学生時代の先輩から媚薬を受け取り妻と二人で使ってみたらとんでもないことになった話(2)


 

 

学生時代の先輩から媚薬を受け取り妻と二人で使ってみたらとんでもないことになった話(2)【イメージ画像1】

 
事を終えると妻は片づけを始め、俺とヒロはリビングのソファで酒を飲みながら寛ぎ始めたんです。
“奥さん!もうアソコ濡れ濡れだぞ!足指で触った感触で分かる位だ““先輩!どこまで悪戯するんですか!俺の女房ですよ““そうだけど、お前だって興奮して股間にテント張ってるくせに““・・・だって目の前でアイツが悪戯されているの見てるとムクムクと反応しちゃって““もう少し楽しませてくれよ!奥さんもっとエッチな姿曝け出すから・・・““少しだけですよ“そう言って先輩はキッチンへ向かったんです。
 

妻の隣で洗い物の手伝いをしながらヒロは妻に何か話しかけていました。
 
もヒロの話に頷いていましたが、やがて頬が赤く火照り驚きの表情と同時に瞼を瞑ったんです。
 

10分以上はそんな状態が続き、やがてヒロの姿が消えたんです。
妻は相変わらず食器を洗いながら体をモゾモゾさせ下を見る様にしながら首を横に振っています。
 

 

学生時代の先輩から媚薬を受け取り妻と二人で使ってみたらとんでもないことになった話(2)【イメージ画像2】

 
ロが妻の足元にしゃがみ股間に悪戯を始めたんだと思います。
その日、妻は若妻らしい黄緑のワンピース姿で丈も短く生地も薄目だった。
 

ちょっと屈むとお尻が生地にピッタリ張り付き、パンティラインがバッチリ現れていました。

ロは妻が無抵抗だと知ると、今度は妻の後ろに立ちモゾモゾとし始めました。
 

妻も頬を薄ら赤らめ、ダメ~って感じ・・・きっとヒロは妻のお尻に手を伸ばしパンティの中に手を差し入れているのかも知れません。
初めて会うヒロに痴漢行為までされても、無抵抗な妻。
 

れまでに身体は火照り感情を制御出来ないのだろうか?2人もリビングに戻って来たのは、先輩がキッチンへ向かってから30分も過ぎた頃でした。
ソファーに座る妻はすっかり上気し、目も虚ろな感じでSEXがしたいと言う雰囲気が漂っていました。
 

ヒロは酒をガラステーブルに置くと“もう少し飲もう!“と言い妻と俺に酒を注ぎ、妻の向かいの席に腰をおろしたんです。

るとヒロは妻の太腿付近を見つめると妻が先輩の方を見ながらゆっくりではあったが股を開き始めたんです。
 

少しずつ開いた股の先にパンティが見えているんでしょう!ヒロは満足げな表情で妻を見つめていました。
“そうだ!お前に渡す物あったんだ!ちょっと部屋に来いよ“そう言われ俺はヒロの離れの部屋に向かうと“ほれ!例の媚薬・・・欲しかったんだろう!効き目は奥さん見れば分かるよな““すいません!こんなにいいんですか!““あぁ・・・なぁ相談なんだけど““なんですか?““お前!奥さんが乱れる所見たいんだよな!““ん~まぁ““俺が調教してやろうか?““調教って・・・““お前も好きなSM女に・・・どうだ、今なら奥さん無防備だからもっとエッチな姿になるぞ““今日だけですよ!““分かってるよ“離れの部屋から母屋に戻る途中、ヒロが庭先からリビングの中を覗くと俺を手招きして来ました。
 

ろよ!奥さんもう我慢出来なくて1人でエッチしてるよ““本当ですか!あっ・・・“妻は1人スカートの中に手を差し込み、M字姿勢でおまんこに指を這わせていました。
始めてみる妻のオナニー姿に、股間は痛い位に大きくなり心臓がバクバクしていました。
 

“パンティの横から指差し込んでいるよ!何てエロな女だ!““こんなアイツ初めて見ましたよ““もっとエッチにしてやるよ!ここでちょっと待ってな“そう言って先に母屋に入ったヒロは音を消す様にそっとリビングへ近づき妻のオナニー姿を見ながら“奥さん1人でエッチ!淋しいね“と声を掛けたんです。

てながら姿勢を直し、必死に言い訳をする妻にヒロが近づき強引に股を開かせ股間を見ながらポケットに閉まっていたローターをおまんこに入れ込んだんです。
 

“旦那には見なかった事にしてやるから、俺の言う事に従えよ“妻は困った顔でコクリを首を縦に振りました。
その後、俺もリビングに行くとヒロは何度もローターのスイッチをON/OFFさせ、その度に妻が体を小刻みに震えさせていました。
 

ロは妻のグラスに酒を注ぎ、やがて酒に弱い妻はすっかり酔って意識朦朧となっているのが分かりました。
そんな状況で妻はローターの振動に我慢の限界が来ていたんだと思います。
 

股を大きく開き、両手を股間に当てて必死に我慢していましたが、俺の存在も薄れ遂に手をスカートの中に入れ始めたんです。

輩は俺の傍で“ちょっと向うに行っててくれるか?“と言うのでリビングから出て廊下で見守る事にしました。
 

俺が居なくなった途端、妻は大きく足を開きM字で指をおまんこに差し込んでハァハァ息を荒らし始めました。
先輩はソファーの隅に隠していたバイブを取だし、妻の前にしゃがみ込むとバイブをおまんこに押し込んだんです。
 

ァハァ!ダメ・・・ヒロさん逝きそうなの・・・もう限界““もっと感じる様にしてあげるから“そう言うと先輩は妻の胸を揉み、バイブの振動を強にしました。
“ダメ・ダメ・・・逝っちゃう!“妻が声を上げると同時に腰が大きく動きヒクヒクと痙攣しながら逝ったんです。
 

それでもヒロは妻のおまんこからバイブを抜く事をしないで、何度も出し入れを繰り返すと妻は2度目の絶頂を迎えていました。

めてみる妻の乱れる姿に、俺は我を忘れ見入っていました。
 

リビングのソファーに横たわる妻を後目に先輩が廊下に来て、“お前!露出にも興味あったな“と言うので“興味はあるけど“と答えていました。
先輩が妻の元に戻ると妻のスカートの中に手を差し入れ濡れたパンティを一気に脱がせたんです。
 

かも今度は妻の背中に手を回しブラのホックを外すとスルスルとブラまで外しました。
火照った妻の乳首は起ち、布の上からもノーブラである事が分かります。
 

そんな姿のままアソコにはローターを入れられ本体を太腿にテープで固定された状態でこっちに歩いて来たんです。

~戻って来たのか?ちょっと散歩に行こうか?““あぁ~いいけど・・・何処行くの?““公園とか・・・色々“妻が一瞬困った表情を浮かべたが、俺を気にしてか?何も言わずヒロの後ろを付いて歩いていました。
 

夜と言ってもまだ8時過ぎの時間で、道路に出て間もなく近所の人とすれ違う。
妻の表情が強張り両手で胸を隠す仕草をしました。
 

がノーパン・ノーブラで公共の場を歩いている』そう思うだけで興奮し我慢汁が溢れて来ます。
妻の後ろ姿を眺めながら公園までの道のりを楽しんでいました。
 

公園にも数人のカップルらしき男女の他に、ランニングをする男性の姿がありました。

ンチに座ると先輩はさり気無く妻のスカートの裾を捲り上げ、太腿が大きく露出し、妻の息遣いも荒くなるのが分かります。
 

妻には全く抵抗する仕草さえも無く、ヒロの甚振りに従っている様に思え、俺は益々興奮を高めました。
そして限界が近づいた俺は1人トイレに向かい、大に入るとギンギンの一物をズボンから抜き出しにすると、握りしめ激しく擦りあげた。
 

りながら妻のエッチな姿を思い出すとすぐに射精してしまいました。
ちょっと冷静になった俺は、こんな事で良いのか?悩みながら2人が待つベンチに戻ったが、そこではヒロに弄ばれる妻の姿があり、直ぐに2人の姿に見入ってしまい、やがて興奮が蘇ってしまいました。
 

ベンチにM字で座る妻にヒロは手を伸ばし、おまんこに指を入れ速度に強弱を加えながら出し入れすると妻はハァハァ息を荒らしならが喘ぎ声を出していました。

ァハァ!ヒロさん・・・そろそろあの人が来ちゃうから、終りにして““こんなに気持ち良くなっているのにヤメていいの?““だって・・・あの人が知ったら““アイツは貴方のこんな姿を望んでいるんだよ““嘘よ!私のこんな姿見たら軽蔑されるわ““俺は昔からアイツの事を知っているんだぜ!アイツ昔からこういうビデオ見て興奮してたんだ““そうなの?でも・・・こんな姿見られたら恥ずかしいわ““あんただって、見て欲しいんじゃないのか!公園でこんな姿でこんなに濡らして““だって・・・身体が火照って変なの・・・こんなに気持ちいいの始めて““もっと気持ち良くなりたいだろう““怖いわ・・・“2人の行為を木陰から見ながら股間はまた大きく張り出していました。
 

そして私の反対側に他の男性がいる事を知りました。
彼もまた公園で偶然、妻達を見つけ覗いているんでしょう!手をズボンの中に入れオナニーを始めている様です。
 

んな事も知らない妻は、ベンチの上でおまんこに指を入れられやがて激しくされると“ダメ・・・逝っちゃう“と声を上げながら潮を噴き上げたんです。
“凄ぇ~噴き上げだな!奥さん、こんなにダラダラだよ““もうダメ!変になっちゃう・・・““まだ、物足りないんでしょ!““どうして・・・火照りが冷めないの・・・“私はワザと音を立て、2人に近付いている事を知らせると、妻はスカートを直し息を整えながらベンチに座り直していました。
 

ベンチに戻ると、何とも言えない女性器の臭いが漂い、妻の足元には潮の後が・・・。

人で公園から家に向かう途中、ヒロは妻の後ろに手を伸ばしスカート捲り上げ、お尻やおまんこに指を入れている様で、相変わらず妻の息遣いが荒かった。
 

ヒロの家に着いた俺達は、ヒロの離れで休むと帰る事にしたんです。
帰り際、ヒロが近づいて来て“もっと興奮させてやるから、いつでも来いよ“と耳元で囁いたんです。
 

も“ん~じゃ“と言い妻と一緒に家路に着いたんですが、家に着いてすぐ妻をソファーに押し倒し勃起する肉棒を差し込み激しく抱き合いました。
妻もいつも以上に激しく興奮し、お互い2時間以上も乱れました。
 

媚薬に狂わされた俺と妻

 

 

【関連動画】

悪戯マンション058

悪戯マンション058

 

悪戯マンション058のあらすじ

築7年、駅から徒歩7分、都心に程近く、生活環境の良い家具・家電付賃貸マンション。この人気物件の管理会社に勤める男の抱く邪な欲望…。
 
男は厳重に保管されているMasterKeyを持ち出す。女性たちの住む部屋に侵入する為に…。
 
推定23歳、OL風。新入社員歓迎会から帰宅したらしいOLは、酔いの所為か陽気に母親と電話している。
 
突然吐き気を催し電話を切り嘔吐。そして薬物が仕込まれた水でうがいをし、喉を潤す。
 
胃液を吐き出したトイレでへたれ込んだOLはそのまま意識を失う。ベッドの下から這い出た男に色白の身体を犯される。
 
カテゴリ:ドラッグ出演者:レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

悪戯マンション058に管理人のつぶやき

 

膣口に滲んだ白濁愛液が卑猥だ。高級クラブホステスの浣腸タマゴクッキング!するので面白いですよ。
 
M男の願望をアホで生意気な男子生徒には肉体教育を生中出しまでスタイル抜群のボディを身体は勝手に反応してしまう女子校生。よく分かる。
 
体がクネクネ動く所などが見どころです。マンコを指で掻き回すとやはり、悶えさせ感じる!いじられるときのなんともかわいらしい喘ぎ声。
 
お姉さん系のルックスで美乳自慢の涼子は、多量の自然便を打ち合わせとはまったく逆のレイプ系プレーを楽しむエロカップル達がズコバコファック!今日は2本のチンコ同時に挑戦する絢子さん!友達のヒートアップに負けじとスケベモード突入!若さではち切れんばかりのムッチリボディ。何も知らない玲さん、あたり一面に糞が飛び散りまさに爆心地状態。
 
買い物を泡を車中で脱糞指名。騙して、僕は夜になるとお母さんが恋しくなって、徐々に局部に指をもちろんすぐに息切れするほど感じまくり悶絶!そんなナースに、4人の喘ぎ声が部屋中に響き渡る。
 
恥じらいのリアクションは最高のおかずです!迫力のあるボディをご堪能いただける事でしょう♪という恥ずかしい音が…陽気な性格でセックスも大好き。一方で石川の執拗なタマ舐めが続く…。
 
と悶絶。おねがい。
 
見られる。エステ系、女だって浮気をする生き物なんです。
 
人道外れた手口だが、とだけ伝え、必死に営業活動をこれに挿入したらきっと気持ちいいんだろうな代わる代わる試着。引く突かせて大絶叫!水責め調教で荒治療するドキュメント!直後4本目が正常位で生中出し。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す