塾から帰っていたある日のこと、女の子にフェラをしてもらった中学生時代の思い出(2)


 

 

塾から帰っていたある日のこと、女の子にフェラをしてもらった中学生時代の思い出(2)【イメージ画像1】

 
するに、ホテル代込みで5000円で本番してくれるという提案だ。
セックルの意味もこの頃には十分学習し、その提案を耳にした俺は一気に沸点に到達しそうになったが、冷静になって考えると1000円しか用意していない。
 

そのことを女に告げると、女「お金は次の機会でええよ。どうせいつも来てくれるんでしょ?」また新たな一歩を踏み出すときが来た。
 

 
は期待と不安で手を震わせながら、女に1000円を渡し、誘われるままに夜のホテル街へと歩みだした。
ホテル代実質、女持ちであるからなのか、今だからこそ分かるが、この近辺最底辺のラブホへ着いた。
 

17時以降でも休憩3500円ドアを開けて部屋の中へと入れば、たたきの10センチ奥に布団が敷いてある。
 

塾から帰っていたある日のこと、女の子にフェラをしてもらった中学生時代の思い出(2)【イメージ画像2】

 
ッドではなく布団だ。
 

布団部屋が4畳、それに風呂場が付随しているだけの恐ろしく簡素な作り。
風呂場は50年物の銭湯のようなくすんだタイル張りで、風呂桶はない。
 

ャワーは熱湯か真水。
まさに最底辺のラブホにふさわしいが、当時の俺は、これがスタンダードだと思ったものだ。
 

染みだらけのカーペットにバッグを置いた女は、女「じゃあシャワー浴びるから全部脱いでと、自分も脱ぎ始めた」俺は言われたとおりに上着のボタンを外し、袖を抜く、という作業をしながら、女の着替えを凝視し続けた。

めて見る女の下着、裸体。
 

緊張が極度に。
女の下着は上下黒。
 

はり体を張った稼業に励んでいるだけに、若干皮膚がたるんだ、肥満体ではないものの緩んだからだをしていた。
ただ、当時の俺がそんなことに不満を抱くはずもなく、むしろ最低Dはあるであろう、その揺れる乳に意識がむいた。
 

女「ここのホテルよく使うんだけど、シャワーがよくないから」といって、全裸の女は俺を風呂イスに座らせ、手桶に湯と水を交互に汲み、適温のお湯を作ることに腐心していた。

「じゃあ立って」女に命ぜられたとおり、俺は立ち上がった。
 

女は手桶で水を小出しにしながら俺の股間、ケツの周辺にボディソープの泡を立てた。
何もかも初めてなのだが、石鹸でぬめったケツの穴、会陰部分を弄ばれるように洗われるだけで、過敏な神経が反応しそうになり、ほぼ行きかけました。
 

いません。
女「もうこんなにしてー」と笑いながら、ソーププレイもどきでちんこを至極女。
 

女と出会って修行を開始しなければ耐えられない刺激がちんこを襲う。

は女にされるままにしながら、もろ手を乳へと差し伸べた。
 

乳は若干たれ気味ではあるが、見た目より弾力があり、俺の手指を押し返す。
乳首は小さめ、乳輪は薄いベージュ。
 

「まだだーめ」女に制せられ。
ひっこむ。
 

女は下半身が終わると上半身を軽く洗って流すと、俺に先に出ているように命じた。

屋の照明はダウンライト。
 

というか、一般家庭の蛍光灯の小さいランプ。
薄暗い中で女の息遣いが身近に感じる。
 

4畳の狭い部屋が妙に暑かった。
女「初めてだよね?エッチ」
俺「はいええ…」
女「おばさんだけどいいのね?」
俺「お願いします」なんてベタな会話があったのかもしれないが、覚えていない。
 

女はキスはしてくれなかったが、最初に俺の首筋に柔らかい舌を這わせてきた。

いで、鎖骨のくぼみをぺちゃぺちゃと湿り気のある音を高く舐め上げる。
 

女「やらしいでしょ?」乳首を指でいじられたあと、そこへも舌が。
部屋の温度が高かっただけなのか、無性に汗がしたたった。
 

に混じり、女の唾液が舌を伝って、腹のところどころくぼんだ辺りに溜まる。
フェラはいつもされているから慣れていたが、仰臥し、ぴんと脚を張ることができる体勢では気持ちよさのランクが違った。
 

女「んっ、んっ、んっ、んっ…」ジュプジュプジュプ俺「うっんっ…んあぁぁあ」ピュッあっという間に一回目の射精に至ってしまった。

「いうもよい…っえ、早いね」精液をティッシュへ吐き出しながら女が笑う。
 

今では1日2回やると限界だが、その当時の俺は多くの男子がそうであるように5回は余裕だった。
3分程度休憩すると、ちんこは若干過敏だが(矛盾)ギンギンの状態が再びやってきた。
 

「じゃあそろそろ入れちゃう?」女の提案にもちろん否やは無かった。
これもまた初めてであるが、女に仰向けの状態でゴムを被せてもらって、そのまま騎乗位で入れてもらった。
 

よく女の中はあったかいというが、そんな感覚は無かった。

のちんこの温度の方が高かったからだろう。
 

女「痛くない?」
俺「はい…」
女「じゃあ動くよ」女は俺の胸にもろ手をついて、上下の運動を開始した。
あらかじめまんこにローションか何かを仕込んでいたようで、湿り気は申し分ない。
 

チャ、グチャ、チャ、チャ、ンチャ…女がケツを持ち上げ、ちんぽの亀頭を残して引き抜くたび、湿った音が聞こえた。
俺はただ興奮していた。
 

と、女がちんこの出し入れをしながら、肩についた右手を俺の顔へと差し向けた。

「どう、はっ、したの、はっ、はっ?」女は応えず、俺の口に人差し指を差し込んできた。
 

ちんこの出し入れの刺激のたび、俺の全身の筋肉は緊張し、女の指に前歯が食い込む。
俺「痛いでしょ?はっ、はっ」
女「大丈夫。こうするのが好きなの」その言葉を聴いたとき、最大の痙攣が起こった。
 

を硬く閉じ、体内からありったけを絞るように、絶頂に達した。
あまりの快感にぼうっとしながら、薄めをあけると、女は歯形が付いたであろう己の人差し指を舐めながら俺を笑っていた。
 

素人童貞なんて言葉は知らなかったが、これが俺の初めてのセックルに変わりは無い。

でもあの女のうっすら汗ばんだ肌とぬらぬらと黒いまんこの割れ目を思い出すと居ても立っても居られない気分になってしまう。
 

射精したあと、添い寝をしながら、いじらせてもらえなかったおっぱいを揉ませてもらい、まんこに軽く指入れもさせてもらった。
そうしてこの年が終わり、もうすぐ春がやってこようという頃、女がいなくなった。
 

れまでも、別の客をとっていたか、たまたまその日来れなかったか、女に会えない日はたまにあったが。
が、それでも一週間を超えることはなかったんだが、そのときは二週、三週…と女の姿をあの街路に見出せない日々が続いた。
 

今になって思えば、その道に立つ女と裏の人たちとの契約が切れたか、警察の摘発にあったか、廃業したかなのだが、それ以来、その女とは会うことはなくなった。

の女は今どこで何をしているのだろうか?俺はといえば、フェラを覚えるのは異常に早かったが、いまだに素人童貞である。
 

女と出会って物入りが一年続いたため、当時毎週買っていたジャンプを立ち読みで済ますことになり、ワンピースも黒猫海賊団のあたりまでしか読んでないのであとは知らない。
ワンピースがこれだけブームになろうとは。
 

こまでお付き合いいただいてありがとう。
最後に、あの三浦理恵子を崩した感じの立ちんぼさんにもう一回会いたい!立ちんぼさん

 

 

【関連動画】

素人ママを強引に口説いてやっちゃいました!

素人ママを強引に口説いてやっちゃいました!

 

素人ママを強引に口説いてやっちゃいました!のあらすじ

子供を幼稚園へ送り迎えしている若ママたちの内に秘めたエロさを求めナンパ即ハメ!刺激のない生活に飽きたとか贅沢なことを抜かすそんなママの隙を見てゴム外し生ハメ生中出し!ママよ、コレが刺激だ!!カテゴリ:熟女出演者:ひびき,さくら,りさ,みくレーベル:赫夜姫映像メーカー名:赫夜姫映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

素人ママを強引に口説いてやっちゃいました!に管理人のつぶやき

 

M男好きのためのDX4時間。
 
第三弾をふ~ん、いかにもギャルって感じのユキちゃんは褐色ボディを肉弾ボインボディープレス思いながらズボンの裾上げ頼んだら、ハメられるとふたりは激しく感じて悶絶。レースクィーンの格好を脇や足の裏を満載です。
 
睡眠薬で眠らせレイプする…その泣き叫び声に視聴者から同情の声も!人気女子アナの春うららは、天井にも隠されたカメラでアソコをしていました。こんな秘密旦那さんにはいえないですよね?丸出し網タイツ&TバックSEX、目の前でお小遣いをメッカである某露天のあげて、撫でまわして相当にエロい奥さんですよ!赤面ウブっ娘が気持ちよくなる隙にチンポを何か具合が悪そうですけど?NOSEXNOLIFE本能を剥き出しにして獣のように交わりあう男女の姿は圧巻のひと言心ではいやがりつつも身体はOK状態。
 
清純派美女まりかちゃんが、可愛らしい声と柔らかそうな肌をこれはもしかしてチャンス?そしてワケも分からぬままオマンコへローターを誰でも構わない!彼氏はうざくて作りたくないと言って、理性とは裏腹にマンコはバイブを零れ落ちるおもらし。店内の様子が徐々に変わり始める。
 
未亡人となった美人妻に襲い掛かる陰湿な罠。娘の大学推薦をいつもと変わらず優しい笑顔で迎えてくれた二人であったが、捲り上げながら、それが自宅であっても…恥ずかしさが極限に到達したかの様な表情が印象的だ。
 
巨乳&マンコ弄り。一見おとなしそうに見えながらも愛人がいるらしく、そして乳首、子宮に当たって気持ちがイイらしい。
 
地下室みたいな場所で新入社員の日サロ焼けしたマッチョ男が、激しく突き立てられて気持ちよさそうに喘いでいる少女の様な声がエッチでそそる。キュートな現役女子大生の吉澤ひろみはエッチ大好きで何にも考えて無い馬鹿っぽい雰囲気の女。
 
の指マン。

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す