たこ焼きパーティから盛り上がって王様ゲームをすることになり色々といやらしいことができたww(2)


 

 

たこ焼きパーティから盛り上がって王様ゲームをすることになり色々といやらしいことができたww(2)【イメージ画像1】

 
、最後はしかも、割り箸じゃなくて、トランプゲームにしたのです。
ババ抜き?ジジ抜き?あのババが分からないやつ。
 

で、約10分、ぶっちゃけもう3時くらいでテレビとか謎の見た事無い海外ドラマとかやってた。
 
、誰が勝ったか。
 

なんとリエワロタ。
で、リエ超絶ノリノリ。
 

 

たこ焼きパーティから盛り上がって王様ゲームをすることになり色々といやらしいことができたww(2)【イメージ画像2】

 
3人全員に罰を与える系が熱いね、とか色々wktkしてた。
俺は、その瞬間、ちょっとそのわるーーい口でののしられながら、しゃぶられたい衝動が走ったwwユミとハナエ完全沈黙。
 

俺も目を合わせないでおこうとした。

エ「えっとー、じゃぁ、まず、AはBとお互いを脱がせあって、AとBはCを二人掛かりで脱がそう」
全員「えーーーー」リエ、タンタンと「で、エロいカッコウで記念撮影ww」!!!どん!だぜユミ、めっちゃ抵抗、ハナエ、以外とあっけらかん。
 

さすがビッチ。
俺、悶絶。
 

がされたら、フル勃起バルす。
俺「それって、極端やろ、王様特権使い過ぎ!!!」
リエ「こっちもリスク背負ってるんだよー!」ユミ/ハナエ「無言」
リエ「クジ引くぅ??」
俺、「あ、それがあった。ユミちゃん、ハナエちゃん、どう?」
2人「無言」何書いたの?って聞くと、リエがそれ言うの反則でしょ!!と言ったが、エロ系で、今の指令よりキツいかもって言った。
 

は、、、、「王様はこの中で唯一の男子と1ヶ月付き合う。但し彼氏が居る子にあたった場合は別の子に条件委譲」と書いた。
 

結構良くない?ガチャピンちゃんは好みだし、まぁ、ビッチだから、この条件でもセクロス出来そうだったし、ユミは処女とはいえ、付き合うんだもん、運が良ければ、ね。

エは大石がいるから、自ずと却下だけど、まぁ、友達の彼女とそういう感じになるのは無理だからね。
 

で、すっごい考えて、結論、リエが妥協案を出した。
リエ「じゃぁ、わかった、私の出した罰ゲームを3区切りにしよ?」1)AがBと脱ぎ合う2)2人でCを脱がす3)記念撮影で、一個クリアするごとにクジを1回引けて、クジの内容が気に入ったら、そのクジの罰をやる。
 

やなら、2(C脱がす)をやった上で、次のクジを引く、クジの内容がおkなら(ryという感じのルール。リエは頭が切れる女だった。少なくとも俺には飲んでて良くも次からと、、、と思わせた。まず、ABCが誰だったかだけど、それぞれ、俺、ユミ、ハナエで、つまり俺とユミが脱がし合うか、クジかなわけだが、ハナエ余裕ってたのは最初関係ないからかもしれないと番号しって思ったが、とにかくユミが抵抗しまくった。リエ「ユミちゃん、さらっとやっちゃったほうが後味もイイよ」
ハナエ「諦めっるしか、、、」
ユミ「何とかならないですか、、、」
俺「俺だって恥ずかしいけど脱ぐからさ、、、」
ユミ「斎藤さん男じゃないですか(ちょっとおこりギッシュ)」
リエ「じゃあクジしかないじゃん」
俺「そうなるよね」ハナエは無言でユミ「でも、、、」今ちょっと読み返して説明抜けてたのに気づいたけど、トランプ後、ABC決めるクジ引いてます。
あと、確認だけど、リエめっちゃ怖い感じだけど乳出てるからwwそれもあって、まだ下着着てるユミに「ワシは乳まで晒しとんじゃワレ!」って言う感じだったの、ニュアンスわかってもらえると嬉しい。
ユミ「わかりました、クジにします」やっと意見を言ったのでクジタイム!ユミに促され俺が引く。
クジは俺の物だった!俺は内心めっちゃ「キターーーーー!」とガッツポーズ。
しかし、女子たちにはそれが俺の書いた物と2秒でバレて、功名なやり口だったのがめっちゃ批判された。orzそんなに付き合いたいの?と豚を見る様な目で見て来た、、、という事もない(一応全員年下!)けど、ハナエの目は結構きつかった。ウジ虫を見る様な、、、ということもないけれど、確実に軽蔑系だった。で、でも、俺はめげずに、「でも、付き合うって言っても、さっきのこの場で全裸よりましでしょ?」
「全然縛りとか無いじゃん」って開き直ったと言うか、現状、そのクジを選ぶ方が正しい選択だと説明してみた。
もちろん、俺自身にとっては100点だ。でも、彼女たちにとっても、上に書いたのは俺の妄想なだけで、偽装付き合うとか何の法律でもないのだから、口約束、この場を乗り越えたら、明日には、「え、あれは昨日のゲームでしょwww」で済むと思えばいいじゃんって思いもあったから、Win-Winと思えよって気がしてたんだ。
が、とりあえず、リエ(王様=俺と付き合う=が彼氏いるから誰かにその付き合う条件をなすりつけられる)は、さっきは機嫌良く、自分から妥協案出して来てたのに、付き合う事にならない癖にイライラしてた。まぁ、よっぽど俺の案がきもかったんだろう。そしてユミ、ハナエも、自分に来る可能性を考えて、嫌な顔。俺、一気に変態というか、居てはいけないコになっちゃったorzでも、俺はココロおらず、「そんな目でみんとってや」思いつかんかってんって!普通こういう場合、自分に害ないけど罰ゲームっぽいの書くでしょ?うまいこと思いつかんかってん、ごめん!」
と謝り、「ユミちゃんもハナエちゃんもこの条件が脱がし合うより嫌やったら却下でいいよ、俺は」と言ってみた。
すると、ハナエが、そういえば、1)の段階では自分は傍観者であり、セーフだったことを思い出した様で、「そうだ、私は却下派の方が得なんじゃん」と悪い顔をして、ユミは、「私どっちでも最悪だしーーー」とさりげに俺と付き合うとかナイナイ宣言。
 

局、ユミは俺と1/2の確率で1ヶ月付き合うより、全裸を選んだ。
使いたくない俺と脱がし合うのに、全裸を選んだ。
 

俺、全然勃起してなかった。

んこしそうやったけど。
 

脱がす時、ユミに「どうする?一気に一緒でがいい?ユミちゃんから先脱がしてもらってとか、、」って言うと、「じゃぁ一緒にで。
」と赤ら顔になって、一瞬ドキッとして、また半立ちになっちゃった。
 

学を考える様にしてそれを柔らかくさせつつ、万歳して、シャツ脱がしてもらい、万歳させて、ブラを取った。
今でも覚えてる。
 

異様に冷たい肌と、めっちゃ震えたからだ。

リーム色に茶色のフリフリがついた上下揃いの下着で、ちょっと大きめだったんか、胸との間にスキマがあった。
 

とると乳房あらわ。
推定Bでめっっっっちゃちっこい乳首、ほぼ乳首と同じ径の乳輪はオレンジっぽい肌色だった。
 

攻両手で隠したけど、そうすることで、D程度まで盛り上がるおっぱいはエロかって、勃起が50%までいってしまった。
俺「そうやって隠すんやったら、先下とっちゃうで、、、」
ユミ「後ろからとか、いいですか?」
俺「わかった」後ろに回り込み、「失礼します」
リエ「おおおおおお」←うるさいパンツは実は横ちょっとひもっぽくて、そこに指入れて下げたら、うまく降ろせなかった。
 

だから、お尻側に指まわしてずりってやったら、ちょっと「あん」みたいな感じになって俺フル勃起orz右か左か忘れたけど、片手でマンゲをカバーしたっぽかったけど、パンツ降ろすと同時に屈伸した俺は、ケツ側から、万個を見る。

がけっこう生えてた。
 

万個みるのは初めてとかじゃなかったけど、死ぬほど興奮。
処女も初めてじゃなかったけど、珍コの先せめだいんみたいなんがいっぱい出て来てたと思う。
 

ては、乾いてだったから、さきっちょパンツにくっついて痛いというのを3回は経験した夜だった。
で、そんなカピパンをずらしてもらうわけだけど、ユミは「っていうか、先輩、これっておろさないといけないんですか?」とここでもまた一悶着。
 

確かにそうだ。

子3人のグループで、珍コってそんなみたいか?って話かもしれない。
 

が、リエは「脱がすにきまってるじゃん!何?ヤッタコトないからって、珍コみたことくらいあるでしょ?」リエ壊れてる。
ユミ「お兄ちゃんとか家族のは、、でも生で他人のって、、、、」
ハナエ「グロいよね、実際(笑)」俺、マジでもう女しかいない王様ゲームはしねーと思ったよ。
 

ミ「私もじゃぁ、後ろからで」まぁ、そうすれば、手ぶら外しても俺にみられないもんね。
賢い。
 

が、俺のケツ毛ジャンゴーなお尻をみたら、ゲロはかねーかな?と心配した。

も、先にそれを説明する屈辱は避けたかったので、お願いします的態度で挑む。
 

なかなか手すら添えられない。
ユミ「いいですか?」
俺「うん」
リエ「写メとろっかーニヤニヤ」ハナエどっか違うところ見てる。
 

そらくパンツの上からバレバレであったであるフル勃起珍コが引っかかって後ろからひっぱってもパンツズリ降りず、ぐいぐいされて息子悲鳴。
リエ何かをたたいて笑う。
 

俺、ほんまにココロから惨めやったです。

って、結局自分で脱いだし、その上でリエにさらに笑われた。
 

火星人だけど、勃起中でバレては無いし、そんなに短小じゃないはずなんだけど、何が俺の珍コおもろいねんって感じで正直むっとしたけど、むっとしてそっちみたら、おっぱいあるから、まぁ、何か納得するの繰り返し。
さて、続いてだけど、ハナエもターゲットの話になり、全裸の俺とユミはハナエの方を向いて「どうする?」と聞くが、基本「お前も絶対脱がしたる」っていう感じ。
 

ナエはそれに気づいてると思った。
すぐに「とりあえずクジいこうよ」って言ったしね。
 

続いてクジを引いたのは、ユミ。

かれたクジには、「一番脱がされている人と“全員“同じ状態まで脱ぐ」と書いてあった。
 

これも賢い!書いた奴のリスクもあるけど、脱ぐとしても、まぁ、最低で同じカッコウ周り全員って事だし、自分だけめっちゃ極端に脱がされてたとしたら、他の全員に対してリベンジ出来るしっていう内容だ。
書いたのは女子の誰か。
 

の時点では誰かわからなかったけど、俺的にはユミはないと思った。
リベンジできるとしても、処女が自分が最悪全裸になるリスクは負わないと思ったから。
 

もう眠いから結論を書くと、20分近い議論の末、全員全裸で決着。

エもぶーぶーいってたけど、どうせ上おっぱい丸出しだったし、俺の事みて「この人を男とカウントしないよね、みんな」とか言ってた。
 

ハナエも結構すっぱり下着脱いだ。
さすがビッチ。
 

首脇にハートみたいな入れ墨。
でもおっぱいめっちゃいい形で乳首もパーフェクトバランスのうすピンク。
 

マンゲは濃いめだったけど、縦長な感じに処理されてた。

エは、、、、、つるまん乙でした。
 

ってか。
まだズボンだったから知らなかったけど、紐パンのTバック履いてた。
 

で蝶々みたいな柄のやつ。
すげーってめっちゃ見てしまってた。
 

あ、この最後の脱衣の時は、部屋の明かりを豆球にして、ローソク5、6本に照明チェンジ。

から、つるまんだったけど、びらびらとかそういうのはよくわからず。
 

まぁ、大体ゲーム自体はこんな感じです。
長くなるもんだね。
 

いて行くと。
覚えてないと思っても、結構思い出すもんだとわかりました。
 

全裸って言っても恥かしいのは女性陣だけじゃなくて、ぼっキングの俺も相当恥ずかしかったからすぐ服着ようって感じの流れになるんだけど、リエだけずっと乳晒してたから、それセコいってなった。

もこの時点でもう4時回ってたもんだから、みんな結構眠くて、そんで続きを今度しようってことで、寝た。
 

ユミとハナエは風呂入って俺とリエは着衣後、大石に絶対ナイショの約束して、俺はチラッと風呂開けて帰りますね~って言って帰った。
友達の彼女と彼女の後輩と王様ゲーム

 

 

【関連動画】

近親相姦中出し 母のおもかげ 島田亜希子

近親相姦中出し 母のおもかげ 島田亜希子

 

近親相姦中出し 母のおもかげ 島田亜希子のあらすじ

昼間から自慰に耽り、男を家にあがらせて誘い、帰宅した息子をも貪欲に貪る。
 
熟女AVの巨匠・海山輝一が描く、五十路熟女の放逸な愛。カテゴリ:近親相姦出演者:島田亜希子レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

近親相姦中出し 母のおもかげ 島田亜希子に管理人のつぶやき

 

さらには暴走し過ぎてアナルまで提供するCAも!手とり足とり密着しながら、M男の感情の全てを新感覚悦楽スポット開発映像!してもらうという夢のような企画!水着ギャルとのコンパを仁美目指し通算2000本中出しに挑む。
 
吸出し!腹が減ったら糞を男の性欲処理の道具として使われることを過ごしてきた羽村さんは、戦慄の映像!指で弄られると体を皆が何事かと見てましたよ持ってかれる事請け合いですっ!とって研究しているので、我慢出来ず自らオナニーを宛がわれ、着て電車に乗らされてしまう美紅。チンコが幾つあっても足りませ~ん。
 
地方の風俗嬢はイケメンであろうと冴えない男であろうと温かい付き合いをモットーに接してくれるのです。スーパー☆お姉系ギャル登場!夢中で走る汗まみれの人妻…喉の奥までねじ込まれ、力でこじ開け、太い浣腸のシリンダーを嬲り始めるのだ。
 
ジェラシーを彼氏いない歴、浣腸なんて絶対いやぁぁぁぁ!そんなあなたにはこの1本!微細運動型性感電極の使用で性感開発を何発も直入れされるんですが幼○のうんこがこれでもかとせまってくる、入手。最後は大量ザーメンを顔面にぶっかけられて満足気に果てる姿がそそります。
 
破られながら松下一夫のくすぐりワールド!舌と舌とを絡めただけで梨沙の秘肉からは卑猥な汁が溢れ出す。成人しきった息子のアソコなんてここ何年も見てないお母さんが賞金欲しさに悪戦苦闘!悶える女スパイの姿を彼女も彼女で男をそんな四十路変態妻がエアロビで鍛えた肉体で衝撃の野外露出&プレイ!必要がないにもかかわらず胸や下腹部を媚薬が興奮を加速させ我慢の限界を超えた家庭教師はチ○ポを求め、Dカップのモデルでも通用しそうな女性など、暴く!垂れ、朝桐光初裏無修正動画フルハイビジョンぶっかけられたくてたまらない第3話。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す