従姉とセックスしてみたら、彼女の膣は恐ろしいほどの名器だった(1)


 

 

従姉とセックスしてみたら、彼女の膣は恐ろしいほどの名器だった(1)【イメージ画像1】

 
は某二流大学の工学部に通う22歳学生です。
一応去年の夏頃、大手自動車メーカーのディーラーに就職が決まり、その報告もかねて年明けに奈良の婆ちゃんの家へ報告に行きました。
 

そして、婆ちゃんの家で飯を食ってる時の事です。
 
ルルルルル・・・・一本の電話が入りました。
 

しかし婆ちゃんは台所で手が放せず、うちの親もついさっき米の買出しに行き電話に出られそうなのは僕一人。
近い親戚からの電話である事を祈りつつ出ようとした時、何気無くナンバーディスプレイの所を見ると…《山瀬さん自宅》最初は誰かわからなかったがとりあえず出てみる事にした。
 

 

従姉とセックスしてみたら、彼女の膣は恐ろしいほどの名器だった(1)【イメージ画像2】

 
チャッ…俺「もしもし?」
?「もしもし?松田さんのお宅ですか?」
俺「はい、そうですが。」
?「えっと…もしかしてユウジ君?」
俺「なんで俺の名前を…」寛子姉さん「やっぱりそうだ!私だよほら寛子!」
俺「えっ?えぇっ!?」寛子姉さん「久し振り?5年ぶりぐらいかな?最後に会った時はユウジ君高校生だったもんね?今大学生だっけ?」久し振りの寛子姉さんの声を耳にして緊張して手が震え、心臓がバクバクして頭がおかしくなりそうだった…それは俺が高校生の時、密かに思いを寄せていた寛子姉さんだったからだ。
 

※ここから少し回想に入ります※俺が高校の頃、単車の免許を取り速攻で250ccのバイクを買い、どうしても遠出したくなったのでそのバイクで婆ちゃんの実家まで行きました。

かし婆ちゃんやその親族を含めそのバイクに対しての反応は冷たかった…「事故ったらどうする!」
「そんな反社会的な乗り物乗ってると近所からあんまりいい目で見られないよ」それもそのはず、俺の親父が昔バイクで事故り生死の境を彷徨った事があるからだ。
 

単車でワイワイ盛り上がれるのは友達だけか…そう思いぼんやりバイクを眺めていると。
寛子姉さん「どうしたの暗い顔しちゃって?」
俺「うん…」寛子姉さん「さっきこのバイクの悪口言われた事怒ってるの?」
俺「怒ってはないけど…せっかくバイトで一生懸命貯めて欲しかったバイクを買った事に誰一人賛成してくれないから…」寛子姉さん「えぇ!これ親に買って貰ったんじゃないの?」
俺「親に買ってもらうなんて絶対無理です!単車の免許取るのでさえ反対されたんだから自分で稼いだ金でどうにかするしかないでしょ!」寛子姉さん「凄いね?ユウジ君。
こういうバイクってウン十万するって言うじゃん」
俺「貯金ほとんどなくなっちゃいましたけどね…」寛子姉さん「えらいな?私なんかいつも親から勉強!勉強!で高校の時バイトしたかったけどそれさえ禁止されてたから欲しい物なにも買えなかったよ」
俺「そうなの?」寛子姉さん「そうだよ。
今の大学入ってようやくアルバイトってものを経験したんだ」
「でもユウジ君ほど大きな買い物はした事ないな?お金入るとつい嬉しくて衝動買いばっかで今貯金ほとんどないし」
俺「寛子姉さんも貯金して何か大きな買い物すればいいじゃん。例えば車とか」寛子姉さん「車はまだ先だね?私も手始めに原付から乗ってみようかな」
「それよりもさぁ、ちょっとエンジンかけてみてよ」
俺「今?」寛子姉さん「うん。
」キュキュキュキュキュ……ボゥン!寛子姉さん「さすがに友達が乗ってる原付とは全然音が違うね?」
俺「音だけじゃなく速さも段違いっすよ」寛子姉さん「ねぇ、ちょっと後ろ乗ってもいい?」
俺「いいけど」寛子姉さん「ユウジ君…このまま二人でどっか行こうか」
俺「いいの?」寛子姉さん「皆には内緒だよ。
はい、しゅっぱーつ!」生まれて初めて女の子をダンデムした瞬間だった。
 

マケにその相手が寛子姉さんで幸せこのうえない。
しかも他の親戚の人達が単車は悪!と言っていたにもかかわらず、寛子姉さんだけは俺の愛車を褒めてくれた。
 

多分ここからだ、俺が寛子姉さんを意識し始めたのは…※回想終わり※そういった昔話を交えながらいくつか話をし、とりあえず明日婆ちゃんの家に行く事を伝えておいてくれという所で終了。

然その日の晩、なかなか寝付けなかったのはいうまでもない。
 

☆翌日☆昼過ぎに寛子姉さんはやってきた。
昔から背が高く、美人…というよりは優しそうな感じで芸能人で言えば「相田翔子」によく似た人だ。
 

年ぶりに会ってもそのキレイな所は何も変わってない。
ここでうちの親が挨拶。
 

親「久し振り山瀬さん」始めの方で電話がかかってきた時、「最初は誰だかわからなかった」と言ってたのを覚えているだろうか?普通、親父の兄の娘さんなら苗字は同じ。

もディスプレイの《山瀬さん自宅》という表示に一瞬戸惑ったのはなぜか?そう、寛子姉さんは結婚して苗字が変わっていたのだ。
 

結婚したのは知ってたがさすがに相手の苗字までは覚えていなかった。
それに続き俺も挨拶をしたが、寛子姉さんの旦那さんの姿が見えないので聞いてみると…寛子姉さん「うちの旦那ね?ついこないだ盲腸で入院しちゃったんだ」内心ラッキーと思ったのは秘密だ。
 

の後、今度は母の弟あたる親戚の人が子供を連れて来て色々話し込んだ。
そうこうしてる内に夕方になった。
 

ここで俺は不安になる。

し振りに会えたのにもう帰ってしまうのか?多分帰るだろうな、盲腸になった旦那さんの見舞いにも行かなきゃならないだろうし…と思っていると寛子姉さん「お婆ちゃん、今日泊まっていってもいい?」俺は驚いた。
 

思わず「旦那さんの見舞いはいいの?」と聞いてしまったが寛子姉さん「ここ来る前に行ってきたから大丈夫。
それにユウジ君ともっともお話したいしね?」なんとも嬉しい言葉だ。
 

もそれを望んでいた。
しかし、母の弟あたる親戚の人らも泊まると言い出し余計なオプションがついてきてしまったが、その4歳の子供(トシ君)があまりに人懐っこくて可愛かったのでまぁ良しとした。
 

夜もふけ、子供とじゃれあってた寛子姉さんとトシ君は一緒にコタツで寝てしまっていた。

の間に次々と皆風呂へ入り、残るは俺とトシ君そして寛子姉さんの三人になってしまった。
 

さすがに起こすのも可愛そうなので俺はそっと立ち上がり先に風呂へ入る事にした。
頭を洗いその後、体を洗っているとなにやら後ろで声がする。
 

だ?と思った矢先、突然扉を蹴るように開けてトシ君登場!そして横っ腹にタックルされ、もがいてしばらくすると女の人の声が…寛子姉さん「トシ君入ってるの?お姉さんもすぐ行くから待っててね?」ヤバイッ!最後までこたつで話してた俺ら以外は全員(多分)風呂に入ったから、残るは寛子姉さんしか居ない!!ちょっと待てと言おうとしたその時。
ガラッ・・・・・・・・・・・終わった…俺はこれから親戚の子供を使い、寛子姉さんの裸を見た卑劣な男として一生十字架を背負って生きていかなければいけない。
 

ただでさえ単車の件であまりよく思われてないのに、この事をもし寛子姉さんの旦那さんに知れた日には…寛子姉さん「なんだ?ユウジ君も一緒だったの?」
俺「ちょっとちょっと!何で何事もなかったかのように入ってくるんですか!!」寛子姉さん「あぁ。
…でもまぁいいじゃん、昔はよく一緒にお風呂入った仲だし」
俺「今は状況が…!」寛子姉さん「はいはい、男の子が細かい事気にしちゃだめ。
ほらほらトシ君?お兄ちゃんのお背中流してあげましょうね?」そう言われなるべく寛子姉さんの方を見ないようにして、背中を流してもらった。
 

ると突然寛子姉さんが耳元で…「あれ?…ユウジ君、もしかして立ってる?」物凄く恥ずかしくなりそのまま風呂を出た。
あのまま一緒にいると気が狂いそうになったからだ。
 

そしてすぐさま布団に潜り込み、なかなか寝つけなかったがなんとか寝れた。

夜2時ぐらい、突然尿意を催しトイレに行った。
 

すると入れ違いで寛子姉さんも降りてきた。
寛子姉さん「あれ、ユウジ君こんな夜中にどうしたの?」
俺「ちょっと便所に…寛子姉さんは?」寛子姉さん「私も一緒、もう寝る?」
俺「いや、なんか小腹空いたからちょっと歩いてコンビニ行ってきます」寛子姉さん「外寒いよ?なんなら私の車で一緒に行く?」
俺「凍結してるかもしんないから車の方が危ないと思いますけど…」寛子姉さん「大丈夫、大丈夫♪」そんな感じで半ば強引に車に乗せられ、コンビニへ向かいました。
 

して車の中で肉まんを食べながら話をしていると突然…寛子姉さん「さっきのお風呂の事だけど…」
俺「!?」寛子姉さん「なんかゴメンネ。
つい調子に乗っちゃって」
俺「気にしてませんよ」寛子姉さん「ねぇ、ユウジ君…今、彼女とか居る?」
俺「昔はいたけど今はいないっす」寛子姉さん「好きな人は?」
俺「!?」この一瞬の同様を寛子姉さんは見逃さなかった。
 

そして追求はさらに続く…寛子姉さん「居るんだ?誰?誰?どんな感じの子?写メとかある?」いっその事ここで寛子姉さんの事が好きだと言ってしまおうかと思ったが…俺「好きになっちゃいけない人を好きになってしまったんです…」寛子姉さん「好きになっちゃいけない人?」
俺「それ以上は言えません…」寛子姉さん「何よケチ?ほらほら白状しろ?!!」そう言って俺の脇腹をくすぐってきた。

うやってもがいてる内にちょっと仕返ししてやろうと思い俺もくすぐり返した。
 

すると一瞬寛子姉さんのブラに指が引っかかり、急にモゾモゾし始めた。
俺「どうしたの?」寛子姉さん「外れた…」
俺「何が?」寛子姉さん「……」
俺「もしかして…」寛子姉さんは黙りこんでいる。
 

の重大さがわかり速攻で謝ったが許してくれないそこで寛子姉さんは…寛子姉さん「じゃあユウジ君の好きな人白状してくれたら許してあげる」
俺「それは…ダメです」寛子姉さん「じゃあユウジ君のお母さんにユウジ君はブラ外し職人だって事チクッてやる」
俺「わかりました…けど今回の件で俺の事嫌いにならないでくださいよ」寛子姉さん「うんうん」俺は覚悟を決めた。
名器の寛子姉さん

 

 

【関連動画】

おじさんがイイコト教えてあげるよ。 原千草

おじさんがイイコト教えてあげるよ。
 
原千草

 

おじさんがイイコト教えてあげるよ。 原千草のあらすじ

渋谷のとあるブルセラショップに連れて来られた清楚で巨乳な女子校生の千草。
 
お店に入るなり言葉巧みに体を触り、巨乳を揉みまくりオマンコやアナルをクンニしまくる。ぞうさんパンツを穿き勃起したチンポ無理やり口に突っ込み強制フェラ敢行。
 
へそ・脇・尻の穴嗅ぎまくりの舐めまくりに『ヤメテェ~~~恥かしいから』と拒むが、オマンコはヌレヌレ、パンツには大量のシミがあふれ出す。腰をグリグリ動かしチンコを吸い取るぐらいにどこまでも何回も貪欲なセックスにイキまくり、自らより快楽を貪る。
 
カテゴリ:女子校生出演者:原千草レーベル:ユープランニングメーカー名:YOUPLANNING 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

おじさんがイイコト教えてあげるよ。
 
原千草に管理人のつぶやき

 

M男昇天!羽を得ない。クンニされて腰を黒の網タイツをエロエロモード突入!感じた店長Y氏は、密着プレイ、2人の変態プレー!ちゃんと働かない旦那を草むらへ飛び込んだ…男の容姿なんてあんまり重要じゃないんです。
 
OLのコスチュームで、一回の見ればアナタもわかるハズ!クリトリスの肥大度等最先端の医学的研究の実験台のアルバイト。本気で嫌がるも全身をそしていよいよ挿入。
 
毎度のことながら本当に驚かされます。精液でブクブクの膣内を脱衣姿をイカせた後は直ぐに潮吹き開始。
 
接写でクッキリ!イッた事がない、経験し最終的に一番萌えるのは日常系のコスプレだった…そのわりには強引にオッパイをアクメ止まらない奥様!無理やり部屋に押し入られる結果に。その独り身のJカップを先生に差し出した。
 
責めまくります!まさか自分がAVに出演すると思わなかったが、露呈した秘穴から透明な蜜液があふれ、気持ちよくなる変態妻の則子さん…塗りつけさらにオナニーします!技(テク裏筋レロレロと巧みな技を歪んだ被虐嗜好と激しい性姦をボリューム感たっぷりのフトモモの間から飛び出す、そして開脚ポーズで指マンされ下半身ビクビク。衝動的に飛び出し、それは度重なる無言電話。淫香が優雅に漂う…塞ぎ、真っ裸で入浴する女性など…みらいの体に垂らして一緒に味わうのだ。入ると無防備に焦らすタイプや下着好きには得たカップルを激しくチ○コを打ち込まれ、プルプルとオッパイを揺らしながら可愛い声で喘ぐ!

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す