地元の女友達と飲んでたら、そんな気はなかったのになぜかホテルへw 意外に女性らしいスタイルと恥じらうしぐさに、本格的に欲情してきちゃって…(その1)


 

 

の日は地元の女友達の美咲に合コンをセッティングしてもらっていた俺は下戸なので、運転手。
途中美咲を車で拾っていった地元が同じで、俺も美咲も実家暮らし。
 

もちろん帰りも俺の車で帰ることになった美咲はかなりハイペースで飲んでいたし、前から酒に弱いのは知っていた。
でも、その日までは恋愛対象とはまったく思ってなかった美咲を乗せ、車を走らせながら合コンの反省会を2人で行う俺「可愛い子を用意しなさいと言ったではないか!」
美咲「私という可愛い子がいたではないか!」気心の知れた仲なので、こんな風に芝居がかった会話なども交わす顔は結構可愛いのだが、社会人にもなると地元の同級生には手が出しにくいしかも俺は実家の家業を継いでいるので、なおさら。
 

やらかしたら地元にいれない美咲の家に無事到着。

 

地元の女友達と飲んでたら、そんな気はなかったのになぜかホテルへw 意外に女性らしいスタイルと恥じらうしぐさに、本格的に欲情してきちゃって…(その1)【イメージ画像1】

 
ひとまず、一安心他人を横に乗せていると妙に肩がこるのは俺だけだろうか?w俺「美咲、家着いたぞ」
美咲「うん、ありがとー」
俺「今度は絶対可愛い子をお願いします」そこで美咲は少し笑いながら美咲「そんな彼女欲しいの?欲求?」俺は半年ほど前に彼女と別れたばかりで、正直欲求不満だった少し期待して、股間が反応してしまう俺しかしシラフの俺は冷静さを失ってはいなかった俺「まぁね、彼女は超欲しいし欲求かもしらん」
美咲「スッキリさせてあげよっか?」
俺「(・・・マジすか)」ニヤニヤしながら俺の太ももに手を置く美咲ゆっくりと上がってくる指。
 

前かがみになり、ちらちら覗く胸元貧乳のくせに胸元が開いた服。
軽くロリコン入ってる俺には破壊力ばつぐんだった時間的には日付が変わっていたので、家の前だといっても誰かが出てくることはなさそうしかし、地元の子は・・・と迷っている間に美咲の指は俺のズボンのジッパーを下ろす美咲「ほら、早く出しなよー。1回、どぴゅっと出させてあげるからw」
俺「いや、まずいって」
美咲「でも、ちょっと硬くなってるじゃん。エローいw」
俺「・・・俺のはこれが普通状態」
美咲「ってか太っ!なかなかいいじゃんw」終始、笑いながら自分の股間をまさぐっている美咲に俺も興奮し始めていたビッチっぽさも行きずりのエロ行為だと、なかなか良いスパイスになっている早くも下着からも俺のチンコは出され、指先で弄られていた人差し指、中指、親指の指先で半勃起だった俺のチンコがしごかれているどんどん硬くなる自分のチンコを美咲は見つめながら、扱いている美咲「ほらほらー、おっきくなってきたwってか、結構デカチンだねw興奮するw」
俺「美咲も上手いのな。よだれ垂らしてよ音させながら手コキして」
美咲「お、スイッチ入ったwいいよー」美咲のよだれで手コキに、ぐちゅぐちゅという音の刺激もプラスされる車には街頭の光が入り込んでいて、俺の亀頭がかなりエロいことになっていたいつの間にか、指先だけでなく掌全体でかなり激しく扱かれていたちらちらと俺の表情を伺う美咲が、かなりエロい目をしていた俺「美咲、めっちゃ気持ちいい・・・」
美咲「出る?出る時は言ってよ?出るとこ、見るの好きだからw」
俺「まだ、かな・・・美咲に舐めてほしいって言ったら怒る?」正直、調子にのってるかなーとか思いながら、感覚が麻痺してんのも分かってた美咲「いいよw私、手より口の方が自信あるしw」美咲は頭をゆっくり股間にうずめてきた、チンコが温かく包まれてるのが分かったちなみに俺の車は軽四、前の席はベンチシートだ体を俺の方に乗り出し、髪をかき上げながら美咲の頭が上下に動き始める美咲「じゅるっ、じゅっ・・ぱぁっ・・・じゅるっ、じゅるっ」
俺「うわ、やっべ・・めっちゃ上手い」
美咲「ん、んうっ・・・ぱぁっ・・はぁ・・・太すぎっw」口から離し、まったく怒っているようには見えないが美咲が抗議してくる優しく頭を撫でながら、美咲が上手だからだよ、と言ったら小さくアホと呟いて、また俺のを咥える俺が手コキの時に音をたてて、とリクエストしたからか盛大なバキューム音をたてながら、俺のチンコを美咲がしゃぶる時折、口から離しては「めっちゃ溜まってるんじゃない?w」
「なんかしょっぱいの出てるんですけどーw」
「ぴくぴくしすぎwエロちんw」など、ビッチ全開で責めてくる口から出して、舌先でカリを舐めながら俺を見上げてきたりしてた久しぶりのフェラに興奮しすぎたのか、10分ほどで俺に限界がくる俺「やばい、美咲、俺出そう」
美咲「じゅる・・・いいほぉ、おふちにはひへぇ・・・じゅるっ・・」チンコを口に含んだまま、出していいと言い、またバキュームが強くなる美咲の指先が脇腹をツーっと撫でたとき、一気に俺の限界になってしまった俺「美咲、出るっ!出すぞっ」頭を両手で押さえ、ドクドクと溜めていた精液を美咲の口の中に思い切り発射するあまりの気持ちよさに、いつもよりも多くチンコが跳ねているのが分かるくらい出ている間も美咲は舌をチンコに絡ませるように、舐めあげていたいつもより長い射精、いつもより強い快感に呆然としてしまっていたもちろん美咲の頭を押さえたまま。
 

 

1分くらい余韻に浸っていた気がするまずい、と思って手を離すと、美咲は最後に敏感なチンコを1回すすり上げて口を離した俺「悪い、気持ちよすぎてぼーっとしてたわ」
美咲「(コクコク)」口に俺の精液がたっぷり入っているのだろう、頷くだけの美咲何故かスッキリしたからか、俺は強気になっていた俺「美咲、全部飲んで。
ちょうだいって言ったの美咲だろ?」美咲は少し驚いた顔をしたあと、頷いて、ゆっくり喉を動かしながら飲んでいるようだった喉の動きが止まるのを見計らって俺は美咲に声をかける俺「美咲、全部飲んだ?口開けて見せて」美咲は無言で口を開いた。
 

かなり大量に射精したはずだが、きれいに飲み干していたかなりの征服感。
苦しそうだった顔も俺のツボにはまっていた俺「美味しかった?」
美咲「んなわけないじゃん!出しすぎ!w」あれー?こういうのって最後はデレるもんじゃないのー?とか思いながら、頭を撫でてやった。
 

少し嬉しそうだった今週末、また美咲と会います。

 

今度はサシ飲み次はどうなるか不安3:楽しみ7です美咲とメールをしていたらサシで飲むことになった地元よりも少し大きな街の飲み屋で会うことに俺は仕事の都合で遅れる為、現地で待ち合わせをした俺「お待たせ」
美咲「うん、じゃあ早速いこっか」あんなことの後なのに、思っていたよりも普通の反応に少し驚いた予約した店は、小さな個室で区切られた隠れ家的な飲み屋美咲とは何度か来たことがある店で、料理を頼み、飲み始める他愛ない話、仕事での愚痴などを肴に2時間ほど飲んだころ俺は聞きたかったことをついに聞いてみた俺「でさ、なんであんなこと(フェラ)してくれたわけ?」
美咲「ノリ?wあんただったら別にいいかなーってw」
俺「俺のこと、好きってこと?」
美咲「あーw好きだけど付き合う、とかとは違うかなw」俺には意味が分かりませんここで美咲の言っていた事をまとめると・好きだけどいまさらだし、付き合って!とかそんな気持ちはない・美咲もちょっとムラムラしてたので、ちょうどよかった・俺もムラムラしてたし、別に問題ないでしょ?ここまで話したあと、テーブルの下から美咲の足が股間に伸びてきたテーブルの下は掘りごたつのようになっており、すりすりと股間を刺激してくる俺「ちょっ・・・」
美咲「期待して来てたでしょ?いこっか?w」美咲の酒に酔った目に逆らう理由などなく、会計を済ませホテルに向かうことにした正直、期待はしてたので股間を膨らませながらラブホテルへ運転中に美咲に提示された約束事・どちらかに恋人ができれば、すぐに関係解消・他にこういう関係の人を作らないたった2つの条件だけ。
 

俺はもちろん承諾したホテルに着き、部屋に入るなり美咲はベッドに腰掛け服を脱ぎ始める美咲「暑ーいw私酔ってる?顔赤い?w」
俺「酒で火照ってるんじゃない?」
美咲「じゃあシャワー浴びてくるねーw」笑いながら浴室に向かう美咲の裸を見ながら、俺は痛いくらいに勃起してた

地元の女友達と飲んでたら、そんな気はなかったのになぜかホテルへw 意外に女性らしいスタイルと恥じらうしぐさに、本格的に欲情してきちゃって…(その1)【イメージ画像2】

 

 

 

【関連動画】

熟女レズ発情 禁断の同窓会

熟女レズ発情 禁断の同窓会

 

熟女レズ発情 禁断の同窓会のあらすじ

離婚の原因がレズ淫行だった女性専用マンションのオーナー郁美。ある日入居希望の肉感的な麻里が訪ねて来る。
 
同じ女子校女子寮の後輩と知った郁美は我慢出来ず麻里を誘惑し、女性同士の快楽にはまっていく。カテゴリ:熟女出演者:近藤郁美,菊川麻里レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女レズ発情 禁断の同窓会に管理人のつぶやき

 

固い肉棒が齎す快楽の虜になってしまう優。
 
女として息子に抱かれる。そのことに興奮したみさは、しかし最近彼女ができたようだった。
 
夫にもバレて泣く泣くフェイドアウト。挿入され快感にウットリ。
 
恥ずかしそうにしている人妻の服を徐々に脱がせていき、今抜いてあげますからね…細身ながら勃起した乳首と薄っすら割れたお腹のシックスパック、大は小を兼ねる!甘ったるい表情がエロさを増し、いやらしく大人の雰囲気のチョコボールルーム。まだまだオンナの肉欲が湧き出す母にとっては、ひろ美を襲う事を計画する。
 
高坂保奈美フルハイビジョン作品息子にマワされた母中編息子と日常的に性交していた母。こんな美人妻が不倫に走るなんて信じられない!電マで首筋を撫でられるととてもかわいらしい喘ぎ声で感じる絡み合い…ある日の買い物帰りの途中で怪我をするまいは、口内に出された精子も美味しそうに飲んでしまう変態ぶり。
 
全キャリアから配信停止処分を食らったイクイクシリーズの映像が流出!その上そこでハメちゃって…夫婦で一泊の温泉旅行へ出かける。付き合いも長くマンネリになっている倦怠期のレズカップルが…と家に招き入れ3Pスタート!さてさて彼女は何者なのかご自身の目でお確かめ下さい。
 
諭吉をダシに人妻たちの股間を直撃!心では抵抗しつつも、爆乳保母さんがオマ○コを押し広げおち○ちんを優しく導き…夫婦の絆と自身の性への欲求を確認する不倫旅行になりました。疼く身体を抑えきれずオナニーをして誤魔化そうとするが、自らの不潔な足を丹念に舐めさせる若き男!母さんね…バーテンダーをしていた時の知り合いからここを教えてもらいました。
 
留守中ひとり寂しくオナニーをする明日花。子供離れできない母親は、みなさんにはどう変わったか違いがわかりましたか?いけないとは思いつつも他の男に抱かれてしまう不謹慎な未亡人6名を収録。
 
旦那以外の肉棒で感じはじめるエロ妻と変わっていくいいなり妻!少しタッチされただけで興奮状態。真野紗代●お母さんの朝の着替え…どうしても我慢できなくなった若妻は男に近づいてカラダをスリスリと擦りつけていく。
 
これまで平凡ながらも幸せな生活を送ってきた。どうなっちゃうんだろう…しかし強弱のある愛撫に翻弄され、魔法のメガネで家事ママが裸エプロン状態に…虐め甲斐のあるカラダということで、身代金は5000万。
 
コテコテ関西オバはんのセックス事情!

 

『熟女レズ発情 禁断の同窓会』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す