美しくて清廉な兄嫁に対して暴力を振るうDV兄貴に腹が立ったので兄嫁を寝取ってやった話

美しくて清廉な兄嫁に対して暴力を振るうDV兄貴に腹が立ったので兄嫁を寝取ってやった話【イメージ画像1】

嫁を寝盗ってしまったエロ話です。
自分が大学を卒業後、仕事に就き始めた頃、自分の兄が結婚しました。
 

自分のたった1人の兄弟だったので、まるで自分の事かのように喜んでいました。

 

の結婚相手は凄く綺麗な人で、北川景子さんにかなり似ている人でした。
 

あんないい結婚相手見つけて、羨ましいな~なんて思っていました。
4年後、そんな自分も結婚しました。
 

 

美しくて清廉な兄嫁に対して暴力を振るうDV兄貴に腹が立ったので兄嫁を寝取ってやった話【イメージ画像2】

婚相手は幼稚園の時の幼馴染みで、小中高は違っていたのに何故か大学が一緒になってこれは!?運命なのか!と思い、付き合い始めた末に結婚しました。
彼女は少し天然なところがあって、そこに惹かれました。
 

自分の母と兄嫁さん(仮名:景子)と嫁さん(仮名:梓)も、皆本当の家族のように仲良くやってくれていたので、とても幸せでした。

 

る日、景子さんと兄(仮名:康一)について話していました。
 

「そういや、何で兄貴と結婚したんですか?」
「んー…康一さんが凄く積極的にアプローチしてくれてるうちに、私も好きになってたみたい」
「え?兄貴がですか?全然イメージつかないんですけど、」
「そう?」
「恋には奥手な人だと思っていたんすけど、ね」
「意外に積極的な人だよ」
「そういや、兄貴で何か困った事ないですか?あの人昔から結構面倒臭いところありますからね」
「ちょこちょこ細かい事で怒られたりするけど、もう慣れたよ」と、景子さんは笑いながら話してくれました。
大丈夫そうだなって思ったんですが、それから1週間後景子さんから電話があって、「○○君(自分の名前)、明日会えない?康一さんの事で話があるんだ」
「え?明日……ですか?別に構いませんが」
「じゃあ明日××の店で…じゃあ」(話ってなんだろ、兄貴何かやらかしたか?)「誰からの電話だったの?」
「ん?景子さん」一応梓に事情を伝えて、明日会う事も話しておきました。
 

 

して次の日、待ち合わせの店に入ると既に兄嫁の景子さんがいました。
景子さんは悲しそうな顔をしていたので、これはただ事じゃないなって思い、話を聞く事にしました。
 

「景子さん、何か……あったんですか?」
「○○君、もう私康一さんの事好きじゃないかも」
「…」話を聞くと兄貴は最近景子さんに暴力を振るいDVする事が多々あるそうです。

 

の事を知った時、自分も凄いショックを受けました。
 

「分かりました。じゃあ兄貴と一度話し合って…」
「ダメ、それだけは絶対ダメ!」景子さんの顔は青ざめていました。
 

 

かにこの事を言ったらまた殴ると兄に言われているそうです。
しかも、最近だと浮気の現場を見てしまったらしく、離婚も考えたそうですが、兄に殴られてウヤムヤになってしまったそうです。
 

元々景子さんにはご両親は既に亡くなられていて、旦那の母にもこのような事をとても言えそうにないと思い、自分に頼ってきたそうです。

 

ゃあ……どうするつもりですか?」自分の兄と言えども、ここまでクズだとは思ってもいなかったので、尋常じゃない憤りを感じました。
 

「もう…耐えられない…」兄嫁の景子さんは泣いていました。
「ねぇ、○○君……私のお願い聞いてくれる?」
「何ですか?」
「私を……抱いて」
「な、何言ってるんですか、俺結婚してるんですよ」
「お願い…」
「しかも何で自分なんですか?」
「実は…私初めて○○君に会った時、康一さんより格好良いって思ってたの。でも私…結婚したし、その事は隠してたんだ」
「い…一度……だけならばしてもいいですよ」美人で素敵な兄嫁の景子さんがあまりにも可哀想だったので、そうせざるを得ませんでした。
 

 

当は子供が出来てから、梓と夜の営みをしていないからそう言ったのかもしれません。
それからはタクシーでラブホテルに行きました。
 

梓や息子(3歳)と兄に心の中で謝りながら、景子さんとラブホテルに入っていきました。

 

屋に入ると、景子さんは始めにフェラをしてくれました。
 

「くっ、景子さん、そろそろ…」ジュプジュプジュポジュポ。
景子さんが軽くウインクしてくれたので、思いっきり口内射精しました「…景子さん、上手いっすね」
「もしかして梓さんより上手だった?」
「…まあ」
「何か……嬉しいな」
「○○君、今は景子で呼んで、私も○○って言うから。それと敬語もなし」
「わ、分かった」
「じゃあ…次は私の中に入れて」
「分かった」コンドームをつけて景子さんの中に入れました。
 

 

っんっ○○大きい…」
「はぁはぁ景子」
「あんあん○○」色んな体位で入れさせてもらいました。
景子さんの中は締まりが凄かったです。
 

正直あれだけ長い時間セックスしたのは初めてでした。

 

度が良くてすぐにガチイキしてしまうのでこんなに満足したセックスは初めてでした。
 

「景子さん、今日兄貴は大丈夫なんですか?」
「今日は会社の接待か何かで遅くなるって言ってた多分浮気相手と会ってると思うけど、ね」
「そうですか…じゃあそろそろ帰りますね。梓も待ってると思うし」
「梓ちゃん…羨ましいな」
「え?」
「こんなに素敵な旦那さんがいて」
「そんな事ないですよ、今梓を裏切ってるし」
「…今日はありがとね、こんなラブラブな感じでセックスしたの久しぶり。いつもは殴られた後に荒々しくヤられてるし」
自分「そうなんですか…」その後景子さんと別れて帰宅すると、息子(仮名:和真)「パパーお帰りなさい」
自分「和真!?何でこんな時間まで起きてるんだ?」その時にはもう0時を回っていました。
 

 

「パパが帰ってくるまで起きてるって言って、寝ようとしなかったのよ」
自分「和真、早く寝なさい」
和真「はーい!」そう言うと和真は寝室に入りました。
梓「やっぱり○○が言うとちゃんと聞くみたいだね。それにしても思ってたより帰宅が遅かったね」
自分「え?……うん」ヤバイ、バレたか?と思いましたが、それ以上は追求してきませんでした。
 

 

は昔から純粋な人で、人を疑ったりしないタイプでした。
それがかえって自分の胸を痛めました。
 

それから3日後、景子さんからメールがあって景子『○○君、明日の10時に××ホテルまで来て下さい』(え?ホテル?)

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す