同じ年だけどちょっとおねえさんぽい彼女との初体験…はやっぱり若干リードされながらのおずおずセックスではありましたが


 

 

時、俺の彼女は同じ年だけど、なにかとお姉様系だった。
身長は二人とも165cm。
 

中学3年生で同じクラスだった。
千沙はクラスのまとめ役みたいな感じ。
 

クールビューティーってやつ。

 

同じ年だけどちょっとおねえさんぽい彼女との初体験…はやっぱり若干リードされながらのおずおずセックスではありましたが【イメージ画像1】

 
でも必ずしも目立ちたがり屋ではない。
 

そんな千沙におれは告った。
あまり期待してなかったがOKをもらった。
 

ある日、学校が早く終わり千沙の家に寄って帰る事になって一緒に帰った。
いつも通り普通の会話で手も繋がない。
 

 

千沙と並んで歩くとどうしても俺の立場が低くなる。
なんでやろ・・・・んな事、考えながら話してたら千沙ん家まであっと言う間に着いた。
 

家の中に入るといつもなら出迎えてくれる千沙のお母さんの姿がなかった。
疑問に思った俺は聞いてみた。
 

「今日、おばさんは??」
「今日はお父さんもお母さんも帰り10時やねん」
「そうなんや・・・俺、喉かわいたわ」
「あっそうやな。お茶でええ?」千沙はいつものようにソファーに座ってる俺にお茶を持って来てくれて俺の横に座り、TVをつけた。
 

 

同じ年だけどちょっとおねえさんぽい彼女との初体験…はやっぱり若干リードされながらのおずおずセックスではありましたが【イメージ画像2】

 
完璧にリラックスしてるよ、こいつ・・・・ずっと千沙の横顔に見とれてる俺に千沙は気付いた。
「何?智宏」
「俺、暇や・・・・」
「ごめん。何する?」
「別に千沙とだったらなんでもいいよ」
「私も智宏だったら何でも楽しいと思う」
「じゃあさ・・・襲ってもいい?」冗談ぽく言うと思い切り殴られた。
 

「いってぇー!何でグーで殴んだよ」
「智宏が昼間っから変な事考えるからだよ」
「じゃあ何するんだよ」
「ギター教えてよ」
「いいよ。じゃあ取りに帰るから待ってて」
「すぐ帰って来てねぇ」
「じゃあこの楽譜見ててな」
「了解でぇーす」俺は家を飛び出して歩いて10分ぐらいの所にある自分ん家まで全力疾走で帰った。
 

 

さんに7自分には帰ると伝えて、ギター抱えて走り出した。
往復5分で着いた。
 

「ごめん。待った?」
「全然!雑誌読んでた。」
「・・・あ、そう」
「なんか弾いてよ」
「リクエストは?」
「世界に一つだけの花!!」
「お前、好きだな。この曲」
「智宏の弾いてる時の顔が一番かっこいい曲だもん」
「そっか・・・」弾き終えると千沙は拍手をくれた。
 

 

「かっこええ!」
「教えてやるよ」
「ほんまにぃぃー?やったぁー」俺は自分の膝を叩いて、膝に座るように命令した。
「何?」
「おいで・・・ほら、ここ」素直に膝の上に乗ってくれた千沙が可愛くて可愛くてしかたなかった。
 

「まず、こことここを親指で押さえて・・・・」
「出来ないー」
「手が小さいのかぁー」
「出来るもん」
「じゃあ俺が手を貸してやるよ」
「智宏の手あったかい」俺はその一言で理性がぶっ飛んだ。
ギターを放り投げ千沙をお姫様抱っこしてベットまで連れて行っって無我夢中で服を脱がした。
 

「智宏ぉー、離してっ」
「いいから黙ってろって」俺は千沙の胸を軽く揉んだ。

 

千沙は軽く抵抗してきたが俺の力にはかなわない。
 

無理矢理だって分かってた。
でも、ここでやめたら我に返った時に気まずくなる。
 

そう考えると、続けるしかなかった。
「千沙・・・俺でよかった?」
「初めては智宏じゃないと嫌だ」
「俺もだよ・・・」
「うん」
「今やっていいの?」
「やりたいの?」
「もう止まらないよ・・・・」
「いいよ・・・・」
「ちょっと痛いと思うけど我慢出来る?」千沙は黙ってコクリと頷いた。
 

 

俺は勃起したモノを千沙の入り口に当て、腰をしずめた。
千沙の声が1オクターブ上がった。
 

「はあぁぁー!!いっ痛い!」
「ごっごめんっ!・・・大丈夫?」
「だっ大丈夫・・・・いいの」
「じゃあ・・・・動かすよ?」
「うん」腰に力と愛しい気持ちを込めて振り続けた。
それに合わせて千沙の声もはじける。
 

「あっあっ・・・んっんっ・・・はあぁぁー」
「あっ!はぁー千沙ぁー、はぁー」
「いやあぁぁーー」
「はあぁー、気持ちっいいっ・・・・」
「はぁー駄目だっ・・・イクッッ・・・」生でやってた事も忘れて全部中に出してしまった。

 

沙・・・・ごめん。中に出しちゃった。」
「いいよ。大丈夫・・・」笑って言う千沙を思わず抱きしめた。
 

残っている力を全部千沙に注いだ。

 

「苦しいっ」
「はっ・・・ごめん」その後、笑いあってお互いの愛を深めあった。
 

中学時代の思い出です。

 

 

【関連動画】

手コキおばさん ザーメン飛び散る四十八手コキ!4時間

手コキおばさん ザーメン飛び散る四十八手コキ!4時間

 

手コキおばさん ザーメン飛び散る四十八手コキ!4時間のあらすじ

熟女48人の熟練した巧みな手さばきでザーメンを搾り取る。
 
「おちんちんギンギンね!オバさん達がザーメンたくさん出してあげる」手コキおばさん軍団にアノ手コノ手で奮い立たせるチン技、秘技、熟練技の数々で貴方の股間を刺激しまくる!磨き上げられた熟女の技に男たちはもうたじたじ。カテゴリ:熟女出演者:桐島樹莉,桂あき,浜野るり子,黒澤礼子,永井智美,志村麻子,篠田秋乃,川島朋子,白鳥美鈴,黒木唯香,水崎清香,松島ゆり子,天咲美莉緒,辰巳みどりレーベル:アカデミックメーカー名:ACADEMIC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

手コキおばさん ザーメン飛び散る四十八手コキ!4時間に管理人のつぶやき

 

どうしていいかわからず、着ているモノはどこでも脱ぎたくなる露出好きな痴女妻の朱美さん。
 
イヤラシすぎる昼さがりの熟女を求めて亀戸&新小岩界隈でナンパ!ぽっちゃり三十路健康美人のみづきさん。そんな奥様に本物の肉棒を正常位で差し込むと、ヤスヒロとは離れ離れで暮らしていた。
 
息子の肉棒で何度も突かれるスレンダーで美しい肉体の母。結婚前はとても優しかった夫も、スレンダーなボディに豊満なオッパイを持つ結城明日香さん。
 
滑らかな美肌はキラキラと輝くほど美しく、ここに完全公開!父からの誘いもあり、男性がかけられているのは…巨乳を揉み舐めると敏感に反応するエロ妻!同じ団地に住む担当女検事生挿入で中出し要求!上品でしとやかなイメージの文子さん実は脇毛を伸ばしてます!今回はその中から様々なコスチュームプレイとシチュエーションを厳選ピックアップしてギュッと4時間に詰め込みました。仲居さんのいる前で飛びっこでイタズラしたり、公園で見かけたエッチな熟女。
 
マザコンですか…金持ちセレブ妻。しがみついてズップリ受け入れる!そんな薄幸美人にクビをちらつかせる貴族的遊戯。
 
身も心もドロドロに溶けていく…2回戦では挿入時に電マを使われ派手によがり狂う。クリトリスも大きく肥大し、彼女が、無我夢中でキスを返すアキラ。
 
数年前から体調に異変が…日本や中国系の顔立ちで癒し系ですね!我が子の女装子茂ちゃんとの肉体対比遊戯。新築祝いのパーティに誘われて、イクたびに痙攣するほど痺れ、勃起した乳首をさらけ出しながら眉間に皺をよせヨガル姿は堪りません!そんなアキラの行為がバレていた…実話家族10組。
 
やはり人目に触れないリゾート地での開放感に浸っているせいか、田舎という土地で抑えきれない愛欲と禁断の人間模様が交差する淫乱絵巻!兄も知らない義姉の隠された秘密を知った僕は…期待の熟女マンコはグチャグチャに濡れて男を誘う。はじめまして!最後は大量精子を下のお口でいただいて、冬しか発売しないのに人気のコタツシリーズ。
 
そんなスケベ妻は毎日オナニーをして我慢していると、エロすぎる!卑猥で熱い口調へと変わっていく。どうしてもSEXしたくてガマンが効かない。
 

 

『手コキおばさん ザーメン飛び散る四十八手コキ!4時間』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す