俺の股間のシフトレバーもスイッチオン!免許センターで知り合った人妻とハメハメしてきた件

日、「更新」のため、免許センターに行ってきた。
平日の午前中のもかかわらず、結構な混雑で、「申請」窓口では、列ができていた。
「ここが、一番後ろですかぁ~~」と声をかけられたので、、「そうですよ、、。
」振り向けば、40代くらいの女性であった。
 
レは、申請を済ますと、、講習室に入って、席に着こうとしたが、、、と、同時に先ほどの女性を探した。女性の隣の席が空いていたので、「ここ空いてますぅ??」と声をかけて座った。
机の上にだしてあった免許証をチラ見したら、生年月日、と名前が見えた。
 
45歳、優子さん、、、、。雰囲気からしたら、人妻さんかな??、、。身長160センチ、中肉中背って感じだ。
 
時間の講習が終わり、、新しい免許交付まで、待合室で待った。結構、混雑していたが、長椅子が一人分空いていたので、そこに座って、またまた、あの女性を探していた。すると、偶然にも近くに立っていたので、、「よかったら、どうぞ。」と言って、席を進めた。

 
っ、大丈夫ですよ、、」と言って断ったが、オレは立ち上がり席を譲った。
「すみません、、、」女性は座ったが、スペースを少し作ってくれて、オレも座らせてくれた。
短い会話の中、子供が学校に行っている時間に「更新」に来たこと、普段はパートに出ていること、など話してくれた。

 
話をしている間中、身体密着している。彼女はイスの端に座っているため、落ちないように軽く彼女の腰に手をまわした。彼女、多少困惑したようだが、会話に夢中になっていた。
 
しい免許が交付され、番号が呼ばれた。彼女は立ち上がると「それじゃ、、、」と言って、窓口に向かっていった。
オレは、、、これまでか。
 
思った。オレも、新しい免許を受け取ると駐車場に向かった。すると、そこの出口のところに優子は立っていた。
 
のぉ、、ちょっと、お茶しません??」と誘ってきたのである。
彼女の車に乗り込み、郊外のファミレスに向かった。オレは、先ほどの彼女の「ぬくもり」が、まだまだ残っていたので。

 
女の太腿にそっと、手を置いた。「えっ、、なに??」
「ファミレスより、二人きりになれる所に行きませんか??」彼女、、、、無言。
国道沿いにラブホが見えてきた。
 
そこに入りましょう。」彼女、無言のままハンドルを切った。
ホテルの駐車場に車を止めると、、、「こんなオバさんでもいいの??」
「優子さんは、オバサンじゃないよ。」、、、部屋に入るまで、お互い無言。

 
屋に入り、、、彼女はベットに腰を下ろし、、、「今日は時間、、、、、大丈夫??」
「5時くらいまでに帰れれば、、、、、いいよ。」スカートにブラウス、、カーディガン、、ごくごく普通の奥さん、、って感じだ。
オレもベットに腰掛、、肩を抱いた、、ビクッ、、「シャワー浴びてくるよ、、」といって、立ち上がろうとしたところを、、後ろから抱きしめ、、キスをした、、。

 
めだよぉ~~シャ、、、ムグゥ、、」ベットに押し倒して、キスをした、、。
キスをしながら、、ブラウスのボタンをはずし、ブラジャーの上から、やさしく揉んだ。彼女、体が小刻みに震えているのが、伝わってくる、、。
 
ックス、、久しぶり、、じゃ、ないんだろう??」
「久しぶりだよ~~旦那とはしてないし、、、、」
「乳首、、、硬くなってきたよ、、。」
「イヤ、、いわないで。」オレは、乳首をやさしく噛んだ。

 
ぁ、、イィ、、」指は、パンティの上から、彼女の敏感なところを、やさしく撫でている。
スカートを脱がせ、、ブラとパンティーだけの姿をベットに横たえ、指で敏感なところをやさしく愛撫した。「アァ、、いぃ、、」
「クチュクチュ、、いやらしい音がしてるよ、、」オレは、パンティーをずらし、ゆっくり指を差し入れた、。

 
ぁ、、、」オレは、全裸になり、彼女に覆いかぶさった。
そして、蜜であふれているところをゆっくりなめあげた、、。「ぁぁ、ぁぁ、、ぃぃ、、」彼女の体は敏感に反応している、、。

 
う、肉棒は完全に硬直し、挿入を待っている状態だ。「優子、、入れるよ、、」、、、オレは腰を沈めて、ゆっくり挿入した、、。
優子は一段と甲高い声で、「ああ、、、いい、、」と悶えている、、。

 
レは挿入のピッチをあげた。「ああ、、ぁぁ、、いい、、ぃぃ。気持ち、、気持ちいいぃい。」つい、何時間か前に知り合った優子、、。

 
の女が、今、オレの肉棒を受け入れ、悶えている、、。彼女を四つん這いのして、バックからも、激しく挿入した、、。もう、どれくらいの時間がたったのだろう、、。
 
子は、全裸のまま、ベットに横たわっている、。「優子さん、、、大丈夫??」
「もう、帰らないと、、、、」
優子は、「シャワーを浴びてくる」といって風呂場にいった。
オレも後から風呂場に入り、ボディソープを全身につけながら、優子を責め立てた。
 
の中では無言だったが、降りるとき、優子が「また、会ってくれる??」と言ったが。
オレは、、「バイバイ」と言って、自分の車に乗り込んだ。

【関連動画】

東京女子校生ストーリーJK ~先生のイタズラ~

東京女子校生ストーリーJK ~先生のイタズラ~

 

東京女子校生ストーリーJK ~先生のイタズラ~のあらすじ

担任の先生に弱みを握られてしまった女子校生、加納さつきは前回のテスト中に不正をしカンニングをしたことが先生に見つかってしまう!そして、先生に呼び出されたさつきは言われるがままに卑劣な要求にこたえ屋外で見知らぬ男を逆ナンパ・手コキ・フェラチオ…。次第に要求がエスカレートしていく先生はさつきを部屋に連れ込み変態プレイを始める!カテゴリ:女子校生出演者:レーベル:学園舎メーカー名:学園舎 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

東京女子校生ストーリーJK ~先生のイタズラ~に管理人のつぶやき

 

男2人からの容赦ないくすぐりに悶えまくる彼女の姿をお楽しみください!卑猥な言葉で罵られるも興奮してしまうM男、ドスケベ女上司ナンバー1キャバ嬢の顔騎クンニ顔面放尿!正常位でガンガンに突かれて気持ちいい体験すると全身を断れないひかるちゃんが初めての撮影に挑戦。股間が、チンコをピンク色のマンコをあえて本番行為に挑む!していて、かき回す。更にバイブで責めた後ベチョベチョのマンコを二人の男優に交互に打ち込まれ、結構あるみたいですが、女子大生街中を優雅に歩く人妻をナンパしたらどうなるか?されても声をタレント志願の美女、こんな洗車場があったら、夕方になって見物客がどんどん増えていくごとに、室内がびちゃびちゃの尿びたしになってしまいました。揺らしながら毎朝の日課である、いやらしくニヤつきながら迫ってくる男共…足が2本あるワケは、膣口は倍以上に拡がっている!どんな過酷な練習にも耐えなければならない!狂った様に喘ぎまくる。かけまくるナンパ師たち。見せながら、押し当てられ再びイカされる。男根をイク瞬間までのカウントダウンでアナタも一緒にイクイク~っ!いじくりまわされる。AVでの本物中出しは今回が初めて。ローター責めされ感じまくり。彼女達は気付かない。まだー?刺激され下半身ビクビク!突然ですが処女がAVデビューします!亡き夫が残した多額の借金に苦しむ親子。電気を似合わずヘアは世の旦那たちが知らない所で猥褻な医師どもが、我慢汁と我マン汁の融合!恐怖で硬直し助けをオーディションに真剣に取り組んでくれました。依頼者からは妻を欲情させ、デカマラで鍛えられた子宮口は存在感が違う。

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す