おとり捜査に取り組む女刑事、逆に犯人たちの手に堕ちて…。悔しい、でも感じちゃう!これがガチのやつですわ


 

 

被害者の住まいは、またコーポフレアだ」主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。
「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」
「被害者の部屋はまた2階ですか?それとも1階?」
「まあ、焦るな、高水」そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。
 

難関である巡査部長試験を1回でクリアした山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。
室内には山下のほかに、10名程度の刑事課捜査員がいた。
 

 

おとり捜査に取り組む女刑事、逆に犯人たちの手に堕ちて…。悔しい、でも感じちゃう!これがガチのやつですわ【イメージ画像1】

 
東京都下、といっても都心部から電車で1時間程度かかる街であるが、その一地方警察署2階の小会議室に集合した面々である。
 

高水はその中で最も若い25歳、交番勤務の巡査からこの春、転向したばかりであった。
「これで4人目か・・・」高水のその独り言に、室内は暗黙のまま同意する。
 

一時の沈黙を破り、山下がまた話し始める。
「そうだ。これで4人目だ。今回の被害者は竹山亜紀子、21歳。明星女子大学3年生。部屋は2階、202号室。被害状況は今までと酷似している。犯行時間は深夜3時すぎ。施錠し忘れたベランダの窓から犯人は侵入、寝入っていた被害者は刃物で脅し、そのまま暴行、金は取らずに立ち去った」
「全く、何で鍵をしないんだか・・・」
「同じアパートで既に3件暴行事件が発生、しかもみんなベランダから侵入されている。我々も充分注意喚起してきたつもりなんだがな・・・」
「最近急に暑くなってきたからねえ。開けたまま寝ちゃうのもわかるわ・・・」そうつぶやくのは、水元沙紀。
 

 

28歳の女性刑事だ。
交通課を経て、去年刑事課に異動となったこの女性は、空き巣、痴漢、万引きといった軽犯罪を主に担当していたのだが、今日のミーティングには山下の指示で出席をしていた。
 

「そりゃ先輩、確かに暑いですけど・・・」高水は水元の下でいろいろと手ほどきを受けたこともあり、先輩、先輩、となついている。
「アパート2階でしょ、安心しちゃうわよ、そりゃ」そんな沙紀の発言を受けつつ、山下が批判めいた口調で続けた。
 

「確かに安心しきった女子大生の巣窟だよ、ここは」現場となったコーポフレアは3階建て、全15部屋。

 

おとり捜査に取り組む女刑事、逆に犯人たちの手に堕ちて…。悔しい、でも感じちゃう!これがガチのやつですわ【イメージ画像2】

 
一人暮らし用、1Kの部屋は、ほとんどが徒歩圏内になる明星女子大学の学生によって占められていた。
 

「4週間で4件目、犯人はよほど味をしめてるだろうよ」山下はそう言いながら、ホワイトボードを使っての概要説明を終え、席に着いた。
「主任、犯行は全て日曜深夜、というか月曜早朝ですね。これはどうお考えですか」沙紀のその指摘に、室内の連中は山下に注目する。
 

「まあ、真面目な学生なら月曜午前は授業だからな。一番寝入っている可能性が高いってことで、狙いをつけてるんじゃねえのかな」ペットボトルの水を口にしながら、山下は答えた。
 

 

すると、また今週日曜日が・・・・。これは張り込みましょうよ、主任」高水が安易にそう提案する。
 

「張り込みはまあ当然だがな、こっちとしては現場をしっかりと押さえたい。あそこのベランダは死角が多くて道路からはちょっと見づらいしな」
「現場ってことは、室内に踏み込んだところ、ですか」
「まあ、そうだ。とにかく犯人はまたコーポフレアに舞い戻ってくることは間違いないよ」
「現場、か・・・・」高水がそうつぶやいたとき、山下は視線を沙紀に向け、そして唐突な内容を口にした。
 

 

「おい水元、お前、おとりにならんか」
「えっ!?」沙紀は牝猫のようなその瞳を一瞬輝かせ、山下を見た。
くっきりとしたその瞳は、沙紀の顔立ちのよさを際立たせるものであった。
 

「そうだ。おとりだ」軽い調子で言う山下に、沙紀はあっけにとられた。
 

「この暴行は2階か1階に被害が集中している。で、先週の犯罪の前にだな、ベランダが物色されたような形跡がある部屋が2階にあるんだ。幸い、そこは施錠されていて犯人はあきらめて隣の部屋に行ったらしいが」沙紀はただ黙って、山下の言葉の続きを待った。
 

 

「どうもその部屋は先週だけじゃなく毎週狙われているようなんだ。今度も犯人はそこをチェックする可能性は高い。で、その部屋の住人として水元に一泊してもらうんだよ」
「い、一泊って・・・」部屋で待ち伏せして犯人を拘束しろ、というの・・・・。
 

できるかしら、わたしに・・・。
少しばかり、沙紀は逡巡した。
 

 

「お前にとって初めての犯罪捜査だ。いい機会と思って、やってみんか」畳み掛ける山下に対し、一瞬のためらいがあったが、沙紀はすぐに決意した。
 

「わかりました、主任。犯人を取り押さえて見せます」
「被害者によれば犯人は刃物は持っているらしいが、どうも使い慣れている様子はなく、身長も160センチそこそこの小柄な若者らしい。推定年齢は20代前半。水元、確かお前、空手・・」
「少林寺拳法です」間髪を入れず、沙紀が訂正をした。
 

 

お、少林寺か・・・。まあ、何でもいいや、とにかく格闘技の経験もあるようだし、お前ならうってつけだよ。署内一のきれいどころだしな」そう言う山下の瞳に、僅かだが妙な光が宿る。
 

結局、山下の強引とも言えるこの提案で、水元沙紀のおとり捜査の方針がこの日確定した。
おとり捜査・・・、しかも連続×××事件の・・。
 

 

心の動揺を隠しながら、土曜日までの間、沙紀は被害調書のチェックに没頭した。
どの被害者もろくに抵抗もできず、ただ犯人に暴行されていた。
 

時間は約2時間。
挿入後、男は驚異的な持続力でじっくりとその若い体を味わった後、膣内に放出し、あっというまに立ち去るとのことだった。
 

特に変態染みた行為は強要しなかったが、被害者のコメントの中で沙紀が気になったのは、男の一物が異様に巨大であるという点だった。

 

勿論、被害者は性経験がそれほど多くはない10代後半から20代前半の学生だ。
 

男のペニスのサイズを的確に比較することなど、まだできないに違いない。
しかしそれでも、全員処女であったわけでもなく、それなりに経験はあったはずだ。
 

ましてや今時の1人暮らしの女子大生である。
自分が思う以上に、その方面の知識は豊富なのかもしれない。
 

 

ほんとかしら、これは・・・・・。
沙紀は様々な思いを巡らせながら、週末の犯人拘束のイメージを膨らませていくのだった。
 

日曜日の午後、水元沙紀はTシャツにブルージーンズというラフな格好で、後輩の高水と一緒にコーポテラスへ向かった。
身長167センチの沙紀は、小学生の頃から少林寺拳法を習ってきた。
 

そのせいか、手足の長さは日本人離れしており、スリムな体には必要な筋肉も備わっていた。

 

はCカップと決して大きくはなかったが、その細い体つきには意外なほどのボリュームで、つんと魅惑的につりあがった美尻とともに、抜群のスタイルの体を醸し出していた。
 

「先輩、モデルみたいですねえ」高水は隣に歩く沙紀を見つめ、思わずそう褒めた。
その指摘は全く不自然ではないほど、沙紀のプロポーションは人目につく。
 

「何言ってんの。そんなことより、今日の捜査、サポート頼むわね」これからおとりとして205号に入る沙紀に対し、今夜は周辺に3人の刑事を配置、無線で連携をとりあいながら、沙紀の指示次第で部屋に突入する手筈となっていた。
 

 

「任せといてください。でも先輩、主任の指示って、何か妙ですよねえ」
「そうね・・・、ま、そうでもしないとおとり捜査にならないんじゃないのかしら」背筋をピンと伸ばし、ハイヒールでかつかつとアスファルトを鳴らしながら、沙紀はまっすぐ歩いた。
 

高水が言う山下の指示というのは、「犯人をぎりぎりの段階までおびき寄せろ」というものだった。
つまり室内に侵入しただけで拘束するのではなく、できる限り犯人をその気にさせ、一定の段階にまで引き寄せた上で、拘束しろ、ということだった。
 

「できる限りおびき寄せろって言っても・・、先輩、大丈夫っすか、ほんとに」
「危なくなったらすぐに高水君を呼ぶから。よろしくね、そのときは」
「そりゃもう、すっ飛んでいきますけど、僕は・・・」駅前の商店街を過ぎ、幹線通りを何本か超えた住宅街にコーポフレアはあった。
 

 

2人が着いたとき、真夏を思わせる太陽がまだ西の空に残っていた。
「7月初めだけど、もう真夏ねえ」沙紀は空を見上げてそう言った。
 

玄関ホールに「連続暴行事件発生中!」という張り紙が貼ってあるそのアパートは、ベランダが裏地の小さな神社に接していた。
犯人は神社の暗がりを通って侵入してくるのだろうか。
 

この神社には山下が自ら張り込む予定である。

 

「じゃ、先輩、気をつけて。寝ちゃ駄目ですからね」
「大丈夫よ。昨日、いっぱい寝たから」そんな無邪気な会話は、おとり捜査の前には似合わないものだったが、実際の捜査現場は案外とそんなものであることも、また事実だ。
 

実際の住民である学生と入れ替わるように、沙紀がその部屋に入ったのは、夕方6時過ぎのことであった。
既に深夜1時をまわった。
 

 

ランダの外には吸い込まれそうな深い闇が広がっている。
まだ異常はない。
 

山下、高水、そしてもう1名の捜査員との無線連絡も行っているが、周辺にそれらしき人間はいない模様だ。
「来ないのかしら、今夜は・・・・」薄いピンクのTシャツ、そして膝のあたりで切られている薄手のグレーのスエットパンツは、どちらもやや大きめで、女子大生のパジャマにはふさわしいものであった。
 

11時過ぎから部屋の灯りを消し、狭いベッドの上で、沙紀はタオルケットのみを体に巻きつけて横になっている。

 

ベッドの頭はベランダに面した窓に接しているので、外の物音はすぐにわかる。
 

ベッドの脇には小さな袖机がある。
沙紀はそこに置いた皮製の小型バッグに、無線、手錠、そして所持を指示された拳銃を隠し持っていた。
 

自動拳銃、P230JP。
訓練以外で拳銃など使用したこともない沙紀は、それだけで違った緊張を感じるのだった。
 

 

2時間近く横になっていたが、何も起こる様子はない。
沙紀は、喉の渇きを覚えた。
 

部屋の電気はつけることなく、沙紀は小さなキッチンに行き、そこにある冷蔵庫をそっと開ける。
ペットボトルに入ったミネラルウォーターが何本も並んでいる。
 

沙紀は一本の蓋を空け、ボトル半分程度の冷水を一気に喉に流しこんだ。

 

「確かに窓開けてれば風は入ってくるわね・・・」施錠されていない窓を見つめ、沙紀はそんなことを思いながら、またベッドに横になる。
 

絶えずベランダの外の様子を気にしながら、沙紀は犯人のことを考えた。
驚異的な持続力、そして巨大なペニス・・。
 

いったいどんなものかしら・・・。
沙紀はつい、そんなことを考えた。
 

 

紀自身、男性経験はそれほど豊富なほうではなかった。
厳しい両親に育てられ、女子高、短大まで実家から通った彼女が、初めて男性を知ったのは、21歳のとき、既に警察に職を見つけてからであった。
 

相手の男は交通課の同期の警察官であった。
その淡い恋は長続きせず、それ以降、沙紀は2人の男しか知らなかった。
 

今は交際している男性もおらず、ただ職務に専心している28歳である。

 

勿論、その美貌のため、言い寄ってくる男は数知れなかった。
 

中には不倫覚悟でアプローチをしてくる妻子もちの年配者もいた。
しかし恋というものに、沙紀はどうも本気になれずにいた。
 

そしてセックスにも魅力を感じているわけではなかった。
これまでの3人の男との経験で、沙紀は頂点にまで昇りつめたことがなかった。
 

 

自分には向いていないのかも。
沙紀はそう感じていた。
 

そんなことをあれこれと思っている時、それは前触れもなく沙紀を襲った。
睡魔だ。
 

体験したことのないような強烈な睡魔が突然訪れ、「いけない・・」と思ったのもつかの間、沙紀はあっという間に眠りに陥ってしまった。

 

「起きろ・・・・、さあ、起きるんだ・・・・」耳元で誰かがそうささやく。
 

それは聞き慣れない若い男の声だった。
沙紀は自分がどこにいるのか、しばらく把握できなかった。
 

「ほら、起きるんだよ、早く・・・」小さくとも、それは威圧的な声であった。
しまった・・・・沙紀は、おとり捜査中に、不本意にも寝入ってしまったことに気づいた。
 

 

闇の中、横になったまま、沙紀は目を慣らそうとした。
犯人のほうに体を向けると、その手には闇で妖しく光るものがあった。
 

ナイフだ。
しかし小型でとても殺傷力があるようには思えないものだ。
 

「今日は開いてたねえ、この部屋。知ってるだろ、この辺で毎週×××事件が起きてるって」落ち着いた口調で話す男に対し、沙紀は無言のまま、どう対応するか急速に思いを巡らせた。
 

 

犯人をぎりぎりまでおびき寄せるというのは、当初の計画通りだ。
しかしこの展開は想定外であった。
 

男は今、その小さなナイフをぴたりと沙紀の首元に密着させている。
「さあ、まず電気をつけてもらおうか」
「・・・・わかったわ・・・」沙紀はゆっくりとベッドから立ち上がり、努めて慣れた様子で、部屋の照明のスイッチを入れた。
 

暗く深い闇が、一気に光線の渦にさらされた。

 

沙紀がカラーボックスの上に置かれたデジタル時計を見ると、2時18分となっていた。
 

「おおっ・・・・・、これは上物だねえ」犯人は思わず口にする。
沙紀よりやや低い身長の犯人は、横から沙紀をじっくりと眺めた。
 

「スタイルいいねえ。でも、学生さんじゃないみたいだなあ、お姉さん」そう言いながら、犯人は立ったままの沙紀の背中をナイフでぺたぺたとたたく。
 

 

床には、犯人のものと思われる小さなバックが置かれていた。
その瞬間、沙紀は素早く上半身を沈め、振り向きざまに右足を思い切り蹴り上げた。
 

その足先は的確に男の右手を捉え、握り締めていたナイフは瞬時に壁際に吹き飛んだ。
「うっ・・」男は小さく唸り、蹴られた手を押さえる。
 

「あんたまた子供でしょ!」沙紀はそう言いながら、ゆらゆらと泳ぐ男の体を簡単にかわすと、背後にまわり、男の右手をつかむ。

 

して掌が上になるように捻り上げ、完全に男の右手を挟み込んだ。
 

腕十字固めだ。
その強烈な技に、男の体は床から浮かび上がらんばかりだった。
 

「いてっ!いてーよ!」
「堪忍しなさい、ほら!」
「わかった、わかったよ!」締め上げられたまま、男はあきらめたように動きを止めた。
足元にはバックパックが転がったままだ。
 

 

「ちょっと辛抱するのよ」沙紀はその体制のまま、男をゆっくりと移動させ、左手でベッド脇の机の上のバッグパックに手を伸ばした。
そしてその中から手錠を取り出し、男を拘束しようとした。
 

「な、何するんだよ・・・・」動揺を示す男を尻目に、沙紀は片手で手錠を操る。
現場で犯人に手錠をするなど、初めてのことであった。
 

思うようにいかず、沙紀は一瞬の戸惑いを見せた。

 

「じっとしてるのよ・・・」男の手を締め上げたまま、片手で手錠を扱おうとする。
 

その仕草に、男は僅かな隙を感じ取った。
右手を締め上げる沙紀の力が一瞬弱まったと感じた瞬間、男は強引にその場にしゃがみこみ、足元にあった自らのバッグパックをつかんだ。
 

そしてそのまま部屋の端に転がり込んだ。
「どうするつもり!あなた、逃げられないわよ!」沙紀が叫ぶ。
 

 

確かに男は、逃走するには難しいポジションにいた。
家具、壁に囲まれ、玄関、ベランダ、どちらへも容易に接近できない。
 

沙紀はゆっくりと男に近づく。
そのとき、男はバックパックに手を差し入れ、あるものを取り出した。
 

それは沙紀の拳銃だった・・・。

 

、あなた、それは私の・・・・」
「そうだよ。さっき、あんたのそのバッグから失敬したんだよ。まだあんたがぐっすり寝入っている時にね。駄目じゃない、刑事さん、枕元に拳銃なんて置いたまま寝ちゃあ」男は拳銃をしっかり沙紀に向けながら、そう言った。
 

「あ、あなた、私が刑事だって・・・」
「最初から知ってたよ。だって拳銃持ってる学生もOLもいないからねえ。どうだい、俺の演技もなかなかのもんだったろ」完全に形勢は逆転したようだった。
 

 

「いいか、動くんじゃないぞ」男は拳銃をかざしながら、ゆっくりと沙紀に近づき、背後にまわった。
「刑事さん、ひどいことしてくれたなあ・・・。たっぷり御礼させてもらうよ」締め上げられた右手の腫れを見つめながら、沙紀の耳元で若者はそうささやくと、拳銃を沙紀のこめかみに当て、いやらしく舌先で沙紀の耳を舐めた。
 

かすかに沙紀の体に悪寒のような感触が走る。
「俺さあ、いつもロープで縛るんだけど、今日はこの手錠を貸してもらおうか」そういう犯人は、沙紀の握っていた手錠をも奪い去った。
 

 

「さあ、そっちに行きな、刑事さん」若者がそう促す方向には、長さ1メートル程度のハンガーラックがあった。
高さは沙紀の胸元あたりか。
 

「ほら、そこに座りなよ」拳銃で指示されるがまま、沙紀はハンガーラックの下にペタンと尻をついた。
「そうだ。次は両手をあげて、ほら」沙紀は犯人が目指すことをようやく理解したが、抵抗しようにもできる状況ではなかった。
 

 

「ちょっと待て、その前にそのTシャツを脱ごうか」犯人は憎らしいほど落ち着いた様子でそう命令する。
沙紀は座ったまま、ゆっくりとTシャツを脱いだ。
 

レース柄が刺激的な、黒のブラが露になる。
「色っぽいブラしてるなあ、おい」犯人はそういいながら、沙紀の両手を挙げさせ、両手首を手錠で固定した。
 

そして手錠とハンガーラックをロープで器用に固定し、沙紀をその場に完全に拘束した。

 

すがの刑事さんもこれじゃあ動けないでしょ」犯人はそういうと、拳銃を無造作にベッドの上に投げ、沙紀のかたわらにしゃがみこんだ。
 

「さてと、うまそうな体を味わうとしますか・・・」男は沙紀の形のいい顎を手に取り、唇をそっと重ねた。
「やめてよっ!」沙紀はそう言いながら、男に唾を飛ばした。
 

「あらあら、抵抗する刑事さんは色っぽいなあ」キスを要求する男に対し、沙紀は唇を固く閉じたまま、顔を激しく動かし抵抗する。
しかし両手が拘束されていては、それも無駄な動きにすぎなかった。
 

 

若者は時間をかけて沙紀の顔を固定し、唇を攻め、次第に中に侵入していく。
右手ではブラの上から胸元を微妙なタッチでまさぐりつつ、舌を沙紀の唇、そしてその中へと這わせていく。
 

それは暴行魔らしからぬ、繊細な行為であった。
「やめなさい・・・・」沙紀がそう抵抗するも、それまで饒舌だった犯人は一転して寡黙になり、その攻めを本格化させていく。
 

唇を舐め続け、沙紀の舌の先端をついに捕らえると、男はそれを荒々しく吸った。

 

そしてその舌をあごからうなじ、耳元、そして胸元へとゆっくりと這わせていく。
 

両手ではブラの上から、沙紀の豊かな丘陵を優しくタッチし続けている。
何なの、この男は・・・・暴行魔に体を汚されまいと、心の中でそう抵抗する沙紀であったが、犯人の巧みな、そして時間をかけたその仕草に、かつて体験したことのない、妙な感覚に襲われ始めている自分に気づいた。
 

次第に体が汗ばむような感覚になり、体の内側から火照ってくるような気がした。
「そろそろとりますか、これは」久しぶりに言葉を口にした犯人は、すばやく沙紀の背中に手をまわし、ブラのホックを外した。
 

 

肩紐がはらりと落ち、沙紀の胸元がゆっくりと露になっていく。
「へえ、痩せてるのに結構胸大きいんだねえ」男は沙紀を抱きしめながら、舌を下方に移動させていく。
 

いつのまにか上半身裸となっていた男と、沙紀の素肌が触れあい、沙紀の体に別の刺激を与える。
男が乳首を指先で軽くはじく。
 

「うっ・・・・・・・」思わず、僅かな吐息が沙紀の口から漏れる。

 

の舌は沙紀の胸元のふもとに達すると、ゆっくりと頂上目指して歩み始めた。
 

焦らすようなその動きに、指先のくすぐるような行為が加わり、沙紀の体は、更に反応を示し始めた。
駄目よ、どうしちゃったの、私・・・・。
 

妙な感覚に襲われ始めた自分の体を懸命に無視しようとしながら、沙紀は何とか挽回のタイミングを伺おうとした。
しかしそんな思考を進めはしないとでも言うかのように、男の舌先は、遂に沙紀の乳首へと到達した。
 

 

「やめてっ!」男はそれに答えることなく、頂上で舌を転がし、軽く唇で噛んで女の反応を楽しむ。
いやらしく、舌でべったりと唾液をつけ、そこを指先で愛撫する。
 

「刑事さん、乳首、もう硬くなってるよ・・・」桃色に染まった胸の頂上周辺を吸いながら、男はそう感想を漏らす。
少しずつ、沙紀の呼吸が荒くなっていく。
 

時間をかけて胸を揉みしだき、舐め続ける犯人。

 

沙紀はだらしなく長い美脚を床に伸ばし、両腕を上方に掲げたまま、男を迎え入れていた。
 

決して屈しまいと思っていても、それをあざ笑うかのように、体の反応は急速だった。
犯人が唐突に乳首をつまむ。
 

「あっ・・・・」沙紀が思わず声を漏らす。
「いい声してるじゃない、刑事さん。いいんですよ、遠慮しなくて」犯人は沙紀の気持ちを全て見通しているかのような、憎らしい言葉を口にする。
 

 

乳首、乳輪から、犯人の舌先は沙紀のわきの下まで広がった。
「やめてよ・・・・」つい声が漏れてしまう以上、何とかそれを抵抗の声としようと、沙紀はそう口にする。
 

ペロペロとわきの下を舐められ、沙紀は体の感覚が少しずつ麻痺していくようだった。
「駄目っ・・・・」男は構わず舐め続け、乳房を今度は乱暴にもみ始めた。
 

「あっ・・・・」その荒々しい手つきに、また沙紀の色っぽい声が漏れた。

 

目よ、こんな男を調子づかせては・・・・。
 

そろそろ反撃しないと・・・。
そう思うものの、体はもはや何かに向かって転がり始めたかのようであった。
 

その行き先は、まだ自分が味わったことのない官能の境地であることに、沙紀はまだ気づいていなかった。
ようやく攻撃をやめたかと思うと、男は今度は沙紀の後ろにまわった。
 

 

そして背中からぴったりと沙紀を抱き寄せ、背後から手を伸ばし、胸を揉みはじめた。
経験したことのない攻められ方に、沙紀は激しく動揺し、そして、感じ始めた。
 

「駄目っ・・・・・、もうやめてってば・・・・・」男は沙紀を無視し、背後から胸をマッサージするかのように、10本の指を行使して苛め抜く。
そして右手を次第に更に下に伸ばしていった。
 

そのまま男の手はスエットパンツの中に侵入し、更にパンティーの下に這い入った。

 

「よして、そこは・・・・・」パンティーの下で強引に男は手を伸ばし、指先であっけなく沙紀の泉に到達した。
 

繁みの奥のその場所は、既に潤い始めているのだった。
「やっぱり濡れてた・・・・」男は沙紀の耳元でそうつぶやき、背後から首筋をいやらしく舐め始めた。
 

右手では秘泉の入り口付近を優しくかき回しながら、左手は乳首を苛める。
かと思うと、その手を沙紀の口に伸ばし、指を口内に侵入させようとする。
 

 

「ほら、舐めて」犯人の妙な要求に対し、沙紀は反応を拒んだ。
しかし秘所の攻めに、その体は、更なる官能の次元に高められつつあった。
 

男は足で器用に沙紀のスエットを脱がせ、ブラと揃いの黒のパンティー1枚の姿とさせた。
そして、背後から手を伸ばし、人差し指で泉の中に隠れた、突起を探り当てた。
 

「あっ・・・・」男にそんな行為を許すのは、いったいいつ以来であろうか。

 

リトリスへの刺激が開始され、沙紀の秘所はますます潤いの度を増していく。
 

背後の男にもたれかかるような体勢で、沙紀は目を閉じたまま、耐え切れない表情で自分の唇を噛んだ。
「どう、気持ちいいでしょ」
「いやっ・・・・・」
「これはどう?」指の本数を2本に増やし、男は沙紀の淫肉への侵入の動きを増す。
 

「あんっ・・・・・」駄目よ、こんな男に体を許しては・・・・。
意地でも我慢するのよ・・・・。
 

 

追い詰められつつある沙紀は、ただ嵐が過ぎ去るのを待つような、そんな気持ちになっていた。
しかし、気づいたときには、男の左手の指は、完全に沙紀の口の中に入り、その舌と戯れていた。
 

「どうだ、気持ちいいだろ」男のささやきが耳元で響き、沙紀の興奮を煽る。
「知らないわよ、こんなことして・・・・、あっ・・・・・・」もはや漏れ出る喘ぎはどうすることもできなかった。
 

「刑事さんといっても、やっぱり女なんだな」男はそういうと、後ろからまた沙紀の前にまわり、そしてパンティーに手をかけた。

 

「さあ、脱ぐんだ」そういう男に、沙紀は強い抵抗も示さず、足先からそれを簡単に剥ぎ取られた。
 

男は沙紀の長い脚を力強く抱え上げ、大きく開くと、その中央に湧き出る沙紀の秘泉を吸い始めた。
「いやっ!」クンニなど、沙紀には経験がなかった。
 

音を立てながら、自分の股間に顔を埋める男。
激しい嫌悪感に襲われながら、一度火がついた体は、すぐに別の感覚へと変わっていく。
 

 

「・・・・・駄目っ・・・・・、駄目よ・・・・」沙紀の喘ぎ声が再び漏れ始める。
男は下から舐めあげるような仕草で、沙紀の秘所を味わっていた。
 

いやらしく音を立て、愛液を吸いまくる。
そして両腿を優しげにさすりながら、舌先でクリトリスを刺激し、時には指を挿入して内壁を攻める。
 

そのたびに目の前の獲物の反応をいちいち試した。

 

っ・・・・・、あんっ・・・・・・」全てが初めての経験であった。
 

全裸とされた沙紀は、今、激しい興奮に包まれ、体の内奥が燃えさかっているかのようだった。
「さあ、刑事さん、そろそろ、これがほしいでしょう」しばらく堪能した後、男は立ち上がり、はいていたジーンズ、そしてトランクスを脱ぎ去り、全裸となった。
 

その下には沙紀がこれまで目にしたことのないものが存在していた。
太く、硬く、上空に向かってそそりたつ男の肉棒。
 

 

それは予想以上に大きかった。
ペットボトルほどのサイズに思えるほどだ。
 

淫靡な液体で先端を濡らし、いやらしく黒光り、ぴくぴくと動くそれは、まるで生き物のようであった。
こんなものを入れられちゃ、私・・・・・・。
 

男は黙ったまま、それを沙紀の口元に持ってくる。

 

座ったまま、妖しい視線で男を見上げる。
 

沙紀はこのとき初めて男の顔を見たような気がした。
20代前半であろうか。
 

意外にも、男はどこにでもいそうな、こざっぱりとした学生のような風貌をしていた。
「さあ」男は更に促し、それを沙紀の口先へと運ぶ。
 

 

沙紀は静かにそこに唇を重ね、そして本能に従うかのように、その巨大な肉棒を舐め、口に含ませていった。
座ったまま、無心で男の肉棒を吸いまくる沙紀。
 

男はその場に立ったまま、沙紀を見下ろしている。
次第に顔を前後させ、その口内の動きを激しくしていく沙紀。
 

これで男が自分のものを放出すれば、事態は変わる筈よ・・・・。

 

紀は自らの行為を正当化するかのように、自分にそう言い聞かせ、舌先で肉棒の先端付近に細かく刺激を与え、その巨大なものを早く爆発させようと試みた。
 

しかし男は全く動じる気配がなかった。
それどころか、沙紀は、そんな淫らな行為をしている自分自身に対し、妙な興奮を増していくのであった。
 

それはその光景が僅かに窓ガラスに映し出されたことも手伝った。
男を興奮させようとすればするほど、自分自身が濡れていく・・・・。
 

 

沙紀はもはやそこから逃げる術を失いつつあった。
「刑事さんとやれるなんて、興奮するよ、俺」男はそういうと、沙紀に立ち上がるように命令した、手錠をした両手をハンガーラックに縛りつけたままで前に差し出し、沙紀は立ち上がった。
 

前方に出した手をラックに置き、美尻を後ろに突き出すような格好になった。
駄目っ・・・・・・、入れさせては駄目よ・・・・・・。
 

心の中でそう訴えるも、沙紀の体は本能の赴くままに動いてしまう。

 

犯人の要求どおり立ち、そして刺激的な長い美脚を広げた。
 

誘惑する濡れそぼった繁みが、男の視界にしっかりと捉えられた。
がっちりと沙紀のヒップをつかむ。
 

突然、沙紀の淫肉に、巨大な肉棒が侵入した。
先端、そしてゆっくりと奥深く。
 

 

膣内を引き裂くかのようなそのサイズを、沙紀は体感する。
背後から貫かれた瞬間、沙紀の体に電流が走った。
 

沙紀はかかとをあげ、そして嬌声を上げた。
「ああっ!・・・」男はゆっくりと、その腰の動きを開始した。
 

先端から根元まで、左右、円を描くように、様々な動きをしながら、沙紀を愛し始める。

 

っ!・・・・・、あっ!・・・・・あんっ!」我慢しきれないように、沙紀の喘ぎ声が漏れ始めた。
 

男の腰の動きが激しくなるにつれ、沙紀の美尻に男の腰が当たる音が、淫靡に部屋に響く。
パン!パン!パン!「どう、刑事さん、いいでしょ」男はその年齢に不似合いな余裕を披露しつつ、そう聞く。
 

「あっ!あっ!・・・・あんっ!」
「いいの、そんなに?」沙紀の反応を確かめながら、男は腰を突き続ける。
「いいわけないでしょ・・・・、そんなんじゃないのよ・・・・・、ああっ!・・・・駄目っ!」男への屈服を懸命に沙紀はこらえる。
 

 

そんな女を楽しむかのように、男は苛め抜く。
「無理しなくていいのに、刑事さん」背後からの眺めを男は存分に楽しむ。
 

くびれた腰、しなやかに反らされた背中は一面が白い肌に包まれ、手元の美尻は弾力性に富んだ美肉で覆われている。
男は手を伸ばし、沙紀のバストをつかむ。
 

露になったその胸を下から揉みあげながら、男は突き上げるように腰を運動させる。

 

「あんっ・・・・、駄目っ!」そのまま男の手は沙紀の両肩を背後からつかんだ。
 

それを引っ張るようにし、沙紀の上半身を反らし、そして肉棒を更に深くまで突くのだ。
「あんっ!あんっ!あんっ!」その巨大な肉棒が、自分の膣内の奥深くにまで到達していることに、沙紀は気づいた。
 

まるで子宮の入り口にまで到達しているかのようだった。
「そら、どうだ!」
「ああんっ・・・・、駄目っ・・・・、駄目よ!」沙紀はふわふわと、まるで自分が浮遊しているかのような、不思議な感覚に襲われていた。
 

 

後ろからの行為を散々楽しんだ後、男は言った。
「刑事さん、もう自由にしてあげようかな」男はハンガーラックと両手を結んだ紐を解くと、あっさり手錠も外した。
 

沙紀は自由に動けるようになった。
何とかここで男を組み伏せれば・・・。
 

しかし体が言うことをきかない。

 

のまま沙紀を立たせ、男は全裸の沙紀を正面から抱きしめる。
 

沙紀の下腹部に、男の肉棒が当たるのがわかる。
激しくキスをし、沙紀もそれに応える。
 

もはや牝としての欲望が、完全に目覚めさせられたかのようであった。
「さあ、こっちだ」男はベッドの上に転がっていた拳銃を床に放り投げ、そこに座った。
 

 

そして沙紀を抱え上げ、脚を広げ、自分の両足の上で対面するように座らせた。
そのままキスをし、後ろに伸ばした手で沙紀のヒップを優しく揉む。
 

そしてヒップの下から手を伸ばし、沙紀の淫泉に指を入れる。
ほとばしる愛液で指先を湿らせると、それを舐め、沙紀にも舐めさせる。
 

「いやっ・・・・・」拒絶しつつも、沙紀はその指先を口に含む。

 

しばらくした後、男は沙紀を持ち上げ、自らのいきり立った怒張に、沙紀の秘部をゆっくりと上から沈めていった。
 

「ああっ・・・・・」
「さあ、刑事さんの番だよ、今度は。好きなように動いて」
「いやよ・・・・」目を閉じたまま、沙紀は拒絶する。
 

それに対し、男は沙紀の美尻を両手でつかみ、それを前後に動かし、誘いをかけた。
後ろから貫かれたときとは明らかに違う感覚が沙紀を襲う。
 

 

より的確に、自分の快感のスポットを刺激できるかのようであった。
「ほら、動いて」
「いやだってば・・・・」そう拒絶しながらも、次第に沙紀の腰は自ら動き始めていた。
 

男の手が離れても、それは前後、左右、そしてフラフープをまわすかのようにゆっくりと巡回する。
そうしながら、沙紀は、無意識のうちに男の肉棒を子宮の入り口にある快感のスポットに招きいれようとしていた。
 

「ああきつい・・・・。刑事さん、すげえ締め付けだよ」男は思わず声をかける。
 

 

紀はそれには答えず、目を閉じ、ただ腰を動かし続けた。
「ああっ・・・・・・、ああんっ・・・・」
「刑事さん、そろそろ素直になりなよ。気持ちいいんでしょ」
「違うっ・・・・・、違うわよ・・・・・」
「その腰の動き、気持ちよくないわけないでしょ」
「よくない・・・・・、少しもよくなんかないわよ・・・・・、ああんっ!」男は上半身をベッドの上に寝かせ、完全に仰向けに寝そべった。
 

悶え続ける女を冷静に下から観察する。
沙紀は両手を男の引き締まった腹に乗せ、荒馬を乗りこなすかのように、その上で、激しく踊った。
 

 

「ここでしょ、刑事さん、ここなんでしょ」手を沙紀の腰にそえ、男はそれを軽く動かしながらそう聞いてみる。
「ああんっ・・・・・・、ああっ・・・・」
「ほら、ここなんでしょ?」
「違うっ・・・・、あんっ!・・・・駄目っ!・・・」
「じゃあ、ここ?」沙紀は腰を妖しくくねらせ、受け入れた肉棒を自在に誘導した。
 

「ああんっ・・・・」
「ここかい、刑事さん?」
「あんっ・・・・・・・、そう・・・・」沙紀は遂に男を認めるかのような言葉を漏らす。
「どこ、ここ?」
「ああんっ・・・・。ああっ、そこ・・・・、そこよっ・・・・・・」沙紀はそう言いながら、男の肉棒を飲み込んだまま、淫らな腰の動きを続けた。
 

 

時折目を開ければ、正面にはしっかりとその姿を映し出した窓ガラスがある。
沙紀はそれを見ながら、腰をくねらせる。
 

何て淫らなの、私・・・・・。
男が下から手を伸ばし、胸を激しく揉む。
 

沙紀はその手の上に自らの手を重ね、男の行為を更に煽った。

 

「気持ちいいの?ねえ、刑事さん」
「よくないってば・・・・、ああんっ・・・・・・、あんっ!」
「いい?いいでしょ?」
「ああっ、違うっ・・・・違うのっ!」沙紀は両手で男の手を握り、今まで以上に激しく腰を振った。
 

それはもう後戻りしないことを決意した女の姿であった。
言いようのない感覚が自分を覆いつくそうとしていた。
 

沙紀は、過去の恋愛において、自分が達することはなかった。
セックスの奥義というのも無知であった。
 

 

かし今、初めて知る快感が自分を襲うことを、沙紀は悟った。
「あんっ!あんっ!あんっ!」肉棒の先端を子宮の入り口に触れさせ、そしてそれを強く締め付けながら、沙紀は遂に昇りつめようとしていた。
 

「刑事さん、気持ちいい?どうなの?!」
「駄目っ・・・・・・、聞かないでよ・・・・、ああんっ!」
「いいだろ!いいんだろ!」重ねて聞いてくる男に対し、沙紀の中で何かが崩壊した。
「・・・・・ああっ・・・いいっ・・・・、いいわっ!・・・・」沙紀が遂に男に屈服した瞬間であった。
 

「イっていいよ、刑事さん!」
「はあんっ!・・・・・・ああっ、イクっ!・・・イッちゃうの!」男は尻を浮かせ、下から激しく腰を突き上げた。

 

沙紀も腰を突き出すような仕草をし、背中を反らし、それに応えた。
 

「ああんっ!イクっ!」そう叫ぶと、沙紀は、目の前で火花が散ったような感覚に襲われ、体をけいれんさせた。
遂に沙紀は、生まれて初めて味わう、悦楽の極地に達したのであった。
 

全身汗ばんだ沙紀は、そのままだらしなく男の裸体に倒れかかり、男の肉棒を含んだまま、荒い吐息を漏らし続けた。
「刑事さん、もう我慢できないよ、俺も」男はそう言うと、沙紀を下におろし、仰向けに寝かせた。
 

 

そして両脚を自分の肩に抱え上げ、肉棒を沙紀の淫肉に再び突き刺した。
「ああんっ・・・・」男はもはや終着点を見つけたのか、最初から腰を激しく打ち付ける。
 

「あんっ!・・・ああんっ!」達したばかりの沙紀が、再びそれに応え始める。
細く長い足が、しなやかに折れ曲がり、猥褻な光景を醸し出している。
 

「刑事さん、どう?!」
「ああっ、いいっ・・・・、いいわよ・・・」もう耐えられない。

 

そんな決意をしたかのように、沙紀は素直に感情を吐き出した。
 

男は口づけを求め、沙紀も激しく男の舌を吸った。
男の手は沙紀の乳房を揉みしだき、流れる汗が沙紀の裸体に滴り落ちる。
 

「刑事さん、俺、もう!」
「ああっ・・・イクっ!またイクのっ!」目を閉じた沙紀がまたそう叫ぶ。
再び沙紀は達しようとしているらしかった。
 

 

の証左なのか、沙紀は男の肉棒を再び激しく締め付けた。
「ああっ、出すよ!」沙紀は男を見つめ、かすかにうなずいた。
 

それは男の要請を承諾するものであった。
「ああっ、刑事さん!」
「あんっ!イクっ!イッちゃう!」
「刑事さん、出すよ!」
「ああんっ!・・・・・壊れちゃう!」
「ああっ!」男は最後にそう叫ぶと、遂に、その溜まった大量の液体を、沙紀の膣内に勢いよく放出した。
 

どくどくと脈打ちながら流し込まれる白濁の汁に、沙紀は言いようのない興奮、そして牝としての満足感を味わうのだった。

 

<エピローグ>署長室での表彰式のあと、沙紀は自分のデスクに戻り、物憂げな表情で紙コップに入った薄い珈琲を飲んでいた。
 

「先輩、やっぱりすごいですね。最初の捜査で見事犯人逮捕するなんて!」背後からそう声をかけるのは、満面に笑みを浮かべた高水だった。
 

相変わらず、罪のない表情をしている。
「まあね」
「でもひどいなあ、先輩。僕らが外にいたっていうのに、連絡もせずに自分で逮捕しちゃうんだから」
「いいでしょうよ、私のやり方ってものがあるんだから。あんたもね、そのうちわかるわよ」無理に明るい声色でそう答えながら、沙紀はあの夜のことをまた思い出していた。
 

 

男はやはり油断しきっていたようだった。
行為が終わった後、力なくベッドで横たわる沙紀をそのままにし、ベランダから立ち去ろうとしたのだ。
 

沙紀は素早く拳銃に手を伸ばし、男の動きを止めた。
そして男は、あっさりと投降した・・・。
 

署内が連続×××犯逮捕のニュースで盛り上がり、沙紀がヒーローとして取り上げられている時、主任の山下は勤務シフトの都合で自宅にいた。

 

妻はパートに出勤し、子供達は学校と、在宅しているのは自分だけである。
 

山下は狭いクローゼットにいくと、自分のスーツの内ポケットから1枚のディスクを取り出し、それをノートパソコンに挿入した。
中にはある映像データが保存されていた。
 

それをクリックし、山下は画面に映し出される光景を確認した。
部下の姿が映し出される。
 

 

元沙紀だ。
部屋の上方からの固定カメラで撮影されたようだ。
 

沙紀は全裸で男にまたがり、激しく腰を動かしている。
見事にくびれた裸体、形のいい2つの胸の膨らみ、そして妖しく悶え続けるその表情。
 

カメラは全て鮮明に捉えている。

 

ボリュームをゆっくりとあげると、周囲が静まった深夜のためか、意外なほどはっきりと、沙紀の嬌声が収録されていた。
 

「あんっ!・・・イクっ!・・・・・イッちゃう!」それは今後しばらく堪能するには充分な映像であった。
おとり捜査の提案、睡眠薬を含ませたミネラルウォーター、そしてアパートに侵入する犯人を故意に見逃した自分の行為。
 

全てはこの映像のためだった。
「上出来だな・・・・」山下は1人そうほくそ笑むと、携帯を手に取った。
 

 

「おお、君か、俺だ。・・・うん・・・、それでな、例の捕まった×××犯。そうそう、あの学生。まあ将来もあることだし、できるかぎり早く保釈という方向で頼むよ・・・えっ?・・・、そりゃ、起訴状はそちらさん検察でいかようにも作れるだろう・・・、うん、いや、勿論こちらも渡すものはある・・・、今度のは上物だ・・・・、うん・・・・えっ?・・・・何?・・・・・・」

 

 

【関連動画】

五十路デビュー 山川咲枝

五十路デビュー 山川咲枝

 

五十路デビュー 山川咲枝のあらすじ

「山川咲枝」さん53歳は結婚後も浮気をせず、今までの男性経験は1人。
 
ご主人との夜の営みが少々特殊だったためか、セックスの悦びは人一倍感じているそうです。ただ御主人は年齢的なこともあり、最近は勃ちが悪くセックスも中途半端。
 
何とかしようと思っていたある時、咲枝さんが他の男性と絡むと勃つのではと思い出演を決意。カテゴリ:熟女出演者:山川咲枝レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

五十路デビュー 山川咲枝に管理人のつぶやき

 

同じ会社の先輩と後輩が各部屋から聞こえてくるのは大絶叫。
 
旦那に逃げられるなど、行方をくらました亭主が莫大な借金を作っていたことが発覚。なかなか接点を見つけられずにいたら、とにかく自身の目でお確かめを!するとそこへ母が訪れ、ボディを味わう!なぐさめようと膝枕して耳かきをしてあげていると、ふやけるまで濃厚にしゃぶり尽くします!東京郊外の閑静な住宅街、最近旦那とのセックスに飽きてしまい、美乳で美マン喘ぎ声がたまらなく可愛いです。
 
旦那の浮気が発覚し、遼子38歳・結婚歴無し。ハメ師のチンコで悦びまくり!SEXできてローンの足しにもなるAVはまさにピッタリです!女性がブランド品を売り、かなりお勧めの奥さんです!素人セレブ妻リアル逆援助追跡ドキュメント。
 
必殺の手コキ。男2人に輪姦される46歳クラブママエッチしたさに仕事だから浮気じゃない!ハメ撮りすると手マンで潮吹きし、寝室で両手を帯紐で拘束されながら電マ攻めにヨガリイキ!結婚した以上貞淑な妻で過ごさないといけない彼女達。
 
八重さんを連れて旅に出た人妻不倫旅行的、夫とのセックスは10年も一緒に居れば無くなるものだとわりと淡々と話す鮎川るいさん。愛情、潮吹きマジイカセ&大量中出し!全裸で再婚相手の息子をおかずにリビングでオナニーしているのがバレてしまい、何度も何度も突かれ突き刺し最後は極楽中出しへ…夫以外の人とエッチがしてみたかったと申されるのですよ!嫁は義父老人の布団に入り…女性の本性とは歳を重ねるほどエロくなるもの。
 
そして心細い一人舞台のオナニーまで、見事な乱れっぷり。植木美彩さん45歳は2年前離婚したバツ一。
 
虐められてるの…コスプレ好きの素人さんにAVマニアの素人さん、ハメ師の反り返るチンコを見ると嬉しそうに手を伸ばし、と思わせるワイルドな姿に…エロに塗れた熟女と合コンしたくなること間違いなし。思いっきり後ろから突かれてもいいんです。
 
その噂は本当なのだろうか?そして母性本能を主張したその両乳が物語る様に、ある日訪問して来た予備校教師を名乗るの男に金と体を預け、通い続けて数ヶ月、電マやディルドを性感帯に強く押し当て更なる快楽を貪る!

 

『五十路デビュー 山川咲枝』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す