内温度が保たれる。
 

 
「山中さんとは、面接の時お聞きしましたけど、高校生のお子さんがいらっしゃるんですね。」
「はい。学校と塾で大変です。」
「そうですね、今は学校だけでは・・みなさん塾へ行ってるようですね。」
「そうなんです。」
「ご主人は、今日は帰らなかったそうですけど、来週はもどられるのですか。」
「はい、多分。単身で転勤したときは、毎週必ず帰ってきてたのですけど、半年くらいすぎてからは、月に3回になり、一週間おきになり、先月は一回だけでした。」と少し笑いながら言う。
 

 

そのことに不満があるとか、寂しがっているとかは、感じていない雰囲気である。
 
確かに毎週帰ってくるのも大変だろうと思った。
 

 
自分なら、ほとんど帰らないだろうと思った。
 
「それは、お寂しいですね。でもご主人も大変ですよね。」
「ええ、確かに大変だと思います。4時間かけて帰って、日曜の午後にはまた出かけるんですから。」
「そうですか、もう長いんですか。」
「はい3年になります。」
「ではもうそろそろこちらに戻れるんじゃないですか。」
「そうだと良いんですけど。」別にそう期待しているふうには思えない答え方だった。
 

 

車は港に着き、岸壁に停めて停泊している船を眺めながら、そんなとりとめのない話をしてから、ふたたび車をもとの会社の駐車場に向かった。
 
「そろそろ酔いも醒めたみたいだし、運転も大丈夫でしょ。」
「ええ、ほんとにすみませんでした。たすかりましたわ。」
「いえいえ、入ったばかりの職員さんを放っぽりだしては帰れませんから。」笑いながら、そう言う。
 

 

駐車場に着いて自分の車に乗り換えた後も、窓を開けて、「本当にどうもありがとうございました。仕事のほうも頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。」と言って、会釈をする。
 

 
「ええ、月曜からもお願いしますよ。お互い頑張りましょう。」そう言って、私も軽く頭を下げて笑顔を返す。
 

 

中さんは、軽自動車特有の高い音を出して駐車場を出ていった。
 
休みが開けて月曜になり新たな週が始まった。
 

 
週末の「歓迎会」を話題にしたりしながらも、忙しい業務の再開である。
 
給湯室でお茶を飲んでいると、山中さんが来て「金曜はありがとうございました。酔い覚ましにつき合ってもらって。」会社に制服はないので、私服のピンクのスーツ着ていて、それがよく似合っている。
 

 

「いえいえ、無事に帰れましたか。」
「おかげさまで。ほんとにありがとうございました。」
「あのとき喫茶店でも開いていたらゆっくり出来たんですが、しまっていたからね。」
「いいえ、とんでもないですわ。運転させてしまって。」
「また機会がれば、美味しいコーヒーでも飲みましょう。」
「ええ、お礼にごちそうさせてください。」笑いながらその場を離れ仕事に戻った。
 

 

それまでと違って、大分うち解けた関係になったと思った。
 
日曜の午後、R駅の近くに来ていた。
 

 
B市に行く友人を見送るためだ。
 
新聞と週刊誌に、缶ビールを渡して改札口で別れた。
 

 
駅の出口に向かって歩いていると、山中さんが前を歩いている。

 

雑踏の中で気付かなかったのだが、山中さんもご主人を見送りに来ていたのだ。
 

 
「やあ、山中さん。」と声を掛ける。
 

 
「あら、主任さん」驚いたように振り向いて応える。
 
私は職場では、主任さんと呼ばれている。
 

 

が「友達を見送りにきてたのです」と言うと山中ルミは「主人が、金曜の夜に来ていたんです。
いままた帰ったんですの」と言う。
 

 
「あ、そうだったの」
「はい、ああそうだ、前に酔いを覚ますのにお世話になったので、お茶でもごちそうしたいわ」中山ルミは、そう言って私を出口の方に促す。
 
「いやあお礼なんて良いですよ」
「でも、せっかくだから」と半ば強引に誘う。
 

 
「ほんとに良いんですよ、気を遣ってもらわなくても」
「気を遣うだなんて、少しだけお礼がしたいだけなんです」
「そう、じゃ、せっかくだから、お言葉に甘えようかしらね」私は、そのあと別段の用事も無かったので山中ルミについていくことにした。

 

駅を出ずに、駅の構内にある何軒かの喫茶店やレストランのうちの一つを選んで二人で入った。
 

 
この駅は職場からも私の家からも離れたところであるので、知った者に出会うことはない。
 
そこでコーヒーとケーキを頼んで、向き合った。
 

 
こうやって、向き合うのは面接の時以来だ。
 
その時は所長が同席していたが、今日は1対1だ。
 

 

薄い水色のプリント柄のTシャツにキャミソールドレスを着ている。
 
間近に観ると整った顔をしていて、もっと身長があれば、きっと人目を引く見栄えがする感じだ。
 

 
本人はもう若くないと言うが、私のような中年の男からすれば、36歳は若い。
 
若さの魅力が私の男の本能を擽る。
 

 
「ほんとに偶然でしたね。」
「ほんとですね。今週は久しぶりに主人が帰っていたので、駅まで送りに来ていたんです。それが主任さんに会えて、思いもよらず、ラッキーって感じです」笑いながらそう言う。
 

 

お世辞とも本気ともわからないが、いい気持ちにはなる。
 
「ご主人とは、しばしのお別れでさみしいですね」
「いえ、そんなことは。もう十年以上もたつと、新婚の時のような気分じゃなくなるわ」山中ルミは20歳の時12歳上のご主人と結婚して、15年余りたつそうだ。
 

 
その間ご主人の浮気等でずいぶん苦労をしたそうだ。
 
「こんな若い奥さんをもらっておいて、浮気とはよくおもてになるんですね」
「まめなだけよ。それにもう私も若くないから」と言う。
 

 

ャミソールが包んでいる、ほっそりとした肢体を、目の前にして、会話をしながら山中ルミの小柄で、且つコケティシュな若い瑞々しい裸を想像する。
 
「さあでましょうか」やがてそうきり出して店を出ることにした。
 

 
「わたしが誘ったのだから、私にごちそうさせて」と言って山中ルミは支払いをしようしたが「いやいいんだよ」と言って私が払う。
 
恐縮する山中ルミに「どう、もう一件つき合ってくれないかい」と今度は私が誘う。
 

 
この若い女性に、日曜の午後せっかく遭遇したのだ。

 

もうしばらくは一緒に過ごしたいものだ。
 

 
「良いですけど。どこに連れってってくれるの」少しふざけるように言う。
 

 
「どこに行きたい」逆に聞く。
 
「うーん、そうね」少し考えるようにして、押し黙って、やがてうつむいて「ーーーー」と聞こえないくらいの小さな声で言う。
 

 

「え、どこだって?」私は聞きかえす。
 
恥じらんだ顔を向け、さらに小さな声で「モーーー」と言う。
 

 
「は?」とまた聞き返す。
 
思い切ったように「二人切りになれるとこ」小さな声で、そう言って俯いてしまった。
 

 
「え、ほんとなの。こんなおじさんとで良いの」私は内心嬉しさを押さえながらそう言う。
 

 

山中ルミは恥しそうにうなずく。
 
「そうか、じゃぼくの自動車でいいかい」
「ええ、お願いします。」駅の駐車場に置いてあった車に乗り込む。
 

 
目的の決まった大人の二人が、気持を高ぶらせながら、山沿いのモーテルに向かう。
 
最近職場に来た新人の山中ルミと思いもかけずにモーテルにいる。
 

 

屋に入って、ソファーに腰を下ろしている山中ルミを置いて、浴室に行き湯を溜める。
 
36歳の人妻は、今しがた、単身赴任の夫を駅に見送ったばかりなのだ。
 

 
その帰りに同じ職場のしかも入社をして3週間にもならないのに、上司を誘ってモーテルに来ているのだ。
 
私は自分のことをさておいて、最近の主婦の貞操観念は稀薄なのだと思ってしまう。
 

 
主婦と言えば自分の妻も主婦だ。

 

セックスレス状態だが、妻も同じように貞操観念が稀薄になっているのだろうか。
 

 
妻に限っては、そう言うそぶりや、生活態度から推し量っても、そんなことはないだろうと思う。
 
私は、いま目の前にいるこの36歳の人妻を、どうしたものかと考えながら、横に座って引き寄せる。
 

 
今日はこの若い人妻を少し乱暴に扱ってやろうかと頭をよぎる。
 
ぐいと引き寄せて顎を持ち唇を吸う。
 

 

「んーー」山中ルミはロマンティックに甘い声を出して身体を寄せてくる。
 
私はお構いなしに、強引に唇を強く吸いながら、こじ開けるようにして、自分の舌を差し入れる。
 

 
ルミの舌を軽く噛みながら今度は吸い上げる。
 
ルミは、眉間に皺をつくりながら、吸われた舌を、私の口の中で泳がせている。
 

 
私はキャミソール型のワンピースの裾をたくし上げて、脚から太股にかけて撫でさすりあげる。

 

パンティの上からヒップを撫で前に手を這わしていく。
 

 
「ああぁぁ」中山ルミは小柄な肢体を振るわせている。
 
キャミソール風のワンピースの上から胸を掴む。
 

 
揉みし抱く。
 
「あん」唇を蹂躙し、髪を撫でる。
 

 

ンピースを肩から抜いて、下に着けていたTシャツの下から手を入れる。
 
ルミは、私のされるままに目を閉じて身を寄せてくる。
 

 
「さあルミさん、お風呂にはいろうか」と浴室へと促す。
 
ルミは「ええ」と言ってついてくる。
 

 
浴室のバスタブは、たっぷりと湯で満たされている。

 

裸のルミは細身だ。
 

 
小柄な身体だ。
 
妻も清掃にやってくる絹江も女性としては大きい方だ。
 

 
若いときは、大柄でダイナミックな身体を持つ女性に憧れていた。
 
しかし、今は少し小柄な方が扱いやすいと思っている。
 

 

その小柄なルミを膝に乗せて、顔を後ろ向きにさせ唇を吸いながら、背中を洗う。
 
つぎに前を向かせ胸、腹にボディーシャンプーを塗りたくり撫でるように洗い湯で流す。
 

 
そして今度は、ルミを立たせて腰から足にかけて丁寧に洗ってやる。
 
腰、股、ふくらはぎ、足首、足の裏、足の指を一本ずつ、丁寧に念入りに洗い、湯をかけて流してやる。
 

 
ルミは気持ちよさそうに、しかもうっとりとして、感じている。

 

すこし足を開かせてシャワーの湯をかけながらクリトリスから陰唇を指で洗う。
 

 
「う、」目をつむってされるままだ。
 
「綺麗になったよ。ルミさん」私はシャワーの湯をかけながらそう言う。
 

 
「ありがとう。主任さんに、洗ってもらうなんて。」恥ずかしそうに言う。
 

 

の主任さんというのは、職場を思い出すね」苦笑いをして言う。
 
「ごめんなさい。じゃ平田さん。」
「ルミは、可愛いよ」
「そんなぁ、もう年だからぁ」
「ぼくからすれば、子供くらいだよ。君のような若い女性と、一緒に時間を過ごせるなんて、夢のようで幸福だよ」
「私こそ、平田さんにこんなにしてもらってうれしいわ」洗って、石鹸の香りがする陰部に、唇を押しつけ舌を使う。
 

 

立たせたままのクンニングスだ。
 
「ああ。」私の頭を掴み、腰を捩る。
 

 
私は股を掴んだまま、舐め続ける。
 
「うぅぅ、、、」ルミは感じて立っていられないようすだが、なおも立たせたまま舌でクリトリスを舐め続け、吸い、甘く噛み、さらに陰唇の溝を這うように舐めあげる。
 

 

「ああぁぁぁ、もおぉぉーー」ルミは、もはや立っていられなくなり、タイルに崩れるように座り込む。
 
私は背中にバスタオルを敷き入れて、タイルに横たわってしまったルミの両の足をM字に開き、なおもクンニを続ける。
 

 
ルミは、12歳年上の夫に、どのような愛され方をしているか知れないが、今日はそれ以上の手段で、ルミを翻弄し、悦ばせて、私との時間を持ったことに満足させようと思ったのだ。
 
ルミは、妻や絹江さんに比べて、どちらか言うと貧弱な身体を、小刻みに振わせて悶えている。
 

 
貧弱と言っても、小柄で細身と言う意味であって、決して女性の魅力がないと言うことではない。

 

なによりもルミは若い。
 

 
「さあでてみようか」小柄なルミを裸のまま抱えて、浴室を出てベッドに運んだ。
 
ルミが小柄故にたやすく出来ることだ。
 

 
ベッドの上に来ても、浴室の続きだ。
 
唇での愛撫をさらに続ける。
 

 

も絶え絶えのルミは、私の頭に手をやり髪をまさぐるようにする。
 
クリトリスを、舐め、吸い続けながら、指を蜜壺に入れてみる。
 

 
「うん、、むぅ、、」感じ入る吐息だ。
 
女性が感じた声を漏らす時、ある意味の征服感を感じる。
 

 
もっと悦ばせよう、なおも悶えさせてやろうと思ってしまう。

 

中指と人差し指を重ねて挿入し、クリトリスは舐め続ける。
 

 
そして唇を離して、唇の代わりに親指でクリトリスを撫でる。
 
ルミは腰をもじもじと捩るように振るわせ、やがてグラインドするように尻も一緒に揺すり始める。
 

 
クリトリスを撫でいたぶっていた親指を、人差し指と中指に加えて壺に挿入する。
 
蜜で充満した壺には、3本とも飲み込まれるようにたやすく入っていく。
 

 

「ああん、ひらたさぁん、いいぃ」
「うぅぅ、だめぇ、、」ルミは執拗な愛撫に耐えきれなくなっている。
 
浴室から、ずっと指と唇の愛撫攻撃に、とろとろになった壺は愛液で溢れている。
 

 
「もう、よすぎちゃぅ、、ちょうだい、、」浴室、ベッドと一時間ほど舐められ続け、指で弄られ続けて愛液で溢れているルミの密壺は、私の「もの」を欲しがって、尻を持ち上げてくる。
 
私はルミの膝を持って挿入する。
 

 
「ん、いいわぁ」ルミは、待ちかねたように、感極まった、安心感と満足感が混ざり合った悦びの声を漏らす。

 

私は腰を使い、ゆっくりと抽送を繰り返す。
 

 
ルミは、口を開け、舌を出して、口づけをせがんでいる。
 
赤い生き物のような舌がうごめいている。
 

 
私は腰を使いながら顔を近づけ、ルミの舌を舐め、吸い、しゃぶる。
 
指と舌との攻め込みで充分感じた後の挿入だから、ルミはクライマックスに達しようとしている。
 

 

房を掴み、乳首を吸い、舌で転がす。
 
「あんあんあん」
「きょうは大丈夫な日なのよぉ、思い切りかけてぇ」私はルミの背中に手を回して引き寄せ、膝の上に載せる。
 

 
座位の形にすると、ルミは狂ったように腰を擦りつけて尻を振り私のものを貪欲に飲み込むように、まとわりつけ、絞め込んでくる。
 
私はその心地よさにこらえながら、ルミをうつぶせにして、ベッドに両手をつかせる。
 

 
可愛い尻を掴んで、後から責めてみる。

 

ルミは尻をくねくねさせながら、私の抽送に応え、髪を乱してシーツを掴み、今にも逝こうと子供がべそをかいたような顔をして、よがり声を出す。
 

 
「いっぱい、だしてぇ」私は大きく腰を使いルミの愛液で溢れている密壺に放出した。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す