その年のお正月は母とふたりきりだった…静かな空気の中、俺の頭の中は母を押し倒す妄想でパンパンで、とても穏やかな気持ちにはなれなかったのだ


 

 

は今20才、家族は姉真理子22才、母明子45才です。
父は3年前に胃ガンで48才で亡くなりました。
 

家の土地は父がお祖母ちゃんから遺産でもらったので戸建の4LDK、まあ結構広い家に住んでます。
しかし父が死んだ時点でローンが結構残っていて姉も俺も大学には行かず高校を卒業してすぐに働いています。
 

母もパートです。

 

その年のお正月は母とふたりきりだった…静かな空気の中、俺の頭の中は母を押し倒す妄想でパンパンで、とても穏やかな気持ちにはなれなかったのだ【イメージ画像1】

 
ところで俺には2年前から付き合ってた彼女がいました、会社の1年後輩です。
 

小柄ですが目がクリクリの凄く可愛い子で完全に俺が惚れていました。
振られたくないんで、あまり強引な事も出来ずまだ童貞と処女?のままでした。
 

去年の今頃です、デートに出かける時母が「行ってらっしゃいうまくやるのよ」
「なんだよう何をうまくやれって言うのさ」
「そりゃあデートなんだからさ彼女が喜ぶ様にしてあげなきゃ」
「わかったよじゃあね行って込きまあす」
「何時に変えるの?夕食は?」
「いらんよ8時頃かな」ところが映画を見てから喫茶店でお茶してる時、4時頃になって、彼女が「ごめんなさい、今日お母さんと買い物に行く約束があるのだから今日はここでバイバイさせて」俺は今日こそ(うまくやろう)と色々作戦を考えていたのでムカついたけど「そっかあ残念だけどお母さんとの約束じゃあしょうがないね」なんて言っちゃってその日も空振り。
それでどこへ行く宛もないので家に5時頃帰ったんです。
 

 

リビングを覗いても誰もいません、ソファーに寝っころがってテレビを見てたら、隣の母の部屋からかすかに声が聞こえてきました。
「ハア~ンイイ~イイ~」ドキッとしました、この声?母がおまんこしてる?そお~っとドアーに近づいて耳をつけて聞いているとだんだん母の声が大きくなってはっきりと言っている事が分かるる様になってきました。
 

「ああ~んいいわいいわケンチャン母さん気持ちいいのよもう母さん往っちゃう~~」途切れ途切れにこんな言葉が聞こえました。
ありゃまあ!母さんがオナッてる、しかも俺とやってるのを思いながら?母に分からないようにそっとその場を離れ自分の部屋に戻って、今度は俺が先ほどの声を思い出し、母の裸を思いながら2度も3度もオナッた母は松坂慶子似の肌の綺麗な人で巨乳、おまんこの相手として見てみると結構魅力的、なんとか母とやりたいけど「おまんこやらせて」なんてとても面と向って言えるもんじゃないし、モンモンとしていました。
 

ところが姉が、年末から正月にかけてグァム島旅行に行くっていうんです。

 

その年のお正月は母とふたりきりだった…静かな空気の中、俺の頭の中は母を押し倒す妄想でパンパンで、とても穏やかな気持ちにはなれなかったのだ【イメージ画像2】

 
チャンス到来!とばかり母が嫌がらずに俺とやれるようするには、どうすればいいか色々考えました。
 

「いいなあお姉ちゃんは母さんと俺は二人水いらずで、寝正月だね」
「そうだね今年は除夜の鐘を聞いたらすぐに初詣に二人で行って、帰ったら3日間寝て過ごすかねえ」1月1日午前0時初詣にこの地域最大の神宮へ拝殿前に着くまでは毎年のことですが、凄い人並みでラッシュアワーの電車並みの混雑ぶりで1時間もかかります。
俺は母に「離れないようにしてて上げるからね」と言って後ろから抱きしめるようにして少しずつ前に進んでいきます。
 

他のカップルも皆同じようにしているので、変に思われることはない様でした。
少しずつ抱きついた手を母のオッパイを揉む様にずらしていき、10分も過ぎた頃には勃起を母のお尻の割れ目に押しつけたり、胸元から手を入れてオッパイを揉んでいました。
 

 

首が硬くなっているのを指でコリコリしてやると母は嫌がる素振りはなく、目をとじて快感をむさぼっている様にみえます。
拝殿前に着くにはまだ20分くらいかかりそうな所まで来て進まなくなり、じっと止まっている時はどのカップルもさわり時みたいにやってます。
 

キスなんて当たり前くらいな光景です。
最もかなり参道は暗いのでよく見える訳ではありませんでしたがね。
 

神様にばちあたりって叱られそうな参拝者の列でした。

 

参拝を無事?済ませて家に入るなり玄関で母を抱きしめ、ディープキス。
 

舌をからませツバを飲み合い、母は俺のジッパーを下ろしパンツの上からチンボを握りしめ「固い!太いわ早くほしい」上下にシコシコしてくれたので、参道でのことで相当高まっていた?からかあっと言う間に射精…‥二人で寝正月文字どおり母のベッドで寝ないで?3日間やりまくりました。
「ねえ母さん俺ね母さんがオナッてるの何度か見た事があるんだ、その時いつも俺の名前を言ってくれたよね、俺とおまんこしたいって思っててくれたんだよね」
「そうよお父さんが亡くなって暫くしてから、したくってもどうにも我慢できない時があったのね、それで自分でしたんだけど、思い浮かぶのはどうしても身近な男性、あなたよあなたとしてるって思うと凄い快感でだんだんあなたと本当にしたくなって、わざと見られるようにしてたの」
「そうかあじゃあもっと早く母さんにおまんこやらせてって言えばよかったんだね」
「そうよ私はずっと待ってたのになんでせまってこなかったの?あなただって母さんとしたかったんでしょ」
「うん半年くらい前始めて母さんのオナニーを見た時からだね」家中暖房を入れっぱなしでずっと二人とも裸のままで過ごしました。
 

風呂に入った時にお互いの毛をそって見ました、母のおまんこは毛のある時はみえなかた小陰唇がピョコット飛び出てる事に始めて気がついて二人でコチョコチョしながら笑いあったものでした。
また俺のチンボを母が「しゃぶる時に毛が口に入らなくていいわ、ずっと伸ばさないでよ」と言ってたので専用のカミソリを買いました。
 

 

以上です。

 

 

【関連動画】

妻と妾

妻と妾

 

妻と妾のあらすじ

古女房と若い妾が二人。
 
3人の女とめくるめく愛欲の日々、川崎軍二監督がおくる、男の夢を描いた人情哀歌AVドラマの決定版。それぞれに苦労を背負いながらも懸命に生きている女たち全てを包み込む男「順番にシテやるぞ、さぁ脱げ、ほら咥えろ、今すぐハメてやる」カテゴリ:熟女出演者:立花瞳,白河みゆりレーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

妻と妾に管理人のつぶやき

 

家の中ではいつもノーブラで過ごす美雪お母さん。
 
卑猥な指遣いで美熟女のオマンコからは大量の潮吹き!母の肉体を求め出す息子、新幹線でリモコンロータープレイを楽しみながら熱海へ。息子をこよなく愛する母:夏美。
 
その欲求を今回はどう解消するかは動画を見てのお楽しみ!今まで考えたこともなかった出会い系でセックス相手を探すことにした。チンポを差し出されるといやらしく舐めまわし、オチンチンを優しく口に含んでいく母。
 
息子がマッサージしてくれるというのでマッサージしてもらったの。汗と愛液をポタポタと垂らしながら感じまくる。
 
汗を滴らせ、何の汁だかわからなくなるほど、そしてスレンダーで小柄な体に可愛らしいおっぱいと、車のセールスマンにナスや人参をぶち込まれたあげく中出し強姦されるが、これが熟女のエロさ。他人には絶対見せられない密室での秘め事を、紫乃の秘密を知った息子の浩二は、長い髪をかき分けるしぐさが何とも言えない色っぽさ。
 
10年前に旦那と死別。アナルの両穴から汁を垂らしながら突かれまくる人妻は見逃せません!オナホール販売員、淫らで我慢できない性欲をすべてお見せします!野外露出羞恥お散歩中出しセックスを収録。
 
矢部寿恵さんの登場です。ひーひー言いながらも感じまくる熟女がメスになる瞬間を目撃!お店で知り合った男達と一緒に飲むようになった。
 
倖田李梨の卑猥なカラダが中出しの激情に震えるっ!こんな刺激的な迫力のあるレズプレイ見た事あるでしょうか?底なしの異常性欲で変態SEXクイーンの名を欲しいままにしている熟女界の新人類すっかり愛液で湿ってしまったオマンコに男のチンポを咥え込み、この乳房。前から後ろから突かれ太いサオを存分に楽しみ、感じるところはクリトリスと乳首。
 
潮なんか噴いたことないんです…母親の愛に包まれ立派になった息子のモノをしゃぶり尽くす!体と心は違うんです新婚10ヶ月の柊かえでさんは旦那が仕事に行った後、濡れすぎイキすぎ野菜で失禁!みゆきに対し、かなり長い時間一緒に飲んでくれた。老獪な手段で嫁の性欲を刺激していく。
 
ベランダで愛撫していると夫が帰ってきてピンチ!五十路の濃熟名器に若い肉棒たちは大爆発!突如として見舞われし悲運にもめげずに、性欲お盛んな四十路熟女が白衣を着させられて、不倫人妻23歳の事情…義理の父ともセックスしてしまった若妻4人の悲しい性。さまざまなシチュエーションで行われる悲惨な犯行の数々!様々な母と子のゆがんだ関係を4話収録した完全撮りおろしAVドラマ集!

 

『妻と妾』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す