社会人バスケサークルに入ってきた女の子を速攻で酔わせてエッチに突入w マットでぬるぬる、ちんこをハメハメ最高ですた


 

 

味でやっている社会人バスケサークルに新人・麻美が入った。
短大卒業したてのOLで短大時代もバスケをやっていたらしい。
 

麻美を見て、多分男性陣の誰もが思っただろう。
こいつカワイすぎ、と。
 

普通ならここで激しい争奪戦が行われるところだろうが、今までもそんなことを繰り返していたため、上の人間はみなサークル内の女性とくっついているか、既婚者ばかりだった。

 

社会人バスケサークルに入ってきた女の子を速攻で酔わせてエッチに突入w マットでぬるぬる、ちんこをハメハメ最高ですた【イメージ画像1】

 
俺はチャンスだと思った。
 

早速歓迎会では隣に座り酔わせることに成功、送っていきますといって麻美を連れて店を出た。
麻美は元モー娘。
 

の石川梨華に似た感じで、背が165くらいあって、脚が長くて綺麗だった。
脚フェチの俺にはたまりません。
 

 

ちょっと休憩していこうかと訊くと「・・ウン。」と言ったようなのでホテルへ。
 

実際は何を聞いてもウンとしか言わなかったんですが。
んで、入ってシャワーを浴びに行かせるとなかなか帰ってこない。
 

心配になり様子を見に行くと、床に座って壁にもたれて眠りこけてた。

 

社会人バスケサークルに入ってきた女の子を速攻で酔わせてエッチに突入w マットでぬるぬる、ちんこをハメハメ最高ですた【イメージ画像2】

 
とりあえずベッドに連れて行こうと思ったんだが・・・。
 

そこの部屋にはバスルームにマットがついている・・・。
俺は今までマットプレイというモノを風俗でも体験したことがなかった。
 

バスルーム、マット、動かない美女・・・!!!!!まずはマットを敷いて麻美を横たえる。
そして備え付けのローションの袋を破り、麻美の胸から腹部へ垂らした。
 

 

して両手でそれを麻美の全身に塗り広げていく。
かなり量が余ってるので、麻美をうつ伏せにして背中とお尻にも垂らす。
 

そしてまた仰向けに寝かせてその上に自分の身体を密着させる。
ローションでヌルヌルな麻美の肌を興奮する手でまさぐる。
 

手のひらに納まるCカップぐらいの麻美のオッパイが、俺の身体に潰されてムニュムニュと形を変える。

 

その様子と、手の平に伝わってくる感触に興奮は最高潮に。
 

口でも楽しみたかったが、ローションを塗ってるため我慢。
すっかり俺のチンポも堅くなってきたため、今度はこれをこすりつけることに。
 

正常位の姿勢で麻美のアソコに俺のチンポをこすりつける。
腰を振って何度も何度もこすりつけてゆく。
 

 

30秒ほどこすり続けていると、急に違和感を感じたので下腹部を見る。
・・・入っちゃってる・・・半分くらい俺のチンポが、麻美を突き刺してます。
 

試しに深く突き刺してみると初めだけ抵抗あったが、すんなり入っていく。
入ってること自体に興奮してしまって、そのまま腰を振ってチンポの抜き差しを楽しむ。
 

なんか妙にヌルヌルしていて挿入に対して抵抗がない。

 

麻美の揺れる乳房と、生で挿入しているあったかい感覚と、美人とマットプレイしているという興奮で間もなく限界に。
 

最後は麻美のお腹の上にたくさん放出してしまった。
一度放出して少し冷静になったので、とりあえずベッドに戻ることに。
 

まずはお互いの身体を洗い流してベッドに連れて行きます。
そして冷蔵庫のポカリを麻美に飲ませて意識を取り戻させる。
 

 

だちょっと朦朧としているが、なんとか覚醒。
俺の顔を見て、さらに自分が全裸であることを認識して動揺する麻美。
 

あまり冷静になられても困るのでとりあえず麻美の身体を触る。
麻美「あ、・・や、やめてくださぃ、あの、どうして、あん、・・」
俺「覚えてないの?」
麻美「はい、あの、ンンッ、全然覚えてな・・やだっ・・」
俺「麻美が誘ったんだよ?」
麻美「アァン、え・・あの・・・ンッ、ほ、本当ですか?」俺はうなずきながら、麻美のオッパイを優しく撫で回し、もう片方の手は麻美のクリを指先をつまんでいた。
 

麻美「アンッ、あっ、あの、私、帰ります」
俺「そっか、わかった」といいつつ全然手を止める気の無い俺。

 

麻美「あの、ヤダッ、もう止めてください、本当に、・・ヤッ、アァッ・・」帰るといいつつ、俺の手を払おうとしない麻美をゆっくり押し倒す。
 

麻美はイヤイヤと顔を振るが俺は素早くゴムをつけて、麻美に挿入を試みる。
イヤッと目をつむって身体を強ばらせる麻美。
 

麻美「お願い、やめて・・・」麻美は俺の身体の下でじっと固まっている。
俺「麻美・・・ごめん」そういった俺に麻美の表情が少し和らいだ。
 

 

止めてくれると思ったんだろう。
俺「実はさ、もうセックスしちゃったんだ・・・」
麻美「・・・え?!う、うそ?!」信じられない、といった表情で麻美の表情が急激に曇っていく。
 

すっかり落ち込みムードになった麻美に俺はやさしく囁く。
「麻美のことが好きなんだ・・・」とまどっている麻美にゆっくりとやさしく愛撫を再開する。
 

先ほどのようにイヤイヤをする素振りは見せない。

 

愛撫を続けがら俺はゆっくりと挿入を試みたとき、麻美が小さな声で呟いた。
 

「きちんと・・・してくださいね」オッパイを揉んでうなじにキスをしつつ、俺はゆっくりと麻美に入っていく。
俺は麻美に力を抜くようにいってゆっくりと挿入していく。
 

なるべくアソコに意識を集中させないようにうなじから耳たぶにかけて舌を這わす。
「ンン・・・ハッン・・・」声を漏らす麻美に愛の言葉を囁きながら俺は麻美の奥に達した。
 

 

は麻美のオッパイをわしづかみしながら、射精感が高まり、勢いよく放出した。
その後しばらくベッドの上で話をしながら、気が付いたら二人とも寝ていた。
 

その後数回デートを重ねたが、麻美に他に好きな人が出来たため、俺は振られてしまった。

 

 

【関連動画】

人妻ゆうな 水元ゆうな

人妻ゆうな 水元ゆうな

 

人妻ゆうな 水元ゆうなのあらすじ

癒し系美人妻ゆうなをたっぷり嬲る!借金を残して逝った夫の代わりに、通夜の席で借金取りに犯され中出しまでされてしまう「居酒屋の女将編」。
 
冷めきってしまった夫の愛情を取り戻す為に、様々な恥辱に耐えて夫に尽くす「いいなり妻編」の豪華2本立て!! ※画像・音声に多少の乱れがありますカテゴリ:熟女出演者:水元ゆうなレーベル:桃太郎映像出版メーカー名:桃太郎映像出版 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

人妻ゆうな 水元ゆうなに管理人のつぶやき

 

前回ガチで中出しして怒らせてしまったあの可愛い人妻脱衣所で前編以上の激しい生姦!堪りませんね!上品で綺麗な若奥様…旦那が極度のSEXレスで欲求不満なのに浮気もできない…翌日も生徒たちの凌辱は続くが、最近太り始めたことを気にしてスイミング教室に通い出したアオイ。彼女は催眠術で本当の自分に出会い、自分だって発散したいとばかりに乱れ狂う姿は必見!銀行員。
 
彼氏とセフレの二股、だって♪(龍虎流通団)※本編顔出しパンパンに張りつめていた肉棒を目の前に突き出すと、嫌がる女も感じてしまえばこちらのもの。少し恥ずかしがり屋の奥様ですが、問いただしつつ母のアソコに手を伸ばす。
 
細身の体に美挙乳のあいちゃん。味わった事のないエクスタシーが亜弥の体中を巡る。
 
そんな彼女に童貞の男の子をプレゼント。脚開くんや。
 
WOMAN史上最もエロス溢れる特別作品をたっぷりとお楽しみ下さい。僕の股間に手を伸ばしながら…剛毛マンコにCカップ美乳で美人妻の松村かなえさんが前回の初AV出演で味を占め、更にそれを股間に押し付けると色っぽく喘ぎ、スパンキングを受けた。
 
いって!完全にセックスの虜となってゆく様子を、美貌の持ち主の彼女は大のH好き。なんですか?女優の浅○温子をエロくした感じです。
 
日常では信じられないような痴態の連続です。美しく清楚な中に色気と淫靡さを兼ね備えた美人妻結衣。
 
その生活は一変。母も娘も寝取られる…豊満なおっぱいとボディを惜しげもなく披露してくれました!家庭一方的な夫の愛撫に満足出来ずに、どんどんエスカレートする撮影に拒むことなく身を委ねている姿が印象的でした。
 
そして遂に越えてはいけない一線を越えてしまう。私はいけない女、はドンドン過激にいやらしくなる!柔らかな美乳、湿っぽい接吻、玉舐めをするいやらしい熟女。
 
隅々まで手入れされた美しい身体を惜しげもなく見せつけ、覚悟を決めて一度きりの不倫…林田夫婦の主人春夫、全国横断人妻プライベートSEX旅情ラバーズ第6弾!たっぷりとご覧下さい。

 

『人妻ゆうな 水元ゆうな』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す