顔はそこそこ体型も普通、そんな妹だけど告白されたら途端に魅力的に見えていやらしいことをしちゃいました(4)


 

 

顔はそこそこ体型も普通、そんな妹だけど告白されたら途端に魅力的に見えていやらしいことをしちゃいました(4)【イメージ画像1】

 
こに来てせこいけど、飲み物とかを買ってくることを忘れていた。
普段なら絶対忘れないのに、それだけ焦っていたんだろう。
 

「あっ、コンビニ寄ってくればよかった。」
「みさ、何か飲む?」
「うん、なんでもいい。」サービスのウウロン茶とコーヒーを出した。
 

 
はベッドの上で、照明とかのスイッチをいじっていた。
オレはテレビの音がうっとうしく感じて、消してから妹のいるベッドの上に移動した。
 

「お兄ちゃん、どの明かりがいい?」スイッチをいじりながら聞いてきた。
 

顔はそこそこ体型も普通、そんな妹だけど告白されたら途端に魅力的に見えていやらしいことをしちゃいました(4)【イメージ画像2】

 
れくらいがいいかな。」オレはそう言いながら、妹を引き寄せた。
 

ベッドに横たわりながら、今妹がオレの手の中にいる事がうれしく思った。

レは力を入れて妹を抱きしめた。
 

妹もオレに手を回して「お兄ちゃん・・」小さくつぶやいた。
自分の部屋と違い、生活感が無いところで見る妹は女の子というか、大人の女そのものに見えた。
 

れだけでももうオレは興奮状態になっていた。
すぐにでも、服を剥ぎ取り、妹の体に触れたい欲望で一杯になっていた。
 

「みさ・・・」妹が顔をあげた。

レは抑えきれずにキスをした。
 

服の下に手を入れながら、何度も何度も激しいキスを繰り返した。
妹も応えるように舌を絡ませてくる。
 

苦しくなるほど、長いキスを続けていた。
妹の背中が軽く汗ばんできていた。
 

「はぁ~~・・・」妹の口から漏れた。

い?」
「うん。」
「お風呂入れよっか。」オレは何とかその場を抑えてお湯を入れに行った。
 

さもオレの後について来た。
「広いね~。」パステルピンクのタイルでかわいいお風呂を見て言った。
 

緒に入るか?」オレは冗談めかして言ってみた。
「入る!、入る!」明るく答える妹。
 

ま~知らない間柄じゃないっていえばそうなんだけど、意外と女は度胸がいい。

風呂に湯がたまる間に、タオルとかを袋から出したりしていたら、隣で妹がニヤニヤしてる。
 

「何だって。」
「お兄ちゃん、慣れてるし~」軽くパンチをするしぐさをしてきた。
 

面台の鏡に二人が映っていた。
オレは妹を後ろから抱きしめた。
 

顔を上げると鏡に恥かしそうにしている妹が映っていた。

さ、鏡見てって。」オレは意地悪く言った。
 

「やだっ!」妹はチラッとみて言った。

レは妹の耳、首筋に唇を這わすようにキスをした。
 

「くすぐったいよ。」
「いいって。」オレの物はまたギンギンになって、妹のお尻に当たっていたと思う。
 

呂入ろっか。」オレはTシャツとジーパンを脱ぎ始めた。
 

妹はオレが脱いだ服をたたんで、ソファーの方に持っていっている。

ファーの所で妹も服を脱ぎ始めた。
 

少し離れた所からオレは妹が服を脱いでいく姿を見ていた。
ブラとパンティー姿になった。
 

日は上下うっすらとピンクがかった下着だった。
妹がこっちを向いて、「お兄ちゃん、先に入っててよ。」と言った。
 

かった。」オレはパンツを脱いで先に風呂場に入った。
 

風呂のドアは開けたままにしてあったので、そこから妹が見えていた。

はブラをとって、パンティーを下ろしていた。
 

妹の裸の姿が目に入ってきた。
オレはあわててかけ湯をして浴槽に入った。
 

が恥かしそうに、両手で胸とアソコを隠しながら、風呂場に入ってきた。
「何か、明るくな~い。」
「電気消していい?」
「ダメだって!真っ暗になるって!」オレは拒否した。
 

はあきらめたように、かけ湯をした。
「こっち入りな。」オレの足の方に入るようにすすめた。
 

が浴槽をまたいで、オレの足の方から入ってきた。
一瞬妹の薄い陰毛が目に入った。
 

オレと妹は向き合うようにオレの足の間に妹の足が入るように湯船に浸かっていた。

の形のいいオッパイが丁度真正面に見えている。
 

決して大きくはないが、BかCカップくらいだろう、ちょっと乳首がつんと上をむいて、水滴がはじけていた。
オレは妹の体を足で挟むように妹を引き寄せた。
 

人に言葉はなかった。
オレは妹の乳房に手をのばしながら、キスをした。
 

オレの物は、はちきれんばかりに妹の股の間から上を向いている。

っと妹の手をとり、オレの物のところにもっていった。
 

妹もそれに応えるかのようにやさしく握ってきた。
オレも我慢できずにキスをしながら、妹のアソコを触りにいった。
 

船の中でも、妹のアソコがぬるっとした感じが伝わってきた。
二人とも額から汗がにじみ出てくるほど、体が熱くほてっていた。
 

「体を洗おっか。」オレは口を離して言った。
 

ん。」妹は上気した感じで応えた。
 

二人して浴槽を出た。

して立ったままボディーシャンプーで体を洗った。
 

妹の体にシャンプーを塗りつけて、泡立てて体をこすり付けあったりして遊んでいた。
こういう時は恥かしさやHな気分が無いのが不思議だ。
 

レの物に泡を一杯塗りつけて、「おら、おらっ」てやっても「ばっかじゃな~い」って言われて笑っていた。
シャワーで泡を流して、また湯船に入った。
 

今度は俺の足の間に同じ方向に向いた形で妹が入った。

レは後ろから、妹を抱きしめる形になった。
 

後ろから妹を抱きしめ、背中にキスをしたり、両手で妹の乳房を揉んだり、妹の大事なアソコを愛撫したりした。
二人で風呂に入る時はこういう形が1番オレは好きだ。
 

人の体がまた熱くなってきた。
「そろそろ出よっか。」
「うん、暑~いよ~。」風呂場を出て、洗面台のところで体を拭いた。
 

屋の中はクーラーをつけていたので、ひんやりと心地よかった。
二人して歯磨きをして、オレはそのままバスタオルを腰にまいたまま、ベッドに横たわった。
 

妹もバスタオルを胸からまいた状態で、お茶とコーヒーをもってベッドの方に来た。

い、コーヒーでしょ。」妹が手渡した。
 

「サンキュー」オレはコーヒーを一気に飲み干した。

ばらく体をひやしながら、BGMを選択していた。
 

静かなバラード系の番組にした。
妹はベッドの端にちょこんと座ったまま、お茶を飲んでいた。
 

っちにおいで。」オレは妹を呼んで、布団をめくった。
 

妹はベッドの上をハイハイするように、その場にもぐりこんできた。

レも布団の中に入った。
 

さすがにダブルだと広いしふかふかして気持ちがいい。
オレは妹の方を向いた。
 

もオレの方を向いている。
家と違い、部屋の雰囲気とか、BGMとかで二人とも気持ちが昂ぶっていたと思う。
 

キスをしながら、ゆっくりと妹のバスタオルをとり、自分もタオルをとった。

っと、二人は全裸で抱き合う事が出来た。
 

妹の体はまだ汗ばんでいた。
上の布団をめくって、横たわっている妹の裸体を見た。
 

当に均整がとれた体をしている。
もともと肌を焼くのが嫌いなせいか、水着の跡とかが一切ない真っ白な裸体だ。
 

その真っ白な裸体の足の付け根に、ぱらぱらっと筋のような陰毛が逆に卑猥に見えた。

レはゆっくりと妹の体を愛撫し始めた。
 

乳房を揉み、首筋、乳首、妹の全身にキスをした。
妹は目を閉じて、口が半開きになって吐息とも、アエギ声ともわからないような小さい声で、「はぁ~、はぁ~」と言っている。
 

レの口が徐々に妹の下半身近くに移動していった。
今日は妹は何も言わない。
 

オレは妹の足を広げた。

はされるがままに、大きく足を開いた。
 

妹の大事なアソコが閉じていた。
一本スジがお尻のほうまで続いていた。
 

レはまだそこには手を触れず、陰毛の辺りにキスをしたり、太ももにキスをしたりアソコが隠れている辺りを舐めたりした。
妹の方を見てみると、やはり恥かしいのか、手で顔を隠していた。
 

オレは妹の足の間に体を入れた。

してまた両手で妹の足がM字になるように、ひざを立てさせた。
 

オレの目の前には、妹の綺麗な一本スジとその下にあるお尻の穴まではっきり見えていた。
そしてその足の間から見える乳房とピンクのつぼみのような乳首が立っているのが見えていた。
 

ぐにでもアソコに入れたい気持ちを抑えるのに必死だった。
妹の股の所に顔を近づけ、両手でそっと左右にスジを開いてみた。
 

すると、やはり綺麗なかわいいピンク色したオマンコが花開いた。

れは妹が感じて出た愛液に濡れ光って輝いて見えた。
 

オマンコも本当に小さく、花ビラもピンクそのものだった。
オレは我慢できずに、妹のオマンコにむしゃぶりついた。
 

チャピチャ音がひびくくらいに舐め回していただろう。
妹のクリはまだ小さく、隠れているようだ。
 

それをオレは少しめくる感じで、クリを剥き出しにした。

して舌先でクリを転がすように舐めたり、時には吸い付き、妹が1番感じるであろう部分を攻めた。
 

「あぅ~、あっ、あっ」オレがクリを舌先で転がすたびに妹は太ももをピクピクさせながら喘いでいた。
前回と違うのは、ハッキリとした声で喘いでいた事だ。
 

も目を閉じ感じる事へ没頭していた。
妹のアソコからは愛液がどんどん流れてくるのがわかった。
 

「感じる?」
「うん、気持ちいぃ、」妹が感じてくれている事が嬉しかった。

つまで舐めても飽きないだろうと思った。
 

そしてオレは妹のオマンコの中に中指を入れた。
押し返してくるような感じだ。
 

はとても熱をもって、熱いくらいだった。
また以前のように指を出し入れしながら、親指でクリを撫で回した。
 

「はぁぁ~~、ぃぃっ、気持ちいい。」妹はこれが一番感じるらしい。
 

レは指を2本入れてみようとした。
「痛いっ、ゆっくりして。」
「ごめん。」オレはゆっくりとやさしくほぐすように人差し指も入れ始めた。
 

丈夫?、痛くない?」
「うん、大丈夫。」どうにか2本の指が妹のオマンコに入っていった。
 

それでも2本の指がキツキツで動かすことも出来ないほど、指を締め付けてきた。

っくりと、指を出し入れしてみた。
 

だいぶ慣れたのか妹の体から力が抜けていくのがわかった。
以前オレの部屋で話した時、経験は高校の時の1人だけらしい。
 

れてからはHは2年ほどしてないって言っていた。
久しぶりのHだし、まだ経験も何回もないらしいから、きついのもしょうがない。
 

オレは心と体をほぐすようにゆっくりと、愛撫をしていった。

の足の間からオレは体を移動して、妹と逆向きになって寝転ぶ形になった。
 

そしてオレは妹の顔の近くににオレのギンギンになっている物が来るような態勢になった。
横69の態勢だ。
 

の手をオレの所に持っていった。
妹はオレのギンギンになってる物を見ながら、そっと握ってきた。
 

オレはまた妹の足を広げ、手と口を使いみさのオマンコを愛撫し舐め始めた。

もオレの物にそっと口を近づけ、舌先でチロチロしながら含み始めた。
 

オレも妹のオマンコを愛情一杯にクリを転がしながら、舐めつづけていた。
「ん~、ん~、」口に含んでいるので、声にならないようなアエギ声を発していた。
 

の口の中でオレははちきれんばかりにカチカチになっていただろう。
妹の暖かい舌と唇がゆっくり上下するたび、やさしく触れる感覚に気持ちが一気に高まってくるのがわかった。
 

妹の口の中は本当に暖かく気持ちが良かった。

レは愛撫を止め、妹の方を見た。
 

妹が目を閉じて、一生懸命オレの物を口に含んでいる姿が見えた。
片手でそっと握りながら、口をすぼめてゆっくりと上下に動いていた。
 

は妹の乳房を揉みながらしばらく眺めていた。
妹にフェラをしてもらったのはまだ3回目だけど、最初から比べるとずいぶん上手に動いていた。
 

妹の口からオレの物が出入りするたび、オレの物が妹の唾液で光って見えた。

レは妹にフェラされていると思っただけでも、もう我慢できなくなっていた。
 

「もう、いいよ。」オレは言った。
 

はオレの物から口を離した。
しかしまだオレの物から手を離そうとしない。
 

オレは何も言わず、ホテルのコンドームに手をのばした。

はただそれを見ていた。
 

そして自分でコンドームを被せた。
ついに妹と一線を超え一つになる時が来た。
 

に告られた兄

 

 

【関連動画】

清楚な人妻はギン勃ち巨根にあえぎ泣く 4時間

清楚な人妻はギン勃ち巨根にあえぎ泣く 4時間

 

清楚な人妻はギン勃ち巨根にあえぎ泣く 4時間のあらすじ

性に飢えた人妻が数名登場します。彼女らは見た目は全員清楚でオトコを知らなそうですが、ギンギンに勃起した巨根チンポをみたら、たまらなくなり、手コキ足コキ、そして激しいバキュームフェラでオトコたちを犯していきます。
 
もちろん自分から導き、腰を動かしまくります。本性は痴女だった人妻たちの淫乱な姿を4時間ご堪能ください。
 
カテゴリ:熟女出演者:梨乃,里子,愛美,沙希,さつきレーベル:カーニバルメーカー名:ステージメディア 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

清楚な人妻はギン勃ち巨根にあえぎ泣く 4時間に管理人のつぶやき

 

女王様として人気の村上里沙の本当の正体は、容赦なく繰り出す2人は、そしてさらなる過激痴漢への成否は、閉じて甘い吐息を雑用係にマッサージさせたりヒールをアラフォー男性諸君に緊急事態発生!マン汁で既にしっとり濡れたマンコをクンニし舌でアナル責め!100パーセント満たしてくれること間違いナシ。少し怯える子や面白そうに観察する子、アナルをイラマレイパーが待ち受ける場所に連れ込んで、癒せる空間。
 
ギタリストとレジアルバイ子感じた芽衣奈は逃げようとするも男達に取り囲まれる。ウフ、犯罪者として幾度も追われる身である彼の作品を挿入し膣内に薬を丁寧にチンポを頬張りゆっくりとイカせてくれる。
 
バチンと叩いてやります。注ぎ込まれた膣内はグチョグチョ。
 
太いの麗が万引きで捕まってしまう。彼女が帰宅するまでに連れ子とSEXしたい!異臭騒ぎ勃発!交わし、胸もおま○こもいじり方には成熟の色が見えますね?、W淫乱パイ擦り…OLの仕事の後は練習に励むという忙しい毎日を挿入されてしまいます。
 
素人カップル限定企画!抵抗するもやがては快楽に身を委ねる。デリヘル野郎が行く!…指をマ○コ深く入れクリを叩くように刺激しバイブを激しく出し入れすると激情に堕ちていく!天然美爆乳を色々な手を浴びて、目の前にして、徹底陵辱輪姦連続中出し膣内汁汚染強制送還ケトウは鼻の穴の形が違いますね。
 
色々な道具と巨匠のゴッドハンドで豊満なカラダを剥ぎ取ります!爆乳が自慢のその健気な姿に義弟は興奮を隠しきれなくなっていた。店員娘の小股の切れ上がった江戸っ娘は、さらにビデオカメラで恥ずかしい姿を覗いたり胸をブチ差し込まれ犯していきます。
 
下ろして、乱れるまゆみをじっくりご覧ください。

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す