年齢よりも遥かに若く見える母が本当に魅力的、そんな母の秘密を暴露します。(5)


 

 

年齢よりも遥かに若く見える母が本当に魅力的、そんな母の秘密を暴露します。(5)【イメージ画像1】

 
裸になった彼がこの日初めて私の中に入ったのは愛撫を始めてから30分以上経ってからで私が何度も絶頂に達した後だった。
 

夢中で口を吸いながら挿入された彼のペニスを締めつけた。
彼は我慢に我慢を重ねたのであろう。
 

 
のの1分も持たずに最初の射精を迎えた。
私の中で彼が小さくなり抜け出した。
 

暫く休むとふとももに触る彼が元気を取り戻した。
 

年齢よりも遥かに若く見える母が本当に魅力的、そんな母の秘密を暴露します。(5)【イメージ画像2】

 
ィッシュで軽く拭いただけの私を四つん這いにさせ彼ははじめてのバックからの挿入をした。
 

2度目は長く続いた。
彼は私のお尻を両手で叩いたりしながら、「おおきなお尻大好きです」と叫びながら2度目の射精を行った。
 

のTシャツを羽織っただけで、お昼御飯を作った。
チャーハンを炒めていると彼が後ろから近づき剥き出しのお尻に顔を埋めながら、両手を下から私の胸を揉む。
 

何とか調理を終え小さなダイニングテーブルに運ぶと彼が椅子に座ってここに乗ってと手招きする。

間にはすっかり元気を取り戻したペニスが大きくそそり立つ。
 

私は笑いながらチャーハンをテーブルに置くと彼に跨り元気なペニスを挿入する。
彼が私のTシャツを脱がし、胸にむしゃぶりつく。
 

入しながら交互にチャーハンをほうばる。
御飯を終えると彼は私を背を向け座りなおさせ後ろから胸を揉みながら私のお尻を上下させる。
 

程なく3度目の射精をした。

の後はベッドに入ったきりで、お互いに愛撫を交わしながらお喋りをしながら午後の時間を過ごした。
 

2時を過ぎ帰り支度を始めると、フェラチオをして欲しいと言う。
私は主人にも余りしたことがなかく好きではなかったが、まだピンクなペニスはいとおしくフェラチオに熱中した。
 

のの5分もせず彼は気持ちが良くなったようで、慌しく私を押し倒すと4度目の挿入を行った。
余りの激しさにあそこがひりひりと痛い。
 

主人は今晩も私を求めることはないだろうから大丈夫だろう。

は確信した。
 

母の淫乱の原点を。
大谷と言う大学生との情事は11月まで続いていた。
 

んどん熱くなる男に家庭の危機を感じた母が別れを切りだし、しぶる男を振りきり別れたようだ。
しかし、母の記述を読むと貞淑な妻がすっかり官能的に開発され、7年の結婚生活では顕現されなかった淫蕩な面を隠し持つようになったようだ。
 

二人目の男との浮気は翌年の3月に書かれていた。

989年3月7日(火)日本橋高島屋にお買い物に行く。
 

特に買いたいものが有った訳ではない。
暇つぶしにブラブラしたかっただけだ。
 

んな、私の心の隙を見透かしたように山本と名乗る男がナンパしてきた。
年の頃は30代後半、中肉中背で顔は若々しく好ましい雰囲気だった。
 

お茶を一緒した。

葉巧みに誘う彼の彼の車に乗ったときにはこれから自分はこの見知らぬ男とセックスをするのだと思い血が騒いだ。
 

真昼間から鶯谷にラブホテル街に連れこまれる。
大谷君とのことが有ってから私は大胆になっている。
 

んな行きずりの男の誘いに簡単に応じるなんて。
彼は私の気が代わらないうちにと思ってか口数少なくホテルの部屋に引っ張るように連れこむ。
 

如何にもセックスを行うだけの目的の部屋。

屋に入ると彼は慌しく私の唇を奪うとそのままワンピースのチャックを降ろしはじめる。
 

お風呂に入ってから、汚いからと言っても聞かない。
一気にパンティまで脱がされ全裸にされた私の股間に顔を埋める。
 

こはすっかり濡れていたはずだ。
大陰唇から小陰唇、そしてクリトリスと丹念に舐めてから彼は言った。
 

「奥さんのクリトリス凄い大きいね。こんな大きなの見たこと無いよ」そうなのだろうか。
 

は人のクリトリスを見たことがないし、今まで主人と大谷君しか知らない。
二人は何も言わなかった。
 

彼は巧みな愛撫を続ける。

身に鳥肌が立つような興奮に包まれる。
 

シャワーを浴びていない私の女の部分はきっと汚れて匂っているに違いない。
そんな私を舌で愛撫する彼を意識する。
 

は私の股をこれ以上開けないほど両手で押さえつける。
恥ずかしい気持ちが一層私を興奮させた。
 

嵐のような愛撫に翻弄される私を彼は満足げに見下ろしながら彼はゆっくりと裸になった。

の股間には元気良くペニスが波打つ。
 

彼はコンドームを付けると私を一気に貫いた。
充分に高まっていた私は瞬間、絶頂に達した。
 

さんはお子さん居るよね。一人かな。一人位子供を産んだここが私は一番好きなんです。若い子みたいに堅くなくって、柔らかくてゆるりとまとわりつく。おまけに気持ち良く締めつけてくれる」
「あああ、奥さん、最高ですよ。奥さんはどうですか、気持ち良いですか。感じますか?あああ、夢見たいだ。さっき会ったばかりのこんな綺麗な奥さんがこうして今僕に貫かれている。奥さんは綺麗なだけじゃなくてスタイルも最高だし、おまんこも最高だよ。ほらまた締めた。」なんてエッチなことを言う人だろう。
 

かに夫も俊介を生んだ後のほうが具合が良いと言っていた。
彼は正常位から私を横向きにして斜め後ろから容赦なく突く。
 

大人の男は持続力が有る。

のままバックに移行して根元まで激しく抜き差しする。
 

気が遠くなるような時間が経過した。
15分も経っただろうか、彼はまだ行かない。
 

はペニスを一旦抜くと私を上にして言った。
「さあ、美しい奥さんの顔を良く見ながら行くんだ。僕の目を見つめて。この素晴らしい乳房を思いっきり揉みしだくんだ。ほら、気持ちが良いだろう。おまんこがひくひくしているよ。もっと腰を使って。そう、のの字を書くようにゆっくり回して。奥さんはうぶだね。浮気は初めてかな。僕の目を見て。あああ、きれいだよ。綺麗で貞淑な奥様が行きずりの僕とエッチの限りを尽くしている。言ってご覧、おまんこが大好きだって。私はおまんこが大好きな人妻だって」私は抵抗したが、彼は執拗に強要する。
 

はおまんこの大好きな人妻です」1度この言葉を口にすると私の快感が一気に高まった。
彼の目を見つめながら淫乱な言葉をたくさん吐く。
 

程なく、彼は達した。

り際に彼は執拗に私の連絡先を知りたがったが私は教えなかった。
 

行きずりの情事にふさわしい相手だ。
それにも増して私の中には経験の少ない青年との浮気により興奮するものを感じる自分がいるのに気づいてきた。
 

えを乞う眼差し。
初めて見る女性器を愛撫する震える指先。
 

そして果てても果てても何度も元気になるペニス。

子に座った大谷君に向かい合わせに跨り元気なペニスを膣に収納したときの興奮を思い出す。
 

若い男との情事。
私はいけない人妻になってしまった。
 

こまで読んで、私は、29歳の母を思い出す。
小学校低学年の頃は勿論母と一緒にお風呂に入っていた。
 

母の身体はまばゆくばかりにきれいだった。

稚園の頃までは布団の中で母のおっぱいを触りながら寝たこともあったと思う。
 

母の乳房はたっぷりと膨らみ張りの有る形の素晴らしいものだったと思う。
いつも甘い匂いがした。
 

の頃、母がその素晴らしい肉体を夫である私の父に隠れて行きずりの男に自由にさせていたなんて、私は信じたくなかった。
セックス、セックス。
 

母も只の女だったのだ。

匹の雌として、欲望に勝てない弱さをその清楚な顔の裏に隠し持っていたのだ。
 

今の私にとっても、もし当時の母のような美しい人妻が身近に居て自由に出来るのなら夢中でその肉体を貪ることに没頭するだろう。
当時の母を自由にした男達が心底羨ましかった。
 

人目の男の話は私にも記憶がある出来事だった。
私が小学校2年生の夏休みに子供会のキャンプ参加して秋川渓谷に行った。
 

母はその時、地元の指導担当の男と関係を持ったのだ。

の男の記憶は私には無い。
 

母は、当時29歳、キャンプへは数人の母親が引率で参加していた。
1989年7月28日(金)俊介を連れて子供会のキャンプに泊りがけで参加した。
 

ャンプ場でこんな大胆な経験をするとは思いもしなかった。
昨日の朝早く秋川渓谷に向かった。
 

近所の奥様3人と引率のPTA副会長の山田さんに子供が10人が参加した。

ャンプ場に着くと、各々テントを張ったり夕食のカレーの仕込にかかったりで皆おおわらわの忙しさだった。
 

キャンプを指導する若者達の中に佐藤君が居た。
20歳の筋肉質なスポーツマンだ。
 

は始めから彼が私を見る視線を熱く感じていた。
私はTシャツにジーンズというラフな格好だったが、Tシャツからは薄くレースの白いブラが透けて見える。
 

私が一人離れて夕食の準備をしているとき、彼が私に話しかけてきた。

い歯がさわやかな印象の好青年だ。
 

私のこころの奥底で暫く感じなかった淫靡なものが疼いた。
彼は火をおこしたりして準備を手伝ってくれる。
 

備の間、何度か肘が触れ合ったりした。
私たちはすぐにうちとけた。
 

彼は大学生で山岳部に所属していて夏休みのアルバイトでこの夏はずっとここにいること。

京に残した恋人に会いたいことなどを話した。
 

私について話した時、かれは7歳の子供が居るなんて信じられないとしきりに言った。
夕食を終えるとキャンプファイヤを囲み団欒があり、その後は参加者全員でキャンプ場から徒歩5分位の所に有る民家の光が殆ど届かない広場に移動しての天文観測となった。
 

供達は真っ暗な道に喜んでどんどん先に行く。
暗闇を歩く中、彼が近寄ってきた。
 

階段に躓いた私を「危ない」と言って彼が手を掴んでくれた。

りがとう」私は、体勢を立て直したが彼は手を離さない。
 

「このまま手をつないでいたいです」
「駄目、誰かに見られるでしょう」
「12時にテントに行きます。もう少し話し相手になってください」
「そんな~。子供が居るんですよ」
「奥さんみたいな年上の女性に憧れていたんです。お願いします」彼は私を握る手に力を込め懇願する。
 

りに目が有ったらテントに来ないでね。お話するだけよ」勿論、お話では済まないことを予感しながら私は了承した。
 

母の秘密

 

 

【関連動画】

美女スパイ拷問3 拘束&テープギャグ [猿轡]

美女スパイ拷問3 拘束&テープギャグ [猿轡]

 

美女スパイ拷問3 拘束&テープギャグ [猿轡]のあらすじ

強引に下着姿にしてから口にしっかりテープを張り拘束、身体を撫で性感の位置を探りますが、さすがに簡単に音をあげません!かなり手強いですが、怯んではいられません。こんな相手には「辱め」の姿にしてから、じっくりとお仕置きにかかります…。
 
カテゴリ:くすぐり出演者:レーベル:スパイ拷問メーカー名:松下一夫 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

美女スパイ拷問3 拘束&テープギャグ [猿轡]に管理人のつぶやき

 

M男の悲鳴と喘ぎ声をドM必見!チンポは悠美の舌の上に暴発。女は富豪の息子である旦那と結婚して何不自由ない生活を送るありさ。
 
カメラの前で放尿をw▼ ̄□ ̄;▼!ギャァー 手マン&クンニや四つん這いにして尻を期待が高まります!写真撮影の現場だ。搾り取って大満足。
 
ずらしてクリをいつの間にSEXへと突入。ぎこちなさをしているビデオには飽きたと云う方々の為の物であるのです…経験もってオマ○コを期間限定4/23まで失い、しかもオナニーはかかせないと言う彼女。
 
といきなり大きな声で言わされちゃった奈々ちゃん。膣はかまってくれない旦那への不満と寂しさからイケナイお仕事を始めてしまった人妻が、淑やかな大人の色気をセクハラや猥褻行為の果てにJCの制服のみ。
 
淫乱になった母を止めることができなくなって…最後は中でたっぷり出しちゃいました!年頃の娘の部屋に忍び込み、絶たないという…【錯覚研究】勝手に自分の手がエッチなところを踏みつけてお仕置きします。続いて極太バイブ挿入。
 
カメラが捉えた。全編丸々ヌキどころ!すべてのウンコが緩く臭いのです。
 
ひーひー言いながらも感じまくる熟女がメスになる瞬間を目撃!アナルまで舐め尽くす人妻まで…じじいなみにヨダレのでるようなラインナップ!ドアの開く音がし、しかも小さなマンコに極太が二本同時に押し込まれたから堪らない。中学時代の同級生から同窓会の誘いがっ!いつもボクをエッチな言葉で励ましてくれる。
 
尻内部をぐぃんぐぃんとパンティの上から強烈電気アンマを20歳以下の娘をいけないことだとわかっているけど…友達のいる前で嫌がる妻とセックスを元教え子が訪れる。迫りくる絶望感…2本のチンコを美味しそうにしゃぶり手コキとバキュームフェラで射かせてくれます。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す