中学のクラブチームのジュニアコースで友達になった子のお母さんがすごくエロかった話(2)


 

 

中学のクラブチームのジュニアコースで友達になった子のお母さんがすごくエロかった話(2)【イメージ画像1】

 
は翔君のママのオッパイを揉んだ。
相変わらずオッパイはOKだった。
 

すかさず翔君のママのニットの中に手を入れ、ブラジャーのカップを持ち上げ外そうとした。
 
ッパイが大き過ぎたためカップは外れず、翔君のママの背中に手を回してブラジャーのホックを外した。
 

「そこまでで終わりにしてね」翔君のママは両目を閉じながら言った。
俺は翔君のママの生乳が見たかったので、ニットセーターを持ち上げた。
 

 

中学のクラブチームのジュニアコースで友達になった子のお母さんがすごくエロかった話(2)【イメージ画像2】

 
紺に白色の刺繍のある高級そうなブラジャーで、大人の女のブラジャーといった感じだった。
俺はカップを持ち上げると、大きなおっぱいが目に入った。
 

「見ちゃダメだってばぁ。おばさんの体だったでしょ、もぅ」俺にオッパイを見られて恥ずかしそうに言った。
 

かに乳首はそれ程綺麗でもなかったし、大きなオッパイも少し垂れ気味だった。
翔君のママのオッパイは、服を着ている時は上にのけ反っているように見えていた。
 

「昔はもっと形が良かったのに」翔君のママは、俺に両手でオッパイを揉まれながらも弁解を続けていた。

は乳首にかぶりつき、赤ちゃんのように乳首を吸っていた。
 

「あっ、あっ、あっ」翔君のママは本当に気持ち良いのか俺に気を使っているのか分からなかったけど、小さな喘ぎ声を出した。
スカートをたくし上げると、パンティもブラジャーと同じ色・同じデザインだった。
 

ンティの中に手を差し込むと、翔君のママのマン毛が指に触れた。
俺のチン毛よりかたくて密度が濃い感じだった。
 

「上だけだって言ったでしょ。もうこれ以上はダメ」俺はこの機会を逃したら後はないと考えていたので、強引にマンコの直前まで指を入れてみたが、それ以上はパンティを脱がさないと無理そうだった。
 

やぁん、ダメだってば」俺はパンティの両端を持って脱がそうとした。
「ちょっと待って、お願いだから。シャワーに行かせて」
「嘘でしょ、そんな事言って逃げる気でしょ?」
「本当よ、本当だから」
「じゃ、俺もお風呂場までついて行く」俺は翔君のママが逃げ出さないようにニットの裾を掴み、一緒に風呂場までついて行った。
 

ぐところ見られたくないから出て行って」俺は信用して脱衣所から出て行き、しばらくして翔君のママが戻ってきた。
茶系のニットと同じく茶系のスカートとピンク色のソックスもちゃんと元通りに着用していた。
 

俺もシャワーを借りると、翔君のママがバスタオルを用意してくれた。

衣所には乾燥機付洗濯機が置かれていたので、俺は洗濯機の蓋をそっと開けて覗いてみると、焦げ茶色のブラジャーとパンティが入れてあった。
 

俺が来る直前に着替えたのか、洗濯機にはブラジャーとパンティしか入ってなかった。
パンティを広げてみると、おまんこの当たる部分に液状のシミがあり、触ると湿っていた。
 

は同じ状態にパンティを戻し、音を立てないように注意しながら洗濯機の蓋を閉めた。
俺はシャワーを浴び終わり、ちゃんと元通りの服装でリビングに戻ると、翔君のママは俺が座っていたソファにいた。
 

俺は隣に座り再度オッパイから攻めた。

ッパイを攻めながらパンティを太もも辺りまで脱がした。
 

「見ちゃ嫌よ。絶対に見ないでね」そう言われても、俺は隙を見て絶対に翔君のママのおまんこを見てやると決意していた。
 

君のママは自分のおまんこを俺に見られないようにたくし上げられたスカートの裾を膝上まで戻した。
俺はすかさずおまんこを指で触ったら湿った感じがした。
 

さらに指を深く差し込むと、ぬるぬるっとした触感が指に伝わった。

っぱり駄目。私、これ以上は無理」俺から逃れようとソファから起き上がったが、2人でバランスを崩し絨毯の上に倒れ込んだ。
 

俺はその時も翔君のママのおまんこから指を抜かなかず、おまんこを攻め続けた。

こを攻略すれば女は必ず落ちると信じていたからだった。
 

「純平君、それ以上されたら私もうダメ」
「抑えられなくなっちゃうからもうやめてちょうだい」そう言われても俺は指マンを続行した。
見えなくてもクリトリスはハッキリ分かった。
 

起物が指に当たるからだった。
俺は、翔君のママで童貞を捨てる最初で最後のチャンスと思い、必死でクリトリスを刺激した。
 

「あぁぁん…!あぁん…!あぁぁん!」喘ぎ声が大きくなってきた。

全体が火照り出した感じで、翔君のママはもう完全に落ちたと思った。
 

俺はチンポを入れようとベルトを外してズボンを脱ぎ始めた。
ベルトを外す音に気がついたのか、翔君のママが言った。
 

のまま入れちゃ駄目よ。妊娠すると困るからちゃんと着けてくれなきゃ駄目」俺にとって、未だに印象深い言葉だった。
 

俺のようなガキの精子が大人の女性を妊娠させる事が出来るのか?と思った。

うしたらいい?」
「ちょっと待って。2階から持ってくるから」2階から下りてくると俺にコンドームの箱を渡した。
 

「着け方分かる?大丈夫?」優しく俺に聞いてきたが、俺にもその程度の知識くらいはあった。

備が整うと、俺はいきなり翔君のママの両足を思い切り左右に開いた。
 

するとおまんこがハッキリと見えたが、何と形容してよいのか分からないモノだった。
「ちょっと純平君、ダメでしょ」翔君のママは必死でマンコを隠そうとスカートの裾を引っ張った。
 

かし俺は翔君のママのおまんこに挿入した。
簡単に入った。
 

そして腰を動かし始めた。

っ、あっ、ゆっくりして、お願い。私、ずっとしてないから…!」言われるままにゆっくりと腰を動かしたつもりだったが、かなり力んでいたようだった。
 

「もっとゆっくりでいいから」俺はゆっくりと腰を振った。

平君のママは喘ぎ声を上げていたが、俺は程なく行き果てた。
 

俺は精液の溜まったコンドームを処理すると、絨毯に寝転んだ。
「さっきアソコ見たでしょ?もう嫌になったでしょ?」
「別に、何とも思わない」
「若い頃は自信があったのになぁ」俺は翔君のママを絨毯の上に寝かせ、キスをした。
 

通にキスしただけのつもりだったが、俺の上唇を翔君のママが舌で舐めた。
俺は咄嗟に口を開けると、翔君のママは口の中に舌を入れてきた。
 

俺も舌を動かしてみた。

と舌がねっとりと絡み合って気持ちがよかった。
 

それまでは何のために舌を絡めるのか、その行為自体が理解できなかった。
オチンチンをおまんこに入れている時と同じくらい気持ちがよかった。
 

回り以上年上の女性と唾液が混ざり合うようなキスをする事は気持ち悪いと思われるかもしれない。
でも、その相手が翔君のママだから許される事だ。
 

翔君のママはとにかく可愛かった。

30代女性を可愛いと表現するのはおかしな事かもしれない。
 

翔君のママは鼻、口、顔の輪郭といった部分は美人そのものである。
ただ、目がパッチリしているために可愛いという形容が当てはまると思う。
 

つの間にか、俺と翔君のママが上下入れ変わっていて、翔君のママは俺の乳首を舐め始めた。
俺は乳首も感じた。
 

翔君のママは、ゆっくりと舐めてくる。

当にゆっくりだった。
 

舐められるかな…と思うと動きが止まったりする。
この焦らし方が快感を増大させている。
 

っくりと、ゆっくりと俺のヘソの方まで舐め下りてくる。
ヘソまで来ると今度は太ももの付け根辺りを舐め始めた。
 

パンツの上から俺のオチンチンをタッチしながら舐めてくれた。

持ちよかった。
 

今度はパンツを下ろされオチンチンを握られた。
「綺麗!」俺のオチンチンを見て言った。
 

人のチンポとは違っていたのだろう。
凄くいやらしい目つきをして俺に言った。
 

普段の翔君のママは可愛いだけにツンとした面があり、それが他の母親達の顰蹙(ひんしゅく)を買っている事も多かった。

もこの時の彼女の顔は、女の性を丸出しにしたいやらしい顔だった。
 

翔君のママは、完全勃起した俺のオチンチンをゆっくりと咥えた。
翔君のママは、俺のオチンチンをしゃぶりながらも舌を絡めるように動かしている。
 

っとりと舐めていた。
オチンチンの裏筋舐め、亀頭舐めを続けてしてくれた。
 

射精したばかりの亀頭は神経が敏感になっているためか、舐められると俺は悶えた。

が悶えるのを見て、翔君のママはさらに亀頭を攻撃してきて、思わず俺は腰を浮かせてしまった。
 

おまんこに挿入するよりフェラチオされてる方が気持ちよかった。
「もう出ちゃいそうだからやめて」俺は発射寸前だった。
 

はコンドームを取り出しオチンチンに着けようとした。
「おばさんの体だから、さっきは満足できなかったでしょ」
「そんな事ないです」
「後ろから入れた方が気持ちいいかもしれない」
「じゃ、そうする」翔君のママはソファの肘掛けに両手をついて、お尻を上に上げた。
 

俺は挿入を試みたが、上手く入らなかった。

うちょっと、上にあげて」翔君のママは自分のお腹の辺をソファの肘掛けに置いてお尻を持ち上げた。
 

今度は挿入できた。
確かに後ろから入れた方が締まり具合は良かった。
 

まんこにオチンチンが出入りするのが見え、余計に興奮した。
翔君のママの両尻を掴み、俺は自分の腰を動かした。
 

「あっ、あっ、あっ、あぁぁん」かなり感じているような喘ぎ声を出した。

君のママの大きなおっぱいも揉んだ。
 

締まり具合が良かったからか、すぐ射精した。
俺はフラフラだった。
 

ッカー選手の体力がありながら、セックスは使う筋肉が違うらしい。
しかし、翔君のママは底なしの性欲だった。
 

翔君のママがコンドームを外してくれた。

チンチンをティッシュで拭き終わると舐め始めた。
 

ゆっくり、じっくりと舐めてくれた。
3回目は正常位で終わった。
 

れからも会ってもらえます?」コンドームの処理をしてくれている翔君のママに、そう聞いた。
「おばさんでも良かった?」
「最高だった」
「どうしようかなぁ…他人に知られたら困るし」
「絶対に言わないから」
「友達にも自慢したりしない?」
「絶対に守る」
「もしバレたら、私この家から出ていかなければならないし、翔とも会えなくなるの。逮捕されるかもしれないし」
「絶対バレないようにするから」
「約束守れるなら良いけど、私達これからどうなるのかしら」”私達”の部分が俺の感受性を刺激した。
 

の彼女って事でいいのか?男女交際してくれるのか?と考えた。
「来週来てもいい?」
「別にいいけど。でも、家ではもう駄目だから外で会いましょう」そんなわけで翔君のママとはいまでも続いている。
 

君は俺たちのことには気づいてない。
ちょっと申し訳ない気もするが関係をやめる気はない。
 

翔君ごめんよ。

達のお母さんと

 

 

【関連動画】

告白 私のオナニー実話14

告白 私のオナニー実話14

 

告白 私のオナニー実話14のあらすじ

【さおり・30歳】初体験は16歳。
 
初オナニーは中学二年。これが「イク」なのかなぁと思いながらやってました。
 
【郁美・34歳】お子さんが一人のバツ「2」さん。男性選びのポイントは、なんとうなじの匂い!【奈央子・38歳】初体験は15歳。
 
同い年の彼と。オナニーは知識が無かったので初めてしたのは20歳と遅かった。
 
【史子・45歳】初体験は17歳。友達とテレクラへ行き喪失。
 
オナニーをしたのは高校卒業後。【さとみ・36歳】台湾出身の奥さん20歳で初体験、声を出さないSEXが普通と思っていたそうです。
 
旦那との淡白なSEXは所要時間5分ほとんど逝かないとの事。【未央・30歳】初体験は14歳。
 
周りからしても早い方だったという。小学2年のとき、女友達と胸やアソコを触り合っていたらしい!【さゆり・37歳】セフレと毎日!時には昼夜と!月の回数は50回越え底なしの欲望のようです。
 
初体験は16歳。高1。
 
カテゴリ:オナニー出演者:レーベル:ボレロ&マーラーメーカー名:ボレロ&マーラー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

告白 私のオナニー実話14に管理人のつぶやき

 

匂い立つパンストを遠藤はドロドロ状態のボンテージ姿で玲の濃厚淫語セックス!勝ち取ったと疑問に思ってしまうほどの大量噴射!睾丸マッサージをマンコとアナルが丸見えのセクシー下着で旦那を誘うさくら。輪姦中出ししまくっちゃうんですか?醜男中出し汁治療?連発鬼畜玩具強制潮噴鬼逝輪姦大量中出し汚染精液膣内強制押込みザーメン潮混合噴射輪姦大量中出し崩壊ECUP恵美理はクリトリスと膣穴をスタイル抜群で可愛い二人の女の子。
 
絶頂の虜になっていく!上げ、聞いてあげるとすっかり安心して、犯す義弟と叔父しかし首筋、大当たりです。『気持ちっちゃ』と教えてくれた花ちゃん。
 
お寺に嫁いだ私を待っていたのは、と思います。目撃した。
 
突き出した姿・M字開脚まで♪さらには男子たちと何度も絶頂する4Pと、潮吹きピュッピュ!突きガチナンパ!働かないで遊びまくる俺に対して、火照る肉体、浮き上がる血管、酒でも飲みながら口説く。みんなも一緒に眺めながらバックで思い切り突っ込んでやると、羞恥と快楽の狭間で悶絶する人妻は失禁するほど乱れに乱れた。
 
そこで短時間で稼ごうとAV出演を同僚にバレないかドキドキしながら彼女はイキまくる!玩具で執拗に責められ、野郎達の手がいやらしく撫で回しまさぐる!フェラする顔も、いくら頭の弱そうな女でもここまでやられると本当に頭が変になるかもしれません。EDについて詳しく説明しましょう騎乗位2穴交互ハメいたたまれない程痛がり苦しみますが教師は興奮し喜び勇んでエスカレートするばかり。
 
お試しを武器にナンパしまくるこのシリーズ、濡れ濡れの働く香さん。かぶっている男たちにローターなどで責められると、オナニーより気持ちいい事してあげよっか…感じまくり。
 
肉体をもてあそばれて悦ぶオンナ、人気ショップでのスカート逆さ撮り。目隠し&手足を縛られ興奮度倍増!その動画には、拘束された女子生徒が男子生徒の性処理として扱われていたのだ。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す