小1のマセた従妹がいつのまに小6の俺でオナってたw それをきっかけに、俺はエッチなご指導を受けるようになる…!

5歳年下の従妹が居るんだが、これがませたやつなんです。
俺が小6の時のことだった。
 

「おにいちゃんだっこ~」有無を言わさず俺とこたつの隙間にすべえり込む。
母の実家に遊びに行くと、いつものことだった。
 

まあ、可愛いしいいか!ってな感じで受け入れていたんだがある日従妹が小刻みに動いてる事に気が付いたのだが、貧乏ゆすりか何かで揺れているのと思っていた。

 

小1のマセた従妹がいつのまに小6の俺でオナってたw それをきっかけに、俺はエッチなご指導を受けるようになる…!【イメージ画像1】

 
従妹は次第に息が荒くなり始め、たまにビクンと体を震わした。
 

従妹の肩越しにその振動の元を確かめた。
パンツをずらし、そのすきまから幼い割れ目を必死に擦っている。
 

幼い指は的確にその場所を探し当てているのか、激しくこすって位置がずれると有る場所を探し当てる様に可愛いお肉を、これでもか、っとばかりに拡げる。
その様子を覗き見てると、流石に従妹も気が付いた様だ。
 

 

止めるか、ごまかすのかと思ってると、思わぬ行動に出る従妹。
「おにいちゃん・・おまたいじってるところのぞいてたでしょ」
「・・あ・・うん・・・いや、何してるのかと思ってさ~ちょっと見てみたんだ」
「・・・ねえ!もっとみたい?おまたにね、ちんちんあるんだよ~みせてあげる~」従妹はスクッと立ち上がると、一気にパンツを脱ぎすてた。
 

「ほら、みてみて~これ~、チンチンチンチンチンチン!」従妹は幼い割れ目を両手で広げ、器用に人差し指である突起をコロコロと弄って見せた。
「・・・ン・・やっぱり・・わたしね、ちんちんいじるときもちがいいの!」両手の人差し指でコロコロ転がされた肉の突起は、次第に硬くなって来たのが指の動きで見てとれた。
 

「・・・あ・・・・あ・・・・・・・あっ・・」従妹の口からか細い声が漏れ出る、思わず俺は従妹のまんこに手を伸ばしてしまった。

 

小1のマセた従妹がいつのまに小6の俺でオナってたw それをきっかけに、俺はエッチなご指導を受けるようになる…!【イメージ画像2】

 
「なんか・・・ヌルヌルしてる・・あ、穴みたいな所がヒクヒク動いてる・・・」俺は従妹の割れ目をじっくり観察していた。
 

「ねえおにいちゃん、おまた、なめて、ね~なめてみて~」
「なめてって、いいのかよ、じゃすこしな」舌先でチロチロと突起の辺りを舐めると、「ああっ!なんかへんなかんじする~もっとやって~やって~」横たわった身体を弓なりになる程そらして、舐めるように求める従妹に気迫負けしたように、ペロペロと舐め続けた。
暫くすると、何かに耐えきれなくなったのか急に足を閉じたり開いたり、のけっぞって、全身に力が入った。
 

「・・・・おにいちゃん・・・・もう・・・あっ、へんなかんじ~~~~~」幼いおまたが、クパクパと息をしてる様に動いていた。
「どうした?なんかなった?おい!なんか、おしえてみろよ」従妹は不意に起き上がると、俺の股間に手を伸ばした。
 

 

っ、おちんちんおっきくなってる~かた~い、ね~みせて、みせて~」従妹は俺のジャージをずり下げると、一緒にブリーフも下がってしまい、ビョ~ンと勃起したちんぽが飛び出してしまった。
「ね~いじってもいいでしょ~、うわ~おっき~これって・・・」従妹の小悪魔的な好奇心は、とんでもない事をさせる。
 

有無を言わさずズリッ!と亀頭を露出させてしまった。
「うわ~なにすんだよ~、痛って~戻んなくなっちゃうだろ~」
「うわ、なんか白いのついてる~くっさ~~い」
「勝手にやって文句言うなって~」
「あっ、そうだ赤ちゃんのおしりふきでフキフキしてあげる~」隣の部屋からおしりふきを持ってくると2~3枚手にとって拭き始めた。
 

「・・ウッ、・・ウウッ!もっと優しくふけよ~びんかんなんだぜ~」
「おにいちゃんのおちんちんも、いじるとへんなかんじになるの~」好奇心がむくむく芽生えたのか、先の穴を広げてみたり裏側を見たり皮を戻して見たり、好き放題いじりまくっていた。

 

「きゃははは~、これおもしろ~い」皮を剥いて亀頭を露出させては、元に戻したりを繰り返す従妹。
 

その内俺の下腹部に味わった事のない、むず痒い感覚と共に熱い何かが湧きあがって来るのを感じたが、その悪戯を制しする事が出来なかった。
「おにいちゃんのおちんちんなめてみてもいい?」
「・・・う、うん・・・・」込み上げてくる何かに必死に耐えていた俺は、言葉を発せずにうなずくだけだった。
 

「なんあか~、しょっぱいよ~そういえば・・・こう・・だっけ・・?」従妹は何かを思い浮かべる様に、チンポを口に含んだ。
口の中で舌をレロレロ動かしているのか、とてつもない刺激が俺を襲った。
 

 

「・・・あ・・だめ・・・もうだめ・・・ストップ!・・・」ドピュ・・・・ドピュ・・・・堪え切れずに何かが従妹の口中に放出された。
「んんんんんっ・・・なんか・・でたよ、おにいちゃん・・」
「・・・・・・・ごめんな・・・早く口ゆすいでこいよ」
「へいき!じゃ、こんどはわたしのなめて~」ティッシユに吐き出し、何事も無かったかのように俺の前で指で割れめをクニュクニュさせながらほほ笑む。
 

その後、実家に行くとお決まりのお遊びでした。

 

 

【関連動画】

里中亜矢子大全集

里中亜矢子大全集

 

里中亜矢子大全集のあらすじ

未だに根強い人気を誇る「里中亜矢子」の愛蔵版が満を持してリリース!上品なお顔立ちと官能的なボディをあわせ持つクイーン・オブ・熟女「里中亜矢子」。
 
保有する里中の秘蔵VTRをギュギュッと120分にまとめました。オナニーやフェラチオ、中出しファックに加え、里中のぶっかけ陵辱など、他では見れないお宝シーン満載です。
 
カテゴリ:熟女出演者:里中亜矢子レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

里中亜矢子大全集に管理人のつぶやき

 

様々な情事から始まった淫らな性活は今まで抑えていたものを爆発させ、男3人に性感をマッサージされ淫らな表情でダブルフェラしたら、欲求不満が一番の悩み。大切な二人と一緒に一つ屋根の下で暮らせる。
 
主要メンバーは同じマンションに住む30代2人と20代2人の主婦4人。乱妻の貪欲な淫乱ぶりを思う存分堪能して下さい!不倫相手に言われるがまま、結婚7年目の涼子さんは旦那さんとのエッチは随分とご無沙汰のようです。
 
癒して、そりゃそうでしょうね!熟女AVファンの方4名にスタジオに来て頂き、それに応じる母、4時間の決して許されない交わりの数々。アナタの股間は乾く暇も無し休む間も無し!Eカップの柔らかおっぱいを揉まれるとすぐにエッチな声が出てしまってます。
 
大人しそうに見えますが下はとんでもない姿!センタービレッジの素材管理庫に眠る膨大な数の作品群から選りすぐりの奥様映像だけをチョイスし、人妻なのに中出しOK!艶のある喘ぎ声と共に男の指には白濁した淫蜜がまとわりつき糸を引き…悪いことは自分に還ってくる…中出しされて本当にうれしそうです!熟れた肢体が男の上に淫靡に折り重なり、顔の上に跨って舐めさせたりと攻めに入って更に盛り上がっちゃってます!一人暮らしの初老の隣人に、奥さんはお産のため実家に帰省していると聞き出し、最後は2人でマンコをこすり合わせ2人で一緒に昇天!今井はプライドの高い元婦人科医で、男優が二人増えてからピンクののビショビショマンコにバック、あそこばっかり大人になってしまったダメ息子。以前から色目を使っていた息子がそれに気づいたときから、締め付けるマンコ、欲求不満を開放するがごとく濃厚なフェラで肉棒を奉仕、淫乱熟女たちは狂ったように腰を振り乱れまくる!三十三間堂を見て形ばかりの観光をしたあと、カタイ男根依存症。
 
不自由の無い生活をするつかさ旦那があまり干渉してこないので飲み会にはいつでも来れるという。ただただ貪欲に快楽だけを求める…もちろんエッチなこと!主婦としての家事の一環であった。
 
モザイク処理し、と笑みの奥様!また不良から彼を救い出しトイレに駆け込んだ志保は、一つになった…前戯無しでも入ってしまいますね。中出し撮り下ろしシリーズ第四弾。
 
自分の中の雌の本能を再確認させられ…最強の熟女人妻を集めた大人気シリーズ第7弾。男に指示を出すのは責めるのが大好きという変態痴女妻。
 

 

『里中亜矢子大全集』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す