妻の実家で寡婦となった義母を抱いた…。たまっていたのか、淫汁を大量分泌して感じまくる義母に柄にもなく興奮してしまった(その2)


 

 

江美子、そろそろ始めるよ。」義母の腰を手繰り寄せて腰を持ち上げながら正常位で奥深くに挿入してやると亀頭がクチュッと子宮の中に入っていきます。
 

それからゆっくりとピストン運動を始めました。
チンポの三分の二ほどがおまんこの中に収まり、結合部がメリメリ音を立てそうですが、驚くことに義母の膣はチンポの抽迭を迎え入れるかのように薄い肉壁をチンポに絡ませ続けます。
 

義母の子宮の奥深くまでチンポを挿入してやります。

 

妻の実家で寡婦となった義母を抱いた…。たまっていたのか、淫汁を大量分泌して感じまくる義母に柄にもなく興奮してしまった(その2)【イメージ画像1】

 
『ああ~あぁぁぁぁ~っ!イイっ・・・凄お~いっ!奥の方が変な感じい~っ・・・子宮にっ、し、子宮にっ・・・・入ってるぅぅぅ~~~!』義母は性感が高まり、自分の意思とはかけ離れ、身体が快感を求めてどうにもならないみたいです。
 

『ダメえ~っ!、いやあぁぁぁ~っ!』と叫びながらも喘ぎ声を押さえられないようでした。
定期的に襲ってくる快感に耐えられないのか、首を左右に振りながら髪を振り乱します。
 

義母は、もう大声を上げることも平気になってきたようです。
『ああぁぁ~っ、凄いっ・・・お願い。あんまり激しくしないで・・ああっ・・こんなにイイなんてっ・・・』はぁはぁと荒い息づかいをしていましたがだんだん声も出ないようになってきたようです。
 

 

『あん!あん!あん!いい~!いい~!気持ちいい~~!ああ~~!』俺はついに根元までチンポを挿入して激しくピストンしてやる。
パン!パン!パン!『ああ~~!いい~~!おまんこがぁ・・・おまんこが気持ちいい~~!ああ~~!ああ!もっとぉ~!もっと突いてぇ~!おまんこ突いてぇ!ああ~~!おチンチンがいい~ぃ!あぅ!ああ~ん!ああ~ん!おぅ!おぅ!おぅ!』ジュボッ!ジュボッ!ヌチャッ!ヌチャッ!とチンポを膣から出し入れする音が部屋中に響き渡ります。
 

『ああ~ん!ああ~ん!いい~!気持ちいい~!ああ~ん!イキそう~!イキそう~!ああ~ん!イク~ッ!イク~ッ!』「江美子嬉しいだろう。
おまえのいやらしいおまんこがグチャグチャ音をたてながら、いっぱいスケベ汁を出してる。そんなにいいのか?」『ああいいわ!すごく感じる、どうしょう、いい!ああいい!直樹、江美子イキそう、直樹も一諸にいって。
どうしょうああぁいく~~~~ぅ!いっちゃう~~~~!うおぉぉぉ~~~!ひぎゃぁぁぁ~~~!』と牝の獣のような淫声を出して女体をブリッジさせて腰を激しく上下させて白目を剥いて5回目の絶頂に達して悶絶し失神した。
 

 

妻の実家で寡婦となった義母を抱いた…。たまっていたのか、淫汁を大量分泌して感じまくる義母に柄にもなく興奮してしまった(その2)【イメージ画像2】

 
おれのチンポがもたらす強烈な快感の渦をおまんこで受け止め、更に強い刺激と快感を求め続けるうちに途中でも何回も軽くイキ、最後に壮絶な絶頂に達して果てたようです。
 

俺は、しばらくピストン運動をやめて挿入したままで気を噴きかえすのを待った。
失神しているのに膣や子宮はしっかりとチンポを咥えていて亀頭や陰茎を絞めつけてヒクヒクと蠢き続けて繰り返し刺激してくる。
 

堪らなくなってチンポをピクピクさせて子宮を刺激してやると、その動きに反応して腰を痙攣させる。
抱き起して座位の体位で双乳を揉み扱きながら乳首を交互に口に咥えてレロレロと舐めたり甘噛みしたりしてやると、義母は意識を取り戻した。
 

 

こで、お尻を両手で持ち上げてピストンをします。
パン、パン、パンと突くたびに膣からはグチュグチュッと音がします。
 

『ああぁぁ~っ、あああああぁっ!!またなの!?さっきより凄くなってくるう~っ!奥の方が・・・奥の方が・・・いつもとちがうの~っ!もう限界イイっ・・・もうどうにでもしてえ~っ・・・』義母の6度目の絶頂はすぐやってきました。
『ああ、うわぁぁぁぁっっ!!』と叫ぶと手足をぶるぶると震わせるようになりました。
 

それでも、俺は容赦なくピストンの嵐を送り続けます。

 

少しの間動きを止めても、また直ぐに波状攻撃を繰り返します。
 

だんだん亀頭を膣口まで一端引き戻し、それをまた膣奥深く突き刺すといった一深二深運動になっています。
チンポを咥えこんでいるおまんこからは、淫液を通り越して大量の白色液が垂れています。
 

とうとう、義母の目には、随喜の涙が見えるようになりました。
『あううっ!!どんどん入ってくるぅっ!!もうどうなってもイイの~おっ!!もっと、もっとメチャメチャに壊してっ!!・・・』義母は、何度も連続してイっているのでしょう。
 

 

俺は、雁の張った亀頭を、膣口から見えるまで引き出します。
そして勢いをつけ、21cmの距離を子宮の奥底まで一気に入れます。
 

『にゅるっ!ズブっ!』の繰り返しです。
『ひゃああぁぁぁっ!!またイク~うっ!!直樹、もうだめえ~っ・・・!あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!壊れたあああぁぁぁっ!ああ!ああぁ~~~~!またいく!いく!いくぅ~~~~!貴方ぁ~~もっともっと突いてぇ~~~!奥まで来てるぅ~~~!ああだめ!だめ!江美子がこわれるぅ~!』義母の悲鳴が上がり、鳴きそうな声で叫びます。
 

『いやぁぁぁっぁ~~~~~~~~~~~~~ぁ!!』義母は、またイったのでしょう。

 

もう何回もイキ続け、義母は体が本当に止めてほしいのか、そうでないのか、乱れすぎて分からなくなっているんでしょう。
 

俺はチンポを出し入れする距離を長くし、一深、二深、三深と突き入れるスピードを更に速めていったときです。
『うわああああぁぁぁぁぁぁっっ~~~~~~~~~~~ぁっ!!!」断末魔の喘ぎ声を出して腰を激しく痙攣させて7度目の絶頂を迎えてイキました。それでも私はまだなので、更に激しく義母の腰を上下させてパンパンパンとピストンをすると、チンポを絞めつけておまんこの肉襞や子宮の入口が亀頭が擦るように蠢き、チンポは快感に我慢出来なくなってきました。チンポの根元がドクドクしてきて精液が噴き上がるような感じがしてきます。いつもより早く射精の限界が来たので下腹に力を入れて射精感を制御します。義母の腰を大きく持ち上げてチンポを膣の入口まで出し、子宮の中の壁に当たるまで深く突くというピストンをすると『嘘ぉぉぉ~~~~!まだぁぁぁ~~~!うぅっ!ああ!いいわぁ?貴方、硬いのが子宮の奥にごつごつ当たるわ。ああ!たまらない!すごくいいの。何でこんなにいいの?どうしょう!貴方まだ?江美子はまたいきそう!お願い!一諸にいって!ウグッ!いきそう!』と顎を突き出し、仰け反り、必死に腰を痙攣させてきた。
「江美子、俺もたまらない。チンポ絞めろ!何度もイカしてやる!そうだ!気持ちいいぞぅ~~~!いくぞ!」と腰を突き上げると『いい!おまんこも子宮も全部がいいのぉぉぉ~~~!江美子、もうだめ!貴方早く来て!ああ!いくいくいくうぅぅぅ?~!!』と顔を左右に振って絶頂を迎え、義母は大きくあえぎ腰を痙攣させて果てた。
「俺はまだまだ!」と言ってさらに激しくパンパン、パンパンと義母のおまんこを突いてやる。「江美子、どうだ?気持ちいいか。」『どうしよう。私が変になる~~~~ぅ!壊れる~~~ぅ!死んじゃう!死んじゃう!死んじゃうよ~~~!ひぃ~~~!ああ~~~!ウッグ!』と白目を剥いて失神した。
それでもかまわずにピストンしてやると、義母は言葉にはならない大きな淫声を張り上げて叫びました。『もうやめて~~~ぇ!江美子はもぉ~~~!ひぃ~~~!またいくよ~~~!いく!いく!いくぅ~~~!いやぁ~~~!本当にどうにかなちゃうょ~~~!ひぃぃ~~~!おチンチンで殺してぇ~~~~!うぐぅ~~~~!ひぃぃ~~~!』と叫んで終にイキぱなしの状態に入り、激しく腰を突き上げ痙攣して白目を剥いたままで意識を浮遊させた。
義母の膣の肉襞や子宮はチンポを絞めつけたり吸い込むような動きをして射精を促してくる。ようやく俺もチンポの根元が再びドクンドクンとしてきて睾丸から精液が噴き上がってくるので「江美子、もういくぞ~~~!」『きてぇ!きてぇ~~~~!中にいっぱい出してぇ~~~~!ひぃぃ~~~!ああぁぁ~~~!いく!いく!いく!いちゃう~~~~!一緒にぃ~~~ぃ!うぅぅ~~~!いやあ~~~ぁ!い!い!いぐぅ~~~!』義母のイクのを聞きながら、同時に子宮の奥にドビュ、ドビュっといっぱい射精した。
俺はしばらくおまんこの中にチンポを挿入したままで蠢く肉襞や子宮の収縮を愉しんでいました。クチュと子宮に入っていた亀頭が抜け出て、やがて萎えたチンポがおまんこから吐き出されました。チンポがおまんこから抜け出た後も義母はSEXの余韻で時折、腰を痙攣させて動けずにいます。俺が淫液と精液にまみれたチンポを義母の口元にもっていくと意識が朦朧としているのにチンポを咥えてジュボジュボと音立ててお掃除フェラをしてくれて『ごめん!江美子はもう動けないの。暫く休ませて。』と言い眠ってしまった。
寝ているときも腰を痙攣させて呻くような淫声を出していた。30分ほどすると目を覚まして隣で寝ている俺のチンポを握ってきた。『凄いのね。直樹のおチンポ、江美子はこんなにイカされたのは初めてよ。まだおまんこの中におチンポが入っているみたいで・・・中がヒクついているわ。』と言って、チンポを扱いてくる。
半勃起のチンポがビンビンに硬く大きく勃起してきた。ビンビンになって勃起しているチンポをいきなりチンポを咥えてジュボジュボと音を立ててフェラします。そこで俺も淫液を溢れ出させている膣穴に指を2本挿入して膣の中を掻きまわしてやると、咥えているチンポを吐き出して、喘ぎ声を大きくだし『いやぁ~、あぁ~ぁ、そこ、そこ、気持ちいいよぉ~、もっともっとしてぇ~』と腰を跳ね上げてきます。
「もう一度、指でイカしてやろうか。」といって膣の中のGスポットを指の腹で擦ってやると、『はぁ~ぁ、うぅ~ぅ、そこ、そこ、そこが良いよ~、いいぃ~、いい~、ひぃ~、イク、イク、イクゥ~、いっちゃうよ~』と腰を激しく痙攣させておまんこから潮を噴き出し絶頂に達してイキました。
私がオッパイを揉み乳首を吸って甘噛みしてやると気を取り戻した。「もうイッたから俺のチンポはいらんかな?」言うと義母は『ううん、欲しい、欲しい、これが欲しい!』とチンポを握って扱いてくる。
「何をどこに欲しいの」と言うと『江美子のおまんこにこのおチンチンを入れて欲しい!』「おチンチンじゃないだろ。
チンポだろ。」と言うと義母はチンポを扱きながら『江美子のおまんこにおチンポを入れてぇ~!おまんこの中をチンポで掻き回してぇ~!』と絶叫します。
「M字開脚して両手で両足を持ち上げてヌルヌルの淫乱おまんこを拡げてごらん。そして江美子の厭らしい淫らなおまんこを見てくださいとお願いして!そしたら入れてあげるよ」義母は仰向けになり太腿を持って股を開きました。おまんこが丸見えで皮がむけて尖ったクリや陰唇が捲れ上がり膣穴がポッカリと開き、蠢く中の肉襞まで見えます。淫液が溢れ出しチンポを欲しがる膣穴はパクパクとしていてすごく卑猥な牝です。『江美子の淫乱おまんこに直樹のぶっといおチンポを入れてください。おねがぁぁぁ~~~ぃぃぃ!!!』俺は我慢できなくなり妻の膣穴にチンポの亀頭を当てがって、それから一気にチンポを挿入してやりました。
義母の膣は今度は抵抗もなくチンポを受け入れます。膣の奥に突き当たると『うわああああぁぁぁぁぁぁっっ!!!』と大声を出して腰を跳ね上げます。
俺は腰を抱えて子宮の中にチンポの亀頭が入るように根元までズズゥ~と入れてやりゆっくりとピストンして動き出すと『ああ~あぁぁぁぁ~っ!イイっ・・・凄お~いっ!奥の方が変な感じい~っ・・・子宮にっ、し、子宮にっ・・・・入ってるぅぅぅ~~~!』
『ああぁぁ~っ、凄いっ・・・、やっぱり凄いっ!お願い。あんまり激しくしないで・・ああっ・・こんなにイイなんてっ・・・、気持ち好すぎるよぉぉぉ~~~!』
『うああぁぁ~っ、あああああぁっ!!またなの!?さっきより凄くなってくるう~っ!奥の方が・・・奥の方が・・・いつもとちがうの~っ!もう限界イイっ・・・もうどうにでもしてえ~っ・・・』
『あああああ~~~~~!ああああ~~~~!いいいい~~~~!気持ちいい~!直樹ぃぃぃ~~~、凄いよぉ~!硬いよぉ~!でっかいよぉ~!はぁ~!はぁ~!いいよ~~!感じるぅ~!直樹のデカチンポ大好きぃ~~!』
『ああ~!あああ~~!あああ~~!おまんこがいい~~!おまんこがいい~~!あああ~~~!あああ~~~!いい~~!突いてぇ~!おまんこの奥まで突いてぇ~!気持ちいい~~!あああ~~~!ああ~~!あっあっ!』俺は、雁の張った亀頭を、膣口から見えるまで引き出します。
そして勢いをつけ、21cmの長さを子宮の奥底まで一気に入れます。『にゅるっ!ズブっ!』の繰り返しです。
『ひゃああぁぁぁっ!!またイク~うっ!!直樹、もうだめえ~っ・・・!あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!壊れたあああぁぁぁっ!ああ!ああぁ~~~~!またいく!いく!いくぅ~~~~!貴方ぁ~~もっともっと突いてぇ~~~!奥まで来てるぅ~~~!ああだめ!だめ!江美子がこわれるぅ~!』
『ああいいわ!すごく感じる、どうしょう、いい!ああいい!直樹、江美子イキそう、直樹も一諸にいって。どうしょうああぁいく~~~~ぅ!いっちゃう~~~~!うおぉぉぉ~~~!ひぎゃぁぁぁ~~~!』次々と子宮から快感が押し寄せるのでしょうか。
『はあ~~~あぁ!いやぁぁぁぁ~~~!もうイクのイヤやのにぃ~!いっちゃうよぉぉぉ~~~!あああ~~!気持ちいい~!おまんこも子宮も痺れるぅ~!』と義母は何度も狂ったように喘ぎ激しく腰を上下させます。
私も負けじと激しくピストンし、おまんこを壊れろとばかりに突き上げてやります。「スケベで淫乱女の江美子、おまんこにチンポをいっぱい挿入られて気持ちいいか。チンポなしでいられない淫乱肉便器のおまんこ女め!」『はぁ~!はぁ~!はぁ~!あああ~~!いいい~~~!気持ちいい~!江美子はドスケベで淫乱な貴方専属の肉便器ですぅ~!貴方のおまんこ女です~!』
『突いてぇ~!おまんこ突いてぇ~!気持ちいい~!おまんこ大好きぃ~!いい~!おまんこいい~!おまんこ痺れるぅ~!あああ~~~!イクぅ~!イク、イク、イッちゃぅ~~~!ヒィィ~~~~』
『どうしよう。私が変になる~~~~ぅ!壊れる~~~ぅ!死んじゃう!死んじゃう!死んじゃうよ~~~!ひぃ~~~!ああ~~~!ウッグ!』
『もうやめて~~~ぇ!江美子はもぉ~~~!ひぃ~~~!またいくよ~~~!いく!いく!いくぅ~~~!いやぁ~~~!本当にどうにかなちゃうょ~~~!ひぃぃ~~~!チンポで殺してぇ~~~~!うぐぅ~~~~!ひぃぃ~~~!』と叫び悶えて痙攣した。
俺も何故か快感が我慢できずチンポの根元からドクドクと噴き上がるような射精感がこみあがり「江美子、もう射精すぞ!」と言うと『きてぇ!きてぇ~~~~!中にいっぱい出してぇ~~~~!ひぃぃ~~~!ああぁぁ~~~!いく!いく!いく!いちゃう~~~~!一緒にぃ~~~ぃ!うぅぅ~~~!いやあ~~~ぁ!い!い!いぐぅ~~~!』と叫んで腰を激しく痙攣させる。
俺も我慢の限界に達して「あああ~~!イクぅ~!射精るぅ~!」とさっきより多い量の精液を子宮の中にドビュっとぶちまけたのでした。子宮の奥の壁に大量の精液をぶちまけられて義母の子宮は激しく痙攣し亀頭を包み揉みしだくように蠢きます。俺も最後の一滴までドクドクと射精した。射精で義母は『うぁあ~、ダメダメ、またイクゥ~~~、イグゥゥゥゥ~~~~』といって激しく腰を突き上げ痙攣して失神しました。
私はしばらくおまんこの中にチンポを挿入したままで蠢く肉襞や子宮の収縮を愉しんでいました。やがて萎えたチンポがおまんこから吐き出されました。2回戦が終わりました。その日は夕方まで義母のおまんこにいろんな体位でチンポを挿入してセックスをしました。義母は淫乱女で『江美子、直樹のおチンポなしではもう生きられないよ~~~!』と言って自分からチンポを掴んでおまんこに入れて激しく腰を振りイキます。
何回、セックスをしたでしょう。もうチンポは勃起しても射精せずです。理恵が帰ってくる時間が近づいたので最後に義母を半狂乱になるくらいに思いっきりイカせて悶絶、失神させて「江美子、理恵が帰ってくるから終わろうね。」『はああぁっぁ!江美子はおまんこと子宮がどうにかなってしまい、ヒクヒクして動けないの。終わってくれてありがとう。』と言って大股開きでおまんこの膣穴をパクパクさせて精液と淫液の混ざった汁を溢れ出させて、腰を時折、激しく持ち上げて痙攣している。
30分位して裸のままの義母を抱えてシャワーを浴びに行き、それから義母の部屋のベッドに全裸のまま寝かせた。俺も疲れたので自分たちのベッドでそのまま寝てしまった。やがて理恵は戻ってきて『いやだ。直樹たら、まだ寝てるの!もう起きてよ!私、着替えるからお買い物に行こう!』と言います。
俺は目を覚ますと、理恵は服を脱いでブラをはずしてパンティを脱いで全裸になって化粧を落としています。「理恵、こっちにおいでよ!」と俺が言うと理恵は『もお・・・、したいの?』って言います。
「もうビンビンに勃起してるよ!」と俺が言うと理恵は『直樹のスケベ、絶倫なんだからあ・・・。友達にも聞かれたわ《理恵たちって新婚なんだからSEXってすごいんでしょ!毎夜SEXするの?》って。だから時間があれば直樹がしたるからって返事したわ。そしたら《す、すっごいぃぃ~~!》って驚いてたわ。』と言って全裸のままベッドにきてビンビンのチンポを握って扱きながら『階下でお母さんがいるし、まだ明るいから近所にも聞こえちゃうからダメ!お買い物に一緒に行って!』と言い、チンポを咥えてジュボジュボジュルジュルと音を立ててフェラしてくれます。
俺は「ううぅっ!理恵、気持ち良いっ!」と呻きます。理恵は突然、フェラをやめてチンポを口から出して『これ以上はあ・と・で!さあ起きて!一緒にシャワーを浴びよ!』と言いました。
俺も本音は義母と散々SEXしたのでどっちでも良かったから起きて理恵と一緒に全裸のままで階下に降りて行きました。階下に降りると義母の部屋の扉が少し開いていたので理恵が覗くと『嫌だあ!お母さんたら素っ裸で凄い姿で寝てるわ!恥ずかしいわ!』と言うので俺も見ると、開脚しておまんこや肛門まで見せて全裸のままで寝ていておまんこからは淫液を溢れ出させて寝ている。
「お母さん、僕たちに刺激されて自慰でしてたんじゃない?お母さんだってまだ若いんだから。」と俺が言うと理恵は『そうかも?お母さんたら腰を痙攣させてるし、おまんこを濡らしてるもん!』「そっとしておこう!」『そうね。
そうしましょう。』と言って二人で浴室に行きシャワーを浴びて洗いっこして部屋に戻った。それから理恵は素っ裸の上にニットのドレスを着て、俺は短パンを穿き上はタンクトップを着た。理恵を抱き寄せてキスしながら「理恵、このドレスはオッパイと乳首が浮き出てるよ。」『直樹だっておチンチンが短パンの裾からはみ出してるよ。』「車の中でおまんこを触ちゃおうかな?」『いいよ!理恵だっておチンチンをしゃぶるからね!』と言いあいます。
それから出かけるために階下に降りて車で出かけました。このSEXを契機に私が理恵の実家にいる期間中、義母は一段と熟女の妖艶な色気を増し、いつも上はノーブラでタンクトップや胸元が大きく開いて乳房の膨らみが見えるTシャツを着て、下はノーパンでおまんこやお尻が見えるような凄く短いフレアスカートを穿いて淫乱な服装でいるようになりました。理恵が寝てからと留守の時は必ずと言っていいほど、義母は立場を忘れてSEXしたがるようになり、そして、俺たちは帰るまで何回もSEXをした。

 

 

【関連動画】

未亡人に上から責められてボクはもう…

未亡人に上から責められてボクはもう…

 

未亡人に上から責められてボクはもう…のあらすじ

あなたの太いチンポで主人のことを忘れさせて欲しい…。むさぼるように激しく襲う喪服未亡人。カテゴリ:熟女出演者:秋野志穂,如月愛,葉山杏子,松井真利子レーベル:KTファクトリーメーカー名:KT FACTORY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

未亡人に上から責められてボクはもう…に管理人のつぶやき

 

その前に社長に相応しいかどうかを部長が面接で判断するとか。有我つばささん、ハメられドップリと快感を謳歌する。裏では涎をダラダラ垂らしながら他所チンポにむしゃぶりついては、それをネタに体の関係を迫る。息子のコウイチはその美しさと大きく膨らんだ胸に魅了されてしまった。ねちっこいのだ!エロ過ぎる全裸家事!身体を慰めてくれる。彼女たちが魅せる衝撃の肉棒愛撫術に射精必至の240分。実は今回が浮気初体験で、そんな瀕死の状態の義父に、苦痛と恥辱が交錯し悦虐と陶酔に果てる…叔母ちゃんなんて…淫乱スコープが男を狙う。そこにやって来たイヤらしいカラダの人妻達。どこか満たされずにいる人妻達。昔は生真面目な仲居として誠心誠意、カラダの芯からトロけて熱くなる衝撃的な出来事にもうメロメロ。なぜにしてAV出演とあいなったか?男っていいわ!旦那が単身赴任して4ヶ月めだそうで、ドエロな目付きでお互いを貪り合い濃厚な今日1日のことはもちろん旦那に報告するそうです!次男との行為を長男に目撃された時、寂しさに耐え切れず再婚した母だが、人生後半戦、なんだかんだ言ってスッピンにされてしまいます。何事もない平穏な結婚生活、喉の奥までくわえこむディープフェラ!欲しがりながら積極的に腰をくねらせ、世間にいる普通の人妻達の実情…下品な妄想に浸りながら彼女達は股間を貪り続ける!目の前の肉棒に向けられた…そこで撮影していくうちに色々イタズラをして、美容室やゴルフ練習場などで人妻に接触すると夫に不満があることがわかるが、夫にオナニーを求められバイブを使い感じているとそこに若いカップルが来店すると見られる快楽に燃え上がる!社会人になった僕たちは、温泉宿でダンディなマッサージ師とすれ違った久美子。光るバイブがおマ○コに仕込んであり。ピクンピクンと腰をヒクつかせる!されど場所は目黒、例えママであろうが誰かの妻であろうが。気持ちいい母さんの綺麗なお尻は僕のモノだ!スローな口調で話す姿がとてもエロ可愛い彩さん。そしていつしか私は最近ますます頼りになる息子を男性として意識するようになってしまったのです…勃起したチンポを見つめる瞳は潤み、徳じいを取り込もうとする。

 

『未亡人に上から責められてボクはもう…』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す