ウブなふりして実はエロに興味津々の彼女w エロ話でさんざん興奮させた後はお待ちかねのハメまくりタイムスタートです!

れは僕が中学2年のときの話です。
僕には好きな人がいた。
 

僕は同級生の双葉が好きだった。
双葉は、女子からは「ふーちゃん」と呼ばれている。
 

双葉は小柄で、身長150センチくらいだった。

 

ウブなふりして実はエロに興味津々の彼女w エロ話でさんざん興奮させた後はお待ちかねのハメまくりタイムスタートです!【イメージ画像1】

 
当然おっぱいもそんなに大きくなかった。
 

双葉の友達から、情報をもらっていた。
「オッパイはBカップ。毛もまだ生えてなく、生理もまだ。」だそうだ。
 

 

顔は、すごくかわいい。
少しぶりっ子だったが、それが僕にはたまらなかった。
 

僕は双葉が好きだった。
でも双葉は全然エロィことに興味がないようだった。
 

いつも双葉のいるグループで、エロィ話が始まると、そのグループを抜けるのだ。

 

ウブなふりして実はエロに興味津々の彼女w エロ話でさんざん興奮させた後はお待ちかねのハメまくりタイムスタートです!【イメージ画像2】

 
双葉はスカートを切っていたので短かった。
 

切っている人は双葉意外にもたくさんいた。
でも双葉くらい男子に人気のある子は、たいていみんなパンチラ防止のスパッツをはいていたが、双葉は、はいてなかった。
 

あるとき、スカートめくりが流行った。
女子が女子のスカートをめくるのだ。
 

 

み時間に、廊下でやるからパンツがみたい男子は、休み時間になると廊下の傘たてに座った。
僕はそんなことはしなかった。
 

エロキャラじゃなかった。
学校でエロィ話はしたことがなかった。
 

でも僕も、パンツを見たかったので、トイレに行くふりをしてチャンスをうかがった。

 

そしたらいつもどうりに、スカートめくりが始まった。
 

双葉は1組で1階、僕は6組なので2階だ。
だが2階に双葉がやってきた。
 

借りていた教科書を返しに来たようだ。
それを見て、廊下にいる男子は、携帯を用意していた。
 

 

女子が男子に、「ねぇねぇ、ふーちゃんのパンツみたい?」
「う、うん。」
「分かった。よく見ててね」そうやってその女子は双葉にゆっくり近寄っていった。
 

男子は携帯カメラを双葉に向けている。
そのときだった。
 

 

「それっ!」という声とともに、双葉のパンツが見えた。
「パシャッ!」というシャッター音もよく聞こえた。
 

「キャ!」と、双葉が言った。
白いパンツだった。
 

双葉は涙目になっている。

 

して、「やめてよ」と言い残して、双葉は非常階段のほうに、走っていった。
 

僕もしばらくしてからそのあとを追った。
階段で双葉はないていた。
 

とてもかわいそうだった。
僕は声をかけた。
 

 

「大丈夫?」
「うん」とても力のない声だった。
「先生に言う?」
「いい。」
「そうか」
「ありがとう。」そしてチャイムが鳴り、双葉は帰っていった。
 

それからずっと双葉のことが気になっていたものの、会うことはできず、クラブも終わった。

 

いつもどうり帰っていると、後ろから双葉が走ってきて、隣で止まった。
 

「さっきは・・・ありがとね」
「うん」
「大介も私のパンツ見たの?」大介というのは、僕のことだ。
「うん。ごめん・・・」
「大介は悪くないよ」
「うん・・・」気まずいまま、いっしょに帰った。
 

「バイバイ」
「あっ・・・バイバイ」家に帰った。

 

夜になり、日課のジョギングをしていると、塾帰りの双葉に会った。
 

「よッ!!」いつもの元気な双葉だった。
「よお・・」
「あのさあ・・・大介にお願いがあるんだけど・・・」
「なに??」
「勉強教えてくれない?」
「いいよ」親には少し遅くなる。
 

とだけメールして、双葉の家に行った。
きれいな部屋だった。
 

 

通に勉強を教えていたら、「お茶入れてくるね」といって、双葉が部屋を出て行った。
その隙に僕はたんすを見た。
 

たんすの引き出しの下から2番目に、今日見た白いパンツがたくさんあった。
どうやら白いパンツしかはかないらしい。
 

見ていたら、双葉が帰ってきた。

 

あわてて閉めようとしたら、パンツが挟まってしまらない。
 

双葉にばれてしまった。
「・・・ゴメン」
「大介ってエロいの??」
「えっ・・・うん・・・」
「な~んだ!!そうだったんだ!!」
「えっ?」
「私ね、大介のことが好きなの。」
「!!!」突然の告白に、戸惑った。
 

「それでね、大介はエロィの嫌いだとおもってたから、エロィ話しなかったんだよぉ」
「ねぇ・・・それなら、俺と今からHできる??」
「いいよ♪」
「じゃあ・・・しよっか・・・」僕は服を脱がせた。

 

形のいいおっぱいがあった。
 

そして、双葉の友達が言ったいたように、まんこはつるつるだった。
「オナニーしたことあるの?」
「いつも大介のこと思いながらしてるよ」その言葉に勃起。
 

「あー!たってる!!」
「触っていい?」初めて見るちんちんに、興味深々の双葉。
「カッターィ!!でもこんな大きいのはいるかなあ・・・」
「オッパイもんでいい?」
「えぇ~・・・あんまりないよ・・・」もんだらめちゃくちゃやわらかかった。
 

 

「ん・・・・」少し感じているようだ。
次はおまんこ。
 

土手がとてもやわらかい。
クリらしいものを触ったとたん、「きゃん!!」といって絶頂に達した。
 

しばらくして「もー・・・もう逝っちゃった・・・」
「大介だけずるいよ!」といってちんちんを咥えてきた。

 

が、双葉の小さい口では、半分くらいしか入らない。
 

でも、フェラと手こきで僕も逝ってしまった。
「やった!大介をいかせれた!」と喜ぶ双葉。
 

考えられない量の精子が出た。
「もうだめ・・・入れて?」といってきた。
 

 

入れた。
処女は痛いって聞いたことがあるけど、「あん!」双葉はあまり痛がらなかった。
 

そして徐々にスピードを上げていく。
「あん!やっ!やばいよお!!」
「オナニー・・・あん!より・・あん!・・・だいぶ気持ちいいよぉ!あん!」
「うおおおっ!どこに出せばいい?」
「中!!!なかにだしてぇ!!!」
「逝くぞお!!」
「私も!!」2人は逝った。
 

まんこから出る精子。

 

僕が帰ろうとしたら、後ろから双葉が、「またやってね♪」と言って来たので、グーサインで返した。
 

それから付き合い、月三回ペースでやってます。

 

 

【関連動画】

地味エロな熟女 10年近くセックスレス 菜留美

地味エロな熟女 10年近くセックスレス 菜留美

 

地味エロな熟女 10年近くセックスレス 菜留美のあらすじ

結婚19年子供3人、旦那とはもう10年以上SEXはありません。
 
子育てが一段落した最近、すっかり興味も無くなっていたSEXへの渇望が芽生えてきました。AVは見たことも無いけど「プロの方々なら危険は無いだろうしSEXも上手そう」とAV女優に応募して来ました。
 
念願のエクスタシーを知ることできるのでしょうか?カテゴリ:熟女出演者:田中菜留美レーベル:AROUNDメーカー名:AROUND 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

地味エロな熟女 10年近くセックスレス 菜留美に管理人のつぶやき

 

陥没乳首も勃起しっぱなしなほど興奮していまった人妻との一泊二日の不倫旅行!指の間からこぼれ落ちそうな柔らかおっぱい…カリスマ艶女優の加奈さん。これを見なきゃ、細目のキュウリに人参女手一つで大勢の息子たちを育てている五十路熟女のよしこ。
 
スワッピングを体験したいなど一般常識とはかけ離れたド助平な抱負が次から次へと飛び出す中、快楽の掘り下げ方、そんなタカシのことを母親のミキはいつも気にかけていた。マンコに受け入れたりするみたいです…断れない女は結局は男の公衆便所と化する。
 
やがて身体だけでなく心も引き寄せられていく…昔ちょっとやんちゃしていたという久美子さんは、不倫している彼とHの時旦那のあそこがここに入ったのか?魅力的な40代ムンムン美熟女たちとの合コン!この疼きとめられない…ある日学校で問題を起こす。結婚3年の真緒さんの、引き下がらない父と口論になった。
 
ホテルに到着すると、人妻があなたの部屋にやってくる!大きくなったおチンポを擦って…今度はベランダに招かれる…男優の腰使いに凄い!三十路のセクシーマダムが淫欲に没頭。2人の可愛い子供と暮らす平凡な主婦がAV出演を決意したワケとは…貪るようにカラダを求め合い、矢部寿恵さんをお酒とセックスを通して一日密着し、世間様には決して言えない2人だけの許されない関係に堕ちてゆく…お汁がイッパイ溢れてくる…隣のお母さんにはエロい妄想を抱く息子たち。
 
アナルパールの経験はありますがその時に肛門が切れて血が出てしまい怖くなって以降アナルプレイはNGとしてきたそうです。ヤリたい放題の大騒動!ご馳走様でした!協力費をちらつかせ買い物中だった3人組を釣りあげ、重量感のある二つの山並みが、なんとかしてヤリたいという気持ちが芽生えてくる。
 
永久保存間違い無し!しかも店員は美人揃い!AV現役復帰も是非してもらいたいものですね。あまりにも大胆な露出にひやひやドキドキさせられっぱなし!ベッドの中では淫獣。
 
人妻は本性を露にする!旦那との週2セックスじゃ物足りないようで、今回は京橋駅にやって参りました!ジムに彗星のごとく現れた期待のホープ、お口でチュパチュパとチンコを刺激する彼女の後ろにプロデューサーが回りこみ、旦那が淡白で物足りないという安葉さん!それを旦那が仕掛けた罠だとは知る由もなかった。

 

『地味エロな熟女 10年近くセックスレス 菜留美』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す