再会した元カノの母親となんかエッチな雰囲気になってセックス→それ以来セフレにw


 

 

卒後に二年間就職浪人をし、やっとこの春から地元のスーパーに就職が決まりました。
 

再会した元カノの母親となんかエッチな雰囲気になってセックス→それ以来セフレにw(イメージ画像1)

 
慣れない青果部に配属されて、研修では早朝の市場へ出掛けることもありました。
 

 
やっと慣れて来た先月、何か視線を感じて見ると、四十代と思われる奥さんが僕を見てニッコリしてるんです。
 

再会した元カノの母親となんかエッチな雰囲気になってセックス→それ以来セフレにw(イメージ画像2)

 
(えっ、誰?)よく見ると元カノのお母さんだったんです。
 

 
「お久しぶり。高校生の時以来よね」
「そっ、そうですね」思わず曖昧な返事をしてしまいました。
 

 

付き合ってる時に何度か家にお邪魔したんですが、一年もしないうちにフラれてしまったんです。
 
今では懐かしい思い出です。
 

 
お母さんの話によると、彼女は東京の専門学校へ行ったそうです。
 
「もう二十歳よね、彼女出来た?」
「いいえ、まだそんな余裕ないです。やっとここに就職出来たばかりで」
「そう、君ならそのうち出来るわよ。あの時より男らしくなってるよ」それからは頻繁にお母さんが店に来るようになったんです。
 

 

僕もお母さんが来るのを楽しみに待つようになりました。
 
特に美人でもない普通の奥さんタイプなんですが、お母さんの笑顔が良いんです。
 

 
大人の雰囲気もあります。
 
夏が来るとお母さんの服装が変わって来たんです。
 

 
最初は地味な、いかにもお母さんと言う感じでしたが、夏頃には胸元の緩い服装や、時には短いスカートで来るんです。

 

気のせいかお母さんはだんだん若くなってるようです。
 

 
四十も半ばと思うんですが、まだ三十代でも通用しそうです。
 
品物を見るお母さんの胸元から白い胸が半分ほど覗く時があり、大人の色気にドキッとする事もあるんです。
 

 
もう完全にお母さんを意識するようになっていたんです。
 
数日来ないと、どうしたんだろうとヤキモキしてしまいます。
 

 

の数日後でした。
 
いつもり更に短いスカートでお母さんが来たんです。
 

 
ムチムチした太ももが目の毒なくらい露出してるんです。
 
僕が冗談気味に・・・。
 

 
「お母さんじゃなかったら誘ってましたよ」
「あら、良かったのに誘ってくれても」
「ええ~本当ですか?」
「うん、一度ゆっくりお話でもと思ってた」僕は携帯の連絡先を書いた紙切れを渡したんです。

 

『◯◯日が休みです』とも付け加えました。
 

 
その日は気分が高揚していました。
 
休みの前日でした。
 

 
お母さんが買い物に来たんです。
 
遠くで見てると小さく手招きするんで行くと、「明日会える?」と聞かれ、「もちろんです」と言うと、「11時にコンビ二で」と言ったんです。
 

 

「はあ~分かりました」と言うのが精一杯でした。
 
お母さんはニコッとすると、「じゃ明日ね」と言って店を出て行きました。
 

 
その日はなぜか早く目覚めてしまいました。
 
11時までまだ6時間もあるんです。
 

 
ウトウトしてると携帯音が、出るとお母さんでした。

 

「どうしたの?待ってるよ」と言うのです。
 

 
時間を見ると11時20分なんです、二度寝してしまってたんです。
 
「すぐ行きます」電話を切り、走って行くと、軽自動車の中から手を振るお母さんが見えました。
 

 
ハアハア息を切らして乗り込むと、お母さん、なんと白のミニスカです。
 
太ももは半分以上も露出してるんです。
 

 

い人とデートだから若作りしちゃった」少し照れた顔で舌を出すお母さん。
 
その顔がまた色っぽいんです。
 

 
遅れた理由を言うと笑って許してくれました。
 
人に見られないように少し遠くへドライブです。
 

 
車中は昔話で盛り上がりましたが、お母さんは僕がフラれた事には触れませんでした。

 

「それより迷惑じゃなかった?こんなおばさんで」
「いいえ、お母さん若いです。僕、興奮で昨夜眠れませんでした」お母さんは、「本当~嬉しい~」と本気で喜んでるようでした。
 

 
お昼はファミレスで食事をし、景色のいい展望台に上りました。
 
階段を上がる時、お母さんは短いスカートを気にして、「ねえ下から見えないかな?」と言うので、僕が「少し下がって見てみます」と言って下から見たんです。
 

 
もう足の付け根まで見え、白い下着が丸見えなんです。

 

「大丈夫ですよ、全然」と嘘を言ってしまいまいました。
 

 
お母さんは、「そう、それならよかった」と少し安心したようです。
 
反面ドキドキでした。
 

 
お母さんのパンティが頭から離れず、勃起してきたんです。
 
それを隠す為に、手すりに手を付き、腰を引いて誤魔化しました。
 

 

しばらくすると今度は海の方へ車を走らせたんです。
 
年の離れた恋人同士のように誰も居ない砂浜を手を繋ぎながら歩きました。
 

 
お母さんはサンダルを脱ぎ足を海水に浸すと、「気持ちいい~」と子供みたいにはしゃいでいました。
 
遠くでサーファーが見えるくらいでお母さんと僕だけでした。
 

 
松林の木立に入ると風が気持ちよく、汗が引くようでした。

 

は周りに人の居ないことを確認し、お母さんを引き寄せたんです。
 

 
お母さんも僕の腰に手を回すと顔を上に向け、目を瞑ったんです。
 
ドキドキしながらキスを・・・。
 

 
キスをしながらお尻を撫でると柔らかいんです。
 
お母さんもウッウッと声を出してるんです。
 

 

手をスカートの中に入れようとすると・・・。
 
「今日はダメよ」優しく手を押さえられてしまいました。
 

 
「さあ、そろそろ帰りましょうね」お母さんがそう言うので仕方ないのでそのまま帰る事にしたんです。
 
コンビニ前に着くと、「今日はありがとう、楽しかった。また会ってくれる?」と言うので、「もちろんです」と言うと、ニッコリしながら帰って行きました。
 

 

何か物足りない複雑な心境でした。
 
それと今まで一緒だったのになぜか物悲しいんです。
 

 
後で分かったんですが、お母さんに恋してしまってたんです。
 
それから何回か店に来たんですが、挨拶程度で会う機会が出来ませんでした。
 

 
夜は旦那さんがいるので会えないんです。

 

数日後の土曜日でした。
 

 
珍しくお母さんから携帯で、「ねえ今夜会えない」と来たのです。
 
旦那さんが釣りに出かけ、帰りは朝方らしいのです。
 

 
その日は早上がりで18時で終えると返事をすると、お母さんは「よかった。じゃ19時にあのコンビニでね」と約束したんです。
 

 

いで帰りシャワーを使いコンビニへ向かうと、奥さんの軽自動車がありましたが、乗ってはおらず辺りを探すと、浴衣を来たお母さんが何やら買い物中でした。
 
僕を見て「あ~来てたね。ちょっと飲み物をね」と言うと、「どう?この浴衣?」と一回転するんです。
 

 
髪をアップにしたお母さんを見て、一段と色気が増したようでした。
 
「似合います。綺麗です」と言うと、「浴衣が?」と言って自分でプッと吹き出していました。
 

 

「今夜、花火大会でしょう知ってる?」
「いや、知りませんでした」
「あれ~そう、花火見に行くのよ」知り合いに会うとまずいので、少し離れた小高い丘の展望台へ行く事にしたんです。
 
誰も来ないと思って行った場所に家族連れやアベックが数組来てたんです。
 

 
まだ花火が始まらないので皆、車の中でした。
 
僕達も車の中で待つ事にしました。
 

 
狭い車内にお母さんの香水のいい匂い。

 

しばらくするとドーン、ドーンと花火の音が聞こえてきたんです。
 

 
あちこちから人が出て来ました。
 
10人程度ですが数えてみたら、もう辺りはすっかり暗闇でした。
 

 
僕とお母さんは自然と互いの腰に手を回しながら花火を見ていました。
 
「綺麗ね~久しぶりよ花火なんか見るの」
「旦那さんと行かないんですか?」
「全然、花火よりお酒って感じの人よ。会話も少ないし」それを聞いてなんだか嬉しくなったんです。
 

 

お母さん、夜は旦那さんと・・・と想像して妬ける事もあったんです。
 
腰の手を少し下げ、お尻を撫でてみたんです。
 

 
「ダメよ」と言いながらも笑い顔なんです。
 
全体を撫で回してると下着のラインが無いんです。
 

 
(エッ?穿いて無いの?)思い切って聞いたんです。

 

穿いて無いんですか?」聞くと、お母さんは何も言わずにただ笑っているだけなんです。
 

 
田舎の花火は15分ほどで終わりました。
 
皆はさっさと帰っていき、残ったのは僕達だけになったんです。
 

 
街の明かりを見ながらお母さんとキスをしたんです。
 
お尻を撫でてるとお母さんが、「さっきの答えよ」と言って僕の手を取ると浴衣の前を少し開き、手を入れさせたんです。
 

 

もうビックリでした。
 
モジャとした股間の毛だったんです。
 

 
お母さんはノーパンだったんです。
 
僕はそのまま指で弄ると脚を少し開き気味にしてくれたんです。
 

 
もうそこは十分に濡れ湿っていました。

 

指を差し込むと「アッ」と声を漏らしたんです。
 

 
二本の指で出し入れすると僕の肩に力を入れ耐えてるようでした。
 
クチャクチャと卑猥な響きなんです。
 

 
僕のアソコも爆発寸前でした。
 
「ねえ、ここでして」手すりに手を付き、浴衣の裾を捲ると、闇夜でも分かるくらいの真っ白なお尻を丸出しにし突き出したんです。
 

 

「ねえ早く~、恥ずかしいから」お母さんの尻肉を開き、これ以上ない勃起チンを差し込むとすんなり奥まで入ってしまいました。
 
お母さんは前後に腰を使いながら、「とうとうしちゃったのね、あたし達」と言いながらアンアンと声を出していました。
 

 
僕が「もうダメです」と言うと、「中はダメよ、外にね」と言うので、ピストンを速めフィニッシュを迎え、急いで外へ出したんです。
 
凄い勢いで飛び散りました。
 

 
まだ硬度を保ってるチンポを、お母さんがなんと口でしてくれたんです。

 

きいね~娘にもこれを?」
「いいえ、使ってません。キスも一度だけです」
「あ~そうだったの、私が初めて?」
「いいえ、先輩に連れて行かれたソープで」正直に話ました。
 

 
「あら~残念だった。あたしが筆下ろししてあげたかった」しゃぶるお母さんの顔を見てたら、また発射したくなったんです。
 

 
「また出そうです」と言うと・・・。

 

「いいのよこのまま出して」お母さんはチンポを握り締め、手コキしながら口をすぼめるんです。
 

 
アッと言う間にドクドクとお母さんの口の中に出してしまったんです。
 
憧れのお母さんと結ばれたんです、嬉しさが込み上げて来ました。
 

 
車内に戻り、「おマンコ見せて下さい」とお願いしたんです。
 
「エッ、見たいの?綺麗な物じゃないよ」
「いいです、是非見せて下さい」お願いすると「ダッシュボードに懐中電灯があるから」と言うのです。
 

 

それを取り出すとお母さんは裾を捲りながら脚を開いてくれたんです。
 
明かりを点け、覗き込むと「あ~恥ずかしい」と声を上げるんです。
 

 
今まで僕のチンポが入ってたマンコを覗くと、まだ濡れていました。
 
左右にビラが張り付いていました。
 

 
よく見ると数本白い物があるんです、少し歳を感じました。

 

指でホジると「あ~」と、また声を出すんです。
 

 
お母さん、一年以上ご無沙汰だったらしいのです。
 
「僕がセフレでも良いですか?」
「えっ、セフレ?」
「セックスフレンドです」
「うんいいわよ、お願いしたいくらいよ」今では人目を忍んでラブホ通いです。
 

 
お母さんの一番好きな体位はやっぱり後ろからなんです。
 
どうやら下付きだそうで、前より後ろからが一番感じると言うのです。
 

 

もお母さんの揺れる垂れ乳を揉みながら後ろからするのが好きなんです。
 
ラブホではお母さんエロモード満開なんです。
 

 
今は少しずつアナルを開発しています。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す