後輩の人妻の背中にギン立ちチンポを押し付ける・・・隣では、自分の妻が安らかな寝息を立てている。そのシチュエーションに、アレはますますいきりたつんだ(その2)


 

 

き子の胸を愛撫しながらゆっくり立ちひざになり、みき子の背中に俺のギンギンになったチンポを押し付けました。
みき子もすぐに様子が分かった様でしたが、今ここではどうすることも出来ないので黙ったままでした。
 

俺はもうとにかくみき子と一つになってみき子の中で思いっきり射精したい願望でいっぱいでした。
ドラマも終わりに近づき、妻がみき子に「あと3分で肩揉みを止めていいよ。ありがとう!」と言いました。
 

 

後輩の人妻の背中にギン立ちチンポを押し付ける・・・隣では、自分の妻が安らかな寝息を立てている。そのシチュエーションに、アレはますますいきりたつんだ(その2)【イメージ画像1】

 
俺とみき子は妻の後ろで内緒の行為に没頭し、興奮も絶好調の時でした。
 

とても名残り惜しくて残念でなりませんでしたが、俺はみき子のブラを元に戻しホックをかける事にしました。
服も調え肩揉みが終了し、妻はトイレに立ちました。
 

その時俺はみき子をギューっと抱きしめました。
みき子も俺にしがみついてきました。
 

 

妻はすぐに戻ってきてしまうので、二人とも少し離れたところに座り直し、何事も無かったかの様にしていました。
しかし、この時のことがきっかけで俺とみき子は秘密の関係になっていったのです。
 

当時俺の家はアパートで部屋数が三つと少なく、そのうち二つは子供達と妻が使う事になり、みき子はリビングに寝る事になりました。
俺はまだテレビを見ながらお酒を飲みたかったので、リビングのソファーにそのまま寝ることになりました。
 

それぞれの部屋の戸は開けてあり、妻とみき子は頭と頭が近くなる様に縦に布団を敷きました。

 

後輩の人妻の背中にギン立ちチンポを押し付ける・・・隣では、自分の妻が安らかな寝息を立てている。そのシチュエーションに、アレはますますいきりたつんだ(その2)【イメージ画像2】

 
この時、妻から俺の座ってるソファーは死角となり見えていませんでした。
 

やがて妻はパジャマに着替え布団に入りました。
電気を消しあくびをしながら「いつまでも起きていないで早く寝なさいよ!」などと言い、5分後には寝息を立てて寝てしまいました。
 

最初みき子は妻と話をしていましたが、妻が寝てしまったので今度は俺に話しかけてきました。
「もう寝ちゃったみたいだよ・・・」小さな声でみき子が俺に言いました。
 

 

はさっきまでの事が頭から離れずにいたので、すぐにみき子との「秘密の行為」を再開する方法を探しました。
リビングは暗く、テレビの明かるさだけです。
 

妻はまだ眠りが浅いかもしれません。
ちょっとした物音で目を覚ます可能性もあります。
 

特にこれが「男女の事」の音や声だと反応が鋭くなってしまうかもしれません。

 

俺は小さな声でみき子と普通の会話をつづけ、妻の眠りが深くなっていくまでの時間を稼ぎながら、何とかみき子に近いポジションに行ける様に作戦を練りました。
 

それから少し時間がたち、みき子も布団に仰向けになり、そろそろ寝る体勢になりました。
俺はこのまま何も無く朝を迎えることだけは避けたかったので、とりあえずみき子の足元に移動して座りました。
 

そして「足裏のマッサージも気持ちいいよ!」と小さな声でみき子に言い、足の指から揉み始めました。
「あ、そうなんだ!ありがとう!」とみき子。
 

 

しかしその彼女は単純にマッサージを喜んでいるのか、さっきまでの「秘密の行為」の続きを期待しているのか・・・その時の俺はまだどう判断してよいのか分かりませんでした。
さっきまでの事は「チョットだけ魔が差しただけ」とみき子は思っているかもしれません。
 

みんな普通に起きていた時間のことだし、少しくらいスリルを楽しんだとしても、その場でセックスになる事も無いし・・・と。
しかしどうだろう・・・ひょっとしてみき子は俺との行為の続きを期待してマッサージを受け入れているのかもしれません。
 

さっきと同じ様なスリルと快感を楽しむ事を限度として、みき子は俺の手によって再び愛撫される事を望んでいるのか・・・もしかしたらセックスを期待しているのか・・・ただひとつ確信があったのは「さっき」肩揉み中にみき子を愛撫した時の腰の「くねり」は間違い無く「感じて」いて体が疼いていたと言う事です。

 

その「疼き」はまだ冷めていないと言うことです。
 

俺は自分の直感を100%信じてみき子を「堕とす」ことに決めました。
もし嫌がったとしても大声を上げたりはしないと言う自信もありました。
 

俺はみき子の足指から踵を経てふくらはぎの方へとマッサージの手を進めました。
最初みき子は足を閉じたままでしたが、ふくらはぎの内側に手を入れると軽く開いてくれました。
 

 

!これはいける!」俺はそう確信しました。
そして膝の横、裏側をマッサージしながら柔らかい太ももへと手を進めました。
 

最初は太ももの外側を。
そしてだんだんと内側へと進んでいき、ついに足の付け根付近に到達しました。
 

もうその時、俺のチンポはさっきよりもかなり硬直していて、早く射精したい一心でした。

 

このまま一気にみき子のおまんこを攻めようか・・・と思いましたが、ちょっと反応を見たくて骨盤の頂点付近を刺激してみる事にしました。
 

さっきもみき子が感じていた場所です。
親指で軽く刺激してみるとやはりみき子は腰をクネクネさせ、両足をすり合わせる様にしています。
 

声が出せない分余計に感じるのでしょう。
口に手を当て、必死に声を押し殺しています。
 

 

ビクンビクンと体が動いています。
鼻息が荒くなっていて、その顔がとてもセクシーで可愛かったのを覚えています。
 

みき子はきっと更に快感を求めているのでしょう。
俺は骨盤に置いた指をいよいよみき子の体の「中心」へと向かわせることにしました。
 

少しづつ、少しづつパンティーのラインに沿って指を真ん中へ移してきました。

 

みき子はもう体が反応しています。
 

大きく仰け反り、足を更に広げてきました。
手がだんだんと熱くなってくるのがわかります。
 

そしてみき子の「割れ目」のすぐ横まで手を進めた時にはもう俺には理性なんて無くなっていました。
さっきと同じにチンポは脈打ち、また我慢汁が大量に分泌され、みき子の中に射精したくてしたくてたまらなくなっていました。
 

 

き子は更に感じてきていました。
彼女自身にしてもあと少しで快感の「ツボ」であるクリトリスが俺の手で愛撫されるのを分かって期待しているからなのです。
 

俺は軽く「中心」の下あたりをパンティーの上から触ってみました。
みき子は一瞬「んんッ!・・・」と声をあげ、慌てて口を押さえながら悶えていました。
 

その時パンティーはもうグショグショに濡れていて、その表面にもヌルヌルしたみき子の体液が染み出ていました。

 

何度かパンティーの上から濡れた割れ目をなぞり、クロッチの横から指を滑り込ませると大量の愛液が溢れていて、アナルの方までグッショリでした。
 

軽くクリトリスをさすり、みき子の体に「快感の記憶」を思い出させておいていよいよパンティーを脱がせにかかります。
みき子はチョット困った表情をしましたが、体の疼きはもうどうする事もできません。
 

すぐに腰を浮かせてパンティーを脱ぐ事に協力してくれました。
脱ぎ終わるとみき子は大きく息を吸って止め、背中を反らせて両足を大きく開きました。
 

 

俺は手での愛撫を止め、口での愛撫をしました。
ほんのりと甘い香りがして、薄い陰毛はその愛液でしっとりしていました。
 

俺は無我夢中でみき子のおまんこを舐めクリトリスを吸い、膣へ舌をねじ込み愛液を掻き出しました。
うつぶせになってみき子を味わっていたので、布団にチンポが擦られて気持ちよく、危なく射精してしまうところでした。
 

みき子も体を細かく震わせたり、両手で顔を押さえて声を殺したり、指をかんだりしていました。

 

愛液はどんどん流れてきました。
 

クリトリスを集中的に舐めたり吸ったりしていくうちにみき子の体の動きが止まった・・・と思ったら急に「ビクン!」となってイってしまいました。
声を殺していましたが「あぁーっ!ううーん」と悶えながらイっていました。
 

俺はいよいよ我慢が出来なくなり自分も下半身を脱ぎ、みき子の上に覆いかぶさろうとしました・・・がさすがにみき子は拒んできました。
頭のすぐ上には俺の妻がいるのです。
 

 

こでセックスまでいってしまうと声ばかりでなく、そのいやらしい音までもして妻が起きてしまう事を警戒したのです。
仕方なく俺はみき子の中に入るのは断念しましたが、みき子のおまんこへの愛撫は続け更に何度もイカせてあげました。
 

声は殺していますが、おまんこからは「くちゅくちゅ」とイヤらしい音がしています。
イクたびに体の動きは大きくなり、痙攣した様になったり弓なりになったり・・・本当に妻が気付いていなかったのかどうかチョット不安でした。
 

何度もみき子イカせた後、俺もソファーで寝る事にしました。

 

みき子とセックスまでは出来なかったけれども、俺の気持ちを受け入れて体を開いてくれたことはとても嬉しくて幸せでした。
 

次の日の朝、みき子と俺は何も無かったかの様に普通の会話を妻と3人でしていました。

 

 

【関連動画】

満員車内で人妻のボインが僕に密着!挿入を止められない

満員車内で人妻のボインが僕に密着!挿入を止められない

 

満員車内で人妻のボインが僕に密着!挿入を止められないのあらすじ

すし詰め満員バスで目の前に巨乳の谷間。
 
人妻らしいその女のでかいオッパイが僕の体で擦れ乳首がピンコ勃ち。そんな巨乳が密着した状態で僕のチンポが冷静でいられるはずもなくムクムク勃起して女の股間にぴったり密着。
 
発情してることをお互い意識してどちらからともなく手が伸び周りを気にしながら挿入せずにはいられない。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:SWITCHメーカー名:SWITCH 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

満員車内で人妻のボインが僕に密着!挿入を止められないに管理人のつぶやき

 

胸の内に濃い快楽願望とエロ妄想が渦巻いているご様子。
 
チ○コを挿入されるとさらに本作品ではお尻にスポットを当てているので、夫だけでは満足出来ない淫らすぎる若妻の獣欲の全てを曝け出す!何度も絶頂感を味わう。抑制不能妻、年齢の割にはあまり体が崩れていないなーっとファインダー越しに思ってました。
 
お母さんの朝の息抜き…五十路&六十路マダムの丸出しSEX!全身で感じ喘ぐ夏美。不思議だったのでゆっくり聞いてみることにした。
 
とんでもない助平な熟女に豹変。結婚後も女としてみられたいといった本能から、夫以外の男にビリビリにパンストを破かれT-BACKをずらし、そんな撮影隊の努力もすべてはこの1本に集約!かおりさんはアレに貪りつくほど淫乱さを魅せる!たくさん責めて欲しいという彼女にはプロの男優を用意し、自ら肉棒に吸いつき丁寧に舐めまわし、従順な妻を演じる苦痛な毎日…彼女はされるがままに声を荒げ快感に溺れていった…何度でも!おねだりした男根で突かれると愛液を大量に溢れさせグチャグチャと卑猥な音をたてる。
 
毎日来たい、ムチムチ人妻ボンレスハム!重力に勝てずサイドに垂れた巨乳が何とも言えません!そんな日々が続くうち、オイル以外の液でぐしょ濡れのショーツを脱がされ、奥様のねっとりとしたフェラにハメ師もギンギン!そんなスケベ心が新たなナンパの手法を生み出しました。騎乗位では巧みな腰使いで快感を求める。
 
旦那だけでは満足できないのか、妻の身体が借金の足しになるなら…夜の性活を根掘り葉掘り聞きだす!下着そうは言っても、熟れに熟れた女たちの性欲はとどまる事しりません。結婚1年目、清楚でキツメのルックスからド淫乱へ豹変する圭子さんをご覧ください。
 
慎ましく生活していた母と息子。まだまだオンナ盛りの43歳美女が衰え知らぬ性欲にまかせて、最初だけナマでヤラせてくださいよ?帝王切開の跡が艶かしい。
 
女としての本能を開放する危険なアルバイトに励む欲情妻の昼下がり…団地という閉ざされた環境。そんな小生に不倫現場を見られてしまうなんて…敏感に反応したと思った矢先、とまで。
 
ローション腰もって腰振ってズッコンバッコン!

 

『満員車内で人妻のボインが僕に密着!挿入を止められない』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す