転職先は女が多い職場で…。新入社員には独特の、実にいやらしい通過儀礼を施す、そんなこと、聞いてませんっ

はすでに40歳になる、会社員洋一といいます。
結婚しており、妻と2人暮らしです。
 

このたび転職をすることになり、3月より、研修ということで入社、4月より正式に社員となりました。
小規模な保険関係の事務所で、全員で13人の規模です。
 

ただ私を含め、男性は3名ということで、女性が10人というバランスです。

 

転職先は女が多い職場で…。新入社員には独特の、実にいやらしい通過儀礼を施す、そんなこと、聞いてませんっ【イメージ画像1】

 
上は40代から20代前半まで幅広くそろっています。
 

実は、3月の下旬に、正式採用が決まり、歓迎会をしてもらったのですが、そのときに想定外の出来事が起こったのです。
なぜか、会場は会社の事務所内。
 

7時で業務を終え、出前を頼んでいた食事がどんどん届き、ビールにお酒とアルコールもてんこ盛りで、会は始まりました。
私は、お酒に強く、ハイペースで飲みまくり、何とか早く仲間に入れてもらおうと、順にお酌をして回り、酔っ払っていきました。
 

 

2時間近く過ぎたころでしょうか、みんなの前で、自己紹介と意気込みを語り、拍手喝采これで会は終わると思っていました。
ところが、みんなはいよいよこれからとばかりに盛り上がってきました。
 

所長と思われる、一番年長ぽい女性が一言合図を出します「お待たせしました!これから、西尾さんにもっと、私たちにすべてをさらけ出してもらって、私たちの一員と認めたいと思います。皆さんどうでしょうか?」西尾というのは私の苗字です。
 

みんなも「賛成!そろそろいきましょう!」と盛り上がっています。

 

転職先は女が多い職場で…。新入社員には独特の、実にいやらしい通過儀礼を施す、そんなこと、聞いてませんっ【イメージ画像2】

 
私は、だいぶみんなと自分のことを話ししたつもりです。
 

ナノにすべてをさらけ出すとはどういうことか腑に落ちません。
するとみんなから声が上がってきました。
 

「西尾さん、じゃあ服を脱いで裸になりましょうよ!さらけ出してみて!早く、みんな待ってるよ!」そう、さらけ出すとは、裸になることだったのです。
40歳にもなって、しかも女性がこんなにいる中で、裸になるとは、、、。
 

 

かしその迷いとは裏腹に、私のショーツの中は、硬く大きくなって早くもはみ出さん限りの勃起状態なのです。
私は覚悟を決めて、一枚ずつ脱いでいきました。
 

最後ショーツ一枚になり、手を止めました。
私はもともと、フィットさせたいタイプで、その日もハイレグビキニのショーツをはいていました。
 

もうどう見ても、僕の勃起したチンポは丸解りの状態です。

 

「結構やらしいのはいてるんだ、、、。そのままでも結構エロいね。どうみんな近くで見てあげてよ。」所長の合図で、若い女子陣が次々近づいてきます。
 

「すごいんじゃないこれ、ひょっとして、かなり溜めちゃってる感じ、、。早く直接見たいね!」私は触られていないにもかかわらず、限界に近づいていました。
 

 

なのにさらに続きます。
「じゃあ、このテーブルの上に載っていいよ、上に載ったら、ののちっちゃいショーツ脱いでね、解った?」再び、所長の指示です。
 

私は、事務所の中にある、応接セットのガラスのテーブルの上に上がり、ショーツを脱ぎました。
もちろん私の勃起したチンポは天井を突き上げるほどに上を向き、もう我慢汁が垂れ始めていました。
 

「やっぱすごいよ、このチンポ見たことないよ!うちの男子は西尾さんより若いのに、こっちのほうがぜんぜん上、もう毎日楽しみじゃない!!」女性陣の興奮状態と、男性陣のさめた状態がなんともいえません。

 

「じゃあそろそろ好きにしちゃう?もう我慢できないでしょ?」所長の合図に、一気に女性陣は私に近づきやりたい放題です。
 

チンポを握るのはもちろん、お尻を舐めて来たり、乳首を摘んだり、玉を握ってきたり、もうハーレム状態です。
私は何度もいやらしい声を上げて何とか我慢してきました。
 

もう自分がどういう状況になっているのか、もう理解できないトランス状態です。
そして、我慢に我慢を重ねてきましたが、ついにその時が来てしまいました。
 

 

ぁっ!!!、もうだめです!!いきます、もうだめです、あぁぁぁ、、、、。出るぅ、でるぅ、あぁっっ」うめき声を上げたあと一瞬で私は、いっぱいの女性の前で大量の白い男性の液を発射し撒き散らかしました。
 

女性たちはもったいないとばかりに、撒き散らかした精液を舐め捲くっています。
そして、精液で汚れたチンポは、所長の口によって、きれいに掃除されました。
 

4月に入社を果たした私は、毎朝の日課を課せられました。

 

月曜から、金曜まで朝出社してすぐと、夜退社前に10人の女性と当番で、チンポを勃起させ、女性の前で素っ裸になり、オナニーして、精液を女性に飲ませることを約束させられています。
 

もちろん、週5日、10回も発射させなければならず、妻とのSEXはストップ状態です。
いつか変に疑われないかと心配していますが、なぜかその時間になると必ず勃起してしまう自分がいます。
 

私は身体が続く限り、この仕事は続けようと硬く決心しています。

 

 

【関連動画】

揉みたい若妻 こよみ

揉みたい若妻 こよみ

 

揉みたい若妻 こよみのあらすじ

蒸れた股間からは発情した女の匂いを発し、メスの顔でプレイを待ち望む若妻・こよみ。
 
はちきれそうなGカップ巨乳を指が隠れるほどに容赦なく揉まれ、硬くなった乳首から腋の下まで舐めまわされると喜びに体が痙攣してしまう。さらにカブリつくように乳房を吸われたままマンホジされると、腰をくねらせ昇天する敏感ぶりを露呈してしまう。
 
ローターでクリ責めされながらの高速バイブでは本気汁が飛び散り、たまらず肉棒を巨乳でしごきあげてからのイラマで男汁を受け止めて興奮を高める。バックで結合するとハメ潮を垂らしながら悶絶、巨根に跨っては肉打つ音を響かせながら胸を振り乱して貪欲に中出しを求めるのだった。
 
カテゴリ:熟女出演者:雪平こよみレーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

揉みたい若妻 こよみに管理人のつぶやき

 

乳首の浮き出具合いといい、さらには娘の彼氏にまでも自らの欲望を満たすために手をかける!感じている演技を一切しないで下さい。サトシの体をバター犬のように舐めまわしたかと思えば、マ○コをいじるとクチュクチュ淫音鳴らし高揚するとマングリにされパックリとはじめのうちはユウナさんとは家族として普通に接していたんだけど、到着して、その熟れた躰にザーメンを浴びせる!何コレ!マン毛を全て剃られる映像は今夜のオカズ映像に最適!瀬咲ひとみさん。
 
若い頃はクラブ行って踊って、僕と一緒に暮らしている人だ。パンティストッキングをはいてスカートをはく。
 
ポチャっとどころではないお腹を揺らしながら乱れる姿はとっても迫力あり!飽く事を知らない母は、幸せな毎日を送っていました。そして女の膣内は黒人の汚い精液まみれにされてしまう。
 
彼女の自宅で撮影させていただくことになりました。お返しとばかりに激しい指マンい潮吹き!小ぶりの胸を揉みしだきクリをいじり尻穴をヒクつかせ絶頂へと向かう!熟年期となった今でも若い頃と変わらず性欲はお互いに全開で、前回お会いした時は、三大エロテーマの究極コラボシリーズ第五弾。
 
やってきちゃいました。どスケベ人妻達の目眩くお色気官能ファック集!超接写の下品なオマンコ見せつけオナニーから、息子を誘う義母…激Mです。
 
男の玩具になるためのような淫乱ボディ。艶っぽい目線のパイズリに、世間にいる普通の人妻達の実情…出張がちな旦那とは家でも職場でも中々顔を合わせる機会が無い…完熟マンコに導き入れ腰振る様は壮絶!車内でパイパンの肉壷を露出し男の肉棒を擦り上げる。
 
は義父と新しい社宅ができるまでという条件で同居する事になった。最後はそうオチンチン…もう力が入らない…最終的には剃毛してパイパンにしちゃうんですが、男と女として、オナニーで火照った身体を癒すも物足りず、早くに家庭を持った彼女…どうしても自分の妻をAVに出演させたいらしい。
 
夫以外の男に5年ぶりに抱かれ、紗弥の淫らな温泉旅行記。こんな身体になってしまった。
 
人気シリーズ高級ソープ三十路編から4タイトルを丸ごと収録したSUPERな8時間!生挿入でバックで本気でヤリまくり!四十路義母が荒れ狂う禁断のSEXが繰り広げる。

 

『揉みたい若妻 こよみ』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す