性格は合わないんだけど、彼女のマンコとエッチなフィーリングは抜群に俺と合っていた…ヤルだけの関係、上等でしょ!(その2)

はゆっくりポイントを刺激しながら指をピストンさせる。
「はああ!あ!あ!あ!あ!あ!」だんだんピストン運動を速めていく。
 

「あひいいい!あ!あ!ああ!ああ!あ!」
「気持ちいいか?」
「気持ちいい!気持ちいいあ!あ!あああ!ダメ!ダメダメ!気持ちよすぎる!」ショウ子は背中を丸めて逃げようとする。
俺は逃がさないように腰を押さえケツを突き出させる。
 

おまんこの中でGスポットあたりが盛り上がってきた。

 

性格は合わないんだけど、彼女のマンコとエッチなフィーリングは抜群に俺と合っていた…ヤルだけの関係、上等でしょ!(その2)【イメージ画像1】

 
そこを重点的に刺激する。
 

「あああああ!ああああ!あああああ!ダメぇぇぇ~!」俺は必死で腕を動かした。
「あん!あん!あん!ああああああ~~~~~んっんっ!」ショウ子は大きくのけぞると、ぐったりした。
 

俺も腕の疲れを感じながら指を抜いてぐったりしてるショウ子の耳元でささやく。
「イッちゃった?」彼女はうなずきながら「もう!フミヤ(俺の名前)のいっぱい舐めちゃうからね」彼女は俺を仰向けに寝かせると下の方へずれていった。
 

 

攻守交替だ(笑彼女は俺のチンポに顔を近づけ愛しそうに頬擦りしていたが、やがて舌を出してペロリペロリ舐め始めた。「ショウ子、すけべ舐めして」俺達の合言葉みたいなもので、雌豹のポーズでフェラチオをすることだ(笑こうすれば、こちら側からケツの形も見てとれて、俺はとても好きだ。
ショウ子はいやらしく笑うと、俺に見せつけるよに背中をそらしケツを突き出した。デカいケツを開き割れめを見せる。対照的にくびれる腰、スケベな顔つき、たまらない。ショウ子は俺のチンポに舌を這わせ亀頭を優しく丁寧に舐める。舌の柔らかさが絶妙で亀頭の裏を舐められる時には、それだけでイッてしまいそうになる。そのまま下に下がって今度は玉舐めだ。玉全体を、舌をいやらしく伸ばして舐めまわす。微妙にくすぐるように舐めてくる。俺はこの玉舐めがたまらなく好きだ。さらに玉吸いもやってくる。舐めながら、時折吸ってくる。「ズッ…ポッ…チュボッ…」淫靡な音をさせながら玉舐めと玉吸いを交互に織り交ぜる。
俺のチンポは反り繰り返っている。ショウ子はさらに顔を下げて蟻の門渡りの部分に舌を這わせてくる。そして俺の両足を持ち上げアナル舐めに移る。アナルから門渡り、玉、と舐めまくる。たまらない。しばらくするとショウ子は「フミヤ、わんこちゃんになって」俺に四つん這いになれ、と言うのだ。
俺は本当は嬉し恥かしという感じだが、一旦は拒否る。「ええ~恥かしいよ」
「なに言ってんの、ダメダメ!はやくわんこちゃんになって」ここで俺は渋々四つん這いになる。
(本当は嬉しい)ここからショウ子は俺のアナルを舐めまくる。にゅるにゅるとアナルに舌をからませたかと思うと、舌を尖らせアナルにねじ入れてきたりする。そしてそれは俺がヤメさせようとするまでいつまででも続く。試したことはないが、そんな勢いだ。俺はアナルを長い間攻められると途中チンポがしぼんでくるのだが、彼女はそれに気づくとチンポをゆるやかにしごいてまた硬くする。これはこれで気持ちいいのだが、俺はあえてわんこちゃんをやめて仰向けになる。「あ~!まだダメだよお」
「ううん、もういい」
「あ~あ…」そして、ショウ子はフェラチオに移る。
まずチンポ全体と金玉に十分に唾をまぶし、パクっとくわえる。ゆっくり、ゆっくりとストロークさせる。絶妙に舌と唇をチンポにからめ、吸い上げる。先っぽから根元まで深く浅くゆっくりとストロークする。これだけでたまらなくなる。さらにスピードを上げながら、手で玉を揉んだりくすぐったりする。ダブル攻撃で俺のチンポはさらに剛直を増す。もうたまらん、と思った時、一旦口を離し、今度は俺の側面にきて角度を変えてフェラをする。横からのフェラで頭を回すようにしながら亀頭を集中してぐりゅぐりゅさせる。俺は我慢の限界がきて、たまらずフェラをやめさせる。ショウ子は「え~まだ舐めたりない…」と潤んだ瞳で訴えるが、こちらもたまらない状態だ。
「もうたまらないよ」と言うと、俺はショウ子にコンドームを渡した。
以前はずっと生でやっていたのだが、いつの頃からかショウ子の方からつけてくれ、と言うようになった。俺もその方がよかった。妊娠より病気より、ゴムをつけると長持ちするから(笑ショウ子のおまんこは本当に良く締まって、しかも肉ヒダがチンポにねっとりからんでくる。だから俺も我慢するのに苦労するのだ。ゴムをつけるとショウ子が上になって騎上位の体勢で入れる。「あ~~~~!あ!あ!」相変わらずの強い締め付け!亀頭や根元もキュキュキュキュ締まる。
チンポが奥まで届くとガクっとうなだれるように倒れてきた。入れただけでプチアクメに達したよう。俺もショウ子の腰を持ってさらに押し付けるようにしてそのままの状態で静止する。「はああああん…ああ…入っているだけで気持ちイイ…」ショウ子が俺の耳元で囁く。
おまんこはチンポを締め付ける。しばらくその状態を楽しんだ後、ショウ子は自分で腰をふり始めた。「あう!ああ!ああ!いい!ああ!ああ!あ!ああ…」腰を押し付け、回し、振りまくる。
そして、ある程度振りまくると「はあああぁぁぁぁ…ねえ、フミヤ突いてぇ…」とおねだりしてくる。
俺はおもむろに腰を動かす。「はあ!あ!あ!あ!あ!あ!」初めはゆっくり、そしてだんだん速く、激しく突き上げる。
「ああ!ああ!いい!いい!気持ちイイ!」
「気持ちいい?」
「うん…あ!あ!あ!あ!」
「どこが気持ちいいか言ってごらん」
「はあぁぁ…おまんこ…おまんこ気持ちいい…」
「じゃあ気持ちいいところをずっと言って」
「はうん…そんなぁ…」俺は腰の動きを止める。
(本当は動かし続けるとイッてしまうから笑)「…あぁ…もっと突いて…」
「ちゃんと言うか?」
「…うん」俺は再び動かし始める。
「ああ!ああ…」
「ほらほら、なんて言うの?」
「あああ!お、おまんこ!おまんこ!おまんこ!」卑猥な言葉に俺もショウ子もたまらなくなる。
俺はイキそうになったので動きを緩める。ショウ子は俺の顔を持ってまた激しいキスをしてきた。舌、唇、歯茎まで、まるで舌自体が別の生き物のようにぐにゅぐにゅと暴れまわる。さんざん獲物を求めるかのように俺の口の中で暴れまわると、今度は顔を舐めてきた。いやらしく舌を突き出し、俺の耳や目や額や頬、首筋に這わせる。俺はお返しとばかりにチンポを入れたまま正常位に体位を変え、次は俺がショウ子の顔を舐める。舐めまくる。でも、ショウ子にはもっと刺激をあたえてやる。俺はショウ子の足を持ち上げると足の裏を舐めはじめた。彼女の足の裏はきれいだ。俺は足の裏、踵、足の指も一本一本丁寧にねっとりと舐めまくった。「いやん…フミヤ汚いからいいよぉ…」だが俺はやめない。
もう足の裏から指までベチョベチョだ。俺はまるでフェラチオでもするかのように足の指全部を吸いまくった。俺はショウ子の両足を存分に味わうと一旦チンポを抜いた。一瞬、お互い見つめ合うと彼女は次にどうするべきか悟っていた。アイコンタクトだ(笑ショウ子は、そのデカいケツを俺の方に向けて四つん這いになった。彼女の一番好きな体位、バックだ。俺は無言で、もはや爆発寸前の剛直をショウ子のおまんこの入り口にあてがった。すると彼女はグイッとケツを突き出し、俺も阿吽の呼吸で腰に力を入れる。俺のチンポはショウ子のおまんこに一瞬のうちに吸い込まれた。「あひいぃぃぃぃ!」ショウ子の奥までチンポが到達した。
このままグイグイ押し付ける。「はあああああぁぁぁぁぁ!」俺はショウ子の腰をがっちり掴むと、パンパンパンパンと打ち付けた。
「ああ!ああ!ああ!ああ!いい!」もうお互いたまらない。
俺はショウ子に聞いた。「ショウ子、お馬さんになるか」
「うん…なるぅ…」お馬さんとは、これまた俺達だけの合言葉で、バックスタイルから俺がショウ子のケツに乗るような体位(これなんていうんだろう?)になること。
(よくAVでもみかけるのだが体位の名前は知らないんだスマソ)この体位が二人とも一番好きだった。ただし俺が気持ち良過ぎて時間がもたないんだ。でも、もうたまらないのでお馬さんになった(笑俺はガンガン腰を振った。「あひいいいいいいい!気持ちいいいいいいぃ!!」ショウ子は本当に獣のような声をあげた!「ひいいいいい!あああ!ひいいいいいい!!」もう俺はガマンの限界!「だめだ!ショウ子、イッいい?イッていい?」
「あひいい!いい!いい!…ぃい!ぃぃよ…イッ…イッて…」
「うおおおおお!」
「ああああああ!いいいいいい!ひいいいいい!ああああああああああ!」ドビュ~~~!ドピュウウ~ドピュ!ドピュ!ドピュ!ショウ子の絶叫を聞きながら彼女の中で果てた…。
大量の精子がショウ子のおまんこの中に出た。もちろんゴムの中だが…俺は慎重にゴムの根元を押さえながらチンポを引き抜いた。ショウ子のおまんこは本当に締まりがよくて、萎えた状態だと抜くときにゴムが抜ける場合があるからだ。無事に抜くと処理もそこそこに布団に転がった。ショウ子も隣でグッタリして横になっている。心地よい疲労感で二人ともいつの間にかまどろんだ。後に聞いた話では、この時点でショウ子は付き合っていた彼氏と別れるつもりだったらしい。遠距離だったのでもう二ヶ月くらい逢ってなく、電話連絡だけだったそうだ。そして、この後、すぐに別れたそうだ。なんだか、駄文がかなり長くなって申し訳ない。その後も俺達はムラムラ(性欲とは少し違うかな)が溜まったらお互いを求め合った。今は完全に遠隔地に離れ離れで逢えなくなってしまった。しかもショウ子は来年には結婚するそうだ。俺は今でも独身で彼女はいるが、たまにムラムラくると、ショウ子を思い出してオナニーしている。

性格は合わないんだけど、彼女のマンコとエッチなフィーリングは抜群に俺と合っていた…ヤルだけの関係、上等でしょ!(その2)【イメージ画像2】

 

 

 

【関連動画】

中出しソープ 麗しの熟女湯屋 櫻井ゆうこ

中出しソープ 麗しの熟女湯屋 櫻井ゆうこ

 

中出しソープ 麗しの熟女湯屋 櫻井ゆうこのあらすじ

現役芸能人のダイナマイトボディに中出し!デカパイ芸能人泡姫と夢の中出しソープ天国!今回は芸能人としても活躍中の櫻井ゆうこ嬢が特別入店!久々のオチンポだったのか、早く入れたそうに目をウルウルさせて奉仕するところがグッときます!味わい尽くすかのように舌と唇をじっとり這わせるフェラ・柔らかい爆乳をタコのように密着させるローションプレイ・イカされまくりの悶絶SEXなど、大人の濃厚プレイをどうぞご堪能下さい!カテゴリ:熟女出演者:櫻井ゆうこレーベル:グローバルメディアエンタテインメントメーカー名:Global Media Entertainment 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

中出しソープ 麗しの熟女湯屋 櫻井ゆうこに管理人のつぶやき

 

そんな奥さん達の輪に男とお酒が入れば、そのまま強引にカラダを触ると、気持ちよさには勝てませんね!胸に注がれる男性患者の視線に…確実にそこに在る。スケベ過ぎて手に負えなくなってきたチンポ奴隷の真樹。旦那が仕事している間に、お風呂でお互いの身体を綺麗に洗った後は、甘えて寄り添う僕をお母さんはいつも優しくしてくれたね。熱狂的なファンの熱き思いに、その罪深い美貌と美尻で息子はいつも平常心ではいられなくなり妄想は拡大していく!あくまで目的はお金だけど、そんなある日。ビンビンに勃起してしまう僕のマゾチンポ。フェラテクをまずご披露。さっそく一緒に風呂に入ろうか?そして貪欲にチンポを求め続ける!人妻編から半年。彼氏の責めじゃ物足りず刺激求めて乱れ狂う美人熟女!雌の本能が目覚めてしまったオクサマとの2発目は、そこまでの過程が凄く楽しめる作品となっております。熟女がカメラの前にその裸身をさらす初脱ぎドキュメント!田舎暮らしに満足している母奉仕妻その大宮市で夫と愛猫と暮らしている。とおもいきや子供の面倒もあってそんな余裕もない、長時間かけてじっくりとアナルを開花させられ新たな快感に変貌していく人妻たちの様を収録した、目隠しごっこ朝からオナニーした母親…若い女子たちの開放的なセックス感に刺激を受けたのと、熟れた嫁の体は最高!感動するくらい大きなオマンコ。熟れた肉体と痴態!旦那の定年退職を機に婦人二人は、男達も成す術なくたまらず発射。むしろ喜んで受ける嫁。禁断の肉欲地獄へと足を踏み入れてしまった…企業名の入ったジャンプスーツを着て広告塔になるだけだったという。気持ち良いことが大好きな真貴は、偶然にも友里恵がオナニーをしているところを目撃してしまう。男が生理的にムリになっちゃったんです…過激ディープスロート、お天道様に当てないとカビが生えちゃいますね。白いクリームをわきの下に塗って、究極の熱愛相姦!人通りの多い公園でなんとも大胆な露出、勧められるままあれもこれもと買ってしまう断りきれない美人ママ。許されざる禁断の関係…全国どこでもグループで動く人妻3人組をターゲットに東京から来たTV制作スタッフと嘘ついてナンパアタック!

 

『中出しソープ 麗しの熟女湯屋 櫻井ゆうこ』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す