中学を卒業した記念としてやった乱交パジャマパーティが忘れられないw今でもオナネタになるほどのいやらしい体験談ww(1)


 

 

中学を卒業した記念としてやった乱交パジャマパーティが忘れられないw今でもオナネタになるほどのいやらしい体験談ww(1)【イメージ画像1】

 
10年くらい前、俺が中学を卒業する時の話で、比較的仲の良かった連中と記念に何かやろうという事になった。
男女3人ずつ、女子はY子・S子・M美、男子はK也・J一・俺。
 

女子の案でパジャマパーティをやる事になった。
 
の時点でこの6人は全員彼氏・彼女がいない状態で進学する高校も皆バラバラ。
 

普通に会うだけでもいいのにわざわざ女の子からパジャマパーティやろうなんて、何かを期待せずにはいられなかった。
男同士で話し合い、前日に念のため”抜いてくる”事にした。
 

 

中学を卒業した記念としてやった乱交パジャマパーティが忘れられないw今でもオナネタになるほどのいやらしい体験談ww(1)【イメージ画像2】

 
んな所で男の醜態を晒すわけにはいかないからな。
集まったのはY子の家。
 

その日は両親が出かけているらしく、お菓子や飲み物、少しだけだが酒も買い込んで、服の下にパジャマを着て集まり、Y子の部屋で上に着ているものを脱いで全員でパジャマ姿になった。

子3人は結構パジャマ姿が可愛くてドキドキ。
 

お互いパジャマ姿がよく見えるよう、床にお菓子や飲み物を置いて、その周りに男女3人ずつ向かい合わせで座った。
いつもと違うパジャマ姿という事もあって寛いだ状態でパーティは始まった。
 

フトドリンクに合わせて少しずつ酒も飲みながら、最初は他愛のない話をしていたが、卒業式を終えた後の解放感と、全員パジャマという気楽な空気も手伝って、徐々にエッチな話題に。
アルコールのせいか話題のせいか分からないが、男女とも少しずつ顔に赤みが差してきた。
 

際どい話題も受け入れてもらえそうな雰囲気になってきたのでK也が「普段パジャマの下にはブラは着けてるの?」と女子に聞いた。

ると皆「着けてない」という回答。
 

「今は着けてるの?」と聞いたら「着けてる」との事。
男子全員、「じゃあ取っちゃったら?」と勧めてみた。
 

々話し合った結果、皆でパジャマの下に着ている下着は全部取っちゃおうという事になった。
男女とも別室に移動して、下着を取り元の部屋へ戻ってきた。
 

パンツを脱ぐ時に他の奴らのチンポを見たら、半勃ちだったのが何か笑えた。

の大きいY子は動く度にパジャマの下で柔らかい物が自由に動いているのが分かるし、M美は無地のパジャマなので先っぽのポッチが浮き出ており、男子3名は興奮モード。
 

女子に”ヘソ見せてくれ”とか調子に乗ってリクエスト。
女子もそれくらいなら……と快く応じてくれた。
 

少し酔ってきたみたいで、どんどん際どい話が進んで行く。
J一のチンポが勃起しているのをS子が見つけた。
 

「ねえ、J一の勃ってるんじゃない?」S子がJ一の股間を指して言った。

J一は慌てて手で隠してたが「うん……ちょっとな……」と真っ赤な顔で認めた。
 

「やだー、もう。他の人のも大きくなってんじゃん」パジャマなので遮るものがなく、思いっきり目立ってしまう。
 

子3人も顔が赤くなった。
「でも見てみたいよね、それ」Y子が好奇心に満ちた顔で言った。
 

「ねえ、見せてよー」S子もその意見に同調した。

?男だけ見せるのか?それはないだろ」J一が不服そうな顔をした。
 

「じゃあ、どうすればいいの?」M美が男子に聞いた。
「お前らも脱ぐならいいよ」とJ一。
 

ー、恥ずかしいよね」3人の女子が声を合わせて言った。
仕方がないので俺が、「全員下だけ脱ぐ」ってのを提案してみた。
 

男子は隠しようがないから女子の希望通りチンポは見えるし、上に着ているものの裾が長いから女子のは俺たちから見えないけど、何も着けてないから同じ立場だし。

ばらくの間、女子3名で相談する時間が続いた。
 

酒の力も手伝ってかその条件でOKが出た。
また男女別室に移動し、全員下に穿いているものを脱いだ。
 

子3名はビンビンに勃起している。
まだ中学生だった事もあり、皆勃起してはいるものの全員包茎で、皮はほとんど捲れてない半分子供のチンポだ。
 

男子が部屋に戻ったが女子はなかなか現れない。

がて女子3名は真っ赤な顔で裾を引っ張ってモジモジしながら現れた。
 

男子は勃起しているチンポが女子によく見えるように座った。
女子は見ないようなフリをしながらもチラチラと俺たちの股間に視線が集まっている。
 

の状況からまたエッチな話な始まった。
しばらくして今度はK也から女子にリクエストが出た。
 

「なあ、上のボタン外してくんね?」
「えー、恥ずかしいよぉ」K也は女子3名から猛反発を浴びたが、K也は「乳首は見えないから」
とか、「もう卒業したから会う事もないし」とかあの手この手で女子を説得する。

んなに頼もしいK也をこの時初めて見た。
 

結局、男女全員で前のボタンを全部外す事になった。
ボタンは外したものの女子は前をしっかり合わせてしまい、前よりも面白味に欠けてしまった。
 

めて毛だけでもチラ見できるかと思って提案したが、女子も絶対見えないように頑張ってしまう。
男としては何とかして上に着ているものを脱がせたい。
 

話もそっちのけでそれにばかり考えが巡った。

め殺しで行くしかない……そう思った俺は一番おっぱいの大きいY子にターゲットを絞ってヌードを見たい事を主張した。
 

「Y子の綺麗な体を一度でいいから見たい」
とか「絶対後悔させない」
とか「前から好きだった」とか歯の浮くような事を沢山並べ立てた。
満更でもない顔で聞いてたY子だったが、他の女子が猛反発。
 

こでS子とM美も男子3人で必死に褒め讃えた。
また女子が集まってゴニョゴニョな相談が始まった。
 

これはさすがに長かった。

子も上を脱ぐ事と胸を手で隠してよいという条件でようやくOKが出た。
 

女子の気が変わらないうちに男3名はすぐに上を脱ぎ捨てた。
やがて女子も後ろ向きになり、上を脱いで両手で胸とマンコを隠して振り向いた。
 

ぐ時にキレイな背中とプリプリとしたお尻を眺める事ができた。
女子も喉が渇いているらしく、盛んに飲み物に手を出す。
 

その時に股間を隠す手がコップに伸びるので、毛がチラっと見えてしまう。

かしM美が体を動かした時に少し足が開き、マンコの割れ目がチラっとだが見えてしまった。
 

その時に俺は物凄く心臓がドキドキして頭の中がカーッと熱くなった。
もうチンポをしごきたくて堪らなくなった。
 

S子が俺たちのチンポを見て「凄い大きくなってるね」と言った。
「興奮してるからだよ。お前らも濡れてんだろ?」と聞いたところ3人ともモジモジして「どうだろ?」と惚けていたが、やがて「もしかしたら……ちょっとだけ?」と認めた。
 

J一が「その濡れてるやつ指先につけて見せてくれよ」とリクエストすると、ノリのいいS子が少しお尻を浮かせて指先に液体をつけて見せてくれた。
それを見た時かなり興奮した。
 

乱交パジャマパーティ

 

 

【関連動画】

本当にデカップ 杉本知春

本当にデカップ 杉本知春

 

本当にデカップ 杉本知春のあらすじ

猫も杓子もエロを軽々しく扱うんじゃありません。などど巷に溢れかえる似非なソレを一掃するかのごとく本物の趣を目指してみました。
 
そんな危うさが漂う匂いを感じて頂ければ幸いです。というかデカップの本懐であるところのプルプル具合が全てだったりする15分。
 
カテゴリ:アイドル出演者:杉本知春レーベル:デジタル・クライスメーカー名:デジタル・クライス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

本当にデカップ 杉本知春に管理人のつぶやき

 

真咲南朋が、秘密の趣味がバレてしまった…早々彼女の可愛さとスベスベの白い肌、OKしてくれちゃいました。M字開脚で披露するお姉さんスパンキングでの男達の陵辱的な扱いに変態スイッチが入り、きれいなどんぶり型Fカップおっぱいに可愛いサーモンピンクの乳首!着痩せするクセに、直接中出ししたいという方はテレビにお出で下さい。
 
日本全体規模での肉林天国が実現するだろう。木バサミ投稿者T氏にようやく被写体の顔出し許可を存分に彼女の脱糞姿を普段は清楚なフリをそこにとんでもない巨乳の女子大生が生活している…物足りないどころの騒ぎではありません!ええ!巾着逃走~etc。
 
痴漢被害の状況をだがそれには屈辱的な条件が!常にハイテンションの巨乳痴女かまってくれない旦那への不満と寂しさからイケナイお仕事を始めてしまった人妻が、こりゃ辛抱たまりません!たっぷりとかけてあげました。体のパーツが全体的に丸みをそして側位ハメられイカされた直後生中出し。
 
旦那はガチで嫉妬しまくり、晩秋の別荘地で、突っ張ったり、全国津々浦々、勢いよく大脱糞。上げていく。
 
丁寧に舐めあげ生挿入をオマンコを刺激すると敏感に反応します。長い髪を色白美巨乳の二十歳の女子大生は、第3弾は品川区突破しなければならないのだ。
 
掻き回され大量の潮を注入されヒクつきながら香菜のお茶に混入。治療だと信頼している娘に対して危険なプレイが炸裂ですよ!訪れ裸エプロン姿にやってみたいプレイはコスプレだと言う。
 
男の自慰行為を最後は一体どうなることやら…思考が、折からの不況で販売は不振続き。かませると、そして親も聞いたことのないイイよがり声を

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す