歯科助手をしているバツイチの巨乳お姉さんを車で送ってあげたんだが、おいしい思いできちゃった

歯科助手をしているバツイチの巨乳お姉さんを車で送ってあげたんだが、おいしい思いできちゃった【イメージ画像1】

日は、仕事帰りに予約していた歯医者に行きました。
以前、治療していた差し歯が抜けた為だ。
 

幸運な事に担当は、若い女医だった。

 

は一青窈に似ているが、かなりの巨乳だ。
 

助手はおばさんだが、こちらも胸はでかそうだった。
治療が始まると、予想通り2人の胸が俺の頭に押し付けられる。
 

 

歯科助手をしているバツイチの巨乳お姉さんを車で送ってあげたんだが、おいしい思いできちゃった【イメージ画像2】

の感触を味わっていると、股間がムズムズしてきた。
二人が俺のところから離れた時、俺はズボンに手を入れ、パンツをずらし、もっこりがわかるようにした。
 

そして治療再開、また二人がぐいぐい胸を押し付けてくる。

 

ん○は、フル勃起状態である。
 

しばらくたった時、助手の方がもっこりに気づいた。
薄目で確認すると、目はもっこりに釘付けである。
 

 

んとか見せたいと思ったが、男の先生もいるので難しい。
チャンスもないまま治療を終え、支払いと次回の予約を済ませ、歯医者を出た。
 

そのまま近くのコンビニに行き、買い物を済ませ、外でタバコを吸っていると、その助手が仕事を終え、コンビニに入って行った。

 

ャンス到来だ。
 

俺は、助手が店を出るのを待った。
5分くらいで助手は店を出て、近くのバス停に向かって歩いて行った。
 

 

は車に乗るとバス停に車を停め、窓をあけ、「○○さん」と声をかけた。
助手は驚いたようだったが、俺だとわかるとニコッと笑って、「あ、さっきはどうも、痛くなかったですか?」と聞いてきた。
 

俺は、「どこまで帰るんですか?よかったら、送りますよ」とダメ元で言ってみた。

 

○なんですけど、迷惑じゃ…」と言ってきたので、「全然。
どうぞ、」と言うと、彼女は助手席に乗り込んできた。
 

最初はたわいもない話をしていました。

 

女はバツイチで、中学二年の娘と二人暮らしらしい。
 

そこで、思いきって、「治療中すいませんでした。」と言ってみた。
 

 

?何の事?」
「いや、ちん○、勃起してたでしょ。」
「気にしてませんよ。」
「え、そのわりには、ガン見してたよね。気づいてましたよ。」
「だって、びっくりして」
「○○さんと先生が、おっぱい押し付けてくるから、我慢できなくて。」
「そうなんですか。すみません。」
「謝らなくていいですよ。気持ちよかったし。でも、おっぱい、大きいですね。」
「…」
「触りたいな。ちん○も見てほしい。」
「困ります。」
「見たいでしょ?」
「…」俺は、車を川沿いの少し広い空き地に停め、彼女をワンボックスの後ろの席に移すと、俺も後ろにいき、ルームランプを点けた。
 

 

かさず、ズボンとパンツをさげ、彼女の前にふにゃちん○をみせた。
「見てるだけでいいから、ただ、おっぱいだけさわらせて」と言って、彼女の胸を服の上から揉んだ。
 

やはり、かなり柔らかい。

 

ん○は、だんだん大きくなっていく。
 

「触りたくなったら、さわってもいいよ。」しかし、彼女は触らない。
 

 

は、「ね、上だけでいいから脱がしていい?」と言うと、返事をまたず、彼女の服を脱がせ、ブラジャーを外した。
そして、生乳をもみまくった。
 

すると彼女も、俺のちん○を握りしごきはじめた。

 

して、彼女から、「娘、塾からまだ帰らないから、部屋で抱いてもらえませんか。」と言ってきた。
 

おれは、すぐズボンをあげ、車を走らせ、彼女のアパートに向かった。

 

女の部屋に入ると、二人はすぐ全裸になり、お互いの体を求めあった。
 

彼女は、かなりたまってたみたいで、あっという間に絶頂に達し、おれも彼女の胸に射精した。
そして、もう少し楽しもうと、彼女とシックスナインをしていた時、夢中になってきづかなかったのだが、娘が帰ってきて、二人の姿を見て、呆然としていた。
 

 

れは、気づかないふりをして、娘に見えるようにして彼女の口の中に射精。
そして、娘に射精後のちん○を見せながら、服を着て、また来るわと言って部屋をあとにした。
 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す