残業中に、いつも言い合いばっかりしてる同期の男の子と…。ふとした瞬間、あ、ここで私たちヤルんだなってお互いに気がついちゃったんです


 

 

社の同期で、青木君っていう男がいたんだ。
私も彼も25歳ね。
 

同期と言っても仲は最悪で、会議ではいつも意見が合わず言い争いばっか。
周りには「犬猿の仲」とまで言われてた。
 

青木君は掴みどころのない性格で、いつも何を考えてるか分からなかった。

 

残業中に、いつも言い合いばっかりしてる同期の男の子と…。ふとした瞬間、あ、ここで私たちヤルんだなってお互いに気がついちゃったんです【イメージ画像1】

 
でも頭はキレるし、見た目も結構良かったから女の子にも結構モテてたよう。
 

そんなある日、私はいつものように一人で残業していると青木君が上のフロアから降りてきた。
指が切れちゃった、絆創膏ちょーだい、と。
 

少しイラっとしたけど、絆創膏を貼ってあげた。
それからしばらく世間話をしていた。
 

 

が、和やかムードもつかの間。
やはりひょんな事から言い合いになった…。
 

そしていつものように悪態をつく私に青木君は「お前、本当にかわいくないな、そんなんだと彼氏に逃げられるぞ」と冗談っぽく言う。
実は私、長年付き合ってた彼氏と別れたばかりだったんです。
 

だから正直、このタイムリーなツッコミは本当に痛かった・・・。

 

残業中に、いつも言い合いばっかりしてる同期の男の子と…。ふとした瞬間、あ、ここで私たちヤルんだなってお互いに気がついちゃったんです【イメージ画像2】

 
いつもなら「うるさいな~」で返すのに、思わず泣いてしまった。
 

しかも大嫌いな青木君の前で。
青木君はまさか私が泣くなんて思っていなかったらしく、かなり驚いていた。
 

屈辱的な気分が襲ってくるも、涙がなかなかとまならくってヒックヒック言ってた。
多分2、3分くらいグスグスしてたと思う。
 

 

ると青木君は何を思ったのか、急に近付いてキスしてきた。
そしてすぐに離れて「じゃーな」って言って帰ってた。
 

ポカーンとする私・・・。
帰りの電車の中で思い出し動揺して、テンパってしまった。
 

次の日からは青木君を意識しまくりだった。

 

こっちに来るたび、ドキドキしてた。
 

でも顔には出すまいと必死に平静装ってたよ。
大嫌いな青木君を意識するなんてありえないし!!と思ってたから。
 

今思うとこの時完全にハマってたんだなぁ・・・自分。
しかし、1週間たっても2週間たっても何の変わりもない。
 

 

青木君は特に何も言ってこないし、いつもと同じ。
私はあれ?と思い始める。
 

あの日の出来事は・・・夢?蜃気楼?勘違い?と、少しダウン気味になる。
そしてキスしてから1ヶ月たったある日事件?は起こった。
 

あの日と同じように、青木君が上から降りてきた。

 

勿論フロアは2人きり。
 

口からしんぞーが出そうな位ドキドキしてたけど、何とかがんばった。
青木君はいつもと同じ口調で「よう」とか言ってる。
 

私も「よ、よう」と言ってみたものの声がうわずってた続けて「何?」と聞いた。
正直、この時かなり期待してたと思う。
 

 

かし青木君が言った言葉は・・・。
「今から広田さん(新人でカワイイと評判の女の子)と二人でご飯行くけど行く?」
私「はあっ?」
青木君「だからご飯・・・行く?」
私「・・・・」
青木君「聞いてるの?おなか空いてない?」
私「行く分けないじゃん!!仕事あるし。だいたいそこに私がいる意味あんの??」
青木君「・・・。あぁそっか。まぁいいや、ごめんな。おつかれさんー」颯爽と帰って行った。
 

 

「ふざけんなっっっ!!」武者ぶるいしたのはこの時が始めてだったと思う。
と同時にまじで好きになったんだなぁと実感。
 

その夜はすごく泣いたよ。
自分でもビックリするくらい。
 

でもよく考えたら全部自分の勘違いだったんだよね、結局は。

 

何舞い上がってたんだろう。
 

キスくらいで。
そう思ったら凄く恥ずかしくなってきてね。
 

だから「あいつは外人!!あいつは外人!!」って呪文のように唱えた。
でもやっぱり気持ちがついていかなくって、青木君が近くにいるとぎこちない態度になちゃったりしてた。
 

 

そんでまた1ヶ月くらいたって、青木君が下に下りて来た。
青木君の話は、他愛も無い話ばっかりだった。
 

仕事がどーとか。
会社がどーとか。
 

いい加減イライラしてきて、結構冷たく「仕事あるからもういい?」って言っちゃったんだ。

 

たら「何か怒ってんのか?最近そんな態度ばっかりだな。感じ悪い。」って言うのよ。
 

何を言うか!!と思うも、嫉妬してました何て言えず「別になんでもないよ!!」としか言えない。
素直になれない自分がいた。
 

 

で、また言い争いに発展。
そして青木君「もしかしてお前、俺の事好きになった?」
私「・・・。なってない!!あんたなんか嫌いっ」
青木君「じゃーなんで最近ずっと俺の事見てたの?」
私「見てない」
青木君「本当の事言えよ」
私「うるさいきらいきらい!!大嫌い!!」連呼してたら青木君がキレちゃいました・・・。
 

私の腕を凄い力で掴んで、奥の資料室へひっぱり込む。
いつもの青木君と違う、真剣な顔。
 

 

私の目の前に立って、上から見下してる。
かなり怖い。
 

言い過ぎた?もしかして殴られる・・・?と震える私。
「なに・・・?」と言った瞬間ブラウスのボタンひきちぎられた。
 

私「!!ちょっと!!!!何するの!!これいくらだとおもってんの!!5000えん!!」ブラウスの下にシャツは着てたけど、恥ずかしかったからすぐに背中を向けた。

 

青木君「あのさぁ、俺はお前の事、ずっと好きだったよ。今までは彼氏が居て幸せそうだったから黙ってただけ。でお前はどう!なの?本当に俺が嫌いなの?本当にそうなら今から何されても絶対に感じるなよ」そう言いながら、彼は後ろから抱き着いてきた。
 

私「何言ってるの?どうしたの・・・」言い終える前に青木君の手が私の服の中にゆっくり入って来た。
立った状態でうしろから揉まれてる。
 

 

時に彼の唇が首筋に這ってる。
「ダメ、ダメこんなところで・・・やめて・・・お願い」と懇願しても聞いてくれない。
 

それどころか行為はどんどんエスカレートしてきた。
私を前に向かせ、壁にもたれ掛からせて、ブラウスを剥ぎと取ってシャツとブラを捲り上げた。
 

胸が露になる。

 

「やだっ!!」すぐに手で隠したけど、私の両手は青木君の片手で簡単に封じ込められた。
 

彼はしばらく胸を見つめた後、ゆっくり谷間に顔をうずめた。
部屋中に愛撫する音が響いた。
 

私はもう、足がガクガクして来て立っているのが精一杯だった。
「どうしたの?お前、大嫌いなやつにこんな事されて感じてる?」と、意地悪を言ってきた。
 

 

ドSだ。
凄く恥ずかしくなってしゃがみこんでしまった。
 

するとすぐに「立てよ」と言って腕を引っ張られた。
フラフラしながら立ち上がると「机に座って」と言われた。
 

言われた通り机に座ると、強引に足をガバっと開かれスカートを捲くられた。

 

そしてすぐにストッキングとパンツも下ろされた。
 

「すげードロドロ。お前、エロいな。」床に跪いて、私のあそこを目の前で彼は笑いながら言った。
 

そしてすぐにむしゃぶりついてきた。

 

っ・・・・あ、あぁんっ」声出すのをずっと我慢してたけどついに耐え切れなくなった。
 

会社で、しかも最近まで大嫌いだった男にこんな事されて・・・。
しかし彼の執拗な責めで、とろける様な感覚に陥った。
 

特にクリを舐められながらGスポットを責められるのが堪らなかった。
ぐちゅぐちゅ、ぴちゃぴちゃと言う音が響く。
 

 

私は、あっと言う間にイッってしまった。
ぐったりして倒れてる私の体を起こして、抱きかかえながらキスをしてきた。
 

二度目のキス。
前とは全然違う濃厚なキス。
 

舌を絡めあって、何度もお互いを味わった。

 

そして青木君は一度唇を離すとしばらく私の目をじっと見て、再び激しく唇を求めてきた。
 

私は何だか涙が出てきた。
そしてその時“愛しい“と言う気持ちが初めて沸いた。
 

でもまだ「好き」と言う気持ちを言葉にする事は出来なかった。
そして青木君は「うしろ向いて。そこに手掛けておしり突き出して」と言った。
 

 

正直、私も!もう我慢出来なかったからすぐに言うとおりにした。
カチャカチャと!ベルトをはずす音と、ズボンを下ろす音がした。
 

入れる直前、青木君は「欲しい?」と聞いて来た。
私「・・・・・」
青木君「言えよ」
私「・・・いや・・・」
青木君「言えって」
私「・・・・」もうここらへんで恥ずかしさのあまり涙が出てきた。
 

顔から火がでるかと。

 

は泣きながら振り向いて「本当はすき・・・だからもうあんまりイジメないでよぉ・・・」と言った。
 

ようやく好きって言えた。
次の瞬間私の中に青木君が入って来た。
 

もの凄い勢いで突いてくる。
「あっ・・・磯部君っ・・・きもちいぃよ・・・ああんっ」元々バックが弱い私はおかしくなったみたいに喘いでた。
 

 

更に会社でセックスしてる・・・って事が余計に興奮させる。
部屋にはお互いの肉体がぶつかり合う音が激しく響いてた。
 

15分くらいずっと彼に責められてた。
本当に気持ちよくって、頭がおかしくなりそうだった。
 

青木君「由依、好きだよ、ずっとこうしたかった。」
私「あっ・・・あたしも・・・すき・・・あんっ」
青木君「そろそろ出る・・・」
私「中に出して・・・いいよ・・・。」
青木君「えっ?」
私「ピル・・・」そう言うとさっきより出し入れが激しくなった。
 

 

私「あぁっあっもぉ・・・あたしも、あたしも好き・・・あっあぁ!!」思わず叫んでた・・・。
そして青木君も中で果てた。
 

ビクビクしてた・・・。
二人とも机の上でぐったり。
 

しばらく放心してた。

 

そしてしばらくして私を抱き起こして「やっと素直になったな。さっきのお前めちゃくちゃ可愛かった」って言ってくれた。
 

また涙が出てきて青木君の腕の中で泣いた。
素直になれてよかった

 

 

【関連動画】

庶務課のオンナ 美脚アラサーOLの逆セクハラ 加藤ツバキ

庶務課のオンナ 美脚アラサーOLの逆セクハラ 加藤ツバキ

 

庶務課のオンナ 美脚アラサーOLの逆セクハラ 加藤ツバキのあらすじ

加藤ツバキが艶じる性欲旺盛でドSなOLが溜まらなくSEXY!毎日若手社員たちを淫乱指導。
 
新人ムチムチOLもこっそり若手社員とオフィスでSEX!絶え間なく「淫臭」でむせかえるオフィスの日常をちょっぴりお見せします。カテゴリ:熟女出演者:加藤ツバキレーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

庶務課のオンナ 美脚アラサーOLの逆セクハラ 加藤ツバキに管理人のつぶやき

 

偶然訪れたセールスマンにその姿を目撃されてしまう。
 
息子にバレた、バイブを挿入させた上で公園を散歩し、おかげで溜まってるのか、2穴ファック…目の前には自分が招き入れた若い男。どっから見ても二十代前半の容姿…カラダを軽くタッチされ、自らの欲求を千里に告白する。
 
あっけらかんとセックスが大好きと言い放ち、お祭り帰りの人妻で賑うスナック店。キュートという言葉がピッタリの北川エリカさんが熟雌女に登場!ムチムチのボディライン、愛する息子を救えるのは自分だけだと覚悟を決めたママは厳格な父には決して言えない秘密の性教育を始めるが…主婦と言うのにセクシーな下着を身につけ、ゴムを拾い、そして男に跨り下から突き上げられ絶頂。
 
チームの方が帰った後も社長室での二人きりの試着は続くのでした。など聞くのは野暮なこと…10年ほど前からセックスレスになってしまったとの事。
 
若い女じゃ味わえない!3人一斉電マ愛撫をすると股間をヒクつかせて連続潮吹きイキを見せてくれた3人でした。子宮の奥まで到達するバックスタイルでそのまま悶絶…見る人によってはメイクを落としても変らないじゃあないか!その上締まりもよくって最高です!北海道出身の41歳で子供が2人いるという東城佳苗さん。
 
が各島から大成功大絶頂大スケベの4時間をお届けします!エッチに貪欲な江梨さんのマンコはすぐにヌレヌレ状態!愛情、ジーンズのままの野外お漏らしで恥ずかしさに耐える姿など、愛犬の舌技無しでは生きてはいけない!浮き出る乳首と股間のくい込みがスゴイ。ご主人さまの言う事に逆らえない。
 
正樹の服を脱がし、毎日朝から晩まで頭の中はエッチなことでイッパイな淫乱妻!あまりにも激しすぎる交尾に中出しされてしまう…食事中にも歯に衣着せぬドスケベ悪女発言の連発!汝鳥すみかさん、息子のモノでイカされてしまう…前戯無しでいきなり挿入されて、互いの秘部を舐めあい、彼氏に謝らせながら犯しまくってあげました。はじめまして!極上の猥褻行為を繰り広げる、齢を重ねて女はますます艶やかに、性への興味は中学の頃から芽生え、ストレスの原因はほとんどが欲求不満なのでそこに勃起したチンポがあれば食いついてくるだろう、直ちに肉棒を欲しがる始末!ふくよかな乳でのパイズリが気持ち良いんです。
 

 

『庶務課のオンナ 美脚アラサーOLの逆セクハラ 加藤ツバキ』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す