通学途中のJKに性欲をたぎらせ羨望のまなざしを向けていた男が制服を手に入れるためにやったこと

は、とある国立高○の近くに住んでいます。毎朝の楽しみと言えば、通学途中のJKを眺めながら通勤する事です。

 

から直接のチャリ通学だと、時間がバラバラなので、列車通学してくる娘を狙います。ローカル線ですので、1~2時間に1本の列車数。

 

ので、朝も1本の列車に大勢乗っており、無人駅から一気にJK達がチャリに乗って学校を目指します。通学途中の道も車同士の離合も厳しい狭さなので、後から追いかけると、サドルにむっちりお尻が乗っているのが見れたり、スカートの裾をサドルに敷かずに、ヒラヒラ舞うスカートから色鮮やかなパンティが見れたりします。

 

の学校ですが、国立高○ですので5年間通うわけです。最初の3年間は制服、残りの2年間は私服で登校の様です。

 

程申しましたが、道が狭いのでJKの顔を確認しながら、学校指定のチャリステッカーの番号をチェックしていました。無人駅ですので、夜遅い時間に行き、狙っているJKの番号を確認し、サドルをペロペロと舐め回したり、射精したりしています。

 

年も新学期に入り、これまで制服で通学していた娘達十数名が私服登校に変化していました。何とか制服が手に入らないだろうか…。

 

えに考え、編み出した技が「mottainai」。世間はリサイクルブームじゃないですか。

 

が、直接声を掛けるのは怪しまれますし…。ちょっとしたチラシを作る事にしました。

 

制服製造メーカーより委託○○(都道府県名)制服リサイクルセンター。当方では、ご不要になられました制服を回収させて頂きます。メーカーからの業務委託です。ご提供頂きました際には、メーカーより1着セットに付き、○○(大手信販会社)のギフト券5,000円を進呈致します。クリーニングはメーカーが行いますのでご安心下さい。…等など」と、担当者は木村純一という偽名と携帯の電話番号です。

 

村純一=イニシャルJKみないな。ブルセラショップみないな所で買うよりも5,000円で手に入れば安いかなと思いこの金額にしました。

 

あ、半分遊びみたいな物で無視されて、無人駅の駐輪場で捨てられるのがオチだと思っていました。そのチラシをJKのチャリのカゴへ20枚程、投函。

 

全に制服がまだ必要なJKにも入れてました。翌日、駐輪場へ行ってみると、さすがにその場に捨てられていたのが多数ありました。

 

帯電話も載せているので、そそくさ自ら回収。さすがに電話はないわな…。

 

全に諦めている所に見ず知らずの携帯から電話が。誰や?と、よそよそしく電話に出たら「あの…すみません。○○制服リサイクルセンターさんですか?」慌てました。

 

はっはい。そうです。」「着なくなった制服がありますので引き取ってもらいたいんですが」との事。

 

を聞いてみると母親からの電話でした。住所と連絡先を聞き、引き取りに行く日程を確認し、電話を切りました。

 

服が手に入る嬉しさと、取りに行ってまんまと警察に捕まったらという不安が交互に襲ってきました。ただ、直接襲ってもいないし、ギフト券を渡せば問題ないのかな?とも思って、当日ドキドキしながら自宅を訪問しました。

 

定された土曜日の11時より20分も前に自宅付近に到着。辺りを車で巡回して、不振車輌(こちらが不振車輌ですわ)はなく、警察とかには連絡していないだろうと判断。

 

11時ちょっきりに♪ピンポ~ン「は~い」と中から声が。ドアを開けてもらいパッと見ると、何といつもチェックしているJKが…。

 

の娘か~。ストライクど真ん中や」と思い、制服の回収に来た事を告げました。

 

から母親が制服を持って玄関へやってきました。冬用のブレザー、スカートをそのまま持ってきました。

 

うです、クリーニングされていません。PCで作った偽造の名刺(メーカーのロゴ入り)を渡し簡単に挨拶。

 

来的には制服にもリサイクル法が適用されるとメーカーが睨んでいて、今のうちから在庫を抱えておこうと言うのがメーカーが考えている様です。」など適当な事を言いながら、持参した洗濯籠の様なものに、私が制服を手に持ちながら「大きな傷はないですか?」と制服を前や後をチャックする振りをしながら最大限、鼻を利かせます。

 

い匂いです。本当にクリーニングされてません。

 

ってきた籠に畳んで入れ、ギフト券を渡しました。私「夏服は、なかったでしょうか?」母親「あります。いいですか?」私「もちろんです。」さすがに夏服は、クリーニング済でした。

 

れも籠に入れ、ギフト券と交換。もしかして信頼しきっている?そう思い恐る恐る・・・私「体育の時に使用されたジャージとかもメーカーによっては、お引取り出来ますが…」母親「○○(娘の名前)、捨てた?」娘「捨ててないよ。あるよ。」母親「どうする?引き取ってもらう?ギフト券もらえるんですか?」私「今日の回収はこちらだけでして…2着分しか準備しておりませんので、現金で宜しければ、私が立替えをして今日お支払い致しますよ。体育着ですかね?」娘「ジャージもあります」私「ただ、制服よりも謝礼は少なくなります。3000円になりますが」母親「いいよね」娘「いいよ」私「メーカーを確認しますので、お持ち頂いても宜しいですか?」娘が部屋に取りに行ったのか、奥へ引っ込んでいった。

 

ってきたのが、体育着と深緑色のよれよれのハーフパンツ。それにしわくちゃのハーパンと同系色のジャージ上下。

 

ーカーを確認しつつ、匂いを嗅ぐ。私「○○(メーカー名)でしたら、お引取りさせて頂きます」母親「いいですか?ありがとうございます。そうだったらギフト券は、後日送ってもらってもいいですけど…」郵送とかして、消印で訳の分からない事になっても困るので、現金で支払いました。

 

寧に俺を言い、逃げる様に車に戻りました。「まさかあの娘だったとはね・・・」逸る気持ちを抑えながら、車の通りの無い場所へ移動。

 

服の襟には、少し汗の匂いがまだします。背中は、シャンプー臭が。

 

ーフパンツは、洗濯の匂いが。ジャージのお股部分には、かすかなおしっこ臭が。

 

ちらは洗濯はしてませんでした。部屋着にでもしてたのかな?家に持ち帰り速攻でオナしました。

 

ちろん13,000円も払いましたので、獲物には直接ぶっ掛けず、少しずつ楽しみたいと思います。新学期も先週から始まり、その娘も私服で登校してくる様になりました。

 

れ違いざまに顔を見ています。犯している様な気持ちになり、その娘を朝見かけるだけで勃起して直りません。

 

社のトイレでそのままオナしています。今の所、回収した物はこの1件だけです。

 

シーズンもやってみようかと思っています。数が集まるように1年間考えます。

 

にいい方法がありましたら、教えてください。

最新情報

コメントを残す