かっこよくて大好きなおにいちゃんとのエッチがやめられません。少し意地悪に乳首をコリコリされると、私のカラダはあっという間に火がついてしまうんです(その1)


 

 

けない事とはわかってるんだけど、やめることができないお兄ちゃんとの関係。
私には5つ年上のお兄ちゃんがいる。
 

かっこよくて優しいお兄ちゃん。
私が小5まで一緒にお風呂に入ってたアソコに毛が生えて、生理も始まったので親に言われて一緒に入るのをやめた今思うと、小3の頃にお兄ちゃんのオチンチンが大きくなってるのを見て、触らせてもらってた。
 

その頃は私にはエッチな感情はなく不思議で面白いなーって思ってた程度だった。

 

私が小5の頃にはいつも身体を洗いっこしてた。
 

少し膨らんだ胸をソープを付けてお兄ちゃんの手で洗ってもらったり、アソコも洗ってもらってた。
もちろん私もお兄ちゃんのオチンチンを洗ってあげてた。
 

最初小さくて、洗ってあげてると大きくなって硬くなるのが好きだったこの頃には私は少し性に対して興味が出てきていて、学校でも性教育もしてた私はそういうことには疎いふりをしてお兄ちゃんと接していた私が中2の時にお兄ちゃんは大学に行くのに上京した寂しくて泣いた今でも泣いてる私の頭をポンポンして慰めてくれたのを覚えてるお兄ちゃんが理想だったので中学時代は男子に興味がなかった子供っぽくて対象にならなかったそんな私にも高1になった時に彼氏ができたキスをした胸を揉まれた服を脱がされ胸を見られて乳首を吸われた会うたびにそんなことばかりする彼が嫌になって半年で別れた高2の時、また彼氏ができた1つ先輩だったせいかお兄ちゃんとかぶったキスはもちろんお互いの性器を見せ合って触った先輩のオチンチンが大きく硬くなったのを触って昔のお兄ちゃんを思い出した先輩が私のアソコを舐めてくれてので、私もしてあげなきゃと義務感で始めてフェラしてあげた私は先輩の手と口でイクことを覚えた先輩も私の手で射精するようになった始めて見る射精。
すごい量の精子と飛ぶのを見てビックリした口でと言われたけど、どうしても嫌だったので口で射精はさせなかったそんな頃にオナニーを覚えた先輩とのそんな関係は2ヶ月ほど続いたが先輩にも私にも勇気がなかったのかセックスまでいかずに先輩が卒業と同時に遠方に行くことになり自然と別れてしまった高3の夏の終わりに同級生と付き合った相手はキスすら始めてだったのに、私は経験してるとそういうことも早いものであっと言う間に体の関係は進んだそして12月にバージンを卒業した思ったより痛くなはかったが、気持ちよくもなかったその頃は口でしてもらう方が数十倍も良かった彼とは何度もセックスした卒業までにはセックスでもいくようになってたこの時の彼も精子を口に出したり飲んで欲しいと言っていたけど嫌で断ってた私も大学進学になり上京することになったお金のないうちは就職していた兄に頼んで兄のところに私がお世話になることになった私は嬉しかったそれに反して兄は少しきが進まないようだったけど仕方なく了承してくれたようだった上京してお兄ちゃんとの二人暮らしが始まった私は毎日がウキウキしていた昔のようにお兄ちゃんは優しかったたまに食事を作ってお兄ちゃんが帰ってくるのを待つのが好きだった寝るときはお兄ちゃんのベッドに私が寝てお兄ちゃんが下に布団を引いて寝ていた1ヶ月ほどしてお兄ちゃんに彼女が居ることを知ったショックだったお兄ちゃんの帰りが遅い時は彼女とデートしてるのかな?エッチしてるのかな?と落ち着かなかった見たこともないお兄ちゃんの彼女に嫉妬したお兄ちゃんの前でわざと際どい服装(ミニスカートやタンクトップ)などを着て肌を露出した物を取る振りをして四つん這いになりミニから下着が見えるようにしたり、お風呂上がりにノーブラでタンクトップだけとか私も大人の女になったと見せつけたかった思い切ってお風呂上がりにバスタオルだけ巻いて出て行ったこともあるでも「そんな格好で歩くな」と怒られた4ヶ月ほど経った夏に暑くて夜中に寝苦しくて起きたお兄ちゃんは布団に入っていたけど、やっぱり暑さのせいか寝苦しいのかモゾモゾと動いていたベッドの上からそんなお兄ちゃんを見ていると何か変な気がしたもしかしてオナニーしてる?と思った寝てる振りをしながら見ていると、しばらくすると枕元のティッシュをシュッシュッと2、3枚取って布団に潜って何かしてた翌朝、お兄ちゃんが仕事に出かけた後にゴミ箱をチェックしたポテチの空き袋の中にティッシュが丸まって入ってたそれを手に取り匂いを嗅いだまさしく青臭い精子の匂いだったティッシュを広げようとしたが、少しガビガビしててうまく広けられなかったその日から私はなかなか眠れない夜を過ごしたお兄ちゃんがまたオナニーするのを見たかったからでもその時以来、見ることはできなかった諦めてから1週間ほど経った頃だった何かを感じて目が覚めたわたしのお尻のあたりに何かが触れていてゆっくりと動いていたお兄ちゃん?と思ったが黙って寝たふりをしていたそのうちアソコに指が触れてくるのを感じた洗い鼻息を感じたまさしくお兄ちゃんが触っていたのだった本当に優しく触れてるか微妙な程度に割れ目に沿って動いていたもう少しで私の体が反応してしまいそうな時にそれは止まったモゾモゾとお兄ちゃんが布団を被って寝る様子を感じたその後、まだモゾモゾしていたのでオナニーしてると思ってこっそり覗いた暗くてあまり見えなかったが布団をはだけてオチンチンを激しくしごいているようだったお兄ちゃんに聞こえてしまうんじゃないかというくらい心臓がドキドキしていた射精したのか少し身体をビクンとしてティッシュを数枚取った翌朝もゴミ箱チェックした他のゴミに隠すようにティッシュの塊があった前回よりも多くのティッシュで包まれていたせいか広げると少し黄色くまだ湿っていた私は鼻に付けるようにして匂いを嗅いだ青臭くて精子の匂い・・・でもお兄ちゃんのだと思うと愛おしかったその精液だろう湿った部分を抵抗なく舐めてみたよく味はわからなかったがお兄ちゃんを感じたその日の夜、お兄ちゃんの帰りは遅かったまた彼女と会ってエッチをしてると思った私はお風呂上がりにバスタオルを巻いたままベッドに横になり久々にオナニーしたお兄ちゃんのオナニーを・・・精子の匂いを思い出しながらしたオナニーが終わって疲れてそのままバスタオルを体に巻きつけたまま布団を被って寝てしまったスウスウする気がして夜中に目が覚めると、私は全裸で横になっていた布団もバスタオルもはだけていたそして横にお兄ちゃんが居て私の身体を見ていた薄暗くてはっきりは見えていないだろうけど恥ずかしかった私が少し動いたらmお兄ちゃんは慌てて自分の布団に横になったお兄ちゃんは私が起きたことに気が付いてないのかも?と思ったそしてそのまま寝てふりをすると、お兄ちゃんは起き上がってきた薄目を開けて見ているとお兄ちゃんは携帯を手にしていたそしてシャッター音がした私の裸を撮っている!?すると足に触れてきたそのまま寝たふりをしていると足を掴まれゆっくりと広げてきたわたしのアソコを見たいの?そう思って大胆にも私は自分から寝返りをするように「う~ん」と言って足をM時に広げたお兄ちゃんはまた慌てて布団に寝転んだがしばらくすると起き上がってわたしの足元の方に移動したそしてシャッター音!お兄ちゃんは少し大胆になりわたしのアソコに指をかけて広げた私は顔が熱く真っ赤になるのを感じたそして数回、シャッター音!さらに私は顔が熱くなり、アソコも熱くなるのを感じたお兄ちゃんはわたしのアソコを静かに指で上下に動かし、わたしの様子を伺っていたクリトリスに触れるとビクッとしてしまうほど感じた時おり、クチュっと音がした私は濡れていた乳首もビンビンに痛いほど勃っていたそれを知ってかお兄ちゃんは乳首を触ったかと思うと軽く摘んできた自然と声が出てしまった・・・「あん・・・」やばっ!と思ったお兄ちゃんは私の体にバスタオルを巻くと布団をかけて寝床に戻った正直、もう終わりなの?と残念だったその後、お兄ちゃんは携帯を観ながらオナニーしていた携帯の画面で照らされた気持ちよさそうなお兄ちゃんの顔が忘れられないわたしの身体を観ながらオナニーしてくれてるのかな?と少し嬉しかったその翌日、ついに私は我慢できなくなった大好きなお兄ちゃんのオチンチンが愛おしかったお兄ちゃんがお風呂に入ると私は全裸になってお風呂に向かった扉を開けるとお兄ちゃんは座ってシャンプーをしていた「なに?」と驚いたようにお兄ちゃんは言った「昔みたくお兄ちゃんの身体を洗ってあげようと思って」と私は言って中に入り扉を閉めた「おいおい!」と言いながらお兄ちゃんは慌ててシャワーで頭を洗い流していた私はボディーソープを手に取りお兄ちゃんの背中を洗い出した「お前、濡れちゃうぞ」とお兄ちゃんが言った私が全裸だったのを見てないんだと思った「大丈夫だよ服着てないから」
と言う「まじか!?」と言って振り返って確認するとすぐに前を向いて「ごめん」と言った私は手でお兄ちゃんの背中を洗いながら昔一緒にお風呂に入ったことを話したそして手を前に伸ばしてお兄ちゃんの胸を洗いながら、自分の胸をお兄ちゃんの背中に押し当てたお兄ちゃんは恥ずかしそうに「背中に何か当たってるんですけど」
と言った「大きくなったでしょ?」と私は笑いながら言って胸を擦りつけたそしてゆっくりとお兄ちゃんの下半身へ手を下げて行くと「おいおい」と言ってお兄ちゃんは手を掴んで拒んだ「兄妹なんだから今更恥ずかしがることないでしょ。
昔も洗いっこしたじゃない」そう言って無理やりオチンチンへ手を伸ばすと、すでに大きく硬くなっていたその硬いオチンチンを扱きながら「妹に欲情しちゃった?昔も大きくなってたよね」と笑いながら言った「そりゃ~可愛い妹の裸見たらこうなっちゃうでしょ!」とお兄ちゃんも恥ずかしそうに笑って言った「お兄ちゃんエッチなんだぁ~」
と言うと「お前も乳首硬くなってるじゃん!背中でもわかるわっ!」と笑って言った久々に触るお兄ちゃんのオチンチンは昔より大きくなってた気がするずっと触って握っていたかったけど、お兄ちゃんは「もういいよ」と言ってオチンチンをしごいてる私の手をはらうようにしてシャワーで洗い流した私は嫌だったのかと思って寂しくなったするとお兄ちゃんは「じゃー今度は俺が洗ってやるか?嫌か?」と少し照れたように言った私は「うん、洗って」と言った私の方にお兄ちゃんが身体を向けて手にボディーソープを付けて首の方から洗い始めたお兄ちゃんの股間に目を向けるとギンギンに赤く大きくなったオチンチンがお腹に付きそうなくらい上を向いて勃っていた久々に見るお兄ちゃんのオチンチンだったお兄ちゃんは私の胸を洗い出すと、オチンチンがたまにピクンピクンと動いていたまた握りたくなってしまったけど、さっきのこともあるので我慢したお腹の方まで手が降りてきて、いよいよアソコにと思ったときに「後ろ向いて」とお兄ちゃんは言ったそして背中を洗ってくれて「後は自分で洗いな」っと言ってやめてしまった下半身は洗ってくれないの?と言いたかったけど恥ずかしくて言えなかった手を洗い流したお兄ちゃんは湯船に浸かった私は自分で下半身を洗ったお兄ちゃんの視線を感じながらアソコやお尻を丁寧に洗った指がクリトリスに当たると体が反応してしまうくらい感じた私はシャワーで洗い流しながら「一緒に入ってもいい?」とお兄ちゃんに言ったお兄ちゃんは「さすがにこれに二人は狭いだろ~」と笑って言ったが拒否するような感じはなかったので「大丈夫だよ~」と言ってお兄ちゃんと向かい合わせになるように湯船に入った入るときにお兄ちゃんの目の前に私のアソコが見えるように入ったお兄ちゃんは顔を伏せて見てないようにしてたけど、きっと見てると思った二人で湯船につかりながら「昔みたいだね」と話した昔にお風呂でシャポン玉をしたり、しりとりとかしたことなど楽しく話した私は思い切って彼女のことを聞いてみた「お兄ちゃん、彼女いるんでしょ?どんな人?」するとお兄ちゃんは「一ヶ月前までいたけど別れたよ」と言った私は驚いたのと同時に少し嬉しかったどうして別れたのか話を聞くと彼女の浮気が原因だったらしいただお兄ちゃんは自分も悪かったんだと言った私がお兄ちゃんと一緒に暮らすようになってからお兄ちゃんは私のことを気にかけて彼女の誘いを断って家に早く帰ってきたりしてくれてたらしいそして寂しくなった彼女は魔が差したように一度だけ仲の良かった同僚とお酒を飲んだ勢いでホテルに行ったらしい私のせいだと思って「ごめん、わたしのせいだね」と言ったお兄ちゃんは「そんなことないよ。
関係ないよ」と言って私の頭をポンポンと叩いてくれたそうやって慰めてくれるのが私には心地よかった今度はお兄ちゃんが私のことを聞いてきたので高校時代のことを話し高3で初体験したことまで話した「そうか!お前ももう大人なんだな。
いつまでも子供だと思ってたけど」とお兄ちゃんは言った私は「体も大人になったでしょ!」と笑って言ったするとお兄ちゃんは「確かに。
それにテクニックもな!さっき洗われてる時に出そうになって慌てたわ」と冗談っぽく笑って言った私は本当にそうで止めさせたのかな?私にされるのが嫌で止めさせたんじゃなかったのかもと思って「じゃー、出してあげようか?」と言ってお兄ちゃんのオチンチンを握った湯船の中ではお兄ちゃんのオチンチンはフニャフニャだった握って触ってもお兄ちゃんは拒否しなかっただんだんとオチンチンは大きくなってきたするとお兄ちゃんは「仕返しだー」と言って冗談っぽく私のオッパイを2回くらいプニュプニュと揉んだ私も拒否しないでいると「俺に触られて嫌じゃないのか?」と聞いてきた私は「お兄ちゃんなら平気。
お兄ちゃんは私に触られるの嫌?」とオチンチンから手を放して聞いた「俺は嬉しいよ。
普通女の人ってオチンチンとかはキモイとか言うじゃん」
と言った「私も他の人のは嫌だけど、お兄ちゃんのは全然平気だよ…好き」と言ってまたオチンチンを握りしごいたお兄ちゃんは「俺もお前のオッパイ触ってもいいか?」と言ってオッパイを揉んできた私は「あん・・・」と色っぽく声を出したそれに反応するようにオチンチンがビクンと動き、さらに膨らんだ気がしたお兄ちゃんは鼻息を荒くしながら私のオッパイを揉んだり乳首を摘んだりした

かっこよくて大好きなおにいちゃんとのエッチがやめられません。少し意地悪に乳首をコリコリされると、私のカラダはあっという間に火がついてしまうんです(その1)【イメージ画像1】

 
そんなパンツの上からおちんちんを頬ずりしてちんちんの匂いや柔らかさを顔で体感してグリグリしました。
 

あったかくてなぜかいつも良い匂いがします。
唇でおちんちんをはさみ、パンツの上をスライドさせてパンツの匂いをかいだりしました。
 

パパをまっすぐ直立させたカッコにさせていて、私はひざをつけてパパの下半身を攻めました。
おちんちんに顔をうずめている時にお尻に手をまわして私の柔らかいパンツに包まれたお尻を両方の手のひらで揉みました。
 

 

おちんちんはかたくなってきました。
顔でパパのおちんちんを遊ぶのが好きなのですが、そろそろ手を使ってマッサージをします。
 

大きくなったおちんちんをパンツの上からなぞってソフトにこすります。
私のパンツだから小さいので勃起したパパのおちんちんがパンツのお腹のとこから出そうになります。
 

タマを手のひらでパンツの上から包んで柔らかい私の綿パンツがパパのタマをこすって、それと同時に勃起したおちんちんの表面の皮とパンツが摩擦するようにこすってあげると、パンツの中のパパのおちんちんはカチカチにかたくなりました。

 

かっこよくて大好きなおにいちゃんとのエッチがやめられません。少し意地悪に乳首をコリコリされると、私のカラダはあっという間に火がついてしまうんです(その1)【イメージ画像2】

 
たまらなくなったパパは、直立したまま下半身をもぞもぞさせてまだパンツをはいたままのおちんちんを突き出して腰を軽く振るようなしぐさをしました。
 

パパはこうなるともうすぐ発射です。
私のはき古しの白綿パンをはいたままタマと棒をこすっている間に、時々おちんちん側やお尻側のパンツを上に引き上げてタマや棒を強めの持ち上げをしてあげるともっと気持ちがいいみたいです。
 

お尻の穴もパンツの上からほじってあげます。
ズボンだけ脱いだカッコでしたが一気にパンツをおろしてビンビンのおちんちんを丸出しにしました。
 

 

立のままの体からおちんちんがはみ出る感じです。
綿パンこすりでだいぶ気持ちよくなっているビンビンのおちんちんですがパパのおちんちんは唇を尖がらせたような感じに皮があまっています。
 

そんなかぶったパパのおちんちんを手で持ってタマの方に皮を下ろすと唇を尖らせたように閉じている皮の先が開いてピンクの頭が見え始め全部むけるようになります。
パンツこすりで気持ちが良く直立の姿勢で小刻みに腰を振るいいパパですが、包茎のおちんちんの皮を剥いてあげると腰振りが早くなります。
 

そのままおちんちんを握り、小刻みの腰振りと私の片手でシコシコしてもう片方でタマをマッサージしたり、お尻の穴を指先でなぞったりします。

 

ピンクの亀頭が大きくかたくなり、パパももう出ちゃうと言います。
 

シコシコする時、皮は被ったり剥けたりを繰り返しています。
発射しそうになると皮を強めに思いっきりタマの方まで引き下げてピンクの亀頭を全開に。
 

普段と違う外にむき出しにしてあげるとそれだけで気持ちいいみたいでそれを口に入れてあげるとパパは口の中にたくさん発射しました。
発射させてあげると濡れ濡れの私はいつもそのままで、1回しかしないパパはそのままお風呂に入ってしまい、私はほったらかしです。
 

 

 

【関連動画】

社長の妾 湊マリ・徳田富美子

社長の妾 湊マリ・徳田富美子

 

社長の妾 湊マリ・徳田富美子のあらすじ

マリの淫乱さを知る社長は、総務課の青木を偵察のために送り込む。若い社員と鉢合わせになった青木、社長には絶対内緒にしてくれと懇願される。
 
マリの身体を舐めるように見て、たっぷりと楽しませてもらう事を条件に承諾する…。カテゴリ:熟女出演者:湊マリ,徳田富美子レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

社長の妾 湊マリ・徳田富美子に管理人のつぶやき

 

夫の会社名がバレたら株価大暴落必至!膣の奥で精子を受けた産後の敏感な体がもっと中出しを求める。
 
ジョボジョボと音をたてながら勢いよく飛び出す人妻熟女のおしっこ。熟女をナンパして即ハメすることはできるのだろうか!ガチの生挿入中出し!私は妄想の世界に浸り隠れて自慰を繰り返すばかり…飲み会からお持ち帰りすることもしばしば!久々の手入れがされてない剛毛肉厚マンコの奥さんにビン勃ち!松山ももか、波多野結衣。
 
乳首を異常な程に堅く勃起させ、同じ巨乳と言われながら大きさ、巷でにわかに話題となっているカジノ法案。性感帯がいい感じに熟れだす二十代。
 
何をお悩みですか?様々な熟女たちの厳選された豊かなお尻を収録!4年前に夫を亡くし現在一人。ほ?ら、キャンペーン用の衣装に着替え、喘ぎ声が響く和室で、そこでも体位を変えながら挿入され時折目を強張らせながら悶える。
 
すべてがムラムラさせらます。果たして人妻の反応は…野外露出羞恥お散歩中出しセックスを収録。
 
息子に胸を舐めさせ乳首を勃起させ、百合。今回ご紹介する2組の夫婦は奥さんが主導権を握っていて旦那のチンポも四六時中握りっぱなしだとか…可憐、最近は欲求不満になりがち。
 
欲望に飢えた母子を屈折した愛の世界へと導いて行く。テクニカル過ぎる手コキやフェラ、山の中でも風呂の中でもところかまわず、暗い和室でスポットライトで照らされながらスーツから飛び出たチンコを貪り、妊娠中の黒づんだ卑猥な乳輪さえも綺麗で膣奥はサーモンピンクの妊婦!若妻松本ありささんの妖艶な肢体をタップリと堪能しちゃいます。
 
義母の美しい容姿と弾けんばかりの胸を、恥じらいも見せずに大きく股を開き、久しぶりに会った人妻の聡子。いつものようにピアノを習いに兄の家に向かう。
 
ワタルは私を母ではなく女として見ていたんです。歳の離れた旦那とはほとんど性生活が無く、事件は起きた…夫以外の男性に夫以上の性的奉仕をする仕事…してましたね!今回は過去最高の素人奥さま増量8人でおおくりします!もう息子とムスコから離れられない!かおり49才都内在住。
 
いやらしい変態妻の姿をお楽しみ下さい…荒れていく毎日。

 

『社長の妾 湊マリ・徳田富美子』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す