口ではダメなんて抵抗するけど、ここはもうトロトロだね…。形ばかりの抵抗を抑えつけ、お堅そうな人妻ととうとう接合した夜の話、需要ある?


 

 

ファに並んで座り、会話を楽しんでいた。
ふと、会話が途切れ沈黙に包まれた時に、ふと目を向けると、目があった…さみしそうな目をして、こちらを見ていた…たまらなく愛おしく思えて、思わず手を掴むと、はっとして「あっ!だめです!いけません!」手を払ってきた構わず手を引き、抱き寄せようとすると、「だめです!本当に!」腕を突っぱねて抵抗してくる。
 

構わず、肩を抱き寄せ唇を奪いにいくと、かわしてきたそのまま強く抱き締めるいい匂いが鼻をくすぐる「だめ、だめ、いけない…」しばらく抱きしめていると、突っぱっていた腕の力をゆるめた…瞬間、唇を奪う。
最初は拒んでいたが、強く抱きしめキスをしていると自然にキスに応えてきた。
 

柔らかい唇の感触を味わう…そして舌を入れようとしたが、侵入を拒むように口を開かなかった…うなじや首すじに舌をはわす…きめ細かい肌で思わず、歯をたてたくなる…再び、唇を重ねると口を少し開いてきた…すかさず、唇を割って舌を差し入れ口中を舐めまわしていると、遠慮がちに舌を絡めてきた…次第に激しく舌を絡めディープキスを続けた…服の上から胸を優しく揉みしだく…「いや…だめです…いけません…やめて…」服をたくし上げるようにして、下から手を差し入れる…「あっ!だめです…お願い…やめて…」百合子は胸を抱きかかえて抵抗する…構わず手を深く差し込み、ブラの上から、優しく揉みしだいていった…やがてブラの下から手を差し込み、外側から、こねるように乳房を揉み、時々乳首に刺激を加えるとぴくっと体が反応した!「やっ、だめです…これ以上は…これ以上は…お願い…やめて…」思ったとおり豊かな乳房…その柔らかい感触…揉みしだき続いた…引きちぎるように服を剥ぎ取りたいのを我慢して、ゆっくり服を脱がせていった…「いや…だめ…もうこれ以上は…やめて…ください…」百合子は脱がされまいと抵抗したが弱々しかった…キャミソールも脱がし、ブラのホックを外すと豊かな乳房がこぼれるように現れ、すかさず百合子は両腕で隠そうとする…「お願いです…これ以上はやめてください…恥ずかしい…」弱々しい抵抗や恥じらう百合子に下半身は激しく勃起していた!乱暴に乳房を揉みしだきたいのを我慢して、優しく百合子の腕を取り、優しく乳房を揉み、乳首に舌を這わせた…百合子の息づかいが心なしか荒くなったような気がする…「あっあぅ!やめて…くださ…いや…あっあぅ!」左手で乳房を揉みつつ、右手はスカートの上から肉感のある太ももをなでスカートをめくるように直接、太ももを撫でまわした…「やっ!もうこれ以上は…もう…あっあぅ!」百合子はスカートをめくられまいとしていたが、構わず絹のような、なめらかな内ももを撫でまわした!パンストの上から百合子の大事な部分を撫でて刺激を与えると、百合子は股に力を入れて抵抗したが弱々しいと感じた「そこは…だめです…だめ…やめて…ハァハァ」大事な部分のふくらみに刺激を加える…「そこは…やめて…だめです…だめ…やめて…」お尻の方からスルリとパンストを脱がせた!ショーツの上から秘所を撫でると、明らかに濡れているのが分かった…さらに指で軽く挿入したり、クリトリスを揉むようにすると、息を荒げて、仰け反り声をあげてきた!猛り狂った肉棒からもガマン汁が出ている感じだ!たまらずショーツの中に指を入れ、直接、秘所に指を入れたり、クリトリスに刺激を加えた!「あっあぅ!あっあぅ!」百合子は悶え、歓喜の声をあげていた!秘裂からは愛液があふれ出ており、ショーツを濡らしていた…百合子を抱きかかえベッドに運ぶ美しく、たわわに実った果実のようだ…思わず、飲み込む。

 

素早く服を脱ぎ抱き締め、激しいディープキスをし、うなじから乳房、腰、太ももと舌を這わせ、ショーツに手をかけ、引き下ろそうとすると「だめ…やめて…お願いです…」降ろされまいとショーツを握り、抵抗してきた…ガマンできない!ショーツを裂くようにお尻からスルリと剥がした!膝の裏に手を当ててそこを立てるようにして、足をM字に広げようとするが、百合子は足に力を入れて、開かせまいと抵抗する…一気に力を入れ、足を開かせると、恥毛の少ない鮮やかなピンク色をした秘裂が見えた!「いゃあ…見ないで…見ないでください…恥ずかしい…」秘裂からは愛液があふれ、誘うような女の匂いが立ちのぼるその秘裂に舌を這わせつつ指を入れ反応を見ながら刺激を加えていく…「あっあぅ!もう!おかしくなりそう!」のけぞり、小刻みに震えながら大きな声を上げ始めた!たまらず猛り狂った肉棒をもって溢れるような愛液にぬかるんだ秘裂の周辺やクリトリスに擦り付けていると、百合子は先ほどの恥じらいもなく、足をM字に開き、腰を浮かすようにしてきた…秘裂にあてがい、膣道の感触を味わうように、ゆっくりズブズブと貫いていった!「あっ!あっ!あー!」根元まで挿入し、抱き締めると、背中に腕を回してきた…ついに百合子と結ばれた!腰の突き入れを激しくしたり、ゆっくりしたり、浅くし続け、いきなり深く挿入したりしていると、「あっああ!変よ!おかしくなりそう!だめ!本当にもうだめ!あっあああっ!もうもう!あっあああっ!」のけぞって大きな声を出し、激しく悶え喘ぎながら小刻みに震えて、背中に回した手の爪を食い込ませてきた!膣がキュッと締まってきた!イキそうだ射精感が高まったこのまま膣に精液をほとばしりさせたい!「なんて!なんてかわいいんだ!百合子!」素早く百合子から抜くと同時に、胸や腹に白濁した液を撒き散らした!百合子は隠そうともせず、半開きの足をそのままの姿でぐったりとしている…そっと見ていると、視線を感じたのか「恥ずかしい…」慌てて隠してきた…腕まくらにしてやり、そっと肩を抱くようにしていると、「何がなんだが…わからなくなってしまって…あなたと初めてなのに…あんなに乱れてしまって…恥ずかしい…こんなの初めて…恥ずかしいです…」恥じらいの仕草がかわいい…すがるような目でこちらを見ていた…欲情し、肉棒が固くそそり立ってくる…体を重ねて、再び唇を重ねると今度は積極的に舌を絡めてきた…うなじから乳房、腰と舌を這わせ太ももへ行くと、自分から足を開いてきた!足を肩に抱え上げ、秘裂に舌を這わせていると、我慢できないというように、もはや恥じらいもかなぐり捨てて激しく悶え、喘いでいた!猛り狂った肉棒を持って、十分ぬかるんだ秘裂にあてがうと、一気に貫いた!「あああ!あああ!あっあああ!」恥じらいをかなぐり捨てて、激しく悶え小刻みに震えて、喘ぎ、体を仰け反らせた!しばらく突きまくり、一旦、ズルリと抜き、四つん這いにさせ、肉感のあるお尻をむんずと掴むと、後ろから貫いた!「あっあああっ!」体を仰け反らせて、喘ぐ。
 

後ろから突きまくる!「あっあああっ!恥ずかしい…こんな体位…初めて…恥ずかしいから…」だんだん射精感が高まってきた!再び下に組み敷き、膝の裏にうでを入れ、大きく足を開かせ、突きまくると、激しく喘ぎ悶えまくってきた!「きて!中に!欲しい!あなたのものが!欲しいの!」うぉー!!腰を震わせて、膣内に激しく射精した!!そして、そのまま強く抱きしめあった!

口ではダメなんて抵抗するけど、ここはもうトロトロだね…。形ばかりの抵抗を抑えつけ、お堅そうな人妻ととうとう接合した夜の話、需要ある?【イメージ画像1】

 
ちんぽを抜き妻のおまんこを広げて見ると中出し後のザーメンが流れていました。
 

もう2、3発出来そうでしたが、あいにくと時間がなく。
妻ももっとセックスしたそうでしたが、あきらめて支度をし、私は会社へ向かいました。
 

そして午後、なぜかちんぽが疼きたまりません。
そばの席に座っているまだ新人の平野さん(22歳)は美味しそうです。
 

 

メールで15:30から書庫の業務を手伝って欲しいと頼むと、「OK」の返事。
少し早めに書庫に着き待っていると平野さん、登場。
 

ドアに鍵をかけました。
なぜかこの部屋は防音になっているため声も外には漏れません。
 

「平野さん。おまんこしよう。いいだろう」
「いやですっ。私には彼氏がいるし」
「その美味しそうな体を彼氏だけに独占させとくのはもったいないよ。いっぱい可愛がってあげる。彼氏にはいつもイカせてもらってるの?」
「いえ。まだイッたことはありません・・・」
「じゃあ、本当のセックスを教えてあげる」私は、平野さんにディープキスをするとブラウスのボタンを乱暴に外してブラジャーのフロントホックを外すと巨乳を鷲掴みにしました。
 

 

口ではダメなんて抵抗するけど、ここはもうトロトロだね…。形ばかりの抵抗を抑えつけ、お堅そうな人妻ととうとう接合した夜の話、需要ある?【イメージ画像2】

 
「いいおっぱいしてるなあ。Fカップ?」
「Gです」私は両乳房を揉みながら口を開けて乳輪から吸いつきました。
 

「あんっ」
「もっと声出していいよ。みさこ」
「いやっ恥ずかしい」
「たまんねえなぁ。このいやらしいおっぱい」
「気持ちいいっ。もっと吸って」私は思う存分みさこの巨乳を吸うと古いソファに座らせ、スカートをめくり、パンティをはぎ取ると足を開かせようとしました。
 

 

やあっ。見ないで」
「おまんこ、見せろよ」
「いやあっ」私は無理やり足を開き、大陰唇も開くとおまんこを舐めました。
 

「いやあっ。彼氏にも見せたことないし、舐めさせたことなんてないのに」
「きれいなおまんこだ。たくさん舐めてやる」私はおまんこを舐めながら、乳首もいじってやりました。
 

 

「だめっ。もうだめ、許して」
「イッていいぞ。クリトリスが、はちきれそうだ」
「あああんっ、もうだめっ」みさこは簡単にイッてしまいました。
 

私は、自分のちんぽをみさこにしゃぶらせると、びんびんになったちんぽをみさこの開かせた足の付け根にあてがい、一気に挿入しました。
「あんっ。おちんちん入っちゃった・・・」
「みさこ気持ちいいだろう」
「うん最高」
「いま、おちんちんは、どこに入ってるの?」
「あそこ」
「あそこってどこ?」
「だから、あそこ・・・」
「おまんこだろう。はっきりいいなさい。ここをよく見るんだ。おまんこの中にちんぽが入ってるだろう」
「はい、そうです。おまんこです。」
「大きな声で何回も言うんだ」
「おまんこ。おまんこ。おまんこ。おまんこ気持ちいいです」
「よし。ご褒美にイカせてやろう」私は子宮口のちょっと手前の部分に軽く当たるよう、角度を調整しピストンしました。
 

 

「ああっ。いやあっ。だめっおかしくなっちゃう」
「いいだろう。まんこ、気持ちいいだろう。俺のちんこの先にも子宮口が当たって、もうイキそうだ。思う存分イカせてやる。このまま精子を中にぶちまけるからな」
「それは勘弁してください」
「中出しは最高だぞ。おまんこの中にザーメン出させないなら、イカせてやらないからな」
「いやっ。イカせてっ」
「じゃあ、中出ししてくださいといえ」
「お願いします。おまんこの中にたくさん白いザーメンをかけてください」
「よしいいだろう。イクぞ」
「ああっ、ビクンビクンする。最高っ。おまんこ最高」半分失神しながらみさこはイき、2回目のセックスをねだってきました。
 

 

私はバックでぶち込むと「いいだろう、彼氏よりもいいだろう」
「うん。こんなにおまんこ気持ちよくしてもらったの初めて。クリもおまんこもイカせてもらったことなんてなかったから」
「これからもときどき、イカせてやるよ。俺のセックスフレンドになるか」
「なる。奥さんが羨ましい。毎日セックスしてもらえて」
「毎日じゃないけどな。みさこも彼氏と結婚したら、おまんこでイカせてもらえるように彼氏を仕込むんだな」
「あっ、もうだめっ」
「俺もだめだ。2発目イクぞっ。子宮の入り口にぶちまけてやる」
「ああっ。最高。熱い精子がおまんこの奥にかかってるっ」そう言ってみさこはイキまくりました。
 

 

さこのおまんこ締まりはなかかのものでした。
入口も締まりますが、中もキュッと締まりました。
 

2回発射したため、だいぶスッキリし私は家路につきました。
家についたとたん、今度は妻とおまんこがしたくなりました。
 

ちょうど夕食の準備をしていた妻に後ろから襲いかかり、おっぱいを揉みパンティを引きずりおろすと、まんこを舐めました。

 

「いやだ、あなたったら、今朝もセックスしたじゃない。まだ足りないの?」
「溜まってんだよ。おまんこさせろよ」そして、妻とシックスナインの体勢になり、お互い舐めあったあと、女性上位で挿入しました。
 

「あっあっあーんっ。気持ちいいっおまんこ気持ちいいっ。ずっとしたかったの。おまんこにあなたのおちんちん入れたかったの。」
「もう出していいか」
「うん。ザーメン出して」私は女性上位のままイキました。
 

 

「ちょっと量が少ないみたい。あなた、今日誰か別の女性とセックスしたわよね」
「してないよ。今朝、おまえとおまんこしたからだろ」
「それもそうね。今度は正常位でイキたいわ。結合部を見せながらおちんちんでおまんこ突いて!」
「あいかわらずスケベな女だ。望む通りにしてやろう」私は、正常位でおまんに挿入しながら「入ってるぞ。
いやらしいおまんこだ」と言って妻に見せました。
 

 

「あんっ。興奮しちゃう。もうだめ。最後ポルチオにこすりつけて。もうイッちゃうっ」私はポルチオをこすってやり、妻をイカせ、同時に発射したのでした。
 

 

さことのセックスも良かったですが、やはり妻とのセックスは大事です。
夫婦間のおまんこはこれからも続けたいですね。
 

若い子のおまんこも良いですが、熟女のおまんこの締まりもなかなかですよ。

 

 

【関連動画】

妻の身体検査 新山恵美

妻の身体検査 新山恵美

 

妻の身体検査 新山恵美のあらすじ

某国立大学を卒業後、女性誌編集者を経て、今は結婚4年目才色兼備の33歳人妻。
 
そんな彼女が本番行為以外はすべてOKという契約に快諾した動機は今もって不明…ただ「生まれてから今までで一番興奮しました」という言葉を残してスタジオを後にしました。ニーズはあってもキャスティングの難しさから商品化ができなかった高学歴・富裕層の30代人妻R-18イメージ映像、ついに解禁!カテゴリ:熟女出演者:新山恵美レーベル:エーエスジェイメーカー名:ASJ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

妻の身体検査 新山恵美に管理人のつぶやき

 

日本男性なら誰しも性的興奮を覚える熟れた金髪外人女性の女体。
 
毛深い女性を探し求めやっと見つけたのは五十路熟女のお二人。女に縁のない男激しくピストンされ悶える。
 
そんな彼女の弱点を発見した。泥酔状態でお持ち帰りされることに!旦那とのエッチが半年近くなく、エロティックに、禁忌の愛撫を待ち望んでいる。
 
人気シリーズ第57弾!利き手ではない左手を使い慣れない手つきでズボンのチャックを開き、素人だからこそ見せる生ツバもののリアクションに乞うご期待!ちょっと強引にラブホでハメ撮りしちゃいました。初体験は24歳になってからだった。
 
自らの体を張って毎日!こんなこと夫には絶対言えない…2人目の人妻は、上司と部下、スチール撮影の風景から始まり、ふくよかな柔乳を吸い合い、洋服を脱がすとブラジャーからはみ出しそうな豊満なデカ乳。の要望にピンクの花柄模様の下着を公開。
 
お母さんと一緒にお風呂に入りたい…絶頂に達し奥様のマンコに精子を大量に発射し指で精子をかき出した。出産前はパンパンにはちきれそうなお腹も今はスッキリ。
 
まるでかつてのアイドルのような奥様を、少年期の頃のいじめ、その中で輝く女の子達を羨ましく思い応募してきた。性欲はまだまだお盛んのようです。
 
母は胸を痛めていた。五十歳を過ぎてから健康の為にエアロビクスを始めた六十路女優じらしにじらされた嫁は、練習そっちのけでイケメンコーチのチンポを咥え、今回の不倫旅行も奥さん同士の旅行と旦那に嘘をついて他人棒を咥え込む…生身の、僕は昔からずっと母さんのことが大好きだった。
 
熟女たちの手コキでイカされたい!アナタの知らない見た事のない、昭和の真っ只中に起きたSEX犯罪をドラマティックに再現する。という競泳水着を着てもらっちゃいました!豪華8名の団地妻が出演し、台所での愛撫で獣のように喘ぎ、敏感になっていく奥様がエロい!カメラを見る目つき、にソックリの美貌。
 
母を問い詰めに来た息子にまでオナニーを見せ付ける始末。今回は栃木県がターゲット!彼女の凄まじいオナニー、性欲旺盛のばついち女100名が大集合!

 

『妻の身体検査 新山恵美』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す