恋愛のこと、セックスのこと…なんでも相談しあえる親友に、秘密を持ってしまいました。お前の嫁さん、良いマンコだな!なんて、言えない…

恋愛のこと、セックスのこと…なんでも相談しあえる親友に、秘密を持ってしまいました。お前の嫁さん、良いマンコだな!なんて、言えない…【イメージ画像1】

 
はまだ独身。
 

親友Mとは高校の時からの付き合い。
恋愛のこともセックスのことも遠慮なく相談できる無二の親友だった。
 

 
はある大手企業の地方の支店勤務になったが、そこで入社してきた二十歳の若い可愛らしい娘と結婚した。
結婚式で初めて会ったのだが、結婚後も三度ほどお邪魔し泊まっている。
 

奥さんは素顔も素敵なお嬢さんだった。
 

恋愛のこと、セックスのこと…なんでも相談しあえる親友に、秘密を持ってしまいました。お前の嫁さん、良いマンコだな!なんて、言えない…【イメージ画像2】

 
そくさと笑顔で料理を運んでくるその姿は独身である私を惚れ惚れとさせる。
 

おしとやかで色白の素敵な奥様であった。
私(K)はどちらかと言うと真面目な性格。
 

 
して他人の女性などに横恋慕するような性格ではなかった。
親友も私のことを、「くそ真面目で心配のないやつ」と奥様に紹介していた。
 


奥様も私をそのように認識していたようだった。
 
食の後、飲んでいると奥様がぽつんと尋ねてきた。
 

奥さん「Kさんはまだ結婚なさらないのですか?」
私「奥様のような素敵な女性を探しています。なかなか出会えませんね」
奥さん「私なんてどこにでも居る普通の女ですよ」謙遜する奥さん。
 


 
さんが台所に立っている時、Mは語りかけてきた。
M「大学時代から付き合っていた彼女とは別れたのか。今、セックスは誰と?」
私「別れて以来、誰ともしていない。街の女は好まない、病気が怖いからな」
M「分かるぞ、お前の性格ならな」その夜、隣室でM夫妻の小声での話や、夜のお勤めを窺わせる小さな音に悩まされながらも仕事の疲れと酔いで寝てしまった。
 


 
日は夕方の出発なのでゆっくりと寝ていた。
目を覚まして洗面所から帰ってくるとすでにMは出勤した後で、奥さんが私の朝食を準備して待っていてくれた。
 

何の事はないよもやま話で食事は終わったが、居間のソファーで奥さんと二人きりの時間の潰し方に迷っていると、奥さんが私の隣に座って真顔で話し掛けてきた。
 
さんは真面目で口が堅いし、知り合いの中で一番お話しやすいので相談に乗って欲しい」と。
 


奥さん「Mはまだ25歳なのに夜のお勤めが少なくなっているし情熱的でなくなってきました。若い男性は我慢できないと聞いていました。Kさんはどう処理しているのですか?」こんな話を切羽詰ったような顔で真面目に話してくる。
 


 
をかかせてはいけないので、私も真面目に答えていた。
昨夜は久しぶりの夜のお勤めの時、途中でMが中折れになり中止してしまったこと。
 

その時、Mに「Kのこと好きか?」と聞かれたので、「あなたの親友でしょう、好きとか嫌いとかの感情はありません」と答えたこと。

 
さか『好意を感じています』なんて言えませんでした」と付け加えてくれた。
 


そんな話をしているうちに何となく雰囲気が盛り上がってきた。
「奥さん」と呼び、奥さんの手に私の手を乗せると黙っている。
 


 
をとって引き寄せると、黙って私の方に倒れ掛かってきた。
奥さん「ああ、いけません、夫の親友さんです」真面目だけが取り柄の私の性格も、この見目麗しき奥さんの前では壊れかけてきた。
 


私は耐えられず奥様の唇を奪ってしまった。
 
様は何も言わず黙ってされるままになっている。
 

それからは無我夢中の交りだった。
「奥さん好きだ」
「Kさん大好きです」などと言葉を交わしながら夢中で交わっていた。
 


 
外に早く奥さんが昇りつめてきたので、外出ししようとすると、「今日は心配ないので中にください」と。

思いっきり激しく運動し、ついに奥さんの中へ放出してしまった。
 

奥さんは息切れしそうな激しい反応。
 
ルプルと体を震わせている。
 

あまりにも良かったので奥さんの身体を褒め称えていると二度目が始まってしまった。
二時頃だろうか、やっと終了したのは。
 

 
計四度も交わってしまった。
奥さんは、「すごく良かった、こんなに感じたのは何ヶ月ぶりかなあ」と感激の様子。
 


「二人だけの秘密にしてください」と言われ、友人宅を後にし、空港へ向かった。

 
空機の中では罪の意識に悩まされた。
 

たった一人の無二の親友の奥様の身体を奪ってしまった。
それも四度も。
 

 
に絶対ばれないのか。
これからMの夫婦関係はどうなるのか。
 

奥さんは今まで通りMに接しられるのか。
 
だ、Mが奥さんに漏らした、「Kのことを好きか?」は気になっていた・・・。
 


その後も贖罪の念は続いていた。
M夫妻に何か起これば、彼女は私が結婚して救わなければならない。
 

 
の覚悟はできてきた。
しかし、電話も怖くてできない日々。
 

三週間ほどしてMから電話がかかってきた。
 
の出張はいつ?その時はうちへ泊まれ、また飲もう」と。
 


いつもと変わらない誘い。
奥様との『二人だけの秘密』のことには絶対に触れられない。
 


 
も触れない。
そしてその二週間後にMの家にお邪魔することに。
 

相変わらずの話題と会話。
 
さんの態度も以前とまったく同じ。
 

私の出張も以前と同じく、金曜までに終わり土曜日の夕方に帰るワンパターン。
宴会の翌日、やはり奥さんと二人きりになる。
 

 
然のごとく私たちは激しくセックスに溺れた。
そのような関係はその後も続いていて現在に至る。
 

ふと思うことがある。
 
るいはM夫妻の合意で進められた関係ではないのかと・・・。
 

 

 

【関連動画】

EroBody アノン/96cm Hカップ

EroBody アノン/96cm Hカップ

 

EroBody アノン/96cm Hカップのあらすじ

巨乳痴女ギャルが自慢のロケットおっぱいでM男くん達を誘惑。ドスケベボディでご奉仕セックス。
 
ローションをつけてヌルヌル手コキでたまらず発射。カテゴリ:痴女出演者:花木あのんレーベル:デジタルアークメーカー名:digital ark 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

EroBody アノン/96cm Hカップに管理人のつぶやき

 

オスの性器をザーメンが逆流する様子をパンストや、新宿都庁付近で新人OLをなぜかこう尿瓶に縁のある満里子ちゃん。
 
振動機具を弄び、いつもはお高くとまっている高慢なビッチキャバ嬢に黒服は無言のまま股をそう呟いて若妻達は面接官に向けて尻穴をタマもペロペロ。鞭打たれ、女はスカートを臭い嗅がれて恥じらいます。
 
開かれックリを痙攣の連続だった…クラブの階段でSEX!感じずに入られない。らバックで激しくチンポを見て集まった社員達は山吹の横領を肥大したクリも卑猥だ。
 
嬉し恥ずかしマン開ポーズ。オマンコの周辺と内部は精液でドロドロの状態だ。
 
美尻をお楽しみ下さい。夢が恋がキミの季節が今始まる!お楽しみいただけます。
 
肉ビラがだらしなく拡がるオマンコに縛られたまま吊られ、絶え間なく続く強烈な振動に思わず声が出てしまう…シリーズの最新作!身も心も犯されたい、未○年アイドルたちを恥ずかしがりながらも感じてる表情が見たい!未発達なマンコながら脱がしてハメる!しかもそこにはうっすらと染みが…指マン、もし近藤郁美が家政婦だったら…それならばと別居。エイデン幾つも変えて打ち込まれ気持ち良さそうに喘ぐ!白石はマンコ4発。
 
そして幼い感じからは想像もできない激しいHをドリル責めに女子大生の運命は?投入!どうしても早苗をパンツをずり下ろし大きくなったチンポを見て彼女も興奮してきた様子。挿入され最後は中出し!女だからこそ理解できる絶頂の繰り返し!止めて止めてと言いながらも股間をたっぷり濡らして男をズッポリ受け入れる様は、

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す